スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今どうしてるの?

都市伝説&陰謀論=2=
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179881523/l50

17 :本当にあった怖い名無し :2007/05/24(木) 16:57:14 ID:n1gn7qZ30
>>12
>終戦直後の戦災被害児にまじって、家畜等を襲い生肉を ほおばる少年がいた

この少年かどうか分からないけど、おれの友達の友達のばぁちゃんが若い頃の昔にむずかしい研究をしてたらしいだけど、その時に全身毛むくじゃらの子供を保護してたという話をよくしていたそうだ。
友人の友人は、ボケちゃったのかな?と思いつつ「ふんふん」聞いていたそうだよ
で、同じ話ばかりだったのである日「で、その子は今どうしてるの?」って聞いたら途端に悲しい表情になってそれっきりその話はしなくなったって言ってた。
関係あるのかな?
その子はどうなちゃったのかな?

スポンサーサイト

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

フランケンシュタインの怪物

都市伝説&陰謀論=2=
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179881523/l50

12 :本当にあった怖い名無し :2007/05/24(木) 10:30:41 ID:jm2TfrcL0
「フランケンシュタインの怪物」は実在し、第二次大戦時にドイツから
日本へその心臓が密かに輸送され絶対に死なない兵士を創造する
研究が秘密裏に地下でなされていたが中途で終戦になりその研究
資料も心臓もどさくさで行方不明になってしまい成果は不明である。
ただ、終戦直後の戦災被害児にまじって、家畜等を襲い生肉を
ほおばる少年がいた事が「死なない兵士」の伝説とあわせて伝聞では
あるが伝えられている。

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

171 :本当にあった怖い名無し :2007/05/27(日) 16:53:35 ID:UrJfj42i0
いっぱいあるけど、怖いと言うかキモかった話。

10年以上前の夏頃。夜遅く会社から帰宅、すぐ蒲団に横になった。
疲れてたからすぐに眠ったと思ったんだが、変な夢を見始めた。
会社の上司が出てきて自分の周りを忙しく動く。夢でも仕事だから忙しいのは別に構わない。
しかし、その上司の動きが、寝ている自分の身近にある事を感じた。

頭の方向から腕の脇へワサワサと移動し、また頭のほうへワサワサ戻る気配。
(夢に出てくる上司の動きと連動)

上記の動きを数回繰り返した後、「それ」はイキナリ頭から覆いかぶさってきた。
真っ黒で、毛足の長~い絨毯みたいなのが。
その黒い絨毯はワサワサ動きながら足の方に向かうのだが、
自分は金縛りにあったかのように動けず、唇の端から「うぅぅぅうぅう」と声が漏れるだけ。
このまま覆い尽くされたらこりゃマズくね?と焦り、黒い絨毯が膝の辺りまで覆って来たところで、
「ぬ゛ぁ゛ーッ!」と気合を入れて腕で振り払った。

その瞬間、黒い絨毯の中に居たと思われる「男の右腕」にガンッと当たり、
その拍子に自分は完全覚醒し、ガバっと身体を起こした。時間は午前一時頃。
暑くて開け放してた窓からは、ぬめっとした感じのヌルイ風。
低気圧で厚くドンヨリした雲の合い間から、煌々と照る月。
太陽が昇るまで眠れなかった。

少し眠った後の朝食時、霊感持ちの親に話しをしたら、
「その腕はねぇ、よく出るのよ。いつもせっせと何かしてるんだけど、何もしては来ないのにね」
……って、アナタにはデフォだったわけだ……。orz(←襲われたヤツ)

それからも色々と出て来るんだが、自分もそれなりに努力したんで、
あまり変なのは出てこなくなった。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おまえじゃない

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

167 :本当にあった怖い名無し :2007/05/26(土) 23:21:13 ID:/VRHJx1f0
初めて書き込むので至らないところがあってもゆるーく流してね。
えーっと5年位前の話なんだけど、大阪に一人旅に出たときの話です。
私は福岡に住んでて、大阪であったチャットのオフ会に行く為に車で出発したんです。
んで、途中名前忘れたけど ○○スカイラインって感じの名前の有料道路走っててで一休みしようとパーキングに入ったわけなんです。
無人のパーキングに夜中自分の車だけポツンとある状況だったんですけど、眠気も強かったし事故っちゃいけないから仮眠を取ってました。
しばらくして、電話が鳴ってる音で目が冷めたんですよ。

公衆電話

公衆電話って実は固有の電話番号あるじゃないですか、もしかしたら間違い電話とか、さらにもしかしたら誘拐事件の現金受け渡しとか!!
変な期待を胸に電話取ってしまいました。愚かなことに

まぁ、受話器から聞こえてくるのはそんなモンじゃなくぼそぼそっとしゃべってる雰囲気だけがあったんですけど、とりあえず公衆電話ですよって事と切りますよーって事を伝えて受話器を戻そうとフックにかけた瞬間

「おまえじゃない」

って 耳元でささやかれたからモー大変!
ビビって車まで戻って有料道路制限速度無視で突っ走ってファミレス見つけて、そこで夜を明かしました。

もしかして有名なスポットとかなんですかね…
それより電話とった自分がバカだけど

でも、お前じゃないって 誰か探してるんですかね?

