FC2ブログ

白い動物

【森の奥】人知れない不思議な場所2【意外な場所】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194017642/l50

109 :本当にあった怖い名無し :2007/12/18(火) 22:43:06 ID:uWQWMztA0
大昔のことなので細部まで覚えているわけではないのですが小学1年くらいの時、祖父母の家の中で異様に大きな白い動物を見ました。
後姿だけでしたが、後ろ足2本で立っていました。私の身長より大きかった
ように思います。ちなみに当時の私の身長、、130くらいか。
想像だが、前足は多分窓枠のほうに掛けてたんだと思う。
あまりにビックリして声も出せませんでしたが、とにかく気づかれないように母を呼びに行っのを覚えてます。もちろん母は何言ってるのー、みたいな感じでしたが。
でもそのあと母をつれてその部屋に行ったら、もうその動物はいませんでした。
代りに、その動物立っていた場所に赤い液体が2滴おちてました。
あれはなんだったんだろう。今でも時々思い出します。
オチがなくてすみません。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

小島

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

503 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:03:34 ID:NkHeAbL40
6歳くらいの頃だったか。
家族で海に行ったとき、兄貴と一緒に浮き輪つけて泳いでたんだ。
30分くらい遊んで、兄貴がジュース飲むーって浜辺に戻って行った。

(´・ω・`)してたら、何かに呼ばれた感じがして沖の方に目をやったんだよ。
そしたら小島、水面から上が緑全開の小島が目に入ってきた。
ブロッコリーみたいだな…って思ったのを憶えてる。
(ブロッコリーが当時死ぬほど嫌いだったから良く憶えてるw)

したら急に、小島と目が合ったような感覚に捕らわれて動けなくなったんだ。
そんなに長くなくて、せいぜい10秒程だったと思う。
怖くなって必死で兄貴の方を振り返ったら、浜辺からえらく遠ざかってた。
真夏の浜で混んでたのに、人の喧騒が全然聞こえない程遠ざかってた。

頭が真っ白になって、必死に泳いだけど浜辺に近づかなくて。
何かに吸い込まれていくような感覚がすごい恐ろしくて。
どうにもならなくなって、泣きながら目を閉じたんだ。

そしたら急に父親に「何泣いてるんだ」って頭を撫でられて、
焦って目を開けたら最初に沖のほうを見た場所と同じ場所に浮かんでた。

今でも何だったのかわからないが…海が怖くて行けなくなってしまったぜorz


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

500 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 14:18:16 ID:A6R/yt0B0
小学校3~4年くらいまで、海に行くと砂浜に必ず穴があった。
穴っていっても直径2メートル、深さ1メートルくらいのすり鉢みたいな形。
その穴の中で砂遊びをしてた。

で、最近になって親にその話をしたら「そんな穴見たこと無い」って言われた。
一緒に海に行った姉や従兄弟に聞いても親と同じような反応だった。
そういえば穴の中にいるとき誰も見なかったな。
誰かが覗きにくることもなかった。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

死体が泣く

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

492 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 00:43:10 ID:R0roiysw0
6才ぐらいの頃の話。

祖母の母(つまり自分にとってひいばあさん)が亡くなったのでお葬式に行った。
祖母と祖母の母は仲が悪く、自分はひいばあさんに会ったことは無かった。
死体の前で親戚一同集まり色々と話をしていたが、子供の自分は興味が無く
ぼーっと死体をみていた。
そうしたら、突然死体が涙を流した。「え、死体って涙流すの?」とびっくりし
横に居た祖母に「今、涙流したよね」と聞いた。「そういうこともあるかもね」と
祖母は穏やかに言い、死体も泣くんだ~と自分は幼心に納得した。

中学生ぐらいの時にこのことを思い出し「そういえば、本家のおばあさんが死んだとき
涙流れてたよね。あれなんだったんだろうね」と祖母に尋ねたら
「は?死体が泣くわけないでしょ、何いってるの?」と笑われた。

あれはなんだったんだろうか。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ドアの向こう

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

490 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 15:34:16 ID:Fpjboicq0
多分、幼稚園に行く前だから4歳くらいの頃の話。

昼間に家であそんでたら呼び鈴が鳴った。
「はーい」って返事をして玄関に行ったら、母親は変な顔をしながら「誰か来たの?」って聞いてくる。
何でそんなこと聞いてくるんだろう?と思いながら「○○のじいちゃん(○○は母親の旧姓)」って答えたら、鍵を開けてくれた。
当時は小さかったので、ドアノブに手が届かなかった事を覚えてる。

