スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ラージヒル

実話恐怖体験談!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1146671758/l50

134 :ラージヒルかよ :2006/05/10(水) 16:59:08 ID:GUN/YLZVO
会社の同僚が亡くなってから約1年。

同僚と言っても彼は50歳過ぎの大先輩。
昨年3月に小さな胃癌が見付かり、早目に取ってしまおうということで4月初旬に腫瘍摘出手術を行った。
術後回復も順調で、手術から5日目には私も見舞いに行き面会をしてきた。
面会は手術後3日目から許可されていて、会社の後輩の中では3日目に見舞いに行った人間もいた。
今だから言えるのかもしれないが、3日目に面会に行った人間の報告と、5日目に私が面会に行った時の印象との違和感は、気のせいではなかった。
5日目に私が見舞いに行くと、なんだか聞いていた報告よりも元気がない…。

術後8日目深夜、巡回中の看護婦が同僚がベッドから落ちているのを発見。
この時点で心肺停止を確認。午前2時過ぎ、家族により心臓マッサージの終了希望があり、還らぬ人となった。
ちなみに、死因は医療ミスによる心臓麻痺。これは病院側が正式に認め、遺族に謝罪した。
故人からは生前に沢山可愛がってもらい、私は独身だが、当時の私の彼女と故人の家族との間には、同僚としての付き合いにはとどまらない良い意味で親密な付き合いがあった。
そのせいなのか、
去年の11月頃、布団がベッドから落ちたのに気付いた私は目を覚ました。
半ば目を閉じながら上半身だけ起き上がり、落ちた布団を引っ張り上げ、そのままの勢いで再びベッドに寝転んだ。この時、少しだけ開いた瞼の隙間から、何かの存在が映った。
同僚が立っていた。

ちょうど私の腰の横あたりに立ち尽くしている。私は悲鳴をあげた。この時の悲鳴は「ぅぁあああっ!!なんだ〇〇さんか!」だったことは鮮明に覚えている。しかし、親しい人ではあったが、恐いものはやはり恐い。
恐さのため目を開けることが出来ず、私は必死にお経を唱えたり、私の親族の仏様の名前を出して、「助けて下さい助けて下さい」と念じたり、あれやこれやと繰り返した。
暫くして薄目を開けてみた。

おい、まだ普通にいるよ。
ディテールとしては、私のことを見下ろしている。姿勢はかなり前傾になっていて、大袈裟に言うならスキーのジャンプ競技のような感じだった。

~つづく


135 :ラージヒルかよ :2006/05/10(水) 17:01:59 ID:GUN/YLZVO
~つづき

おい、まだ普通にいるよ。
ディテールとしては、私のことを見下ろしている。姿勢はかなり前傾になっていて、大袈裟に言うならスキーのジャンプ競技のような感じだった。
色は白黒ではなくカラーだったが、暗闇の為に非常に淡い。また、透明とまでは言わないが、透過もしていた。
着ている服は白いポロシャツとベージュのスラックス。亡くなった時の着衣ではなかった。
そして表情、これは不明。そこまで細かい解像度ではないことと、恐くて顔を凝視することが出来なかったこと、この2つの理由により表情は分からなかった。何回かチラ見したけど、灰色系でパーツ単位までは見えなかった。

少し落ち着いてきた私は、自分は何も悪いことをしていないこと、
何か伝えたいことがあるから出て来たのではないか、等を考え始め、勇気を振り絞り目を全開に開けてみた。 当然の様にまだ立ってる。
私は「何か言いたいことがあるなら聞くよ?奥さんに伝えるよ?どうしたの?」と繰り返し念じてみた。
しかし一向にメッセージらしいものは発せられない。
数分が過ぎた頃…突然足元からスーッと消えた。
私は慌てて部屋の電気を点けた。誰もいない。しかし空気中に白い煙みたいなものが充満している。そしてこの煙も1分程で消えた。
一体何を伝えたかったのか、私には全くわからない。ただ、その時の場の雰囲気、そのものの持つ雰囲気、そのものが発する雰囲気、これらが、非常に暗く、救いがなく、無念で仕方がなく、哀しみしかない、ことを表していることだけは何故か理解できた。

だからこそ、私は初めのうちは恐かったんだと思う。

この話はまだ遺族には伝えていない。遺族に会う機会がないからなのだが、会った際に言うかどうか、迷うところだ。

故人の使用していた会社PCに保存されていた思い出の動画等、会社側に消去される前に私がデータ保存してCDに焼いてあるが、これをまだ遺族に渡せてないからなのかな?それにしては恐いオーラ出し過ぎだよ〇〇さんったら。
近いうちに渡すよ。

長文&あまり恐くなくてすみませんでした。

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.31 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

金縛り

極上の恐怖話をあなたに…
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1143847686/l50

930 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 11:11:38 ID:Gjjlm8CbO
何年か前の夏休みに旅行にでて泊まった宿での体験。
チェックインして部屋に案内されて、中に入り荷物を置き、泳ぎに出たのです。
何事もなくホテル内のプールで泳ぎ、また部屋に戻った時、なんか変な感じがしました。

最初に足を踏み入れた時とは違う違和感がありました。
でも気のせいだろうと思い夕食をとり、みんな疲れていたせいか比較的早い時間に眠りにつきました。

続く


931 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 11:25:22 ID:Gjjlm8CbO
私もすぐうとうとしたんですが、誰かが歩く音で目をあけました。

ぱたぱたぱたっ…と
絨毯の上をスリッパで歩く感じでした。

誰かトイレでも行ったのかな、なんて思いながらまたうとうとしはじめた時

耳元で間近に
ぱたぱたぱたっ…と音がしました。

え、と思った瞬間金縛りになり、横をむいて寝ていたのですが動けません。

目を開けると、すやすや寝息をたててる友達がいました。

背後になんかいる!