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

155 :本当にあった怖い名無し :2007/05/25(金) 01:24:04 ID:rA+Hxmlq0
保育園に通っている年頃の時
1階の祖父母の部屋で寝ていた
その夜は雷が頻繁になっておりピカッ!としょっちゅう光っていた
そしたらまたピカッとなったかと思うと
雷が光ったまま?な状態で窓が真っ白にずーっと光っていた
え?なんで?ずっと明るいままなの?
起き上がり不思議に思いながらずっと窓を見ていた
流石に変だと思い祖母に「ねえ!窓がずっと光ったままだよ!変だよ!」
と執拗に声をかけたのに黙り込んで寝たまま動かない
同じ部屋に居た妹も黙って寝たままピクリともしない
数分後ふっと光が消えたので即効寝た

ちょっと宇宙人にさらわれるかもとガクブルだった

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

楽しい場所

今考えるとやばい子供の頃の思い出・5
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176121361/l50

778 :本当にあった怖い名無し :2007/05/26(土) 23:15:11 ID:g3pzJr700
5歳くらいの小学校に通う前の頃。うちのマンションの前が公園だったので、よく誰もいない公園で1人で遊んでいた。当時は今ほど変な事件もなかったし、自宅の近くということもあって親も1人遊びを止めなかった。

1人で遊んでいると時々オッサンが公園に来ては話しかけてくる。
2度、3度と見かけるうちに何となく安心して、顔を見れば一緒に遊ぶようになった。
今思えば、平日の昼間からフラフラしてるなんて怪しい奴なんだが。

ある時、そのオッサンは、私とおなじ年齢の子供たちがたくさんいる楽しい場所があるから一緒に行こうと誘ってきた。そこでは勉強もしなくていいし、ずっと遊んでいていいと言う。小学校にも通ってなかったから「勉強」と言われてもピンと来なかったが。
この話を親にしたら、心配して公園に行くときは一緒についてくるようになった。

じきに保育園の休みも終わり、オッサンと一緒に遊ぶことはなくなった。
宗教団体だったのか、ロリコンだったのかはわからないが、間違ってオッサンに連れ去られていたら恐ろしいことになっていたかもしれない。

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

黒い長いやつ

今考えるとやばい子供の頃の思い出・5
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176121361/l50

770 :本当にあった怖い名無し :2007/05/26(土) 19:08:03 ID:IR83Fb+a0
子供の頃の思い出…って言っても今も子供なんですが…(20未満)

小学校4年のころ引越したんです。
それでお世話になった近所の人たちに母と挨拶しに行くことになって、隣に住んでた老夫婦の家にも挨拶に行ったんです。
二人には子供がいないらしく、小さかった私を「孫みたいだ」と言ってよく可愛がってくれました。
その家に住んでいるのは3人(夫婦とでかいシェパード)
シェパードは庭に、お婆ちゃんとお爺ちゃんは母と玄関で話していて、私も母の後ろに立っていました。
そして何となく暇だったので家の中を(廊下から見える範囲ですが)見回していました。
玄関からは真っ直ぐ一本の廊下が伸びていて、廊下の両側に左右2室ずつ部屋がありました。
廊下は明るく(電気が点いていた)左側の部屋からはテレビの音が聞こえます。
しばらく廊下を眺めていると右側の部屋から黒い長い髪のようなものが生えた、人の頭部ぐらいの大きさのなにかが
ずるずるとゆっくり左側に向かって出てきました。
どう見ても犬や猫では在りえない長さの毛、長い毛のせいでもあるかもしれませんが、脚で歩いているとは思えないスムーズさ。
私はあの不思議なものはなんだ、と思い、母に話しかけようとしましたが、お婆ちゃんたちと話している母に話しかけられず
どうしようと思っている間に黒い長いやつはずるずるとゆっくり進み、左側の部屋に消えました。

あの時は怖い、とは思わなくてなんなんだろうと思っていたんですが今考えると少し怖くなります。
夫婦とシェパードは今もちゃんと元気です。
長文すいませんでした;

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

秘密基地

今考えるとやばい子供の頃の思い出・5
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176121361/l50

748 :本当にあった怖い名無し :2007/05/26(土) 09:14:19 ID:hoAPmJ+pO
小学校の時、友達に「いい秘密基地を見つけた」と言われ、ついて行きました。
その場所は荒れた小屋に建ち並ぶ古い集落みたいな場所でした。
その小屋の中には人が住んでいる様子(何人か人にも会った)でした。今思えば、そこにいた人達の服装が少し変でした。けど、気にしない私は、秘密基地と聞いたのに人がいるじゃないかと友達を非難。喧嘩になり、その日はそれで帰りました。
翌日、その集落に何故か興味を持った私は一人で行ってみることにしました。
結局見つからず、別な日に友人を伴ってもう一度探したのですが、やはり見つかりませんでした。
なんとも不思議な体験でした。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

5分

今考えるとやばい子供の頃の思い出・5
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176121361/l50

609 :本当にあった怖い名無し :2007/05/23(水) 00:09:29 ID:xsboz57P0
俺が小学校高学年の時の話。友達と3人で昼飯食ってから遊んでたんだけど5時半位にやる事が無くなって
誰が言い出したのか時間を潰す為に近くの道路沿いにある工場とかがある会社の敷地内(建物では無い)に行ったんだけど
そこでなんかいろいろと喋ったりしてたら暗くなってきて結構遅くなってしまったなと思い走って帰ってきたら
5分しか経って無かった。結構盛り上がって楽しかったから時間の経過が早く感じたのかなと自分の気のせいだと思ったんだけど
友達2人も同じ疑問を感じたみたいで3人でおかしいって言ってた。それから家に帰り親にその事を話したんだけど
気のせいじゃない?って言われてそう思う事にしたんだけど今考えてみるとあの工場、自分達のマンションからどう考えても
片道5分はかかるんだよね。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

カエル

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

242 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 13:12:00 ID:p+7tsrTi0
前住んでいた家の門の所にカエルの石像があったんだけど
なんでも「カエル=帰る」っていう縁起物らしい。
ある日帰ってみると割れてて、妙に不安になったな。
ちなみにその家には1年しか住まなかった。理由は分からない。
そういや押入れの内側から「ドンドン」と戸を叩く音がしても、中には誰もいないって経験あったな。
あれ関係あるんだろうか。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

