スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

おしらせ

今週の、やはり土曜日のことでした。
(以下略)



 無事、パソコンが帰って来ました。
 メモリが2つ連続で初期不良だったり、
 グラフィックボードが認識できなくなったり、
 色々あったけど、今は元気……なのか、な……。

 ご心配おかけしました。HDDも無事です。
 


>志村~、百物語、百物語~!

 ええと、ツッコミありがとうございました。
 京都まで行って買ってきた玄米茶返せ。

 そうか。百物語か。
 千話記念で大病を患い、百物語でパソコンが壊れる。
 次はいつ何が起きるのか楽しみですよね!(私以外は)

 さて、件の百物語は、
 右柱のカテゴリー「連作『百物語 ~弐OO七年・夏~』」から
 閲覧して頂けます。
 夏の夜のおともにどうぞ。

 それでは、これからも「怪異録」を
 よろしくお願いいたします。




 前回の経緯はこちら

スポンサーサイト

2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | □その他

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

655 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 13:24:20 ID:55odcNzv0
怖いってより不思議だねってくらいだけど
最近ばぁちゃんが死んだんだ。
その日の飛行機に間に合わなくて、次の日の朝一のチケット買いに行った帰りに、
旦那と定食屋入ってテーブル席に座ったら、
二人しか居ないのに
店員が水3つ置いていった。
ばぁちゃんでも見えてたのかな?
ありがちな話だけど、本当にあるんだなって少しびっくりした。


656 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 13:36:47 ID:55odcNzv0
もう一つ。

で、次の日。
入棺が終わった後、夜中に親戚同士で飲んでたんだが、
(自分はジュースのみ)
突然一人減ったような気がしたんだ。
もちろん誰も部屋なんか出ていないし、おかしいなって思った直後に、
今度は玄関の扉が開いて閉まるイメージが頭に浮かんだ。
やっぱり音もしてないし、誰も出入りしていない。
一緒に飲んでた親戚にその場で話したら、
ばぁちゃん彼氏の所に行ったんじゃないの?と笑いながら言われた。

で、次の日に、ばぁちゃんの彼氏にその事を話したら、
「朝起きたら体が重い上に、寝る前にパジャマに着替えたのに、
全裸になっていた」と言われた。
ばぁちゃん、夜這いに行ったのか?


2007.07.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

赤ん坊

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

649 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 07:22:13 ID:xZkGmofMO
学生時代の夏休み、友人と佐渡汽船に乗って佐渡島に遊びに行った。
船内の探索に行った友人たちをよそに、眠くなった私は、畳敷きの広間のような船室で横になってうとうとしていた。
周りには何組もの家族連れがいて、かなり賑やかだった。幼稚園児位の女の子が大声でセーラームーンの歌を歌っている。
気付くと、赤ん坊が足元から膝にはい上がってくる。
すぐに家族が気付いて連れていくだろうと思ったが、いつまで経っても誰も気付かないようだ。赤ん坊は太股、腹とだんだんはい上がってくる。
女の子の歌はずっと続いている。
赤ん坊がとうとう胸に乗ってきた。乳臭い匂いと早い息遣いが聞こえる。さすがに降ろしたいが、眠気のためか身体が動かない。
首に息が掛かる。
よだれでもつけられたら堪らないので、眠気を振り払い、目を開けた。
歌はまだ続いている。
だが胸の上には何もいなかった。乳臭い匂いも息遣いの気配もそのままなのに。
後年、とある本に「金縛りの時、胸に乗るのは女の霊」とあった。
あの赤ん坊は幼くして亡くなった女の子だったのだろうか。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

白い足

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

645 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 03:53:29 ID:RA9zN1l10
今年の1月、バイト先で膝から下だけの白い足を見た。
あんなにはっきり見たのは初めてだったので、興奮して何人かの人に言ったが、
「はいはい」って感じで正直相手にされてなかった。

で、つい昨日のことなんだが、自宅に友人を呼んで酒盛りしてたんだわ。
自分含めて3人で呑んでたんだが、その内の一人のFって子にも前に白い足の話をしてた。
そしたらFが焼酎を呑みながら、
「好かれちゃったね」
と言った。
何のことだろうと思ってたら、向かい側に座ってるFの視線が私の左の後ろあたりをチラチラしてた。
過去にもFの妙な目の動きとか見たことがあったから、これはなんかいるんだろうな、と私は思った。
そういう話をあまりしたがらないFだったが、私が食い下がって尋ねると、
酔いも程よく回っていたのかすんなりと口を開いてくれた。
「前には言わなかったけど、A(私の名前)、白い足の子連れて来ちゃってたんだよ」と。

わー、というよりむしろ、ああ、という感覚がした。
「その足の子、女の子でしょ? スカートはいてない?」
と私が言うと、Fはうんと頷いた。
そこのバイト先は今年の1月半ばに辞めてたんだが、どうもそれからずっとついてきてたらしい。

私が見たものとFが言う足の格好があまりにも同じなんでちょっと笑えた。
しかし驚いたのは、
「あと、男の人もいるよ」
と言ってFが押入れをチラリと見た事だった。
今月の頭くらいからなんかおっさんぽい感じの人に見られてる感じはしてたんだが、それは誰にも言ってなかった。

陳腐な言い方だけど、分かる人には分かるもんなんだなと改めて思った。
こういう話をすると話に割り込まれたりするから困る、とかFは言ってたけど、
そんな彼女の様子を見るのも中々面白かったりする。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

青い水着

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

594 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 01:22:44 ID:bpbFs9WJ0
先日流水プールへ行ったんだけど
まだ夏休みに入る前の曇りの日で 人が少なかったから
水死体ごっこみたいなことをして のんびり なすがままに流されてたんよ