こんな状況でも目の前にいる友人を見てるとなんだかだんだんむかついてきました。

結局体を動かせたのは明け方近くでろくに眠れなかった。
除湿かけて涼しい部屋で私だけ汗だくに…

なんとなくだけどその足音が子供みたいだなと感じてました。

朝になって部屋の中をチェックしましたけど、お札とかは見つからなかった。

もう、あのホテルには行きたくないです…。

あんま恐くなくてすまない…。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

極上の恐怖話をあなたに…
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1143847686/l50

926 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:55:19 ID:Gjjlm8CbO
もう大分前だけど
風邪ひいて寝ていた時の話。

薬飲んで寝てまた起きて、でもフラフラで水分だけ口にしてまた寝て…を繰り返していた。

夜半誰かが部屋に入ってきた感じがしたんだけど、目を開けるのもしんどかった。
そしたら、何かがベッドの足のほうを這っている。

歩いている、じゃなくて這う、がぴったり合う。

あー、気持ち悪いけど眠っちゃえなんて思ってたら


背中を腰から上に向かってつつー、と触られた。

それが普通の指の感触じゃないのがすぐわかった。
獣みたいな、不気味な感じ。
やばい、と思って飛び起きてなるべく早足で部屋を出た。

居間で朝まで過ごしたよ…こわかった…。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

きてたよ

◇ 心霊ちょっといい話 ver.9 ◇
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1142024880/l50

484 :本当にあった怖い名無し :2006/05/29(月) 17:56:24 ID:H6VvWL5z0
>474に似た話なのだけれど
3年前に祖父が亡くなった
頑固一直を字に書いたような人でとても厳しく、けれど子供好きのとても優しい祖父だった
家庭をかえりみない父親の代わりに、孫であるわたしたちに愛情を注いでくれた
寝たきりと苦しい闘病生活に気が触れてもおかしくない容態だったのに、最後まで正気だった
わたしの姉(長女)の結婚式間近になっての危篤状態に式を延ばそうかとの相談を、付き添いの祖母は優しく断り、
祖父も応えるように結婚式当日までは持ちこたえ、医師が死亡判断を下したのは式の二日後だった
意識不明が続き、息を引き取る間際にゆっくりと目を開け家族を見回し、母が、
「じいちゃん、がんばってくれてありがとう。無事に○○の結婚式が終わったよ」
というと、一仕事終えて安堵したような顔で静かに目を閉じた それが最後だった

不思議なのはここからだ
祖父が死んでから半年ほど経った時のことだ
大型の台風かなにかで、わたしの姉(次女)が住んでいる場所が水害に見舞われた
たまたま姉宅はたいした被害はなく、水害があったその夜も
いつもどおりに家族団らんをしていたら、姉の娘達が廊下からぱたぱたと姉に走り寄ってきた
「いつも寝てたじいちゃんがさっき、うちにきとったよ」
そうは言っても、玄関も開いた気配はなく、確認するまでもなく裏口も閉まっている
(寝てたじいちゃんて、もしかして……)と、姉は困惑しつつ、
子供に手を引かれて、その現場なるところへ出向いたらそこは廊下でなにもない
「寝てたじいちゃんて、死んだじいちゃんのこと?」と姉が聞くと、三歳と二歳の娘たちは
「うん、死んだじいちゃんがきてたよ」
となんの不思議もなく答えたそうだ

まだ幼い子供の言うことなのだけれど、わたしはきっと祖父が姉を心配してわざわざ
姉宅に様子を見に行ってくれたのだと信じている

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

バットマン

極上の恐怖話をあなたに… Part2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148622778/l50

26 :25:2006/05/28(日) 02:00:12 ID:mvTSTe3FO
以前、自分が行った 都内のフィリピンパブで 女の子たちが 口々に 『バットマン?』と 言っていたコトがあった。
どうせ ショーで アメコミのバットマンのコスプレでもするのだろう…と 思ったが 怪訝に思い、「『バットマン』て、何?」と 隣に座った娘に 尋ねると なにやら複雑そうな表情で 話し始めた。

数日前の ショーの時 ダンサーのうちの一人が 遅れて 着替えていた。ロッカールームの奥の窓の方に 人の気配が あったので 誰かいるのかな?と 思いながらも 気にも留めずに…
自分が 着替え終わっても 奥にいる人がなかなか出てこないので 不思議に思い 目をやると 宙に浮いた黒い霧のような塊が じわじわと 彼女の方に 向かって来た!
怖くなった彼女は 一目散に ステージそでに待機している 他のダンサーたちの元へと走った!