236 :sage:2007/05/27(日) 00:13:16 ID:8VhlTWwN0
小四の頃の話。当時、父と二人暮らしでした。
父は毎朝六時に朝食を作り、作業着姿で慌しく出勤してその後、私はひとりで支度をして
登校してたんだけど、その日は頭が痛かった。
たいした事はなかったんだけど、まあいいやズル休みしちゃえって学校行かずにゴロゴロしてた。
父の帰りは夜だしバレないだろと思ってたら、その日にかぎって昼頃父が帰ってきた。
うわー絶対怒られるよと必死で言い訳考えてたら、何でか父はニコニコ笑いながら「散歩に行こう」と言い出す。
怒られなきゃ何でもいいや、と私は深く考えずに父と出かけた。
近所の川土手を父と手をつないで歩いた。その間どんな会話してたか覚えてない。
娘と手ぇつないでニコニコ散歩なんてする人じゃなかったんだけど、楽しかったから変だとは思わなかった。
しばらく歩いてたら急につないだ手に痛いくらい力がこもった。
痛い、と言っても父はニコニコしながら私の手をひっぱる。
引っぱりながら土手下に降りようとする。


238 :sage:2007/05/27(日) 00:26:13 ID:8VhlTWwN0
普段はその程度で泣くような子供じゃなかったんだけど、その時は骨が折れそうなくらい手が痛いのと、
父の不自然な笑顔が怖くて大声で泣き出してしまった。
父はびっくりしたみたいに手を離した。父の顔を見られなくて、そのまま座りこんでわんわん泣いた。
しばらく泣いてると知らないおばさんが私の肩をたたいて話しかけてきた。
顔を上げたら父がいない。置いてかれたと思ったら、ますます泣けてきておばさんはそんな私を近くの交番につれて行ってくれた。
迷子、という事で住んでいたアパートの大家さんに連絡(当時、ウチにわ電話がなかった)。
それから少しして大家さんから連絡もらった父が血相変えて私を引き取りに来ました。


239 :sage:2007/05/27(日) 00:36:35 ID:8VhlTWwN0
その時、初めて気がついたんだけど、父はいつも作業服姿で出勤してた。
当然帰宅する時も作業服。交番へ私を迎えに来た時も作業服姿。
なのにその日、私と川土手を散歩した父はそれまで見た記憶のないポロシャツとスラックス姿でした。
父は仕事場にいる時に大家さんから電話をもらったと言い、交番からの帰り道私はすごい怒られた。
いつもの父でした。
でも、その数時間前に一緒に居たのも父だったはず。
何だったんだろ、アレ。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

名前

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

186 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 14:09:14 ID:dA6qFxFs0
寒い。ここは寒い。
俺は今どこに居るのだろうか。
凍えてしまいそうだ。
ああ、ずっと下のほうに赤い渦が見える。

「俺」?
名前、俺の名前は何だったろうか。
思い出せない。怖い。
誰か居ないのか?
自分の名前が分からない…誰か、誰か!
誰か、母さん、俺の名前を言ってくれ!

赤い渦からたくさんの黒い手が伸びてきた。本当にたくさんだ。
黒い手に足をひっぱられる…
違う!俺にはちゃんと名前があるんだ。
ちょっと忘れてるだけ、すぐに思い出すから足をひっぱらないでくれ!

なあ、俺の名前は何だったかなあ!?
誰か名前呼んでくれよ!
誰か!!

-------------------------------------------------------

私の兄がバイクで事故を起こし、生死の境を11時間さまよった時に
「死ぬ一歩手前に見た」という光景の手記です。
兄は事故直後、救急車に乗せられた時に、
うわごとで「俺の名前…名前を呼んでくれ…」とずっとつぶやいていたそうで、
救急隊員の方が免許証を見て「○○さん!あなたは○○さんですよ!」と言い続けてくれたそうだ

その方のおかげか兄は奇跡的に命をとり止め、後遺症もなく今でも元気です。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

お姉さん

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

79 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 17:30:24 ID:KXld8U6t0
霊的な話ではないのですが
私が小学生の時、登校する時にいつからか一緒に通っていた
上級生のお姉さんがいました。
いつ頃から一緒に登校するようになったのかも覚えてなく、その人の名前も知りません。
登校途中の道で会い、そこから小学校に着く5.6分の間だけ一緒でした。
会話内容は学校のクラスの話だとか、ごくありふれたものだったと思います。
でも小学校の中まで一緒に入った記憶はないんです。必ず校門の辺りで別れてました。
(年上、と言う記憶しかないので、もしかしたら小学校の近くにあった中学校の人だったのかもしれません)
お姉さんと別れる時、決まって毎回言われた言葉が
「私の事、クラスの誰にも話しちゃいけないからね」
脅しやそんな感じではなく、いつも通りのニコニコとした笑顔で言われました。
まだ低学年だった私は「そうなんだ。言っちゃダメなんだ」と何の疑問も持たず
クラスの友達にも、親や妹にもお姉さんの事は言いませんでした。

でもある日、クラスメートの女の子にふとしたきっかけでそのお姉さんの事を話したんです。
何がきっかけだったかももう覚えていません。
「朝いつも学校に来る途中で会うお姉さんと登校してるんだ~」
その程度の事だったと思います。

そしてその日の下校の時。一人で帰り道を歩いていると後ろから肩を叩かれました。
なんだろうと思って振り向くと、登校時にしか会った事のないお姉さんがいつものように
ニコニコとした笑顔で立っていました。
下校時に一緒になったのはこの時が初めてです。
約束を破ってしまった事などすっかり忘れていた私は『あ、いつものお姉さんだー』程度にしか思わず
一緒に帰る事になりました。
とりとめもない会話を交わし、登校時にいつもお姉さんと会う場所に近付いたところでお姉さんがポツリと言いました。

