FC2ブログ

立ち入り禁止

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

129 :1/5:2007/12/28(金) 03:22:01 ID:/DfzRugU0
叔父の仕事場にお邪魔した時の話。(長いです)

新潟に母方の実家がある。長期休暇があるときには母方の親戚一同がその家に集まる。

実家に住んでいる叔父は一人身で、家から遠くはなれた山奥の養豚場に勤めている。
朝早くから仕事があり、さらに片道最低でも二時間はかかるので、普段は仕事場に泊まりこんでいるらしかった。

七歳くらいの頃だろうか、夏休みのある日、いとこ四人+大人二人で仕事場にお邪魔することになった。
理由は良く覚えていないが、多分山菜を取りに行くとかそんな理由だったと思う。

海のそばにある実家から、車で長いこと揺られてやっと養豚場についた。
山奥だとは聞いていたが、想像していたよりももっと奥にあったので、少し驚いた。

養豚場は臭かった。慣れている人間にはそうでもないらしいが、養豚場なんてきたことのない者にとって、そこに居るのは正直苦痛だった。
そのため、大人が山菜を取っている間、子供たちだけで遊んでいようということになった。


130 :2/5:2007/12/28(金) 03:22:55 ID:/DfzRugU0
養豚場から少し下ったところに結構な広さの空き地があったので、そこで鬼ごっこ等をしていた。
しかし、七歳やそこらの子供ばかりだったので、流石に長い間は持たなかった。
空き地でやることもなく、ただぼんやりとしていると、いとこのうちの誰かが「探検をしよう」と言い出した。
言うまでも無く、全員がその提案に賛成した。

親に許可を取って、探検に出かけた。
とりあえず空き地の周りを探索することになった。
そしてすぐに見つけたのが、
「立ち入り禁止」と書かれた札。札はロープにつるされており、ロープは林道をふさいでいた。
そんな札は子供にとって「入ってください」といって好奇心を煽っているようなもので、四人は当然のことのようにロープを越えて林道を奥へと進んでいった。

林道は意外にも綺麗に整備されていた(舗道ではなかったが)。
何軒か、倉庫のような建物もあり、実家の近所にある林道と大した変わりがなかったので少し残念に思いながらも、さらに歩を進めた。


131 :3/5:2007/12/28(金) 03:24:25 ID:/DfzRugU0
しばらく歩くと、前から人が歩いてくるのが見えた。
立ち入り禁止の場所から人が歩いてくるなんてのは今考えればおかしい事なんだけど、特にその時は気にならなかった。

段々と近づいてくるその人は、麦藁帽子を深くかぶって鍬を持っていた。タオルを首から提げ、長靴も履いていたと思う。
典型的なお百姓さん、という感じの人だった。歳は七十から八十といったところだろうか。
その人は俺たちの前までやってくると、地元の言葉で「なんでこんな奥まで来たのか」と話しかけてきた。
(新潟の訛りが強い人は早口なので、生まれてから今まで標準語で育った自分には良く分からなかったため、従兄に訳してもらった)
俺が答える前に「虫でも捕まえにきたのか」と聞かれ、面倒なので頷いた。
「あんまり奥に行ったらいかんぞ」。そう言って、お百姓さんは俺たちが歩いてきた方へ歩いていった。

「なんか怖いね」俺がそういうと、いとこも同じ様に怖がっていた。
それでもまだ好奇心が勝っていたため、俺たちはさらに歩いた。

変化はなかった。倉庫があって、たまに耕運機の様な機械が置いてあるだけだった。

それでも、俺たちは何かに(多分好奇心に)とり憑かれたように歩き続けた。

また、人影が見えた。麦藁帽子、鍬、タオル、土に汚れた長靴。
「なんでこんなに奥まで」「虫でも捕まえにきたのか」「あんまり奥に行ってはいかんぞ」。
いとこは先ほどと寸分違わぬ口調で翻訳した。
全く同じだ。リピートだ。


132 :4/5:2007/12/28(金) 03:25:08 ID:/DfzRugU0
それが分かっているのは恐らく俺だけだったと思う。
後の三人にこの現象を怪しんでいる様子は微塵も感じられなかったのだ。

「なんか怖いね」という言葉を、俺は発しなかった。
これを言うといよいよ俺までおかしくなるんじゃないかと思ったからだ。(幼いのによくそんなこと考えたな、と思う)

三人がまだ先に進もうとする。「そろそろ戻ろう」。俺はそう提案したが、「何も見つけてないのに探検から帰れる訳ないだろ」と、三人のうちの一人が言うと、
他の二人も同じ様なことを言った。俺は渋々、三人についていった。

やはりそうだ。倉庫はさっきのものと同じだ。耕運機も。
三人はそのことに気付いていない。

「おかしくない? 迷ってるよね」。俺がそういうと、「道が一本なのにどうして迷うのさ」。
こっちがおかしくなりそうだった。そんな状況でも、何故か好奇心が恐怖に勝っていた。
怖いもの見たさという感情が、幼い頃から備わっていたのかもしれない。

まただ。麦藁帽子。
もう耐えられなかった。「ちょっときて!」。いとこの袖を引っ張り、俺は走っていた。
走っている最中に、いきなり走り出した理由を尋ねられたが、答えている余裕は、俺の心になかった。

しばらく必死に走って、気付いたらロープの前にいた。
スピードは緩めずに、ロープを飛び越えた。そのまま、親のいるところまで駆け抜けた。
もしかしたら泣いていたかもしれないが、そこは良く覚えていない。


133 :5/5:2007/12/28(金) 03:26:32 ID:/DfzRugU0
落ち着いた後、怪訝そうな顔をしている俺以外の全員に、先ほど起こったことをありのまま話した。
それはもうポルナレフの如く。(冗談抜きでポルナレフのように)
話し終わると、叔父を除く全員が笑っていた。そんなことあるわけない、といった様子で。

叔父は俺に近づいて「立ち入り禁止のところに入ったのか。じゃあ、狐か何かにだまされたんだろうな」。
そう囁いた。

詳しく聞くと、どうやら立ち入り禁止の林道には結構危険な動物(熊か何かだった気がする)が出るらしく、許可を取っている猟師や林業関係の人のみが、本当に稀に利用する程度だという。
綺麗になっていたのは少し前に木材調達に来た業者がついでに荒れた道を整備していったのが理由らしい。

「狐かなんかが化けたんじゃないかってのは、この辺りにそういった話があるから、きっとお前たちも化かされたんだろうなと思ってね。でもどっちかというと警告だったんじゃないかな。これ以上進むなっていう」