27 :25:2006/05/28(日) 02:02:58 ID:mvTSTe3FO
彼女の様子を見た 他のダンサーが 訳を尋ねると 息を切らしながら 今起こったコトを説明し始めた。
それを 真剣に聞いていたダンサーのうちの一人が ふと ステージの方を見ると 天井の照明あたりに 胸から上だけの男が こちらを睨みつけながら ゆらゆらと揺れていた!あたかも こうもりのように…
「キャャアァァァーー!!!」と 叫び 照明を指差したダンサーは その場に 崩れ その指した先を 見た 他のダンサーも 各々 悲鳴をあげた!!
ステージの異変に気付いた 店員が ダンサーたちの元へ駆け付けたときには そのこうもり男は 消えていたものの 十人くらいいたダンサーすべてが正気を保てなかった。
ある者は 現地語で訳わからんコトを叫び続け また ある者は 床に膝まずき 手を組み 一心不乱に 神へ 祈りをささげたり 泣いている娘を 泣いている娘が お互い励ましあうような状況だった。
また その異様なステージを 客席から 見たら スモーク発生装置を使っていないのに 白い靄が出て それが 客席の方まで拡がり 急に店内が白っぽく冷たくなり 30人以上いるフィリピーナのほとんどが パニック状態に陥った。
収拾のつかない状況と見た 店側は その場にいる 客に帰ってもらい その日の営業を中止した。
後日 そのこうもり男を まともに見てしまった ダンサーたちのうちの数人が 仕事ができない状態になり 急遽フィリピンに 帰されたとのコト。表向きは 体調不良とのコトで…

この話を聞いた後で 玄関の観葉植物裏に隠された トロピカルとは かなりかけ離れたくらいの量の盛り塩も 妙に納得出来たのを覚えている。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

うさぎ

◇ 心霊ちょっといい話 ver.9 ◇
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1142024880/l50

468 :1/2:2006/05/28(日) 12:42:16 ID:lfyfF9GE0
この間、飼っていたうさぎが死にました。
その日、会社には、用事が出来たから昼からの出勤になると伝え、
その後うさぎの体を洗ってあげて、タオルでくるんで、
棺代わりのダンボールに、花やニンジンと一緒に入れてあげました。
火葬→供養してくれるペット霊園を色々とネットで検索していたのですが、
全然頭が回らないこともあってか、いいところを見つけられずにいました。
時間が来て、とりあえず会社に出勤。
帰りの電車の中で、「今夜は必ず火葬してくれるところを探さないと…
でも見つけられるかなあ…いっぱいありすぎて決められない…」などと思いながら、
いつしかうたた寝してしまっていました。

その夢の中で、二十歳ぐらいの女の子が出てきました。
彼女は、腰に手を当てたり腕組みしたりして、オロオロしている私に対して、
「全くもう、しょうがないわねえ」と、イライラしている感じです。
(といっても、私の事を憎んだり嫌ったりは決してしていない)
何の会話をしたのかは覚えていないのですが、とにかく、
その女の子が、(『もう私が決めてあげるよ』みたいな感じで)
「じゃあ、○○でいいよ」と、私の家の近くの地名を言ったところで、目が覚めました。
私は半ば夢、半ば現実の間を行き来してる状態で、
「ああ、○○か…。うん、分かった、○○ね」みたいなことを思いました。
その直後はっきりと目を覚まし、なぜその地名が突然夢に出てきて、
しかも妙にはっきり心に残っているのかと、ちょっとびっくりしました。


469 :2/2:2006/05/28(日) 12:43:17 ID:lfyfF9GE0
私は家に着いて、すぐに、その○○にあるペット霊園を検索して、電話をかけました。
応対してくれた人はとても優しく、こちらをすごく気遣ってくれました。
うさぎを引き取ってもらう段取りが、想像していたよりもとても簡単にスムーズに進み、
価格もネットで見た相場よりも安かったです。
(火葬に立ち会いたかったのですが、平日だったために断念しました)

夢に出てきた女の子のおかげで、いい所に引き取って供養してもらえたと思います。
ちなみに死んだうさぎの性別はメスで、1歳。人間で換算するとちょうど二十歳頃です。
うさぎが死んだ原因は、ほとんど私の過失なので、私は、
「私にもらわれて来なければ、もっと長生きできたのに。うさぎは私を怨んでいるだろう。
私にペットを飼う資格は無い」と自らを責めていました。
でも、そんな私にとって救いだったのは、夢の中の彼女が、私に対して決して
怨んだりとか、悲しい感じではなかったことです。
むしろメソメソしている私に対して、「ほら、しっかりしなよ」とハッパをかけるような感じでした。
立場的には対等というか、むしろ向こうの方が強い感じでしたw。

ただの夢なんですけれども。
でも私にとっては本当に救われた夢です。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

電話

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

120 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 02:29:48 ID:4/R6EnWL0
1ヶ月前にある家の人から仕事の依頼が来た。
しかし都合がつかず、行ける時に電話すると言い、電話を切った。