「今日私の事学校で話したでしょ」


80 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 17:39:07 ID:KXld8U6t0
『あっ』と思ってお姉さんを見ると、いつもの笑顔ではありませんでした。
笑顔には違いないのですが、目が笑っていません。
「ごめんなさい」と謝る私に対し、お姉さんはその笑顔のまま「いいよ」と言うばかり。
結局その日を境に、お姉さんと私が一緒に登校する事は二度とありませんでした。

今から考えてみると、私はそのお姉さんを、登校時と最後の下校時だけしか見たことがありません。
私が通っていた小学校は生徒数が多く、全学年で1300人程いたので見たことがないだけかもしれませんが・・。

それと関係ある話かどうかはわかりませんが、私が小学校4年生の時に、通っていた小学校が創立110周年を
迎えて記念に作られたアルバムがあるんです。
中身は白黒ですが、1ページに1クラスずつといった感じで全学年全クラスの集合写真が載っています。
お姉さんの話をふと思い出したときに「そういえば・・」といった感じで上級生の写真を探してみたのですが
やはり見当たりません。
ただ、集合写真の中で1人だけ顔を真っ黒に塗り潰しているのがありました。集合写真の下側に並んでいる順に名前も
載っているのですが、その人の名前も真っ黒に塗り潰してありました。
どう見ても私がやったとしか思えないのですが、他の人の名前や写真を見ても知っている人は一人もいません。
上級生のクラスだったという事もあり、私が知っているはずはないのですが、何故か一人だけ真っ黒でした。
塗り潰した記憶も全くありません。怖いと言うより不思議な経験でした。

長文乱文失礼いたしました。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

カラス

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

52 :本当にあった怖い名無し :2007/05/16(水) 20:24:54 ID:oZl2kcXZ0
前いた職場の窓からは国道が見下ろせて、毎日毎日混んでてうっとうしかった。
どんな車がいても特に気にもしないけど、月に一回くらい「あ、また来た」と思うのがあった。
中途半端な大きさのダンプで、カラスがいっぱいたかってるからすぐわかる。
があがあやかましいから、仕事やめて皆が窓に集まって見てたりした。
信号待ちのダンプの荷台を見てたら、白とピンクのやわらかそうなものが満載。
カラスもう必死でそれ食ってる。
運転手が上手いんだろうけど、時々車体がバウンドしてカラスを追い払うんだけど
すぐまた真っ黒。どんどんカラス集まってくる。窓すれすれに飛んできた奴が切れ端持ってたからたぶんく鶏肉。
幌もシートもなしで、パックもビニールもなしで毎月そやって通る。カラス大興奮。道路鶏肉だらけ。
「何であんなことしてるのかなあ。捨てに行くのかなあ」
「捨てたらお金取られるとかで、ちょっとでも減らそうとしてんじゃないの」
とか職場の皆で言ってたら、近所に住んでるパートのおばさんが言ってた。
「こんなことしてるから、鳥インフルエンザはなくならないのね」
そういや国道のあっちには、ニュースになったことのある農場がある。
ちょっとぞっとして鳥インフルでぐぐったら、もっとぞっとした。
今でもたぶんあのダンプはカラスたからせて国道通ってる。


【「カラス」の続きを読む】

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ペタペタ

ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/l50

44 :本当にあった怖い名無し :2007/05/16(水) 09:56:06 ID:Twu8SaDLO
今けっこうでかいマンションに住んでいるんだが、
部屋に入ろうと鍵をあけてると、必ずどこかの部屋のドアの開く音がするんだよ。
偶然かなとは思っていたんだが毎回のことなんで気持ち悪く思っていた。
でも最近はドアの開く音はしなくなったんだ。代わりにペタペタ裸足で歩く
ような音がするようになったけどね。そしたら昨日はその音のペタペタいう
間隔が明らかに短くなった。おそらく走ってる。誰か助けてくれ。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

コスプレ

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

790 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:52:38 ID:M8jnTonc0
ストーカーになるのか微妙な所なんだけど…
去年の秋頃、妹と二人で買い物してたら本屋で変な人に声かけられた。
ちょうど写真集とか、アニメ雑誌とかホビー系取り扱ってる辺り。
「あの、コスプレされてるんですか?撮らせてください。デカレンジャーの、ウメコとジャスミンですよね」
私の髪型がジャスミンというキャラ、妹の髪型がウメコというキャラに似ていて服もちょうど黄色系とピンク系だった事で認定されたらしい。
妹はアニメとか見ない人だけど、当時私がコスプレしていたのでしばらくイベントはビクビクしていた。

声をかけてきた男の人に関して知り合いのレイヤーに尋ねると、意外に「私も声かけられた。多分同じ人じゃないかな?」という人が多かった。
中には、友達と歩いていたらしばらく後ろを付いてきたとか。
イベントで入手したのか女の子の名刺を渡して「撮らせてください」「これから!?」と撮影所だかホテルだかに連れ込まれそうになったりという話を聞きました。

なんだか話も通じないし、断っても理解しないというか、怖かったです。
もしこれが一人の女の子に対象がかわるとすごいことやらかすんじゃないかと怖いです。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

元カノ

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

757 :1/2:2007/05/22(火) 21:11:48 ID:NonWRa2z0
夫の元カノでひとつあります。
半同棲に近い交際をしていたらしく、アパートの合い鍵渡してたから
別れた時に返してもらったみたいなんだけど・・・

ある日、そろそろ帰ってくる彼の為に料理して
一旦居間へ行ってた時に、玄関の鍵が開く音が聞こえた。
ん?彼が帰ってくるには早過ぎるな?と思ってたら
ドアを開けた途端バタンと閉めて、ポストに何か入れ、
走り去っていく音が聞こえた。
(居間側は見えないようになっているので接触は無かった)
一瞬何が起こったのか、怖くなって彼に電話した。
ポストの中を見て見たら手紙が入ってた。
彼が帰ってから見て見たら、内容はなんて事ないものだったけど。