体1つで 鼻と口だけを水面に出して ひたすら空を見ながら流される遊びなんだけど
ある時 呼吸する瞬間 波を被ったから 鼻に入った水を抜こうと
浮いたまま くるりと水中を向いたんよ

流水プールの床や壁は ステンレス風の金属でできてて
横の壁に 自分の姿が写るのだけど
くるりと水中を向いた瞬間 チラッと 自分のすぐそばに 誰かが居るように何かが写ってたんよ
「ん?」 と思って もう一度壁に目を向けたら
青い水着を着た7歳くらいの女の子が 自分のすぐ後ろで動いている様子が写ってて
「呼吸の瞬間に 顔に水を被ったのは この子が立てた波なんだな」と思って

お互いに邪魔だろうから ひとまず 状況を確認して 離れようと
浮くのをやめて その場に立ったんよ
その間 2~3秒くらいかな

だけど 自分の傍には 誰もいなかった

「アレ?」と思って プール全体を見渡してみても
青い水着の女の子なんて 1人も居なかった。

それだけの 話。

その後は 時間まで死体ごっこを楽しんで 帰りますた


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ザシキワラシ

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

588 :K:2007/07/26(木) 23:04:36 ID:5VBgQELZO
怖いものではなく、寧ろ縁起のいいものに会った
文章汚いですが、すんません勘弁してください

今年、社会人スポーツクラブの新年会で、監督兼選手のHさんのお宅で新年会をやる事になった。
余談ですが、Hさん宅は代々続く農家で大地主、近所の方々から信頼があり、人気がある方ですが、何故か独身で高齢の母親と二人暮らしでした。
さて、話しを戻します。
宴会が始まりクラブのおっちゃんやおばちゃん達がワイワイ楽しんでる時、俺は煙草吸いに外へ出ました。外は小雨が降っていて冬で山の麓故に、かなり寒かった。
Hさん宅に入って土間を通って、宴会やってる部屋へ向かおうとしたところ、なんか目に入りました、和風の女の子の人形が一体と大昔の玩具(小さい太鼓と鞠)だけ神棚に乗っていました。


589 :K:2007/07/26(木) 23:06:42 ID:5VBgQELZO
なんで人形と玩具が?って思ったのですが、特に気にせず部屋へ戻りました。暫くおっちゃん達の高校時代の話を聞いている時、トイレに行きたくなって、部屋を出てトイレに行き、部屋に戻ろうとしたら2階から
テテテテテッ
と、小さい子が床を裸足で走る音が聞こえました。
んんっ!?( ゚Д゚)…?
と思い、2階へ上がりました。
ですが、2階は暗く特になんもなかったし、降りようとした時に、下から「2階に居るなら酒持ってきてー!」の一言
電気を点けて、一升瓶の酒捜し出し、降りようと部屋の入り口を見たら襖のとこに女の子が居ました
襖|∀゚) ←こんな感じ
ニコッと笑ってたので、俺もニコッて笑い「やぁ」って話しようと声かけよとしたら、走って奥の方へ走って行きました
テテテテテッ、と
誰かのお子さんかな?って思い、宴会の部屋へ戻り談笑していました。


590 :K:2007/07/26(木) 23:07:55 ID:5VBgQELZO
煙草が吸いたくなり、外へ出たところ、チームメイトのNさんが居ました、そこで他人のプライベートですが、Nさんは陽気な方(色々とオープンな人)で、Nさんにさっき子供が2階に居た話をした所
「ん?今日は子供いないよー」
と言われ、思い過ごし?なんて思ったら、不意にNさんが
N氏「あ、でも、H君の所の子供かもな~」
俺「え?Hさん結婚してないんじゃあ…」
N氏「うん、僕と同じに結婚してない、独身貴族www H君の所の子供って言っても実子でもないよ」
俺「…連れ子?」
N氏「んー違うなぁー、K君(俺)は幽霊とか信じる?後、霊感は?」
俺「幽霊は信じてます、霊感は無いっすよ」
N氏「でもK君見たじゃん」
俺「え?」
一瞬で鳥肌が…
N氏「悪い子供じゃない、寧ろいい子供だよ、ザシキワラシだよ」
俺「ザシキワラシって遠野妖怪と某宿で有名な?」
N氏「うん、それ、ラッキーじゃん滅多に会えないんだよ、ザシキワラシってさ、後で土間の神棚にお参りしときなよ」
俺「それじゃあお菓子でも供えときます」
談笑が終わり、部屋に戻り、暫くしてお開きになった時に、家主のHさんに事の説明をした時
Hさん「そっかーまだ居てくれてたんだ、あの子」
俺「ええ、可愛い女の子ですね、妹にして連れて帰りたいですwww」
Hさん「ダーメっというかこのロリコンめwww」
俺「へへへへへ、それで神棚にお菓子を供えたいんですけど」
Hさん「うん、いーよ」
家主からOKが出たという所でさっそく、お菓子を供えてお参りをして、帰ろうとした所2階の窓から女の子がニコッと笑ってバイバイしてた
(;゚∀゚)=3 ムッハー!!
縁起はいいから妹にしたいなー、なんて下心がある俺でごめんよザシキワラシなんて思いながらバイバイして帰った

以上が今年の1月に実際に体験した、話です
…ザシキワラシってたくさん居るのかな…


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

屋敷

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

575 :1:2007/07/26(木) 17:53:34 ID:5eW/N+Eu0
今は取り壊して新築建てて無いんだけど、幼いとき結構古い屋敷に住んでたんだよね。
ど田舎だけどうちの家は昔庄屋の家だったらしくめちゃくちゃ広かった。
中庭は手入れなんかしてなくてジャングル状態。蔵もボロボロで穴あきまくり。
じいちゃんが剣道の先生だったので使われていない広い道場もあった。
そんなわけで家族4人(母、父、姉、自分)で住むには広すぎた屋敷だった。