それから3週間後くらいに都合がついたので電話をかけてみた。
電話に出たのはその家の父親。
2日後に向かうと言い、電話を切り、その2日後
家に行ってみるとそこには焼け焦げた家があった。
近所の人に話を聞いてみるとそこの家は一週間前に火事にあったそうだ。
そしてそこの家の人3人がお亡くなりになっていた。2日前に電話に出たはずの父親も。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

じゅんさいの実

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

121 :首 ◆l.KUBl6sM. :2006/05/21(日) 02:33:14 ID:i83vXiCd0
ある沼にある廃屋にいこうと言う事になった
途中、墓地を通っていくんだけど友人が飲んでいたジュースの缶を墓石に投げつけた
夏だったこともあり、パンツ1枚でオレ達は泳ぎだした
するとジュースを墓地に投げつけたAが「痛っ」と言って溺れだした
あわててオレともう一人の友人で助け出した
するとAの足の裏には、いまでも何だかわかんないが(じゅんさいの実?)
菱形の尖った物が10個近く刺さっていた
その後、その部分が化膿して2ヶ月近く松葉杖をついていた

すまねー寝てたよ

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

真っ赤

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

112 :フィストファック:2006/05/21(日) 02:23:00 ID:QCkXKMTa0
10年ほど前、漏れがまだ高校生でバイクの免許をとり有頂天だったころの話です。
夏休みになり、仲間と東北一周ツーリングに出かけた。
あちこち名所を見たり、仙台駅前でナンパした子と仲良くなったりと楽しい旅でし
たが、下北半島の突端、大間崎まで着いたので、ここをゴールにして帰ることにな
りました。
その日はもう午後だったので、今日は近くでキャンプということになりましたが、
友人の一人が、度胸試しに恐山でキャンプしようと言い出しました。
大間からバイクで2時間ほどで到着。現地は広い駐車場やトイレ、水道もあり 
ただの有名観光地にしか見えませんでした。
そこで、駐車場のはじのほう、緑地帯みたいになったところでキャンプをするこ
とにし、テントを張って準備完了。大間で仕入れたマグロをつまみにビールを飲
みまくりの宴会に突入しました。

やがて、酒もなくなり、話のネタもなくなってきた夜半、当然のように肝試しの
ことになりました。
恐山の有料部分はちゃんとしたお寺なので、夜中は閉鎖されています。
しかし、当時はまだ管理が甘く、夜中でも入れるルートがありました。
そこで、見つからないように境内のルートを歩きました。まあ不気味は不気味
でしたが、特に変わったこともなく肝試しは終了。
その後、交代で境内にある無料の温泉に入りにいったところで、事は起きまし
た。


113 :フィストファック:2006/05/21(日) 02:23:43 ID:QCkXKMTa0
この温泉は、本来は参拝客の宿泊用ですが、当時は無料開放されていました。
なんというか、お寺の境内の片隅に田舎の温泉地にあるような小さな共同浴場
っぽい建物がぽつんと立っているのです。
仲間2人が先に入ってから、戻ってきたので、漏れが最後に一人で入りにいき
ました。
脱衣所にはいると浴室から大勢の話し声が聞こえてきました。
夜中でも入るヒトが結構いるんだなと思いながら、服を脱ぎ、浴室に入りました。
すると一面の湯煙で視界が聞きません。かすかに大勢の頭が見えたので、漏れは
大声で失礼しますと、声をかけてから湯船に近づきました。

誰もいない。

そうです、先ほど確かに大勢のヒトの頭が見えたし、話し声もしたんです。
にも関わらず、誰も入っていないんです。
ここで漏れは超ビビッってしまい、速攻で脱衣所へ逃げました。
そこでふと気づくと、かごに入っているのは漏れの服だけ・・・
完全にパニックに落ちた漏れはパンツ一枚で服を抱えて、仲間のいる所へ逃げ
戻りました。
仲間の顔を見て、ようやく平静を取り戻したので、今の出来事を仲間に話すと
信じてくれません。
必死で話していたら、仲間の一人が確かめに行くと言い出しました。
無論止めましたが、彼は笑いながらカメラ片手に出て行き、しばらくすると戻
ってきました。
何もなかった、写真もバリバリ撮ったから、と笑う仲間に、漏れはやっと安心
し、その後は寝ました。
次の日には帰路に着き、特に何事もなく帰宅。


115 :フィストファック:2006/05/21(日) 02:25:16 ID:QCkXKMTa0
しかし、やはりそれだけではすみませんでした。
数日後、仲間から電話がありました。
恐山でやった肝試しや温泉の写真を撮ったフィルムを現像に出したところ、その
店から電話があり、プリントできませんといわれたとのこと。
店に出向いて、訳を聞くと、店長のお爺さんが言うには、
まずいもんが写っていると。
この店はかなり長くやっている店なので、年に一回ぐらいはそういうことがある
といわれ、フィルムは知り合いのお寺に持っていくから返せない。料金は要らな
いとのことだったそうです。
もちろん、仲間は半信半疑で、じゃあ、そのやばいもんを見せてみろと掛け合っ
た結果、店長のお爺さんは一枚だけプリントして見せてくれたそうです。