758 :2/2:2007/05/22(火) 21:13:32 ID:NonWRa2z0
元カノ、合い鍵内緒で作ってたみたい。
そして、時々合い鍵で入っては私の物とか物色したり
彼と私のプリクラ拝借したり、これから挙げる結婚式の物を見てたみたい・・・
あとで彼に聞いたんだけど、「結婚するんだ?おめでとう」っていう
メールが来てた事があって、「なんで知ってるの?」って返信したら
「友達から聞いた」って・・・。
共通の友達居ないのに何で??と思ってた事の辻褄が合った。

それからは引っ越すまで別に新しい簡易式の鍵を取り付けた。
引っ越せるまでガクブルでしたよ・・・

別れたあと、しばらくご飯が食べられなくて吐いてるとか、
激やせしたとかイチイチ言ってきてたみたい。
もう5年ぐらい前なんだけど、私が写ったプリクラ、名前とかで
呪いでも掛けられてんじゃないかと、ちょっと今でも怖い。
こんな感じで半同棲や同棲して別れた人いたら
鍵替えるか、新しく付けた方がいいですよ。

ここまで長々と書いて申し訳ないけどスレ違いだったらゴメン。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

原因

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

751 :本当にあった怖い名無し :2007/05/22(火) 18:04:35 ID:y4wJLLSgO
高校の頃私を好く男は、ストーカー気質なのが多かった。
バイト先とか家の下とか学校までこられたこと、
誕生日に差出人のないプレゼントがとどいたこと、
無視しても拒否設定してもやまないメールとか着信。
そういえばDVもいた。DVの人って物凄く依存しますよ。

私高校の時は 水遊びとか ベランダでシャボン玉とか 公園でお昼寝とか お絵描きとか
子供っぽいというよりむしろ電波ぽい遊び方が好きだった。
そういう男の人は、わたしのそういう所を気に入ってたみたいでした。

私にも原因がありました。

(´・ω・`)

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

これからそっちいくから

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

736 :本当にあった怖い名無し :2007/05/22(火) 12:08:32 ID:pDMTwVdQO
ぶたぎりスマソ。

前付き合ってた男
●電話でないと20回30回とかかけくる
●すぐにキレて奇声発する
●駅でタバコすったりする
●ほんとかどうか知らんが
俺の親ヤクザ!と自慢
なんで別れ話したらボッコボコにされた。
実はその時私は引っ越しが決まっていて…嘘の最寄り駅だけ教えて
引っ越し前日はもうすでに借りてあった部屋に避難してた。
そしたら着信
「これからそっちいくから」
夜中自転車でそこいったみたい。電車で45分かかる場所に。気持ちわるいし
途中でかけてくる電話の声も逝っちゃってるかんじ。
そのまま電源きって翌日引っ越しの手伝いをしに部屋にいったら
自転車のうえにまるまって寝てるヤツがいた。こっちに気付くなり「よう」って。
部屋までついてきて2人になるなりまた暴言。
半分泣き叫んでて
殺されるかもしれないって思った。

それから1年たちますが
定期的に公衆電話から着信あります。多分ヤツ。
市ねR。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

般若心経

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

720 :本当にあった怖い名無し :2007/05/21(月) 18:40:46 ID:1xmMgm84O
3年前、板橋区のある町にすんでた。夜中にとぼとぼ暗い裏道を歩いてると、駅から男がずっとついてきてる。
同じところ回ったりコンビニいったりしたけどまだいる。しかも確実に距離がちぢまってる。
思い切って交差点のとこで数珠をだし、大声で般若心経唱えたら、
ソッコーで男はいなくなりました。(当方無宗教だけどお経好き)

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■サイコ

髪の毛【グロ】

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

718 :本当にあった怖い名無し :2007/05/21(月) 15:29:26 ID:UhjpVw520
3年前くらいの話なんだけど。
そんとき私はまだ地方から引っ越してきて2ヶ月しかたってなくて、
いろいろまだ不安だったんだけど、ある日大学から帰ってきたらポストに無印の封筒が。
中身を空けてみると今日の私の行動(30分刻みくらいの細かいやつ)を書いた
紙が。その内容がめちゃめちゃ細かくて「14:30 図書館で○○と○○という本をかりる」とか
「16:00頃 家から300mのファミリー○ートで雑誌と栄養補助食品を買う」とか他人が知りえない
ことが書いてあってパニクった。
誰かのいたずらだと思ったんだけど、それにしては手が込んでいるし・・・。
それからまた3日くらいした時、アパートの駐輪場にとめていた自転車に異変が。
後ろの車輪をカバーする鉄?の部分が車輪にめり込んでてとても使えたものじゃなくなってた。
よく見たら自転車のかごの中にまた無印の封筒が入っていて「愛しの○○さんへ これで
愛するあなたをゆっくり見ていられる」と書いてあった。さすがにこれはやばいと思って
友達に相談してなるべくついてもらうようにした。
それからもいろいろエスカレートしていった。
毎日手紙は当たり前。内容もだんだん支離滅裂になっていって、「何できのうは帰り○○通りを
通らなかったの?僕をさけてるの?僕は毎日君を見守ってるのに」とか。

夏休みになって私の誕生日の日がきた。夜居酒屋でご飯を食べ終わって友達に送ってもらった。
玄関先になにやら大きなケーキの箱が。友達となにこれーと思いながら玄関で箱を開けてみると
白いケーキが。
とりあえず友達と部屋に入ってもういちど明るい場所でケーキを見ると
白いクリームのなかに黒いウニュウニュした細いものが・・・人の髪の毛が
クリームの中にたくさん混じってた・・・

さすがにもう精神的にやばくなって、ちょっと休学してまた戻ったら被害はなくなりました。
思い出すだけでもう今でも吐き気が・・・。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