こんな我が家だが年季のあった家のせいか、しょっちゅう変な現象が起こったもんだ。

当時、夏休みくらいかな・・俺が10~11歳の時に夜自分の部屋で寝てたら覚えてないけどすごいうなされていた。
目を覚ますとメガネかけた青白いおじさん?が顔を近づけて覗いていた。
「うわっ」っとびっくりして飛び起きたらフッと消えた。
親父に相談したら
「般若心経を唱えてあげなさい」
とだけ言われただけ(何故か般若心経を覚えさせられていた。姉は教えてもらってない)
その日以来、怖くて当分は姉と一緒の部屋で寝させてもらってた。


576 :2:2007/07/26(木) 17:54:22 ID:5eW/N+Eu0
両親と姉が買い物で出かけている日の事、机に向かって必死で宿題やってると勝手にドアがゆっくりと開いて
「おーい。遊ぼう。おーい・・・」
と声をかけられた。(図太く、かすれた知らない声でした)俺も天然か夢中に宿題やってたせいか、
「俺今いそがしいから無理・・・」
と断ったが冷静になって誰!?って振り返ってもいない。誰なのか家中探しまくった事もあった。

あと、山のふもとに屋敷があったせいか狸がよく家に迷い込んでて狩ろうとエアガン片手に
追いかけ回してたら屋敷の外に出ちゃって、ふと山のふもとの大きな木を見上げると
猿みたいな・・猿じゃないような人間っぽい生物?がこっちを見ててニヤニヤ笑って枝に座ってるの。
俺は怖くなりエアガン連発(見事なDQNっぷりですみません)して家でテレビ見てた姉の所まで駆け込んだ。
姉貴は「狸に化かされたんやろアホ」と信じてくれなかった。


577 :3:2007/07/26(木) 17:55:04 ID:5eW/N+Eu0
友達と道場で走り回って遊んでた時も変な事あがあった。
道場には大きな鏡があるんだがその鏡の前で友達に四の字固めを食らわせてる時に
鏡に目をやると口をパクパクさせた女性(着物を着た古い感じの方だったと思います)
が後ろの物置の襖から除いていた。
ギブギブいってる友人の声で目をそらしもう一度見てみるといなくなっていた・・なんて事もあった。


もう書くのしんどいのでこれくらいにしときます。駄文すみませんでした。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

573 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 17:44:22 ID:iPLUM82M0
んじゃ俺も実話を一つ。

息子が幼稚園の頃のある日、妻は息子を連れて買い物に出た。
黄昏時でもう辺りは薄暗くなっていた。
手をつないで歩いていた息子が
「ねぇママ、死んだ人はお空に行くの?」
と聞いてきた。
妻は大して気にも留めず返事をした。
「そうよ。でもなんで?」
すると息子は暗い空を指差し。
「ほら、いっぱい登って行ってるよ」


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

挨拶

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

531 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 16:13:51 ID:5/3qx8qT0
うちの田舎の家って、昔ながらの名家って感じのでかい屋敷なんだが、近所の人が死ぬと挨拶に来るんだよね。
男が死ぬと玄関を叩いて挨拶に来る。女が死ぬと裏口を叩いて挨拶に来る。
だから、すごい勢いで誰かがドアを叩くと「あ~また誰かが死んだんだな。喪服用意しなきゃ」ってなる。
ちなみに近親者が死ぬとドア開けて家まで入ってくる。
俺は見たこと無いけど、伯母と祖母は祖母の弟が死んだときに真っ白い顔して玄関に立ってるのを見たらしい。



【「挨拶」の続きを読む】

2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■民話・伝承

じいちゃん

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

509 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 11:42:57 ID:QX3LtsyF0
十数年前の、季節は丁度今頃。
時刻は夜の九時くらいだった。
タオルゲットwから両腕両足を出してまどろんでいたら、
突然、ものすごい恐怖感に襲われた。
慌てて腕と足を引っ込めようようとしたが間に合わず、
手の甲を何かがすぅっと撫でた感触。
とっさに「おじいちゃんだ! キモチワル!」wと、
暑いのに頭からタオルゲットを引っ被った。
物凄く厭な感じがして怖いのに、なぜか、父の実家の
祖父だと思った。

頭はすっぽり隠したが、今度は、まだはみ出していた
つま先を撫でられた。ぞっとして全身もぐりこみ、
中からタオルケットをぎゅっと押さえた。
厭な感じとさむけは消えず、上から風が当たるような
軽い圧力を感じていた。

「じいちゃんキモチワルイよ~」と思いながら、5分くらいは
そうしていたと思うが、さすがに自分の息で暑苦しくなり、
隣室の妹のところへ飛び出していった。
妹には何も言わず、しばらく一緒にテレビを見た。

数日後、祖父がの訃報が届いた。
最初は、やっぱりな、と思った。最後のお別れに来たのだと。
だが、あの厭~な感じは、本当に祖父だったのか、
今はちょっと疑問に思っている。

祖父の命日が近づくと思い出す。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

心霊スポット

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

504 :心霊スポット:2007/07/25(水) 02:58:07 ID:wmEfIK5oO
先日、夏だからということで心霊スポットに行くことになった。
某所の有名な城跡に向かったのだが、友人の一人は車から降りるのを必死で嫌がっていた。
理由を聞くと、耳鳴りが凄いという。
せっかく来たのだからとその友人を車に乗せたまま、私たちは進むことにした。
一人が懐中電灯を持ち、その明かりだけが頼りで転ばないように足下に注意しながら進む。
途中まで歩くと橋がありその上を歩いていく。
友人と話しながら進むと橋の奥に階段を見つけたので、2、3段のぼった所だった。急に私たちは誰一人話さなくなったかと思った瞬間…
「ちりーん」…私たち以外いないはずの森の奥から、透き通った金属音のようなものが聞こえた。
全員が聞こえたらしく、すぐさま車に戻ろうということになった。
今来た道を歩く私たちは誰一人話すことなく、無言のまま車へと到着した。そして車内に残っていた友人に全員で金属音の話をしながら車を走らせて帰った。