で、ドアの向こうにはじいちゃんが立ってて、黙って頭を撫でてくれました。
でも、じいちゃんは母親が中学生のときに亡くなってます。
今考えると、確かに透けて見えてたw
しかもドアを開ける前から分かってたんだよね、なぜか。
母親曰く「何の音もしないのに、元気に『はーい!』って返事してたw」らしい。

小学校に上がる頃には全般的に変な物は見なくなった。
その代わりに、変な音が聞こえるようになってきた自分て一体…。


2008.01.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

隙間

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

576 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:12:54 ID:XCkTAFfJ0
他の人が怖いと思うか判らないけど、学生のとき襖や窓の隙間を異常に嫌う友達がいて、絶対にきっちり閉めてた。
神経質だねwって程度の話だったんだけど、友達に彼女が出来てからその彼女も友達と同じようにしっかり閉めるようになった。
感染してるwって笑ってたけど、あるとき、その彼女が
「隙間からね、誰かの手が見える。隙間があるとあれが来るから…」
って言った。その後その彼女の友達も同じく隙間を嫌うようになって俺は君が悪くて距離を置いた。その後の話は知らんけど
自分には見えたことがない。なんだったんだろうと思う。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

研修

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

572 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 18:58:33 ID:kid2bpEE0
そんなに怖い話じゃないんだが書き込んでみる

おいらはしがないタクドラなんだけど
いつものように流してると2人連れが手を上げてるのよ
片方泥酔状態に見えたんだけどその日は売り上げが悪いし付き添い居るから良いかと(泥酔者は乗車お断りできる)乗車してもらったの

結果ラッキーな事に2万超えそうな目的地なの
内心「GJ俺」とか思いながら運転してたのよ

しばらくして泥酔者のオッサンが変な事言い出してさ
オッサン「研修?大変だね~」
俺「はぁ?」意味わからん
オッサン「研修だろ?助手席の若いの」
俺「いえ助手席には何方もお乗せしていませんが・・・」なにいってだ?この酔っ払い?
オッサン「ん?降ろしたのか?さっきは居たじゃないか」
いねーって大体深夜3時過ぎに研修もねぇだろ

不審に思ったがいきなり同乗者のほうがもうここで良いです降りますって
まだ2キロぐらいしか走ってないのに降りちゃった 
なんだったんだろうね


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

神隠し

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

560 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:35:00 ID:Fle3iwOc0
自分の体験談を一つ。

去年の6月か7月くらいの話。
うちの母方の祖父が死にました。
通夜と葬式をやるということで、親の実家の北海道にいきました。
当日、祖父を神社(?)まで運び、その夜は従兄弟や、叔父、叔母とみんなでそこに泊まり、蝋燭と線香の番をすることにしました。
みんなで寝る支度をして、歯磨いたり、顔洗ったりとしていました。
そこは神社なので当然お風呂がなく、自分は髪にワックスをつけていたためどうしても流したくなり、いっそのこと風呂に入りたいと思っていました。
神社から祖母のやっている旅館が歩いて10~20分くらいの所で、お客さんが泊まっているという事もあり、母と祖母と父は旅館に戻っていました。
なので、旅館に戻って風呂に入ろうと思い母に電話をしました。

自分は少し霊感が強いのか、子供の時とか幽霊を見たりしたことがあったので母に電話すると
『あんた危ないわよ!?確かに旅館は近いけど、お通夜の日に夜中歩くなんて普通の人でも危ないのにあんた大丈夫なの!?』
と言われました。
でもなぜかその時は、夜中の知らない道を歩くのが怖いとかは全くなく、とにかく風呂に入りたい!と思い道を聞き行く事にしました。
今考えればそれもおかしいのです。基本的にビビりなので、誰かいないとそんな日に夜中知らない田舎道を歩くなんてことはしません。
でもその時はなぜか全く気にせず行きました。

『神社を出て真っ直ぐ歩いたら川があるから、そこの橋を渡って『左』に真っ直ぐ行けばコンビニが見えるから、そこからは分かるでしょ?』
と教えてもらいました。
さほど遠くはなく、来る時は車で5分かかるか、かからないかくらいの距離でしたが一応心配だったので
『わかった。まあすぐ着くと思うけど、迷ったら電話するから携帯目の前に置いといて。』
と言い電話を切りました。

その後、そばにいた従兄弟二人と叔母にいってきま~す!と言って部屋を出て、別の場所で飲んでいた叔父にもいってきますと言い神社を出ました。
この時はしっかりみんな『はいはい~』と言っていました。


561 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:36:24 ID:Fle3iwOc0
そして、しっかり携帯を握り締め神社を出ました。
神社を出てすぐに暗くてなんの施設かはわからなかったんですが、大きい建物があり、不気味で引き返そうかなと思ったんですが、足は止まらず走っていました。
ちなみに、そこは大通りからちょっと入ったとこなので、街灯はあったんですが、薄暗く人通りもないような場所でした。
でも心の中で大丈夫大丈夫。と呟きながら真っ直ぐ走って行きました。
すると母の言っていた橋が見えたのでそこを『左』に曲がりました。
あとは真っ直ぐ行けばコンビニがあると思っていたので全速力で走りました。