メアド

【ストーカー】恋愛であった怖い話【嫉妬】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176166363/l50

717 :本当にあった怖い名無し :2007/05/21(月) 14:25:57 ID:MDxrQDeG0
私もバイト先でへんなのに付きまとわれた。過去に何度も傷害事件を起こしてるような
人だった。喫茶店なのに指名とかしてきて番号を何度も渡された。教えてないのに、
メールきたし、店内に誰もいない時は私の背後にくっついて耳元で息とかしてきて
かなりきもかった。出待ちもするようになって、家つき止められて毎晩庭がガサガサいってた。
朝4時頃、呼び鈴が鳴ったから覗き穴見たら真っ黒で(向こうも覗いてた)
この時はマジで息止まった。
タチが悪いのは、この人、店の常連さんの息子で、中々きつく言えなかったし、
店の人が居るときは大人しいから、マスターに話しても信じてくれてなかった。
逆にこっちが自意識過剰みたいに思われてた。

でもある日の新聞で、強姦罪で捕まってた。別の喫茶で、バイトの子が倉庫に居る
ところを背後から襲ったらしい。しかも、ママさんはこいつに私のメアドを教えて
欲しいと頼まれて断りきれず教えてた。

ひょっとしたら私がヤられてたかもしれない。話しても全く信じてくれない。
挙句には勝手にメアドを教える。

次の日、バイト辞めました。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

同じ個室

【怪談】 学校にまつわる怖い話 【七不思議】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177249017/l50

67 :66:2007/05/26(土) 09:12:06 ID:VEdO6PIc0
高校2年生の夏、一年生の時から仲の良かった友達二人
(長身美人のKちゃん・クールボーイッシュSちゃん)とトイレにいった時の話。

放課後になると自販機で飲み物を買って、教室でしばらく話をしてから下校するのが日課だったんです。
その日も3人で自販機まで飲み物を買いに行ったのですが、私(N)が尿意を感じ
私「あ、ごめんトイレに行きたい(´д`;)」
と言ってトイレに寄ってもらったんです。

KちゃんとSちゃんは別にトイレに入りたかったわけではないので
個室には入らず、個室の外でまっててくれました。

トイレの作りとしては、
●ドアを開けると長方形の部屋(ピンクタイル)
●左手側が個室(和式3+洋式1の計4つ)
●右手側が洗面台3つ。和式個室の前に設置。
●各洗面台の上に鏡(個室から出ると正面が鏡&洗面台なのでスッキリ顔の自分が見えるw)
といった感じです。

板一枚隔てて聞こえる友達の笑い声に耳を傾けつつも、音消しの為に水を流しながら用を足していると、急に

Kちゃん「え、ちょ、Nちゃん!!いやいやいやwww」
Sちゃん「あぶないよ、もう何してんのーwww」

という二人の笑い声?というかツッコミ声が聞こえてきました。
意味がわかりません。何もしてないですし。
あえて言うなら用を足してましたけど。
そんなツッコミされるようなことは何も・・・。


68 :66:2007/05/26(土) 09:13:23 ID:VEdO6PIc0
「???」
状況が飲み込めないまま、個室のドアを開け、
尚も「Nちゃんは、まったく~~www」などと笑っている二人の所へ。
訳のわからない私は手を洗いながら「え、何?どうしたの??」と二人に尋ねました。
Kちゃんには「しらばっくれんなww」といわれましたが、私が本当にわからない、という顔をしているとKちゃんが不思議そうな顔で

Kちゃん「いや…Nちゃん、さっきトイレの中でジャンプしたじゃん?」

と言ってきたのです。

もちろん私はそんなことしていません。
私「してないよ、何いってんの(´д`;)」
と否定しましたが、

Kちゃん「したじゃん!下向きながらジャンプしたの見えたもん!胸あたりまで見えた!Sちゃんと話しながら鏡みてたら映ったよ!!」

と言うのです。


69 :66:2007/05/26(土) 09:15:10 ID:VEdO6PIc0
やった・やってないの口論になりそうだったので、実際に個室を3人で見てみました。
個室には和式トイレについてる水を流すペダルと、ドアの下部と上部についている蝶番。
あとはスライド式の鍵しか足場になりそうなものは無いのです。
私の身長は160cm。2m近くあるトイレのドア・仕切りからは
ジャンプしたって頭の先を見せることすらできません。

私「ほら、胸までとか無理だよ」
実際に私がジャンプをして見せて、足場にできるようなものも無いとKちゃんに納得させました。
(ちなみにSちゃんは私とKちゃんのやり取りを「もういいじゃん・・・」って感じでみてました)


70 :66:2007/05/26(土) 09:16:06 ID:VEdO6PIc0
Kちゃん「いや、でも・・・見たし。ねぇ?」
Sちゃん「うん。一瞬だけど。」
Kちゃん「Sちゃんと話してたら、ビヨーンって」
その時、話途中だったKちゃんが私を見てハッとした顔をし、トイレのドアを開け、猛ダッシュで廊下に走り出したんです。
私も何がなにやらわからず、でも、なんだか怖くなってKちゃんに続きSちゃんと一緒にトイレから出ました。

Kちゃんに追いつき、どうしたのか聞きました。


71 :66:2007/05/26(土) 09:18:09 ID:VEdO6PIc0
私「なに、何で逃げた、今!ビックリした!」
Kちゃん「Nちゃん、今日、冬服じゃん!!」
私「そうだよ、朝からずっと冬服だよ!」
Kちゃん「Nちゃんじゃない!」
私「は!?なに!?」