505 :心霊スポット:2007/07/25(水) 02:59:45 ID:wmEfIK5oO
そして友人全員を送った後、自分の駐車場に着いた私は、マンションの自分の部屋に帰るために夜中の1時頃に外を歩いていた。
駐車場からマンションまで帰るのに、左側にアパートがある道を歩いて行くのだが、視界の左上らへんにアパートの二階から誰かがこちらを見てるのが目に入っていた。
心霊スポットに行って来たので、霊的なものだったら嫌だと思い真っ直ぐの視界だけに集中して歩いた。
自分のマンションに着いて安心したのか、アパートをついつい確認してしまう。
だけど、誰もいないのでホッとして自分のマンションに入ろうとしたとき、視界の左上にまた先ほどの人らしきものが視界に入った。
さっきのアパートではなく、今度は私のマンションにそれは移っていた。本気で怖かったから確認どころか、耳に指をいれ何も聞こえないようにしながら全力で1階にある私の部屋へと入った。
後日、霊感のある友人に話をしてみると、「もしそれが本当だとしたら、気づいてるのに気づかないフリをするのは危険だからダメだ」と言われた。
まだ何日かしか経ってないから何も起きてないけど、私の身に何か起きたらどうしよう(´・ω・`)


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

499 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 00:44:52 ID:M6XNFv86O
最近気付いた事なんですが…


500 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 00:58:16 ID:M6XNFv86O
ごめんなさい。途中で送信してしまいました。

うちは主人と一歳に満たない娘と私、三人家族で、主人は仕事上帰りが遅
くなるので娘だけ夕方6時半頃に夕飯を食べさせます。
先日、いつものようにリビングで娘にご飯を食べさせていたのですが、ふとリビングの隣にある和室の扉の磨りガラスに目をやると黒い影のようなものが動いていてスッと隠れるように消えました。


501 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 01:11:48 ID:M6XNFv86O
始めは「和室の向こうにあるベランダに干している洗濯物が影になって見えていてそれが風で揺れているんだ」と思っていて気にもとめなかったのですが、よく考えると洗濯物はいつも夕方5時までには片付けており影になる物はないと最近気付きました。
ここ毎日、娘に夕飯を食べさせている時間に和室の磨りガラスに黒い影が見えたり消えたりするので「あ。今日もか」と思うだけで恐くはありません。


502 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 01:39:42 ID:M6XNFv86O
二日程前、いつもの時間に娘にご飯を食べさせていましたが和室の黒い影は見えませんでした。「今日は見えないな…」そう思いながら食べさせ続けているとなんとなく足元が気になり、視線を下に下ろすと同時に娘と私が座っている椅子の間を真っ黒の何かが凄い勢いで通り抜け、びっくりしてすぐ椅子の下を覗き込みましたが見間違える物も何もありませんでした。うちには猫がいるので猫と見間違えたのかと思いましたがその時は暑かったのか、猫はリビングでひっくり返ってぐっすり寝ていました。それから少ししか日にちが経っていませんが和室の黒い影は見なくなりました。

不思議と恐くなく、猫も何も反応も警戒もしなかったので悪いモノではなかったと思います。

携帯のカキコが初めてなので改行がうまくいかず読みにくかったと思います。
また、文章がうまく書けませんでした…読んで下さった方、ありがとう。
お邪魔しました


2007.07.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

感じた

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

493 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 21:29:25 ID:Gm9gAAc40
俺も1ついいですか?
この前居間でテレビ見てたんだ。
少ししてトイレに行こうと思って居間を出た。
すると母がいて、
「あれ?2階に居るんやなかったんね?」って。

母が言うには少し前に洗濯機を回してて、
後ろに人の気配がしたらしい。
そして階段を上がっていく気配もしたそうだ。
でもそのときは俺が上がっていったと
思っていたそうだ。

母が何かを感じたという話は、何度か聞いているが、
ほとんどは気配を感じても怖くなく、
逆に安心するんだそうだ。

だらだら長文スマン。
自分の体験談もあるが話してもいいでしょうか?


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

490 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 20:41:11 ID:RiMUS9yi0
よく姉の家に遊びに行き、ついでに風呂借りることがある。
ある日シャワーを浴びていて、ドアの方を向いたら、すりガラスの向こうに何やらゆらゆら揺れているものが。
大体下から30センチくらいの高さで、ドアからも30センチ
ほど離れている場所に、ピンク色の何かが揺れている。
何だろ?とよく目を凝らしてみると、ピンク色の服の袖で誰かが手招きしてるようにも見える。
でも脱衣所の扉は開いてないから、誰かが入ってきたわけでもない。どこの窓も開いてないから、風で何かが揺れてるわけでもない。
取り合えず髪の毛を洗い終え、もう一度みるがやっぱりまだピンク色のものは揺れている。
少し湯船につかった後、不思議に思いながら脱衣所に出てみる。
そこには何もない。何か見間違えたかもしれないとピンク色のものを見渡すが、何もそれらしきものは見当たらない。
お風呂を出た後、家にいた人にこっちに来たか聞いてみるが、誰もお風呂場の方には行ってないと言う。
一体あれはなんだったんだろ…。
と、そーいや随分前に、姉家族が誰もいない部屋で髪の毛を引っ張られることがあるとか、電池の入ってないおもちゃが突然鳴ることがあると言ってたことを思い出す。それと関係あるのかな。
姉の家には何かいるのだろうか。
怖い感じはしないと姉家族は言ってたけど。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