じゃあ何で俺しか気付かなかったんだという疑問が即座に沸いたが、それを聞く気にはなれなかった。というよりも、わかってしまったのだ。

多分狐(或いはそれ以外のバケモノ)は俺たちをずっと迷わせるつもりだったのだ。
警告ならそのまま帰れといえばすむことだ。それをしないということは、そういうことである。
俺は誰にも話さないでおくことに決めた。

未だにこのことは話していない。聞きたいといわれれば話すけど、聞かれもしないのにこんな話をして恐怖心を煽るのは気が引けるのだ(当事者たちには特に)。

実は後日談というか、中三の時に再び訪れた際に、またほんのりと怖い経験をしているんだけど、コレはまた別の機会に。

論文の演習ばっかりしてるうえに眠いので文体がおかしいかもしれませんが許してください。
それと、自分で読んでもネタに思えるけど一応実体験です。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おかえり

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

59 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 20:47:32 ID:xeJ/lyPt0
俺が始めて体験した不思議な事話します。
建て替え前の家では、ちょくちょく足音が聞こえていたらしい…
らしいってのは俺じゃなく姉が聞いていたからで俺は聞いた事がない。
今から話すのは足音じゃないけど、音関連で俺も体験したはなしです。

就職してからだから、今から3年くらい前の夏の夜
建て替え前の家は狭かったので俺と姉で1部屋だった(と言っても、姉は寝るだけでしか使わないからカーテンで間仕切りしてベットが置いてあるだけ)
んで、寝る前に2人で話してたら玄関が開いた音がした(部屋が玄関の近くなんで)から誰か帰ってきたと思い「おかえりー」って言ったんだけど反応なし…
あれぇ?って思い玄関を見てみると誰もいないんだよね。
聞き間違いかと思いまた話してたら、今度は買い物袋を置く時とかにするドサッて感じの音が聞こえた。
今度は聞き間違いじゃないだろうと玄関を見たんだけど、やっぱり誰もいない…
チョット怖くなってきたからもう寝ようって事になって電気けして扇風機のタイマーをセットしようとしたら床から干からびた手がニューっと出てきて手を掴もうとして消えた。

あの手は何がしたかったんだろうね…


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

寝台車

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

38 :1/3:2007/12/24(月) 03:36:02 ID:8H9eLDjB0
寝台車に乗ったときのことです。
朝4時前ぐらいに目が覚めた私は、トイレに行って戻ってきたところで何となく外の景色が見たいと思い、上下左右に並ぶ4つの寝台の足元にある大きな窓の前に腰掛けて(壁から引っ張って倒す椅子のようなものがある)車窓を眺め始めました。
明らかに空席とわかる寝台以外はすべてカーテンがしまっており、私以外の旅客は皆寝ているようでした。

日の出前で外は真っ暗。
通路にかすかにともる灯かりのおかげで、外を見ようと思えばかろうじて外が見え、窓に映る後ろの景色に焦点を合わせれば寝台が見える状態でした。

私はしばらく外を見ていたのですが、映り込む後ろの景色の中で何かが動いた気がして、振り返らずに後ろの景色に焦点を合わせました。


39 :2/3:2007/12/24(月) 03:37:04 ID:8H9eLDjB0
そこには白い手が映っていました。
私がついさっきまで寝ていた寝台のカーテンのすき間から、白い手がにゅっと出ていたのです。

振り返る勇気を持てないまま、
窓越しに何度も場所を確認しました。
やっぱり私が寝ていた寝台から手が出ています。
特に動くわけでもなく、カーテンを押さえるように手の甲をこちら側に向けてじっとしています。
トイレに行くときに防犯のためカーテンを閉めてしまっていたので、中の様子はうかがうことができません。

私が降りる駅まであと1時間以上あります。
荷物はカーテンの中です。
みんな寝ているようなので大きな声を出すわけにもいきません。
白い手に背中を向けている状態は怖いですが、振り返ったり、ましてカーテンを開ける度胸はありません。


40 :3/3:2007/12/24(月) 03:37:44 ID:8H9eLDjB0
じっと腰掛けたまま、ひたすら次の駅に着くのを待ちました。
自分が降りる駅ではありませんが、次の駅に着けば、降りる人や乗務員さん、駅員さんの気配に驚いて手が消えてくれるのではないかと思ったのです。

この予想は当たりました。
駅に着き、ホームから視線を戻したときには手は消えていました。
まだ荷物という課題は残っていましたが、降りる駅に着くまで窓際に張り付き、ホームが見えたと同時にカーテンを開けて荷物を拾い上げ、なりふり構わず列車を降りました。
ファスナーのあいた鞄から靴下などがはみ出していましたが、何か見てしまったらどうしようという恐怖でいっぱいいっぱいでした。

もうひとりで寝台車に乗るのはやめます。
あと、荷物はいつもまとめておくようにします。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

UFO

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

32 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 20:27:18 ID:+FkRDDfpO
8年前、犬の散歩で無人の墓付き寺に行った。
ブランコ等の遊具もあって、犬をその辺に繋いでおいて遊んだり出来るからよく行ってた。
その日も夢中で穴堀してる犬を見ながらブランコに乗ってたんだけど犬がいきなりピクっと動きを止めて振り向いた方を凝視したので何?と思って私もそっちを見ると、白くて丸いものがフッと木の陰に消えて行った
動転して犬を連れて速攻家に帰った
結局あれがなんだったのかわからん
一瞬しか見れなかったし
ただど田舎の山の中なんで、風船なんか絶対とんでないし石垣の上だから絶対人じゃないし、鳥でもない
大きさは直径40センチくらいで真っ白で、無音で真横に移動したように見えた
うちの犬はちょっと自閉症?気味で物音とか気配とか、周りを気にする性格じゃないのにピクリとも動かず凝視してて「帰るぞ!」と引っ張ってもなかなか動かなかった
マジなんだったのかわからないけど、なんとなく山岸涼子の宇宙人の漫画を思い出してしまって余計怖かったんだよ
UFOだったんかなあ


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おせんころがし

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

29 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 16:25:12 ID:psG9A4jx0
母親が知り合いに聞いた話。

Aさんには義理のおばさんがいた。
Aさんの旦那のおばにあたる人で、Aさん夫婦と旦那の両親とともに実家で一緒に暮らしていた。
おばさんの旦那さんは早くにアルツハイマーか何かを患い、看護に生活に、おばさんはひどい苦労をしたそうだ。
そのせいか、おばさんは少し心を病んでいて、たまに奇行をするようなことがあったらしい。