Kちゃん「見たの、絶対、Nちゃんじゃないッ!!!」


72 :66:2007/05/26(土) 09:18:59 ID:VEdO6PIc0
うちの学校の制服は変わっていて、

●冬服●
セーラー服のような襟のついたブラウスの上に、指定の白ニットベスト(または指定の黒セーター)、
その上に襟なし紺ブレザー。胸元にはリボン。
スカートは紺のプリーツスカート。
漫画「フルーツバスケット」の制服を想像してもらえるとわかりやすいです。

●夏服●
襟はやはりセーラー調で黒に白のチェック柄。
襟以外は白で3つボタンのブラウス。
スカートも襟と同じ柄。
それとは別に学校指定の白ポロシャツも有り。

という漫画やアニメみたいな制服でした。
なので、あまり暑くなかったり、日焼けを気にする生徒なんかは夏でも
「冬服のセーラーブラウスに白ベスト、でも下は夏スカート」
という組み合わせの子も多かったんです。
確かに私もその日は上記の組み合わせで登校してました。
ですがKちゃんが何を言ってるのかわかりません。
意味が理解できなかったので次の言葉を待ちました。


73 :66:2007/05/26(土) 09:19:45 ID:VEdO6PIc0
Kちゃん「…黒だったから」
私「何が?」
Kちゃん「みたの、襟、黒かったんだよ」

私の今日着てる服は冬服なんです。
夏服の襟は黒ですが、冬服の襟は白です。
仮に私がいたずらしたとしても、まだ日は高く、トイレも窓を開けていて明るかったので白い襟が影で黒に見えるとも思いません。
一気に血の気が引きました。


私と同じ個室に、誰がいたの・・・?


74 :66:2007/05/26(土) 09:22:30 ID:VEdO6PIc0
その後は3人とも雑談どころじゃなくなってました。
KちゃんやSちゃんは
「もうあのトイレつかえねーよ・・・」
「てっきりNちゃんがいたずらして、私たちの反応楽しんでるのかと思ってたけど・・・ちがうんだ。錯覚だったのかもしれないけど、嫌だよね」
なんていって怖がってましたが、多分、一番恐怖してたのは私です。

同じ個室にいたんですよ?その「何か」と。
おそらくは用を足す私の真上に…。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ノック

あなたの家の開かずの間 3部屋目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1171700275/l50

784 :本当にあった怖い名無し :2007/05/22(火) 11:16:20 ID:5DyOg2i7O
学生の時、福岡中心地の駅近くの賃貸マンションに一人暮らししてた。
マンション入り口にセキュリティがあって、来客が部屋番押すと部屋の住人がカメラチェックしてからロックを解除してあげるタイプ。
で、もちろん部屋のドア毎にもインターホンがついてるけど、こっちはカメラ無し(ドアスコープのみ)。
実家は電車で一時間かからないから、よく家族や地元の友人が来てた。

その日は母親が来る予定で、昼頃に来るって言ってたから駄眠をむさぼってたら午前中に来てマンション入り口のインターホンで起こされた。
寝起きが不機嫌な私はイライラしながら起きてロックを解除。
んで、母親がスムーズに入ってこれる様にそのまま部屋のドアの鍵とチェーンも外してた。

数分後、突如玄関のインターホンが激しく鳴り響き、同時にドアを乱暴に叩く音が!
私は母親のイタズラだと思い、いくら何でもこりゃヒドイと思ったのと寝起きのイライラとで、ドアを開け放ちながら
「開いとるやろが!!いい加減にせんね!!」
と、怒りマックスで怒鳴ってしまった。

しかし、そこに居たのは母親ではなく、小柄なオジサン。
しかも私が急にドアを開けたので、激しいノックの連打が空打ちになり、軽く転びそうになっている。
オジサンは私の剣幕に面食らった感じで、何も言わずに逃げる様に去って行った。
ポカーンとしていると、母親が来て、「あんた何怒鳴ってんの」と言われた。

数日後、そいつはレイプ犯として逮捕されてました。
緊急の用件を装ったり、「人に追われている」と偽って部屋に上がり込むのが手口だったそうな。

あの日、母親が来る日じゃなければ…そしてあの絶妙なタイミングで無ければ私も被害者になってたかも。

テーマ:サイコ - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

2LD

あなたの家の開かずの間 3部屋目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1171700275/l50

772 :本当にあった怖い名無し :2007/05/21(月) 00:23:05 ID:RGYTz88d0
大学時代の2LDの部屋は安かった
住み始めて数日後には、上の階のおせっかいなババァが
「その部屋で殺人事件があったんですよ!!」って言って来たけど
フローリングもピカピカだったし、壁紙もバスタブも全部新品だった。
通常8万近い奴が5万で敷金・礼金も無かったし、駐車場も無料だった。
みんなそんな噂だけで遠慮するみたいだけど、快適な2ヶ月だったよ。
何せ、幽霊を信じない俺が1ヶ月弱でノイローゼだぜ。
とにかく、浴槽方面が凄かった。
夜中に浴槽から部屋へのガラス扉をドン!ドン!って鈍い音が
ほぼ毎日聞こえてた(最初は近所が工事か工場があると思ってた)
住み始めて1週間ほどの酔って帰って来たとき、夜中にトイレ(大)で
座ってる時に、浴槽の扉を叩く音やHの時の声みたいに唸り声が聞こえて
初めて、恐怖を感じた。
風呂場の隣の洗面所で鏡を見る時に、人影を見だしたのが2週間目だったか
とにかく、その頃は毎日誰かを部屋に泊めてた。
1ヶ月が過ぎた頃に、オヤジが上京して俺の部屋に泊まった。
その時に女の声が聞こえるから、誰か部屋に隠してるのか?って聞かれた程
後は、夢にまで出て来るようになって、もう勘弁してくれって奴だった。
塩撒いたり、神社の札貼っても全く意味が無かった。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

祖父の部屋

あなたの家の開かずの間 3部屋目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1171700275/l50