真っ赤になった画面に、何人もの顔が写っていました。

仲間は、それを一目見るなり逃げたそうです。
以上、漏れの今まで生きてきた中でいちばんこわかった時の話です。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

114 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 02:24:45 ID:rd4jPBEh0
友人の売れないライター(小説家?)の話

関東地方の某河川で、5人ほどでバス釣りをしていたとき
上流から皺だらけのおじいさんが10人ほど乗った小さな和船が下ってきた。
見るともなしに見ていたが、ふと妙な違和感を感じて和船を凝視した。

「おい、あの船・・・誰も操船してないぞ」

その船は水竿を操ってるものはおろか、櫓もオールも船外機も
船を進めるための何一つとして操ってるものがいなかったそうである。

友人は声をあげたが
「船なんかどこにもいないよ」と周りに言われ
「あの船が…」と指を指した時にはきれいさっぱり何もなくなっていたそうだ。

その船に乗っていたシワだらけのおじいさんはなぜか全員こっちを向いていたそうである。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

時計

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

76 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:44:05 ID:rd4jPBEh0
友人は売れない小説家(ライター?)なのだが
その彼が徹夜が3日ほど続いて朦朧としかけたとき
不意に机の向こうから女が現れて(実際には壁なのだが)
机の端に置いてあった時計をこぶしで叩き壊した・・・ような夢だか幻覚だかを見たらしい。

こりゃイカンと、あわてて仕事をこなし何とか締め切りには間に合ったが、
それ以来時計は止まったっきりになってしまった。

それじゃこのオレがと時計の裏ブタをはずしてみたところ
時計の外観はなんでもないのに中身だけがバキバキに割れていた。
(私自身がはずして中を見ました)
 
友人は女の顔をまったく覚えたないそうだ。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

今日もあの人は

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

83 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:53:16 ID:WbLciV3R0
ずっとロムってましたが、参加させてください。

親戚の家に泊まりに行ったときの話。

夜、私がお風呂に入ってると外から足音が聞こえた。
親戚の家は団地の8階で、お風呂は廊下に面していて、
喚起が悪く、窓(覗かれない様に高いところの窓)を開けていたので外の音がよく聞こえた。
足音はおそらく同じ階の住人だろうと思った。
足音がだんだん近づいてくる。
酔っ払いの男みたいで、大声で何事かをわめいている。
何を言ってるのかぜんぜんわからなかったのだが、最後の一言だけ聞き取れた。
「みんな死んじまえばいいんだ!」
と叫んで静かになった。
とんだ気違いが住んでるものだ、とあきれて風呂を出た。

続く・・・


87 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:56:15 ID:WbLciV3R0
親戚の家に泊まりに行ったときの話・続き。

次の日も、親戚の家から帰る前の日も、お風呂に入っていると、再びあの酔っ払いが現れた。
昨日と同じようにエレベータの方から、親戚の家の方に近づいてくる。
「みんな死んじまえばいいんだ!」
そして静かになった。

まったく、どこに住んでるアホだ、毎日毎日、と思った。
ふと、疑問がわいた。
酔っ払いはどこに住んでいるのだろう?
叫んだ後、足音はしなくなる。
足音と声は親戚の部屋のちょっと手前まで来るのだが、そいつが部屋に入る音がしない。
消えたのか?

続く・・・


90 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:58:59 ID:WbLciV3R0
親戚の家に泊まりに行ったときの話・続き2。

もしや・・・、と思った。
親戚の団地は、かつて飛び降り自殺の多いことで有名だったらしい。
そいつは毎夜、毎夜、そうやって現れて、怨み言を言って、飛び降りているのだろうか。
親戚に話してみたが、そんなことは知らない、と軽くあしらわれた。

私だけが気づいたことで、気味が悪いのと同時に、そいつのことをかわいそうに思った。
今日もあの人は飛び降りるのだろうか?

おしまい
(文章、長くてへたっぴでごめんなさい)

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

取り壊し

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

67 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:34:20 ID:h/pX2FW40
霊体験ではないが…人生で一番ぞっとした出来事。
俺の出身地はけっこうな田舎だ。俺は二十歳で上京したんだが、来てまもなく故郷の友人
から「小学校が廃校になる」と電話で聞かされた。
取り壊しの前日、時間を作って田舎に帰った俺。取り壊しの日は同級生達と工事を見守り、
終わったら飲み会だイエーイなどとはしゃいでいたのだ。
しかし…当日、出るわ出るわ、校舎の下、そして校庭から 大 量 の 人 骨 が 。
同級生一同軽くパニック。消防団やら警察やらやってきて、現場はものものしい雰囲気に。
つーか、俺あの上で運動会やってたの?「星を見る野外授業」とかって、夏休みに
あそこでテント張ってみんなで夜ザコ寝したよねorz むしろ俺今だから言うけど、
校舎のそばで立ちションしたことありますが…。
結局その後の調べで、人骨は全て古いもので、戦争中に遺体を埋めていた場所に
偶然に学校を建ててしまったのだろうということが分かった。(事前に調べてから建てろよ!)
中には俺の両手にすっぽり入るくらいの小さな頭蓋骨もあり、胸が痛んだ。
その後の飲み会が盛り上がらなかったのは言うまでも無い…。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