ある日、いつの間にかでかけていたおばさんがずぶぬれになってボロボロの体で帰ってきた。
その日は台風で雨も風も強くて、またおばさんが奇行をはたらいてどっかに行っちゃったんだとみんな思ってたらしい。
けど、おばさんは「おせんころがしの神社(?)に行ってきた」という。
おばさんいわく、
「鳥居の下で、着物の女がこっちにおいでって手を振っていた、声も聞こえた」
「あたしはあんな神社に行きたくなかった」
「怖かったので帰ってきた」
そうだ。
おばさんは、両親からもAさん夫婦からも、もう二度とそんな神社には行かないでくれとお願いされた。
みんな、これ以上おばさんがおかしくなったら大変だ、あるいは心の病気が悪化しているのかもしれないと思っていたから。
おばさんも、「もうあんな所へは行かないよ」としっかり約束したそうだ。

でも、おばさんは数日後におせんころがしの所で身投げして、自殺してしまった。
台風じゃなかったけど、その日もやっぱり雨だったそうだ。
水に霊は寄ってくるっていうけど、水で力を増す霊ってのもいるんだろうか。

Aさん夫婦はその後実家を出て引っ越しているからその神社に近くないんだけど、旦那の両親はその近くに寄り付きもしない。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ついてきてるよ

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

16 :1/2:2007/12/23(日) 04:35:24 ID:BHKFU+S60
焼身自殺で思い出した。

通っていた中学校と言うのが所謂、河の土手沿いに建っていた。
河川敷にはサイクリングロードなんかもあって、そこは川向こうから来る生徒の通学路にもなってるんだが、ある日そのサイクリングロードで焼け焦げた死体が見つかった事があった。自殺だったらしい。

しかも死体が見つかったのは朝の時間帯。川向こうから来る何人もの生徒がそれを目撃したらしい、中には死体を直接見たやヤツもいて、曰く『真っ黒こげの丸い塊みたいなものが』曰く『辺りに焦げ臭い臭いが』等など真偽の程はさて置き、学校中どこに行ってもその話題で持ちきりだった。
我が教室もそのご多聞に漏れず、川のこちら側に家のある俺は興奮しながらもその話に耳を傾けていた。室内はいつも以上にざわめいていて最早、取りとめもない状態だった。ところが――

「ついてきてるよ」
そんな一言が聞こえた。騒音と殆ど大差ないざわめきの中で、やたら小さなその声が妙にはっきりと聞こえた。
まあ取りとめも無い会話の一部を偶然に拾ったんだろう――俺はそう思って気にしなかったがふと気付けば周りが酷く静かな事に気付いた。皆、固まったように停止している。
やがて男子生徒のひとりが、不意に声を張り上げた。
「気持ち悪いこと言ってんじゃねーよ、女子!」
そいつはそんな風に叫ぶと女子のグループの方をキッと睨み付ける。
「違うよ! あたしらそんな事言ってないって! 男子の方じゃないの!?」
女子のひとりが言い返す。


17 :2/2:2007/12/23(日) 04:36:05 ID:BHKFU+S60
そうなのだ。何とクラスの全員があの「ついてきてるよ」と言う呟きを聞いていたのだ。
しかもクラス内の誰もそんな言葉は言っていないと言う。教室はやがてパニックに陥り、泣き出すヤツが続出。騒ぎを聞きつけて隣のクラスの奴等もやって来て騒然となったが担任が素早く登場し、そんな騒ぎを力ずくで収拾した。
担任が言うには「誰かの声を聞き間違えただけだ!」との事。
確かにそれが一番理屈に合っている。

だが本当にそうだったのだろうか。
あの時皆が聞いた声は確かに女性のそれだった。
だけど決して子供のそれではなかったように思える。
そして、あの声は聞き間違いにしては余りにもはっきりと皆の耳に聞こえていた。
教室の端から端まで全員に。あんなに小さな呟き声にも関わらずだ。

後日、件の焼身自殺の記事が新聞に載っていた。
自殺者は市内に住む二十七歳の女性。異性関係のトラブルから自ら命を絶った、と
その小さな新聞記事には極簡素に書かれていた。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

キャンプ場

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

14 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:49:02 ID:gmFZaWqx0
夏のこと。
毎年恒例のキャンプに行っていた。10人くらいの結構な大人数で。
この年は、河原にあるキャンプ場。広くて、清潔で、感じが良かった。

で、夜、ビール飲みながらまたーりしていたんだが、突然、パトカー&消防車の大群が、対岸のがけの上の道を進んでいった。
しかも、キャンプ場にも、消防車が一台乱入。
11時くらいにもかかわらず、スピーカーで、
「先程通報して下さった方いますかっ!」なんて叫んでる。

何となく河原まで野次馬したけど、煙くらいしか見えず。
どうやら、対岸に火柱が2本上がっていて、通報したらしい。
「事故かな~。崖下に落ちたとか?」
「っていうか、単なるキャンプファイヤーとか?」
なんて言っていたのよ。

翌日の新聞
『○○河川敷で、焼身自殺。遺体は車から這い出て、数メートル離れたところで見つかる』

気に入ったキャンプ場だけど、もう行けない。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

手の目

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

11 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 20:28:28 ID:MME+DMeJ0
たった今あった話…まだちょっとドキドキしてるので文章おかしかったらごめん

トイレいって手を洗おうとした
蛇口ひねって、水で手をぬらしてこすり合わせようとしたら手のひらになんか変な感触があった
ヌルッっていうかバサッていうか、すごい変な感触
右の手のひらが球状に盛り上がってるみたいな感じで…

何だろ、と思って見たら、右の手のひらに目が有った
妖怪手の目、みたいなそんな感じで
ちゃんと睫があって、ちょっと濁ってる感じの

ばっちり目が合っちゃって。もうびっくりして
「うわあ!」って叫んで右手振り回した。
恐る恐るもう一回見たらもうなかった…

何より左手でさわっちゃった感触がまだ残ってて気持ち悪い
とりあえず食器用洗剤で手洗っといた…


2007.12.31 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

洗面所

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

10 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 16:37:39 ID:R8twCGKX0
10年ほど前、団地で暮らしていた頃のこと。
家族5人の食事も終わり、親父は風呂に入りに行った。
居間と風呂との間には廊下が伸びており、その先に洗面所、さらに奥に風呂場があった。