たすかった

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

488 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 17:31:26 ID:niekvnUs0
自分、今年6歳才になる娘がいるんだけど
その子が4歳くらいのときの話。

ある晩いつものように嫁さん、娘、自分って感じで川の字になって寝てたの。
普段はほとんど夢をみないんだけどその晩はひさびさに夢見てた。

場所は見知らぬ家の居間。古めかしい感じの四足つきの木のテレビがあって映っているのは砂嵐状のノイズだった。
その部屋では娘と同じくらいの年の女の子がいて、四つん這いになって床に置いてある何かで遊んでいた。

別に怖くない光景だったんだけど、いつのまにかテレビのほうから黒い霞の様なモヤモヤしたものが出てきて女の子に近づいていった。
女の子はそれに気づいて這ったまま慌てて逃げようとするんだけどうまくいかない。
黒い霞が女の子に覆い被さろうとした瞬間、何とかしなきゃ、と思って「やめろっ!」
って叫んだ。
そしたらその霞が膨張しながら一気に自分のほうに迫ってきて、猛スピードで通り過ぎていった。その中心には白い女の顔があって狂ったような表情だった。

目がさめたら物凄く汗をかいていて、心臓はバクバクしてた。
あぁ、ひさびさに怖い夢見ちゃったなぁ、と思いながら時計をみるとちょうど午前二時。

また眠ろう、と心臓の鼓動が収まるのを待っていたら隣に寝ていた娘が一言

 「たすかった...。」

文章が下手なんであまり自分が感じた怖さがつたわらないと思うけどこんな体験しました。
夢に出てきた女の子は娘だったんでしょうか...


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

色々写る

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

465 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 17:41:28 ID:BTTq6erV0
福井の親戚の家に行ったとき、すぐ近く(家から10mくらい)に古いトンネルがあった。
新しいトンネルが脇に出来たので今はほとんど使われてない。
何の事は無いトンネルなんだけど、最初に見た時から凄く嫌な感じがしてた。

夜、従兄弟たちと4人で
「色々写るかも知れんなー」
なんて冗談混じりで写真を撮りに行ったら
トンネルへ入ったら全員のデジカメと携帯が急に動かなくなった。
デジカメ3台、当時出始めのカメラ付き携帯2台だったと思う。
どれも電源は入るけどボタン押してもシャッター動作しない。

「やべーよこれ」とか言いながら慌てて家に帰ると、全て普通に動作する。
ここで自分のデジカメをチェックしていた従兄弟の一人がある事に気付く。

「・・・撮影枚数増えてるんだけど。」

と言うので恐る恐るデータ開いてみると「撮影日時18○○年○月○日」
とありえない日時が記録された真っ白いモヤみたいなデータが何枚も出てきた。
そしてファイルネームから察する最初の1枚に


466 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 17:58:19 ID:BTTq6erV0

続き
手でカメラに向って掴みかかってるような白いモヤが記録されていた。
画像全体が白いモヤなんだけど濃淡が手みたいになっている・・・と言う感じの。

やばいと思ったので全会一致でそのメモリースティックを燃やした。
とりあえず、親戚はその家から引っ越してるんでもう行く事は無いんだけど
その件については、
「きっとカメラだけに作用する変な電磁波が局地的にあったんだ!」
と言う事にした。

福井の西の方の海のすぐ近くです。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

画像

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

457 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 14:43:04 ID:NSOg9ft30
昨日何となくケータイの画像フォルダを開いたら、全く見覚えのない画像が入ってた。
壁に人の顔が貼り付いて浮き出たような、変な画像。
気味悪くて、そのとき一緒にいた友人に見せたら
「妹さんがイタズラしたんじゃない?」と言われた。
でもウチの家族は勝手に他人のケータイをいじったりは絶対しないし、
そもそもカメラじゃなくダウンロードのフォルダなので、
私のケータイで撮影した画像ではない。
念の為画像見せて家族に聞いたけど「知らない、気持ち悪いから消せ」って言われた。
怖くなって消しちゃったけど、
結局何だったのか、誰が撮ったのか、わからないまま終わっちゃった。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

叫び声

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

450 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 11:38:54 ID:QtYBfYjGO
霊とかの類じゃないと思うんだけど、
一人暮らしを始めてから二回ほど、深夜に女の叫び声を聞いたことがある。
どちらも夜中の一時くらい、眠くなり、ベッドに横になっていた時に聞いた。
尋常じゃない叫び声で、窓の外から聞こえたと思う。
数年前、エロ動画だと思っていたら急に叫び声と共に変な顔が現れるといった動画が流行ったけど、
動画の叫び声とは比にならんくらい凄まじい絶叫だった。
明らかに死の恐怖、殺される恐怖を含んだ声。まさに断末魔。
俺は驚いて、夫婦喧嘩のもつれか、通り魔にでも襲われたか、と思い、
外に出てみたが、外は何事もなかったように静まり返っている。
何か事件があったようにも見えない。
もし事件なら、明日は現場検証やらで騒がしくなるなるだろうと思い部屋に帰り寝た。
しかし次の日になっても事件にはなっておらず、普段と変わらない。
あの叫び声は俺にしか聞こえなかったのか?と思うと薄気味悪い。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おねえさん

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

426 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 22:25:38 ID:xoVyyBjx0
セブンでバイトしいてた時
毎日同じ時刻に
石鹸2個買っているおねえさんを思い出した
何で毎日かいまだに謎
それも毎日買う必要ならコンビニじゃなく
スーパーかホームセンター行って
まとめて買った方がいいのにと思ったが
それでも綺麗なおねえさんだから、まっいいかと自分なりに納得していた
ある日店主から「お前がレジに立つと石鹸2個分の金額が合わない」と言われた
売ったはずの石鹸が毎日2個ずつ増えていき在庫が変になったw
他のバイト仲間に言ってもそんな女性見たこと無いと言っているし
そのおねーさんも俺がバイトやめるまで毎日来て石鹸も買っていったはずだが
やっぱりその間毎日石鹸の在庫は2個づつ増えていった
いったい何だったのかな?