都営住宅

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

62 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:25:55 ID:GHs2h40OO
俺が住んでるのは某所の都営住宅なんだが、何故か不思議な事が多い。
誰もいないのに風呂場からシャワーの音が聞こえる
ある階のある部屋は入った人が何かしらの死に様を他の誰かに発見されるが入居者が絶えない
エレベーターの後ろの非常階段から変なダミ声(必ず二人分)が聞こえるがその姿がない…etc
17年住んでるが、誰もそのことには気にしていないのが一番の不思議

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

2000年頃

,:*:・'☆,・:*: 未解決事件35,・:*:・゜☆,:*:
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1146807916/l50

286 :265:2006/05/19(金) 17:53:39 ID:bIeTKMgO0
あとさ、解決したかもわかんないけど、2000年頃、電車の飛び込みで髪の長い女性が線路に落ちて、
どうも事故っぽくもあり、でも自分から降りたっぽくもあり、もう電車が来てすぐの着地する間もないくらいのタイミングでの飛び込み。

で、そんなに混んだホームじゃなかったけどそこに居た人たちはみんな見てて、
運転手もドスンという衝撃を感じてて、

でも遺体はない、みんな見てたのにない、
でもぶつかった瞬間を見てる人は居なかったみたい、とは言っても電車が通過するわけだから、常識から考えて下敷きになったらすぐ見えなくなるわな。

でも血痕もない、ぶつかって凹んだ跡があったかなかったかどっちか忘れた、
完全に消えた女、身元はもちろん不明、ホームレスっぽくはなかった、OLの様子だった。実際駅の監視ビデオもニュースで流れたから。

当時、翌日レポーターも駅に行って取材。
どうやら駅の地下に繁華街があって、その地下の屋根裏の一部をパカッとあけると線路のモロ真ん中に出るらしい、
でも屋根裏とはいえ駅のホームの構造なので鉄筋とかが通ってて通路というか、ただの構造上の隙間のようなもの、
線路に降りてそこを覗くと、たしかに繁華街?地下の大きな売店みたいなのの風景がちらほら覗ける程度。

でもその蓋みたいなのは飛び込み箇所から数メートル先、
電車が突っ込んで、しかもぎりぎりで飛び込んで、その後着地後電車より早く走ってその蓋を開け、鉄筋むき出しのようなおかしな屋根裏みたいなところにおりると同時に繁華街の天井から「こんにちわ」という事だろうか。
ちなみにその真下のレジの人はそんな事はなかったと言っていた、あたりまえか。

でも駅員もその可能性しかないとは言うものの、助かるにはそこしかないんだが、ぶつかった衝撃も感じてたわけで、タイミングからの実現性もほぼ0。

この件の情報求む。


【「2000年頃」の続きを読む】

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2006.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

濡れた足跡

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

59 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:18:18 ID:tUw1XUPNO
ホテルに泊まった時の事。夜寝ていたら金縛りに。眼は開くんだが体が動かない。眼を動かして横を見ると、ずぶ濡れのレインコートを着た女が部屋をグルグル回りながらブツブツ何かを言っていた。暫くして女は消えたが、床は濡れた足跡でいっぱいだった。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

人影

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

55 :首 ◆l.KUBl6sM. :2006/05/21(日) 01:14:34 ID:i83vXiCd0
原チャリに乗ってた時、霧が濃くて前が見えなくなった
すると後ろから車が来て自分の前に人影が映し出された
たぶん自分の影だとは思うけど2体写ってた片方には明らかに足が写ってた
原チャリ乗ってればありえないだろ?
何これっていうビビリと後ろの車に轢かれたら大変だと思い
左に寄ったら電柱に突っ込んで膝擦りむいて鼻血出してた

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おいでおいで

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

45 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:08:51 ID:h/pX2FW40
俺と弟がガキの頃、ウサギのぬいぐるみの胴体を持ってジャンプを何度もすると、
そのウサギの耳と手が、まるで「おいでおいで」するかのようにピョコピョコ動くのが面白くて
弟にはクマを持たせて、二人で「こいこいこいこい♪おーいでおいで♪」とデタラメに
歌いながら飛び跳ねて遊んでいた。翌日二人同時に高熱に襲われた。
おばあちゃんは「お盆だから、あの変なダンスで悪いものが悪さしたんじゃなかろうか」と
半狂乱になった。おばあちゃんは許しを請うため?一日中仏壇でお経を唱え続けたらしい。
俺も弟も、ちょっとおばあちゃんは考えすぎだと思った。(もうあのダンスはやめようと思い
反省もしたが。)翌朝熱はうそのように引いた。しかし仏壇のおまんじゅうが、たった一日で
全部ドロドロに腐り、飾ってた花も枯れてボロボロになり、酒が真っ黒になっていたそうだ。
祈りつかれて仏壇で眠っていたおばあちゃんも、これにはたまげたらしい。
みなさんも、お盆のときは変な踊りをひかえましょう…