俺を含む4人は皆居間のあたりでゴロゴロしたりしてのんびりしていた。
15分後、親父が風呂からあがってきて一言。
「誰か洗面所で大声で笑ってなかった?」

そんなハズはない。洗面所に行った人間はいなかったし、そもそも居間にいる時も誰もそんなに響くような大声で笑っちゃいなかった。
親父曰く、子供の声だったらしい。今でも覚えてる、なんとなく怖い話。


2007.12.31 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

蛇口

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/l50

7 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 14:52:35 ID:udKufLbxO
数年前の出来事。季節は忘れた。日曜出勤して、一人で仕事してた。
んで、途中トイレに行きたくなって、ションベンしてたら、、

「キュッ、キュッ、キュッ~~」と言う音が手洗い場所から聞こえた瞬間、

蛇口から勢い良く水が流れだした。怖い、驚いたと言うより、不思議だったな。
蛇口を回すという行為には、力が作用しないと回らない。

それが、何故、トイレと言う場所で、この摩訶不思議な事象がおこったか?と考えながらションベンし終えて、
一時、以下のような事を、水が出ている蛇口の前で考えてた。

「何らかの力が作用して、蛇口を開けるが出来たなら、蛇口を閉める事も出来るハズ」それを、見届けたいと。

しかし、待てども暮らせど流れっぱなしだったので、ちゃんと、オイラがその蛇口で手洗いをし、閉めてあげたよ。

あれは、不思議だったなぁ。


2007.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

市松人形

【因縁】家系にまつわるオカルト5代目【遺伝】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195401085/l50

42 :本当にあった怖い名無し :2007/12/13(木) 20:01:53 ID:h/IDPQpc0
知り合いのおばあちゃんの話。
そのおばあちゃんの、お母さんが幼いころ道端で捨てられていた人形を拾ってきた。
高価そうな市松人形で、豪華な振袖を着ていた。
なんで、捨てられたのか不思議なくらい。
そのときから、おかしなことが。
夜中とか ぱたぱた、まるで人形が歩き回るような音がする。
不気味で、その人形が動かしてないのに、朝になると寝る前と微妙に変化してたりする時があったりして。
本当なら、お寺とかに供養に出したかったがやめた。
なぜなら、その人形がきてから自営業だったがどんどん業績がよくなったから。
でも、おばあちゃんのお母さんが亡くなるとその人形が行方不明になった。
それと同時に、あっという間にその家は没落。
付け加えると、おばあちゃんのお母さんは、お人形を大切にしていらしいけどね。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

アパート

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

310 :本当にあった怖い名無し:2007/12/13(木) 04:56:20 ID:sjf+xado0
ここって現行の話でもいいのかな?
3年半住んでいるアパートの事で入居当時から気になる事はあったけど
今年の秋あたりから事象が激しくなってちょっと凹み気味なんです。
昨日は玄関に置いてあるもり塩の皿が片方アパートの共有スペースまで
吹っ飛んで逆さまになってた。
入居してからの細かいことから書くと少し長いから、返答もらえたら書きます。


314 :310:2007/12/13(木) 10:02:53 ID:sjf+xado0
おはようございます>>310です。
レスいただけたのでご期待に沿えるほどの話か分かりませんが書き込ませてもらいます。
長いからメモ帳にまとめてきます。

その間といってはなんですが。
今朝も片方だけもり塩が荒らされていました(´・ω・`)
一応、携帯で写真撮っておきましたので宜しければうp先をご教授下さい。


315 :本当にあった怖い名無し:2007/12/13(木) 10:18:22 ID:+GNHBJad0
http://pita.st/
携帯向け画像アップローダー。アップ後必ず管理画面へ行きPC許可を!


316 :310:2007/12/13(木) 11:07:49 ID:sjf+xado0
>>315
ありがとうございます。
うpしてみました。
今朝のもり塩をとりました。
向かって右のお皿。塩のてっぺんが削ぐように壁際にこぼれて、お皿の位置が移動してます。
うちの外観です
後で説明しますが、左にファミリー向けの部屋があり以下、自分を含め単身者用の部屋がつづきます。
>>310で話したもり塩は撮影している場所のすこし奥でお皿がひっくり返っていました。
ドアを開けた位置以外だと2度蹴らないと届かない位置です。
この日はお塩は周りにこぼれていなくて、逆さまになったお皿を返しても落ちませんでした。
(外側が水分含んで硬くなっていたせいでしょうが)

途中だけど本文もアップしますね。


317-320 :310:2007/12/13(木) 11:14:57 ID:sjf+xado0
では基本情報を…。
うちは駅からちょっと離れたところにあるアパートで、1Fだけ持ち主のご家族の居住スペースになっている。
Lを時計回りに90度回転させたような形で、左端のみファミリー向けの広い部屋で残りは1R?です。
うちは1Rのほうに住んでいます。
契約時には前の方から暫く人が入っていなかったせいか若干家賃は下がっていましたが相場でした。
当時つきあっていた彼氏の家に近いことから、契約しました。
(彼が通うような半同棲生活をしていた時期もありました※契約して1年ちょっとで彼と別れました)

借りている部屋は玄関を開けると廊下があり左に台所、右にトイレ、お風呂とあります。
そこを抜けるともう扉がありお部屋になっております。
部屋の窓は扉からまっすぐ抜けた位置に1つベランダがついた大きめのものです。
玄関から扉、窓とあければ一直線に風が抜けるそんな間取りです。
我が家の窓はこの1つのみです。

私自体のスペック?は霊感は通常は相手が用事あれば会話できたり見えるくらい。
オカルトな事象に首を突っ込むと敏感になって離れた人の家にある箪笥の中を見れたりします。
母方の祖父の妹さんが拝み屋さんで、母は跡取りに欲しいと言われた事のある人です。
(拝み屋は昔からいるカンノムシとかとってくれるような人でTVに出てる派手な霊能者とかとは違うようです)
昔、家族で住んでいた家にも何かが居たので共同生活には慣れているつもりでした。


入居当時におかしいと思ったのは玄関の電灯がともかく切れることです。
私は怖がりなので当初は部屋と玄関と廊下の電気はつけっぱなしにしていました。
前に1人暮らししていた家2軒は室内はともかく、他は消灯を心がけていたのですが
今回はなんとなくつけっ放しにしていました。