ですがしばらく走っていても全くコンビニが見えません。
10分以上走ったと思います。
母から電話が来て『あんた今どこ?迷ってない?』と言われ
『橋曲がって真っ直ぐでしょ?今走ってる。』と言ったら
『そんな時間かからないはずよ?間違えたんじゃないの?』と言われ少し考えなぜか、
『んーもうちょい行ってみる。また電話する。』と言い切りました。

後から考えれば明らかにおかしかったのです。
なにせ車で5分かかるか、かかんないかくらいの場所なのでそこまで走るわけがないのです。
しかも橋からコンビニなんて走ってもせいぜい5分くらいの場所です。
ですがその時はなぜかこっちであってる。間違ってるはずがないと思っていました。

さらに走っていると歩道の右手に小さい祠みたいなものがありました。
そこをちょっと過ぎると車が全く通りません。
そこは北海道の田舎なので車の通りは確かに少ないのですが、一応二車線の大通りでしたし、そこの祠を通るまではちょっとは走っていました。
しかしそこの祠を過ぎて、しばらく走っても一台も通りません。
ほんとに不気味に思えてきました。
さらに走っているとでっかい橋がありました。
その下は川が通っているみたいでした。
川の音に混じり、笑い声が聞こえてきました。
子供がその橋の下の川で遊んでいるような笑い声です。
でも時間は深夜の0時過ぎ。
ありえません。
その時やばい!と思い全速力で来た道を戻りました。


562 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:37:15 ID:Fle3iwOc0
戻ってる時に気づいたのですが、軽く5kmくらい走っていたのです。
戻る前は、全く疲れず、自分の中では15分くらいしか走っていないと思ったのですが、実は相当走っていて、携帯を見ると時間もかなりたっていました。
とにかくやばい!と思って、誰かに電話と思い、従兄弟、兄、母、に電話しました。
誰も出てくれません。
母にもう一度かけると、出たと思ったら『あ・・・・・ぅ・・・・・・』と言ってすぐ切れました。
電波が悪いんだなと思い込み走りながら電話をかけまくりました。
するとさっき見た祠のとこを過ぎたあたりで、やっと電話が通じました。
『なんで出ないの!?つか超怖いから!?電話でようよ!?電波悪いならかけなおして!?』
と焦っていたので怒鳴るように言いました。すると母は
『電話?鳴ってないわよ?目の前にずっとあるけど。着信履歴もなんも。今かかってきたわよ?』
と言いました。

ぞっとしました。
さっき出たのは誰?てかなんでこっちでは何回も鳴ってるのにそっちの携帯着信履歴すら残ってないの?と色々な事が不安になり、母に
『とにかく!車!出して!お願い!大通りのとこまっすぐ!』
と言い必死に走りました。
30分ほど走ってやっと母と祖母を見つけました。
『あんたどっち行ったの?橋過ぎたら『右』って言ったでしょ?』
と言われました。
今思い返しても母は左と言っていたと思います。

そして母に事情を説明すると、
『あっち山の方よ?というか橋まで5kmはあるよ?途中で気づかなかったの?住宅減るのに。あんた呼ばれてたんじゃないの?』
と言われました。
ほんとに呼ばれたかもしれません。
というかそんな洒落にならない事を軽く言わないで欲しいものです。


563 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:42:47 ID:Fle3iwOc0
ちなみにその後ビビりつつも風呂に入り、車で送ってもらい神社に戻りました。
その後叔母に
『○○ちゃん(自分)いつでてったの?』と言われました。
従兄弟も、叔母も、叔父も、誰も俺が出て行ったのを知らなかったのです。
でも俺はちゃんと言ったんです。
返事もしっかり聞きました。
でもみんないつの間にかいなくなったといっていました。
ちなみに兄貴と、従兄弟の携帯も着信履歴に自分の名前はありませんでした。


そのまま引き返していなかったらどうなったかと思うと今でもぞっとします。
後日母が、神隠しって案外そういう風に消えたりするのかもね・・・と呟いてさらにぞっとしました。


別に幽霊を見たとかはありませんでしたが、自分は怖かったので書かせていただきました。
長文で、しかも読みづらくてすいません。
ほんのりかと思ったのでこっちに書きました。