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ざわざわ

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

54 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:13:16 ID:Pl9JiTMt0
俺が所沢に住んでたころの話。
終電で寝過ごして、終点まで行っちゃったんだよね。
風一つない静かな夜だったな。
西武池袋線の小手指って駅。

しょうがないから、歩いて帰ることにしたんだ。
歩いたことなかったけど、一駅くらい大丈夫だろ、って思った。
だけど、歩いてみるとまったく人通りがなくてさ。
線路沿いを歩いてるつもりが、いつのまにか林と草原に挟まれた道に出たんだ。

虫の鳴き声にまざった、草がざわざわする音がなんだか怖くて。
一人しかいないのに、誰かがまわりにいるような気がして、振り向きもせず、早足で通り抜けた。
ざわざわ、ざわざわという草木の音は、俺を追いかけるようについてきた。

道に間違えたみたいで、また小手指の駅まで帰ってきちゃったんだけど、
そこではじめて気がついたんだ。
風なんて吹いてなかったこと。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

こっち見てる

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

41 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 01:00:48 ID:tUw1XUPNO
引っ越し先を家族で探していた時、ある家で子供が入りたがらない部屋があった。「どうした?」と聞いたら「知らないおねぇさんがこっち見てるから」って言った。その物件から逃げる様に出て来た。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.27 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

上九一色村

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

40 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 00:59:20 ID:rd4jPBEh0
>>28の話を読んで思い出しちまった。

以前、富士山が見える湖畔で友人7、8人でキャンプをしたんだが、一晩中枯葉を踏みしめて歩く足音がしてた。
最初は誰かが夜中歩き回ってんのかと思ったけど、テントから出ると誰もいない。
気のせいか?とテントに戻るとまた

「カサッ」・・・       「カサッ」・・・      「カサッ」・・・

それもテントの右から聞こえてるかと思ってら、次の瞬間いきなり左側から聞こえ出したり・・・
一緒に行った友人のほとんどが耳にしており、ある者は宴会終了直後の12時頃、ある者は明け方近くと
ほぼ一晩中その足音がしていた模様。

その当時は「写真とっときゃ良かったな」とか強がりを言ってたけど、今はほんとにカメラ向けなくて良かったと思ってる。


なぜ28の話で思い出したかって?

そりゃ、そこがかつて「上九一色村」と呼ばれてたところだからさ。

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2006.05.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

騒音

極上の恐怖話をあなたに…
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1143847686/l50

943 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 02:19:42 ID:7Hprq+f60
>>942
乙彼

人が死んでるような、物件って大概なんか起こるよねぇ。
うちの友人にも、一家心中かなんかした部屋の隣に住んでる奴居るけど、
入ってもみんなすぐ出てくって言ってたよ。
つーか実際そいつの家に泊まったとき、確か夜2時くらいだったと思うんだけど
隣の部屋から床が軋む様なギッギッって音や、何かが倒れるような音とか響いてきてさ。
壁に耳付けてたんだけど、微かに話し声?みたいのも聞こえてた。
「毎日こうなんだよね~。 お陰で家賃安いからいいけどw」なんてそいつは笑ってっけ。

ただそのとき一緒に止まりに来てた友人の一人が
酔ってるまんま突然壁をドンドン叩き出して
「もしも~し。う・る・さ・い ですよ~ 静かにして下さい~」
なんて言い始めて大変だった。住んでる奴が慌てて
「ばっかヤメロ!ちょっかい出すとやばいんだって!ヤメロ!」
って必死に止めてた。
「なんだよ~ だってうるせーだろー」とかなんとか言いつつも叩くのやめたんだけど
今度は向かい側からドンドンドンドン!って何度も叩かれてみんな蒼白。
朝まで不定期に叩かれて、ガクブルしながら過ごしたよ。

住んでる奴も、入ったばかりの頃に何度か同じようなことやったらしいんだけど
その度に仕返しみたいに深夜チャイムがなったり、今みたいにドンドンやられたり
気味悪い夢を立て続けにみたりしたらしい。
「まぁ、ちょっかいださなきゃ実害ないし、騒音は慣れだぜw」なんてやっぱり笑ってたけど。
確かに、駅から5分の2LDKで家賃5万は破格だと思った。
それでもちっとうちは耐えられそうも無いかなぁ。
隣でこれじゃ、出てった人はどんな体験してたんだが・・・

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

子供の声

極上の恐怖話をあなたに…
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1143847686/l50

954 :本当にあった怖い名無し :2006/05/24(水) 15:07:14 ID:TQxwDxhoO
ついさっき起こった事なんですが…

うとうとしてたら
急に金縛りになりました。
夢を見る直前というか、
眠りに入る手前でいつも金縛りにあう特有の感覚があったんです。

いつもと違ったのは、金縛りで動けない時、
耳元で子供の笑い声を聞いたこと。

無邪気に笑う声が耳に響いて奇妙な感じでした。

金縛りが解けたら子供の声もやみましたが、なんかまだ耳にのこっています。

深夜でも昼でも、やなものですねこういう体験は…

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

シミ

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

36 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 00:53:44 ID:y3JG8nqG0
雰囲気出すため今ロー即つけてますよ。
こわくない話投下。
中学の修学旅行の話。
ネズミランドって霊感がある人が言うには子供の霊がいっぱいいるんだって。
修学旅行の最終日前日、ネズミランドを楽しんでホテルに帰ってきたら昨日っつーか今朝まではなかった子供の足ぐらいの大きさのシミが床についてた。
駄文&怖くなくてごめん