初めは室内以外は契約前から設置されていた電球を使っていたので切れても気にしませんでした。
しかし玄関ばかりが切れて、ひどいと2週間もつかどうかになりました。
廊下の電球は外して玄関に流用して以来使わなくなりました。
他の部分の電球は3年半で4回も変えていないと思います。

当時の彼氏は電気関係の専門卒だったため普通以上に電気や配線にうるさい人でした。
そのため型の合わない電球で無理させているといった事もなく、彼自体も交換頻度に狼狽していました。
私も違和感を感じつつも気にしないように過していました。
モノが出てこないなら良いという気持ちがあったので。

しかし、相手の主張がこれで済まなくなってきました。
夜の明ける手前頃になると、玄関に人の気配がするようになったのです。
前述のとおり廊下と部屋の境には扉があり、そこは閉じられています。
そのため目視したわけではありませんが、居るという気配とそこからコチラへの視線を感じるのです。
頭に浮かぶのは20代くらいの女性、すこし長めのスカートを履いていて俯いているけれどジトっと部屋側を
見つめているような感じです。
どんな理由で現れたのか分かりませんが、関わってはいけないと危険信号を感じていました。
そのため彼女の気配が現れると、こちらは部屋で気配を潜めるようにジッと動かず気配が消えるまで待ちました。
不定期で夜が明け始めると居なくなるのですが、それまでの間は全身が緊張でピリピリした時間を過します。
ともかく今まで自分が関わった中で一番身の危険を感じた相手なのです。


彼と別れる事になり、その頃から事象はおさまりかけたようにみえました。
一番の違いは電球の交換をしなくて済むようになったことでした。
不謹慎な話ですが彼の血筋に関わるのでは?と思ってしまいました。
というのも彼は本人の記憶がない間、いきなり粗暴になる事があったり、女系家族に縛られる生活をしてました。
また彼のお父さんも温厚でDVとは無縁なのに離婚暦が2度あり、奥さんだった人2人とも離婚後数年で亡くなられております。
彼と付き合ってからは、大怪我をしたり2週間絶対安静といわれるほどの病気になったりもしました。
なので彼の家に関わる人か、それに引き寄せられてるのかなぁと思ったのです。
けれど違っていたようです。

今年の夏に今付き合っている彼にご両親を紹介してもらい、恥ずかしながら気に入っていただけて深いお付き合いになりました。
うちの親も彼を気に入っており、遠距離でお互い一人暮らしということで、双方の両親も勧める中で同棲の話が進みました。
私の部屋が来年夏で更新なので、それまでに彼の職場近くに物件を決めて引っ越そうという計画に。
たまにケンカをするけれど、双方の家族間でもメールをし合うくらい本当に良い関係で順調に進んでおります。

そんななか、部屋でのおかしい事が以前とは違いハッキリでてくるようになったのです。
最初におかしかったのは、知らない間にトイレに備え付けてある棚に昔買った雑誌が置いてあったこと。
トイレットペーパーを置いているのですが、背伸びしてやっと届く高さなのであまり見てませんでした。
これは元彼が居るときに置いたのかも?意識してみてなかったから視界に入らなかったのかもと思いました。
次はまたトイレで、その日の朝に捨てたはずのペーパーの芯が昼にトイレへいくと置いてありました。
霊以前にストーカーかとものすごく凹みました。

それからまもなく深夜、部屋にいると変な気配がしたあと物音がしました。
トイレの件で凹んでいたのもあり、怖くて部屋でじっとしていました。
翌朝みると、台所に置いてあるプラスチック製のざるが棚から落ちて玄関に転がっていました。
今までザルが落ちたこともなければ、ここ数日使ったこともありませんでした。
ここでとうとう母に相談して、もり塩を勧められ始めることにしたのです。


もり塩をはじめて2日目に深夜1度玄関を蹴るような音がした以外はわりと平和でした。
変え忘れた日に菜箸が落っこちた位で逆にもり塩は効果あるんだと思いました。
先週あたりからずっと続き物の幽霊が関わる夢をみていたのですが、
疲れているのかな?と関連付けしないようにしていました。

何度か続いた夢の中で、ある件の用心で霊能者さんに見てもらうという事がありました。
そこで、その件とは別に「この子はもう女性が憑いている。気づいているだろう」と言われるのです。
それを言われて私は自分と別の意識がすごい笑みを浮かべて、霊能者さんを挑発的に睨みました。
結局のところ祓えず霊能者さんについて行ってしまい、「あの人やばいな」と思うところで目が覚めました。

この夢を見た次の日に>>310が起こって現在に至ります。

今こうして改めて時系列を追い思い返すと、おさまっていた時期はお隣さんの入れ替わりが激しかったです。
リフォームで間借りしていたご近所の方が完成してないのに突然引っ越してしまったり…。
今のお隣さんはここ数件に比べると長く住んでます。その間うちはまた色々と起こるようになってます。
ひょっとしたらお隣に行っていたのが又こっちに来たのかなぁと思いました。

とりあえず以上です。あまり怖くないかも(´・ω・`)
文才がないので読みにくい長文になってしまい失礼しました。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

オススメしない

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

304 :本当にあった怖い名無し:2007/12/12(水) 00:46:06 ID:E6ex9y790
今、自分が住んでいるマンションの話です。
自分的にはとても気に入ったJR総武線某駅前の物件だが、不動産屋は
「私なら、ここより先ほど案内した所に・・・」
と、あまりオススメしない様子。
でも、同程度の物件が12万円する中で8万円は怪しいと思いつつもお得感があり、契約しました。
入居後、異変に気付くまでそう長くはかかりませんでした。
バスルームで髪を洗っていると、同じ室内に人の気配が。それも毎日です。
そして、頻繁に玄関から人が入ってくる気配。しかも、しっかりとドアの閉まる音までするのです。
霊感の強い彼女いわく、霊の通り道になっているとのこと。
様々な霊が、部屋を斜めに横切るそうです。
彼女と話をしている最中にも、自分の後ろの方をスーっと目で追います。
で、「どうしたの?」と聞くと、「今、また横切ったよ」とのこと。
何やら、白いモヤのように見えるらしいです。

同じ階の住人はほぼ100%、3ヶ月以内に退去していきます。
部屋を横切る霊の中にはただ通り過ぎていく者が大半です。
が、ごくたまに強い怨念(?)のような物を持った霊がいるらしく、そういうのが横切る時に彼女の体に触れると、触れた部分が痺れてしばらく動かなくなるみたいです。(そして、その部分だけすごい鳥肌が!)