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

変わった客

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

423 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 20:52:26 ID:4AH3jXJJ0
お袋はずいぶん前からとあるスーパーマーケットでパートをやっている
スーパーなんで、まあ、いろんな客が来るわけで、中には変わってる人もいる
その「変わった客」の一人に、毎日やって来てはビニール袋に入れた小銭で、ワンカップ酒を1本だけ買って帰るおっさんってのが居た
お袋も来店者を全員調べている訳じゃないし、店員全員と親しく話すわけでもないから、本当に毎日来ているかどうかは判らない
ただ、時折そのおっさんを見かけるし、親しい店員も時々「また、ビニール袋のおっさんが来てた」って話をするんで、その出席率はかなりの物だと推察することは出来た
しかし、おっさんを見かけ初めて数年が経った頃、おっさんは来なくなった。
お袋もお袋の友達も「ビニール袋のおっさん来ないねぇ~」って話はしてたんだが、それ以上どうするわけもなく、また数年の月日が流れた
んで、ある年、新しい店長が赴任してきた
その店長は割と気さくな人で、お袋とも良く話をしたりしてて、ある日……
「あそこにビニール袋とワンカップ酒を持ってるおっさんいるの……見える?」
と、誰もいない一角を指差していった。
誰もその店長に、数年前から来なくなった「ビニール袋のおっさん」の話なんてするわけない。当然、他の支店で働いていた店長が知るわけもない

この店長が言うには、カートを押しながら爆走するおばさん(その店長に体当たりしてくるが、ぶつかる直前に消える)とか
時々事務室の排煙窓から覗いてる婆さんとかもいるらしい

後、お袋も「客が来た」と思って「いらっしゃいませぇ~」って言ったら、誰もいなかったって事が数回


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

同じ女

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

421 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 18:19:06 ID:Eobr0MZc0
私が中学生の頃、姉が就職のため名古屋に越していった
なので私が姉の部屋を使うことになったんだがそこには先客がいた。
ほぼ毎日、上半身くらいまでしか見えない女性がこっちを見てる。
面白いのは服装が替わることでw緑とか白とかをよく日替わりで着てた。
でも顔までは見えない。全身が見える時もたまにあった。
不気味だったけど、特別何をされるわけでもなかったのでずっと無視。
そしたらいつの間にか居なくなってた。

数年後ふと姉に話を聞いたら、その部屋で姉も同じ女を毎日見てたそうだ。
服が替わる、顔が見えない、たまに全身見える という意見も一致した。
あれは一体なんなんだったんだろうか。

で、今現在も名古屋の姉の部屋には赤い服を着た女がいるんだとか。
姉の友達が見たそうだ。肝心の姉には見えないらしいが…
私の部屋にいた人と同じ人かどうかは分からないけど、
それにしても着替えるってすげーお洒落なやつだなと感心した


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

人形わらし

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

417 :1/3:2007/07/22(日) 16:05:36 ID:vSQj6yAh0
これは自分まだ小さかった頃の体験談でほとんどおぼえてなくて親から聞いた話なんだけど・・・

正月、ばあちゃん家で親戚一同集まって飲み会してるときだった。
ばあちゃん家はかなり大きく、カラオケボックスが置いてある部屋があって
そこでみんなカラオケしていた。
俺は母の膝に乗っていたが聴いてるのに飽きたのか立ち上がって、

「探検してくる!」

と言って部屋から出て行った。


30分くらいたって部屋に帰ってくるとなぜか満面の笑みを浮かべているので、母が尋ねると
そのことについては何も言わないで、

「お母さん来て来て!」

と母の手を引っ張っていった。
そして2階へ上る階段の途中を指差して、

「探検してるときに友達になったの!」

とうれしそうに母に話した。
指差している先にはもちろん何もない。
子供にはよくあることだ、気を引きたいんだろう。


418 :2/3:2007/07/22(日) 16:09:20 ID:vSQj6yAh0
そう母は思い、冗談で

「へぇ~、よかったね。お名前はなんていうのかな?」

と尋ねると、笑いながら

「あの子、人形わらしっていうんだって!一緒に遊んでたの!」

と言った。
母はそれを聞いた途端身の毛がよだったらしい。
当時まだ4歳ほどだった俺は座敷わらしというものを知らなく、
「~わらし」などという言葉を知っているはずがなかったからだ。

その後、俺と母部屋に戻りまたカラオケを聴いていた。
しばらくして俺がまた一人でどこかに行ってしまった。
母は少し不安に思ったが探さなかった。

それから20分ほどたった頃。
ダダダダダッ、とすごい勢いで部屋へ駆けこんできて
今にも倒れてしまいそうな顔で

「人形わらしが怒ってるの!人形わらしが怒ってるの!」

と叫んで大泣きしてしまった。
親戚一同も何事が起こったのかと驚いて、みんなでその階段へ行くことになった。


419 :3/3:2007/07/22(日) 16:12:53 ID:vSQj6yAh0
俺は左手で階段が見えないように目を覆って指差している。
みんな真っ青になってどんな話をしたのか、どんな姿だったのかなどを尋ねた。
話を聞くと、
裸で、坊主で、背はちょうどそのときの俺ぐらいで、顔は人間では考えられないほど横に長くて、
顔の中身もすべて横長らしい。(そんなのと初めて会って友達になるんだから子供ってすごいw)
それが口まで裂けて怒ったら子供じゃなくても泣いてしまう。