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

髪の毛

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

29 :首 ◆l.KUBl6sM. :2006/05/21(日) 00:37:55 ID:i83vXiCd0
水中眼鏡してシュノーケルしてサザエ盗りに行った
数メートル潜って岩の窪みにサザエがあるのを確認して
窪みに手をつっこんだら盗ったサザエに髪の毛がからまってた

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

海の上で

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

30 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 00:44:04 ID:JvqgQLaOO
これは自分が先輩二人と夏に肝だめしに行った時の話です。
夜10時頃だったかな?目的地についたのは、そこは海の近くで周りは林みたいな感じだったと思います。
で、林に入ろうみたいな感じになって、懐中電灯のスイッチをいれたんですけど、そんなの関係ないぐらいとにかく真っ暗、しかも風が強くて凄い音(良く表現できませんが沢山の車が走ってるような)がするしで、中々入れない。
結局その林に入るのは止めて、三人で海沿いの堤防に行って話してたら、海見て煙草吸ってたら、何かが海の上で動いてるのが見えて、なんだ?と思ってたら、先輩の一人が
先「お前今の見たか?」
自「なんかいましたね」
先「あれ人だぞ、海の上走ってた」
結局そのまま帰って、別に何もなかったんだけど、これが初体験
駄文スマソ

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ツチノナカ

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

28 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 00:32:27 ID:h/pX2FW40
一人何話かいてもオッケ?俺が小学生だった頃の話。
こっくりさんが流行ってたので、その日も友達とこっくりさんをしていた。
これ書くと歳ばれるけど、当時一番世間をにぎわせていたのが「坂本さん一家失踪事件」
で、なんとなしに「坂本さん一家は今どこにいますか?」と聞いた。
その時の返事が「ツ チ ノ ナ カ」
…当時坂本さんは拉致監禁されているという線が強かったため、みんなで
「これって地下室じゃねー?」などと話した。
今思えば…あの時呼んだこっくりさんは、本物だったのか?

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

キュッキュッ

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

27 :本当にあった怖い名無し :2006/05/21(日) 00:31:00 ID:EMq9lexi0
一人暮らしでアパートに住んで1回目の夏だったんだけど、
小さな子が履くサンダルあるじゃない。キュッキュッて鳴く奴。
アレが俺の階の廊下をキュッキュッキュ・・・って歩く音がしたんだよね。
何回も端から端を往復してて、いったいどの部屋が目的地なのかなって考えてた。
何往復かした後、音はパタリと聞こえなくなった。


時間は深夜2時過ぎ。

マジで怖いことがあると、確認の為に見るなんて出来ないと知った夜。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

勝浦トンネルの怪

【21日】明 日 は 百 物 語【午前0時開始】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148137057/l50

20 :勝浦トンネルの怪 :2006/05/21(日) 00:19:33 ID:VUFCg5heO
10年ほど前、南房総を友人とサイクリングしていた時のこと。
勝浦の某トンネルを通過中に『う~~!』と壁からうなり声が。
間違いなく俺達二人とも聞いたんよ!
それだけのことなんだが、同じ場所で一昨年、車両の玉突き事故が発生した。
ひょっとしたら引っ張られ。。。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

チャンネル

時空の歪み Part 4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1139837917/l50

613 :本当にあった怖い名無し :2006/05/19(金) 04:13:09 ID:4A5mRRUL0
別スレから飛んで来て200位までよんだけど、こういう体験私もあります。
幼稚園に上がるころだから今から三十七~八年前の話だけど、当時朝起きて
幼稚園に行く前に良く見ていた子供向けのテレビ番組があったんだよね。
私は、それを見終わってから隣のMO君と○○寺幼稚園に通ってた。

で、あるとき気付いたんですが、その番組を見終わってMO君の家に迎え
に行くとまだその番組がやってることが多いんだね。MO君に行こうって
言うと、○○が終わるまでマァッテ!とかいうんで、私は玄関先で待って
いたんだけど、でもその番組のラストはもう知っていたの。だって、私
は、自分の家で大好きだったその番組を見終わってから、家を出て来て
いたから。

当時は全然不思議に思っていなかったし、中学校の頃は多分違うチャンネル
で見てたんじゃない?とか思っていたけれど、大人になった今考えてみると
民放の番組は普通7時なら7時に終わるわけで、放送時間が何分も次の時間
帯にづれるってことはことは、そうそう有り得ないんだよね。
記憶ではかなりそういうことが在ったんだけど・・・

あれ、何だったんでしょうか?

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2006.05.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。