490 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 19:51:52 ID:aj7QqRbW0
開かずではないけど(スレ違い、スイマセン!!)
不思議な祖父の部屋
祖父の書斎は、誰も開けない部屋だったみたいで

祖父は私が生まれる前かなりに他界していて会ったことはないんだけど
古い家を建て替えた際にも祖父の部屋はそのまま残されていて
そこだけすごく昔(昭和初期?なのかな?)って感じな部屋でした

祖母の年数回の掃除以外は誰も入らない開かずの間になっていて
(と言うか、生活に必要ない部屋?て扱い)
そこだけ時間が止まった様な感じでした
不思議と、部屋があるのを忘れる感じというか・・
扉があるのに、開けようと思わない部屋でした

掃除で入ると、そこには古い机や地球儀や本棚などに加え、祖母の足踏みミシンなどがありました
祖父生前そのままだったのかも?
畳の部屋に直に置いてある机とか、当時でも、昔っていうか古い!!って感じで

私はその部屋を凄く覚えていますが、その後また建て替えて洋室(ピアノ用)になったので
妹などは全く知らない様です
広さは10~12畳くらいだったのかな?


491 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 19:55:28 ID:aj7QqRbW0

立て替えはここ40年くらいの話

私が知ってる祖父は集合写真の祖父ではなくて
書斎の机で背中向けてる姿
それだと、年数合わないらしいんだよね(戦争で死んでるので)
書斎に居る祖父を知ってるはずがないみたい
そもそも立て替えてからの年数も合わないらしい
祖父が死んでからと立て替えから、自分の年齢でいうと確かに合わない

なんか凄く知ってるというか覚えてる部屋の話だけど
ほんとは、知ってるはずはないらしく
人の話を総合しただけなのかも(オカルトではなく・・気のせい??)
でも、懐かしい気がします

そんだけなんだけど、ね

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

タイタン号の悲劇

都市伝説&陰謀論=2=
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179881523/l50

49 :本当にあった怖い名無し :2007/05/28(月) 01:31:44 ID:kAYzMiRy0
これは有名かな?
タイタニック号事故がある数十年(それ以上だったかも?)前に、
「タイタン号の悲劇」という豪華客船タイタン号が氷山に激突して
死者が多数出たという内容の小説があった。
タイタニック号が出来た当時、最初船の名前を「タイタン」にしようとしたが当時名前の最後にICを付けるのが主流だったので「タイタニック」になった。
そして氷山に激突する大事故が起きた。
後にその事故を予言するような酷似した内容の小説が発見された。

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

2007.05.28 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ドッタンバッタン

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

101 :本当にあった怖い名無し :2007/05/20(日) 01:11:12 ID:t0p02ST60
ある夜…なんだか体がドッタンバッタンしているので目が覚めた
あ、え、なんで体が動いてるんだろ?と目を開けると
白い着物を着た、髪の長い女の人が馬乗りになり首を絞めていた
私の首を絞めたままベッドに何回も叩き付けていた

女の人の顔は暗いせいか、よくわからんが顔が黒く見えない…
とりあえず苦し~やめてくださ~い と、思いつつ数分後にやっと金縛りがとけ
とけた瞬間女の人も一瞬でいなくなった…誰だったの?マジで…

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.20 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

バーベキュー

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

78 :本当にあった怖い名無し :2007/05/14(月) 02:16:26 ID:LQLmALoz0
最近暖かくなったから友達2人でバーベキューをしようと計画した。
着いたのは夕方4時頃だったが、だらだら友達と話していたら用意が
遅くなり、肉を焼き始めたのは5時半頃だった。
しかも、山だったから夕方6時頃にあたりは暗くなった。
俺「もうすぐ暗くなるぞ、懐中電灯持って来たら良かったな~」
友人「だな、それにしても炭に全然火が付かないな」
なぜか炭に火が回らないので、俺達は仕方なくカセットコンロ
に直火で肉を焼くことにした。周りには誰もおらず、俺達二人。
暗くなってきたし、続きは家でしようかなどと話していたらコンロ
の火が消えた。ガスはまだまだあるし、おかしいなと思ってカチカ
チスイッチを回すが付かない。
「もう暗いし、気味悪いし帰ろうぜー」
と友人が言い出したので、帰ることにした。
しかし、辺りが暗くてどこに何があるかわからない。懐中電灯はないからライターで火を付けようとしたが、なぜか付かない。付いたと思ってもすぐに火は消える。
「俺、燃えそうな物探してみる」
そういって友人は歩きだした。なぜだかわからないが、俺は妙な恐怖感に襲われ一人でいるのが恐くなり友人の後に付いて行った。
少しして友人が見当たらなくなったので名前を呼ぶが返事がない。心配になった俺は叫びながら友人を探し回った。すると、友人がきょとんとして立っている。どうしたのか問いかけると、ずっと返事しているのにお前が気付かないからどうしたのかと思ったと言いだした。
そのとき、第六感がここは危ないと告げた。
俺はすぐに荷物を持って帰ろうと友人の手を引っ張った。友人も同じ気持ちだったらしく、すぐさま駆け出した。
家に帰ってから、ネットで今日行ったキャンプ場を調べた。
そうしたら、何年か前に俺達がバーベキューをしていた場所付近で女性が自殺したということが発覚した。すごい鳥肌が立った。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

77 :本当にあった怖い名無し :2007/05/14(月) 00:44:26 ID:lhW4z871O
祖母から聞いた話です。昔は亡くなった人の足の裏に墨で印をつけてから弔ったそうです。
足の裏に印を付けると、生まれ変わっても残ると言う言い伝えがあったらしいです。
祖母に尋ねたところ墨で印を付けて亡くなった方を弔ってから、その方の親族に生まれた赤ちゃんの足の裏には痣になり、その跡が残っていたそうです。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

2007.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■民話・伝承

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。