2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

303 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 13:24:28 ID:ZXCVr1Rv0
あまり怖くないかもしれないけどひとつ。
友人のお姉さんが体験した話。
お姉さんは、霊感が強いのか様々な霊体験をしたことがあるらしいのですが、僕が聞いた中で一番怖かった話です。

お姉さんが高校生の時、今から寝ようと布団に入った時に遠くから鈴のような音が聞こえてきたそうです。
お姉さんは、それにはあまり気を止めず、眠ろうと目を閉じたら部屋の隅の方で何人もの人の話し声が聞こえてきてさすがにびっくりして目を開けると、天井に十数体はあろうかという人の顔がお姉さんを睨みながらブツブツと話していたそうです。
お姉さんはあまりの恐怖に、そこで気を失ってしまいその後のことは憶えてないみたいなんですが この話を聞いたしばらくは、一人で寝るのが怖かったですw


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

子供

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

301 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 10:43:42 ID:jE6FfKvc0
もう取り壊しちゃったんだけど、戦後すぐ建てたぐらいの古い家。(実家ね)
母親が若い頃、貧血を起こして居間で寝ていたら金縛りにあって、寝ている自分の周りを小さい子供が走り回ったんだって。ちなみに昼間。

あと、私が高校生の時、夜眠れなくてぼーっとしていたら、廊下をみしみしと歩く足音が聞こえて、例の居間の前でピタリと止まった。
で、引き戸をすーっと開く音が聞こえてそれっきり。
チキンだから確認に行けなかったw
翌日確認したら、家族誰もその時間に廊下を歩いていないしドアも開けてないと。

古い家だったからこの程度のことは起こっても不思議に感じなかった。
特に悪さもしなかったし、まあいいかって思ってたよ。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

髪の長い女

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

298 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 08:42:24 ID:3Qq1ke4c0
お祓いした後、神社の駐車場から出る時バックでぶつけた奴がいたw

俺の車も後部座席に誰かいるような気がして、気味が悪いから2シーターの車に買い換えた。
そしたら隣の席にのるようになったらしく、嫌な気配が常に隣からしてきた。
複数の友人から、髪の長い女乗せてたろうと言われるようになった。俺はそんな女乗せた事はない。
嫌になって車を売り、しばらく車なしで過ごした。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

お祖母ちゃんの家

幽霊が出る家(部屋)に住んでいる人 2件目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195091349/l50

289 :本当にあった怖い名無し:2007/12/09(日) 23:07:01 ID:jUMnnW3eO
今はもう取り壊されてないけど、お祖母ちゃんの家には出たみたい。
お祖母ちゃんの家には、ビワの木が植えてあった。
数年前、彼氏のお父さんが末期ガンになってしまい、藁にもすがる思いで、ビワの葉を煎じて飲ませてたみたい。
買うと結構高いんだよなぁなんて言ってたから、隣家にはみだした枝のセンテイも兼ねて葉っぱを貰いに行ったの。
今まで結構話ながら枝切ってたのに、彼が急に無口になって
「もうこんなもんでいいよ、ありがとう」なんて言い出した。
車に戻って私の家に向かう途中、
「あの家、何か出るって話聞かない?」なんて聞いてきた。
お祖母ちゃんの家の2Fは、親戚とかに貸してた時期があって親戚は金縛りにあったとか、男の人を見たとか、そんな話は聞いてた。
その事を彼に伝えると
「やっぱりなぁ~、枝切ってるときに、鎌みたいなの持ったおじいちゃんがこっちに歩いて来たよ。」って言ってた。
もちろん私はそんなの見てない。0感だし。
怖い感じはしなかったけど、びっくりして無口になったみたい。

全然怖くないのに長文、すみませんでした。


290 :289:2007/12/10(月) 00:23:36 ID:yrxMy97sO
書き忘れがありました、ゴメンなさい。

私も1年程、祖母の家の2Fに住んでたことがあった。
私自身は何も視たりしなかったけど、遊びに来た友人が視たって。
その日、お酒を飲んで眠くなった友人に布団を貸して、私は隣の部屋でテレビを見てたんだけど
起きてきた友人に、「あれ?○○(私の名前)、今一緒に横になってなかった?」って聞かれた。
ずっとテレビを見てたって言うと、隣に女の人が寝てたから、てっきり私だと思ったって。
自分は見てないけど、住むのが嫌になったな。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

【森の奥】人知れない不思議な場所2【意外な場所】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194017642/l50

149 :本当にあった怖い名無し :2007/12/17(月) 17:19:38 ID:mKhG5xJeO
寝てたらフッと夢から覚めて(目は閉じたまま)、何か呼吸がしずらいの。
首が苦しいっていうか。
何でだろうって思って目を開けたら、髪が長い女が私の顔を覗き込んでた。白目がなくて、目は真っ黒。
うわって思った瞬間、シュルシュルシュル!って骨ばった腕が伸びてきて首を絞められた。
隣にお母さんが寝てるんだけど、お母さんのイビキが普通に聞こえる。
お母さん助けてって声を出そうとしても出ない。
「おーかぁーさ…ん」どうにか声を絞り出したら女は消えた。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

孔雀の羽

【森の奥】人知れない不思議な場所2【意外な場所】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194017642/l50

93 :本当にあった怖い名無し :2007/12/16(日) 01:21:46 ID:X56K86/d0
オチ無し話で申し訳無いが私の体験談。
20年程昔のこと。私の家はニュータウンとして丘を切り開いて造られた住宅地の一角にあった。
周りにはまだ木を伐採してススキや雑草が生い茂るだけの空き地だらけで幼かった私は友達と毎日その空き地で遊んでいた。
ある日、いつもよりちょっと離れた空き地へ行くと背の高いススキの茂みが1メートルぐらいの円状に途切れている。近寄ってみると、そこにあるのはなぜか雄の孔雀の尾羽。それが2本地面に垂直に刺さっている。
不思議に思ったものの、孔雀の羽がきれいだったのが嬉しく探検の戦利品として家へ持ちかえったのだが今思えばあれは何だったのだろう?
これから家が建つ場所にペットのお墓をつくる奴なんていないだろうし、なんかの儀式??つまんなくてスマソ


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

百鬼夜行

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

410 :本当にあった怖い名無し :2007/12/17(月) 22:26:49 ID:xPL7347n0
4、5歳の頃、家族3人で母の実家に泊まっていた夏の朝方なぜか起きてた私は二階から青白く明けて行く道路を見ていた時に「百鬼夜行」のような奇妙な行列を見た記憶がある