結局いくらあやしても怖がって帰ろうと言うので、渋々帰ることになった。
その後その家では一度も人形わらしを見ることはなかった。

今では、あんなに大きかった家も、借金が重なり土地を売ってしまったので取り壊されてしまった。
思えば、あの家はやたらと人形が多く粗末に扱っていたのでそれが関係してるのかなと思ってる。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

411 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 13:56:15 ID:88hfBSrq0
去年、母が病死(癌)してしまった。
病気が発見された時には既に手遅れの状態で病院でターミナルケアを受けながら間もなく訪れるであろう死を待つしかなかった。
宣告されていた余命が1ヵ月を切った頃から、俺と父と妹の3人がそれぞれ交代で病院に泊まり、母の看病をしていたが、俺の泊まり番の時に不可解な事が起きた。
 
死の2日前からは意識不明となったのだけれど、仕事や看病が続き、疲れていた俺は傍らで眠り続ける母の寝顔を見ているうちに、うとうとしてしまいベッドに突っ伏すように
寝入ってしまっていた。(目覚めて気付くとそうなったいた。)
時刻は夜中の2時過ぎ。うたた寝していた時間は1時間弱だったと思うけど目覚めた俺の肩にはバスタオルが羽織るように掛けられていた。
そのバスタオルとは母の看病のために病院に持ちこんでいたもので、確かその時にはテレビ台の下の引き出しにしまってあった筈だった。
不思議になったので、すぐに夜勤の看護師を呼び出し
「肩に掛けませんでしたか?」
と尋ねてみたが、驚きの表情を浮かべて
「掛けていません。不思議な事もあるもんですね…」
と答えが返ってきただけだったが、その次に続いた言葉何んとも言えない気持ちになった。
「ひょっとして…お母さんかも知れませんよ…」
 
この出来事は他の家族には話をしていない。話をしたところで信じてもらえないだろうから…


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

うるさい

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

382 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 17:59:21 ID:xr2jsRmGO
じゃあ自分が体験した話

俺が中学生の頃前日から喘息が酷くて
学校を休んだ事があった
親は共働きで昼間は家に居ない事が多く
その日は飼い犬と俺しか家に居なかった
俺は遅い昼飯食ったあと吸入器で吸入して
自分の部屋で音楽聴きながら漫画読んでた
夕方の4時くらいかな?
リビングの方から「ワンワンワン!」と犬の鳴き声
普段まったく吠えたりしない犬がウーとうなり声をあげ吠えてる
俺は『うるさいな…』と思いつつ無視をして漫画読んでた
それでもしつこく吠える犬
そしたらいきなり

「「「う る さ い !」」」

固まる俺、心臓バクバク
その声は女の高い声や男の低い声が重なった様な声がリビングの方から聞こえた
多分俺10分位固まってたと思う
段々落ち着いてきてへっぴり腰で階段を降りリビングに行くと
犬が尻尾を丸めてソファーの上でうずくまってた
怖いから家の電気全部付けて犬と一緒に
自分の部屋で親の帰りまってた

一体あれは何なんだったんだろ?


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ライブチャット

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

375 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 17:16:04 ID:xr2jsRmGO
友達から聞いた話

あるサラリーマンの人がライブチャットにハマってたんだって
いつもの様にライブチャットを深夜まで楽しんでその日は寝たらしい
次の日の朝その人は寝坊して急いで会社に出勤した
昼過ぎにPCとライブカメラの電源を付けっぱなしにしてたのを思い出して
会社のPCからライブカメラにアクセスして部屋を見てみた
そこには知らない髪の長い女が自分の部屋を歩き回ってる映像が写った
怖くなったその人は自分の家に電話かけてみたら
女はライブカメラを睨み付けスーと消えてったらしい


2007.07.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

生霊

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

357 :実体験:2007/07/21(土) 09:12:58 ID:Wu951y9g0
生霊
夏だしお盆も近いのであんまり怖くないご先祖さんのお話をしよう
俺の親父は病気で死んだ
三ヶ月ほど入院してそのまま帰らぬ人となったわけだが
話はその父が入院中の事なんだけど
親父が入院してる時は毎日母親が看病をするために病院まで行ってたんだ
しかし、たった一日だけどうしても行けなかった日があったんだ
その日、知り合いの喫茶店のママさんから電話があって
うちにあんたのお父さんから今日電話があったよと言われた
内容は入院中のはずの父がうちの母はいないかと尋ねてたらしい
しかし、父は寝たきりでもう自力起きたり出来る状態ではないし、とても電話出来るような状態でもない
母が言うには私がこないので気になったのかもねえと言っていたが
これは俗に言う生霊ってやつかと思った
その日以来、霊の世界は恐怖だけの世界ではないのだなと思うようになった

線香の匂い
父が死んでたまに一人で車に乗って墓参りに行く事がある
その日はたまたま墓の近くを通ったのでついでにと墓参りした
墓の前で手を合わせて少し心の中で会話してそのまま車に乗って帰っていた途中
車内で突然線香の匂いがした
俺はその日は線香も花もお供え物も何も持っておらず、近くで線香をたいていた人もいなかった
しかも窓は開けてたのにとても不思議だった
そういえばたまにそんな話を聞いた事があったのを思い出した
俺は親父が残した家族が心配で一緒に来たのかなあと感じた


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

遮られた

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50
355 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 08:08:37 ID:YhWmQrzu0
暗い部屋の襖や戸がちょっとだけ開いてるとそこから光の筋が射し込んできてきれいだよね