半分透明のような、見えなくなったり、くっきりみえたり・・・
見た対象はあやふやだけど、子供心に「すごいものを見ている!」と感じたのは覚えている


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

お地蔵さん

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

386 :本当にあった怖い名無し :2007/12/14(金) 06:13:45 ID:eUXEht8L0
俺が小学生4,5年の頃、弟と夜中の1時過ぎに家を抜け出して夜の街をこっそり探検するという遊びをしていた時期があった。
たわいもない遊びだが、叱られるかも知れないスリルと、昼間とは違う静まりかえった夜の街の雰囲気にわくわくしたものだ。

そんなある夜、住宅街の辻に5,6体のお地蔵さんを見つけた。
赤い前掛け。お供え物。御札の貼られた粗末な石の祠に収まっている。
「こんなところにお地蔵さんがあったんだ」と、弟と新発見を喜んだ。
その翌日、明るいうちにまた見てみようとずいぶん探し回ったが何故か見つけられなかった。

ずっとそのことが気に懸かり、中学、高校とその辺りをくまなく調べてみた。
たどたどしい記憶を反芻し、その辻角も特定できた。そこには、なんの変哲もない民家のブロック塀があるだけだ。
人に聞いても、この辺りには以前からお地蔵さんなんか無いという。

あの時見たお地蔵さんはなんだったのか・・・?
不思議な記憶というだけで、なんのオチもないですが。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

サンタ

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

368 :本当にあった怖い名無し :2007/12/12(水) 17:23:40 ID:oj3SN46N0
このスレでちらほら書かれてるサンタ話だけど、私もみたことあるよ。
小学校の頃、クリスマスの日に外に出て夜の星空を眺めていると流れ星にしてはやけに長い光が、「シャン♪シャン♪」という音とともに流れて行った。
光の後の方には、ソリを下から見たような形が見えたのを覚えてる。

それを見たこともあって、大分大きくなるまで「サンタは居る!」と周囲に熱弁してたけど夢見がちな人としか思われなかったんだろうなぁ…。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

鼓動

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

367 :本当にあった怖い名無し :2007/12/12(水) 16:28:30 ID:MAA3LkMcO
そういえば、小学生の時かなぁ。

神社に行ったら、心臓の鼓動のような音が聞こえてくんのよ。
それも尋常じゃない位の大音量で、空気が震えるような音が、ドドドドド…ドックン、ドックン、な感じでずーっと鳴ってて、神社の敷地外に出ればピタッと鳴り止んだのだけれど、また一歩踏み込めば復活すんの。
その時は言葉も出ないくらい恐ろしくて、神社が怖くて近寄れなくなったな。

あれはなんだったんだろうか。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

三人

自分自身が実際に体験した恐怖体験
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186824003/l50

181 :本当にあった怖い名無し :2007/12/14(金) 03:53:45 ID:Zt+VXNoU0
十年くらい前、レストランで勤めてた時の話。夕方、若い男女と三才くらいの子が入って来て三人分の水用意してたら同僚に「何で三人?」みたいに言われて席見たら確かに二人だったことがある。トイレまで探したけど、その男女二十歳くらいで子供がいる雰囲気でなかった。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おじちゃんがきた

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

899 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 22:32:51 ID:YSPopNMY0
うちの親父の話。

うちの親父は終戦記念日直後に産まれた。
母親(祖母)は間もなく亡くなり、父親(祖父)は一人で養育できないので、兄(大伯父)夫婦に子どもを預けた。

親父は大伯父を本当の父だと思って育ち、実の父である祖父を親戚のおじさんだと思ってた。
で、数年後祖父は白血病になり床についた。

親父はまだ3,4歳でそのことはあまり理解してなかったらしいが、祖父が亡くなる前の夜、枕元に祖父の姿を見たそうだ。
祖父はえらく顔色が悪く怖かったので、親父は「おじちゃんがきた!!」と大泣きしていたらしい。
結局、祖父が本当の父親であったことを知ったのは高校入る頃。

「死ぬ前に会いにきたんだろうな」と親父は言ってる。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

捕まえた

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

896 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 18:16:23 ID:sI5PtNFK0
19歳の時、私の兄と兄の友人が海で波にさらわれて行方不明になったんですが…

その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。
その中に占いができる友人がいて、私は藁にも縋る思いで「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」と頼んだところ彼女は「ごめん。占えない。ホントゴメン」と言って切られてしまった。
翌日、彼女は家にやってきて私に夕べの非礼を詫び
「実は私は占いなんてまったくできない。ただ、少し不思議な力があるらしく、人に見えないものが見える時がある。貴方のお兄さんは既に亡くなっているのが見えた。現在はここらへん(地図を指差す)にいるはず。でも、見つかるのは明日の昼少し過ぎでここら辺で見つかるはず」と教えてくれた。
そして実際、兄は翌日の12時半過ぎ、船で兄を探していた親族が発見された。
ちょうど彼女が指差した位置だった。

そして一昨年、近所でひき逃げ事故があった。
小学二年生の子供が殺されたのだが、犯人は逃走してその位置に看板だけが立っていた。
ある日、その友人が遊びに来た時、隣の家の車を見て一瞬驚いた顔をし、そのまま私を引っ張って「家にはいろ。急いで」と家に引きずり込んだ。
「どうしたの?」と聞くと「あの隣の人の車のタイヤに、小学生の低学年くらいの子供が血まみれでしがみついてる」と言った。
数日後、その隣の家の息子さんがひき逃げで逮捕された。

余談ですが(あんまり怖くないかもですが)兄が海の事故で死ぬ前の年、兄と私は親戚の船に乗せてもらい釣りにでかけた。
しばらく釣りを楽しんでいたら、突然兄が「海の中に人がいる」と言い出した。
私が覗き込んでも何も見えない。
「どんなのが見えたの?」と聞くと「骸骨みたいな手が俺を引っ張ろうとしていた」と言った。
ビビった親戚はそのまま船を動かし逃げて帰った。
それが8月某日。

偶然かもしれないけど、兄が亡くなったのも翌年の8月某日。
その時一緒だった親戚は「あの時の手が○○(兄)を捕まえたんだ」と葬式で言っていた。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

黒い人影

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

891 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 12:17:40 ID:2VijFxJl0
黒い人影といえば、、
友人の話なんだが、夜中にふと窓の外を見ると、表の国道を挟んだ反対側の電柱の上に黒い人影を見たそうな。
でっかい鎌を持っていたからあれは死神だ!!
と本人はマジなんだが、マンガじゃないんだからと聞き流してた。
でもその後何日かして、死神らしきが立っていた電柱に車が衝突する事故が起きた。
まぁその運転手の生死は分からんし、友人が見たモノとの因果も不明で何とも言えんけど。
っていうお話。



【「黒い人影」の続きを読む】

2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

人型の物体

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

887 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 01:20:46 ID:vbuuNlHw0
大して怖くもないしと思って書かずにいましたが、黒い人形が話題になってるようなので似たような体験をした私の話を;

3年ほど前の年末、外国に住んでいる姉が久しぶりに日本に帰ってきてました。
そのある日は、久々に姉と一緒に近くの町に買い物に出かけて、夕方遅くに家に戻ろうとしていました。
家路に向かう途中で、姉と楽しくぎゃはぎゃは笑いながら談笑して「その」道を通った瞬間、私の表情は「・・・・えぇっ?」と凍りつきました。

真っ黒な人型?の物体がもぞもぞと私らの前を横切って通り、その道にある駐車場に入ったところで消えたのです。姉は全く気づいてないようでした。
私は嫌だなあ気味悪いと思いながらも、まあ気にしない!と思ってそのまま忘れることにしました。

ちなみに「その」道と表現した駐車場に面した道は、私が数ヶ月に一度(見るときは週に2,3回みたりする)変なモノを見てしまうところでした。ある時はスーツきたおじさんだったり、ある時は短パンの小学生だったり、なんかいろんな人を見て、あれ?っと振り返ると消えてた・・・みたいな。
(これって下ヨシ子のいう「霊道」ってやつなのかな?とか思ってた)
大抵霊のことなど何も考えてない無意識の状態に見ることが多かったです。


888 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 01:30:06 ID:vbuuNlHw0
姉にはそのことは全く話さず(怖がりなので)、私自身も忘れかけてたんですが・・・

その翌年の夏だったか、お昼のワイドショー番組の恐怖特集かあるいは夕方のほん怖だったか忘れましたが、私と似たような体験をしたナースさんの話があって再びぞくっとしました。

内容は、ちょっと霊感のあるナースさんがある日自分の担当患者のおじいさんの周りに黒い人影をしょっちゅう見るようになってしまった。何なんだろう・・・?と思ってたら、数日後そのおじいさんの容態が急変し、亡くなってしまう。
そしてそのナースやおじいさんのいたフロアに時々遊びに来て絵を描いている小児科の入院子供がいて、おじいさんが亡くなった後、ナースは「○○君、何かいてるの?」と話しかけてみた、すると彼のスケッチブックには亡くなったおじいさんと思しき人物と黒い人影とが描かれていて、ナースは驚愕する・・・・。というストーリーでした。

番組に出ていた霊能者は、「その黒い物体は死神ですね」と淡々と答えてました。

ただ、あれから3年くらいになりますが、今のところ私にも姉にも何ら病気とか事故とかないです。。。 さすがにTVを見た後は仏壇のじーちゃんばーちゃんに祈りましたが(汗)


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

クルクル人形

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

886 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 23:48:39 ID:Sbt3e0/Z0
数年前に家を建て直す事になって、その期間だけ家族で仮住まいに住む事になった。
地方だから、近所に家族6人が入れるような手ごろなアパートが無くて、川をはさんで向こう側のちょっと淋しい感じのとこに住む事になった。
四角い箱みたいな一戸建て(1階建てで同じデザイン)がズラッと並んでる。
そこに住んでた数カ月だけの出来事。
案内してくれたおばあさんの周りを黒い10cmくらいの人形が踊りながら回ってるのが見えた。
ケータイのCMでYUKIが踊ってるのがあるけど、あんな感じ。
なぜか遊園地とか紙人形とかそういったものをイメージした。
「はい???なに??」と思ったけどみんな普通だから疲れてんのかなー、くらいに思った。
次の日、母が近所の人にご挨拶に回った際、付いて行ったんだけどそこでも、数人の人の周りを黒い人形がクルクル回ってた。
それ以外なにも無かったし、変なのーと思っていた。
新築された家に戻ってからはそんな事は無かったので忘れてた。

今までそこに行く事は無かったんだけど、先週仕事でそこを通った。
十字路だったから、一旦停止して左右確認したらおじさんが立ってた。
右肩に人形がクルクル回ってた。
いきなり怖くなって運転に気をつけながら一気に走り抜けた。
後から考えたら、おじさんがジッとこちらを凝視してるのが
怖くなった原因でその人形自体は別に怖くなかったかも、とも思う。
なんであそこに住む人にだけクルクル人形が付いてんのかは不明。


2007.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

黒っぽい人形

ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/l50

873 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 15:14:41 ID:7iZd0lvjO
以前、兄を守ってるというひいひい婆ちゃんと握手(?)をした者です。
また小さい頃の話を。

春の暖かい昼、母と兄と買い物がてら散歩に出掛けました。
川沿いの土手を手を繋いで歩いていたら、前方から保母さんが先導する幼稚園児の列が歩いてくるのが見えました。
わいわいと騒ぐ幼稚園児達を何気無く見ていたら、何人かの幼稚園児が頭の上に何かを乗せているのに気付いたんです。
どんどん距離が縮まり頭の上の何かがはっきり見えたんだけど、それは小さな人形のようなものでした。
黒っぽいそれは特に固定されてるわけでもないのに、てくてく歩く幼稚園児の頭から落ちることはなく、その場所にピッタリとどまっていました。
(あれは何だろう?)と黒っぽい人形をじっと見つめていると、兄がその数人の幼稚園児に駆け寄りその黒っぽい人形を払い落とすように幼稚園児の頭を撫でていました。
すると幼稚園児の動きにも微動だにしていなかった黒っぽい人形が、ポロポロと幼稚園児の頭から落ちていきます。
きょとんとする幼稚園児に兄はまた頭を撫でると、私たちの方へ帰ってきました。
幼稚園児の列が通りすぎた後の道を見ても、地面に落ちたはずの黒っぽい人形はどこにも見当たりませんでした。

つい最近それについて兄に聞いてみたのですが、それは病気や怪我を呼ぶ悪いモノなのだそうで。
思えば前にも何度か兄が知らない人の頭や肩や背中を撫でているところを見たことがあったのですが、いつもそういうモノを払っていたのかもしれません。

ほんのりもしない話な上長文、駄文失礼しました。


2007.12.17 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。