幼稚園ぐらいのとき 朝かなり早い時間に目が覚めて、
することないからその光の筋を布団の中からぼぉっと眺めてたんだ。
そしたら光がふっとなにかに遮られたのよ。
最初は家族の誰かが襖の向こうに立ってるのかと思ったけど、
親二人と妹は同じ部屋で寝てたし、じいちゃんは自力ではベッドから起きてこられないはず。

寝ぼけてたのか微妙な角度の加減だったのかもしれないけど、
怖くって、あれ以来戸や襖をぴっちり閉めてから寝る癖がついた。


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

クネクネ

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

349 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 05:25:04 ID:QQz1ip0D0
初めに言うけど釣りじゃない

今さっき車に乗り込んで、タバコを買いに行こうとしたんだよ
車を発信させたら近所の車の陰から
何やら白い物体がクネクネしてるのが見えた

車に乗ってるから俺としては徐行でチラ見なんだが
白い、一部黒かった気もする

通り過ぎた後に気持ち悪く吐き気を催した
そして思い出したのが怖い話でよく出てるクネクネ?
ウネウネだっけか?
あれを思い出した

俺は話の通り、死ぬのか?
発狂したり良くない事が起こるとでもと思うと眠いが寝れない


350 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 05:41:16 ID:QQz1ip0D0
誰かいるかと思ったがいないか
まじ相談に乗ってほしかった

至近距離で見た
足は見えなかったが人型だった、しかし手の部分が無かった
腕のようなものはあった
腕を切断したらその先は丸みを帯びた感じになるが、まさにそれ
ただ真っ白
あのクネってたのが頭から離れない

見間違いだったと思って寝るよ
おやすみ



【「クネクネ」の続きを読む】

2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

340 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 18:20:40 ID:cup6EO6I0
>>338
他スレに比べて落ち着いてるから、そう見えるだけな気ガス。
スレ違いばかりでもなんなので、俺もほんのり怖い話を。
ほんのり怖いと言うより、物凄く不可解、と言うかすっきりしない話。
体験したのは友人。

今年始めに、2階建てのアパートを借りて一人暮らしを始めた友人(以降:M)。
1週間程前の夜、Mがゲームをしていた時の事。勿論、その時部屋に居たのはMのみ。
トイレに行きたくなって、用を足して部屋に戻ると、何かがおかしい。
部屋をよく見ると、畳の上に、赤い液体がこぼれている。どう見ても、血。
「俺何処か怪我したかなぁ。」と確認するも、それらしき怪我どころか、血が滲んですらいない。それどころか、最近怪我をした覚えも無い。
と言うかそもそも、トイレから戻るまでそんな液体がこぼれていた事にすら気付かなかった。
じゃあその液体は一体何の…。

さて、不可解なのはここから。

その液体は、スポイトの様な物で一滴だけ垂らした様なこぼれかただったらしい。
怪奇現象であれば、もっと大量にこぼれていてもおかしくない。と言うかそうでないと大して怖くない。
逆に違うとなると、それはそれでこぼれていた理由がさっぱり分からない。
因みに、天井には濡れた後など微塵も無し。俺も確認済み。
話を聞いた後、2人して物凄く中途半端な気分になったよ…。



【「血」の続きを読む】

2007.07.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/l50

315 :金縛り:2007/07/20(金) 12:10:56 ID:xSh5Tq7BO
私はよく金縛りに合う体質だからか、金縛りがくるのがわかるんです。
先日も、音楽を流してベッドに横になったとき「あ~、金縛りくる」と思い、どうにか金縛りにならないよう念じていたんですが、体が動かなくなってしまいました。
目だけは動くので辺りを見回すと、私の部屋ではない所に私はいました。
ベッドに横になっている部分は一緒ですが、今風の家ではなく、恐らく築40年は経っていると思われるワンルームにいました。
玄関側と私がいる部屋の間には、しょうじの形をした横に開けるガラス戸でした。
そこが少しだけ開いていて、奥の部屋の床が見えていました。
私は此処が何処だかわからない恐怖と、金縛りで体が動かない恐怖を感じていると、開いているガラス戸の隙間に、白装束を着たドアより大きな体の髪の長い人が立っていました。
私はその恐怖も重なり声にならない声で、「やばいやばい!!」と叫んでいると、白装束を着た人はガラス戸に左手をかけ始めました。
そして少しずつガラス戸を横に開けていきました。
白装束の全体が見えるようになったとき右手には斧を持っていました。


316 :金縛り:2007/07/20(金) 12:13:24 ID:xSh5Tq7BO
「やばい殺される!!」と叫んでいると、ガラス戸は白装束が入れるぐらいまで開き、斧をズリッズリッと床にひきずりながら私に少しずつ近寄ってきました。
必死に「来るな!!来るな!!」と叫ぶのですが声が出ません。
そして、横になっている私の顔の真横に立ち、引きずっていた斧を両手で掴み始めました。
「やめてください!!お願いします!!」と叫んでも声に出ず、白装束は斧をゆっくりと持ち上げていきます。
そして私の顔に勢い良く振りおろしてきて、私は終わったと思い無意識に「死んだー!!」と叫びました。
そして斧が鼻についた瞬間、自分の部屋に戻り金縛りもとけました。
流していた音楽は、ずっと流れていたらしく全曲流れて自動で止まっていました。
金縛りはよく合いますが空間移動は初めてです。
霊感が強く、人の属性やオーラが見える知り合いに話したら「次また体験したら斧が鼻とくっついた所から始まる可能性が高い」と言われました。
これを読んでくれた人の中で、霊感の強い人や同じ体験をした人は是非教えてください。
私はこの先どうなりますか?


2007.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。