2008.01.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

518 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:50:31 ID:dyLyJhW40
今もう回復したから言えるが
数ヶ月前突然妹がお兄に殺されるとか言って俺にすがってきた。
兄=俺じゃねーのかとも思ったけど様子からして俺じゃないみたいだし俺の兄貴もいない。
毎日収まらないからとうとう母親の手によって精神病棟に連れて行かれた。
んで俺が妹の言動を話したら超思い当たる節があったようでしどろもどろだったが何も言ってくれなかった
数日して両親の不審な行動の後妹も正常に戻ったんだが未だに真相が不明のままだ。


2008.01.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ロウソク

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

498 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:07:25 ID:HVKPm1xO0
先日、母方の叔母のお通夜に参列した時
私と妹は、祭壇の向かって左側の席に座った(左右向かい合わせ)
お経が始まる少し前、祭壇の左側が気になって見てみるとその亡くなった叔母がベージュっぽい色のきれいな着物を着てニコニコしながら参列者席のほうを見ていて「えっ!」と目を疑った。
あまりキョロキョロするのもおかしいし、
お経も始まるので向かい側の席のほうを見て座っていたら妹が
「ねぇ、祭壇のさぁ、左側のロウソク(の炎)だけなんであんなに不自然に揺れてんの?」
と言い出して、やっぱり見間違いでなく左側に叔母が立っているんだと思った。

お経が始まってしばらくすると今度は祭壇の右側に10年前に亡くなった母方の祖母が黒っぽいジャケットにスラックスを履いた姿で、どこを見るでもなく立っていた!
これは本当に見えたので妹に合図で教えようかと迷っていたらまた妹が小声で
「ねぇ、今度は右側のロウソクだけなんであんなに短いの? 左側のより10センチは短いよ?不自然じゃない?」
と言ってきた。
祖母が迎えに来ていたのかと思った。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

足音

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

487 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 13:36:06 ID:N6pMlqZe0
オレ昔から眠りが浅く明け方頃よく目が覚める。
その日もやはり目が覚めた、枕元の時計を見ると三時を少し過ぎたところ。
但し、その時はまだ寝ぼけ状態。
ふいに階下の玄関が開く音がした、まだ夢の中にいるのだろうかとも思う。
そしてトントンと玄関を上がり、上がってすぐにある階段を一段程上がる足音がする。
そのままじっと耳を澄ましていてもそれきり足音は途絶えたまま。
この頃になってようやく頭がハッキリしてくる。
するとまた不意にトントンと音がして再び玄関を開ける音がする。
階下に寝ている子供がコンビニへ夜食でも買いに行ったのだろうか。
そのまましばらく布団の中でじっとしているが一向に帰ってくる様子はない。
この段になってようやく起き出して階段の明かりをつける。
カギは閉まっているしチェーンも降りている。
或いは隣の家かとも思うが、両隣とも静まり返って人が起きている様子はない。
そんな事が今年の正月から週に二、三度あるようになった。
特に悪いことをするわけでもなく、ただジッと階段の下で階上の様子を伺ってる。
ただそれだけなので今のところは放っておいている。
大晦日の深夜、近所の心霊スポットに探索に行って以来かもしれない。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

行かないほうがいい

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

466 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:43:01 ID:1lGWHbHU0
自分の体験を、このスレに絶対書き込もうと思って下山して無事一昨日の夕方帰って来たんだけど体験したことに現実味がなさ過ぎて、どう書いたものか考えてた


登山好きの俺と高校からの同級生の二人で一緒に某山に登ってきたんだ。

金曜の夜から出発して、現地を登り始めた出発の朝は曇りで、登り始めて3時間くらいたったころ、1メートルも見えないほどの吹雪に見舞われた。
普通なら「今回はちょっときついから戻るか」って事になるんだけど今回はそいつが来年度から転勤ってことで、今回を逃すと当分お預けになるからって強行軍したわけ。

5時間もたつと風もかなり緩やかになってきた代わりに、道を失ってた。
これはやばいな。って、でも、それほど道から離れてる感じではなかったので周りを頼りに進んでったんだ。豪快に遭難するほどの山でもなかったからな。それほど焦っても無かった。

ちょっとすると、前方から人が歩いてきた。普通の登山の格好。
俺達は相手が気づいたときを見計らってお辞儀して、通り過ぎようとした。
(迷ってたから道を確認したりするんだろうけど、なんとなく、素通りしようとしちゃった)

で、そのまま過ぎ去ろうとしたらおじさんのはっきりした声で「この先は行かないほうがいい」って言われた。
は?何で?とクエスチョンマークが頭に浮かんで、俺と友達二人で顔を見合わせて何かあったのかなあー。なんて思った矢先「あ、道を!」確認しなきゃ。
と振り返ったらまっしろな雪世界。足跡は俺らのだけ。

本当に不思議な事が起こると、なんとなくその現象を納得しちゃうんだよな。
よし、戻ろうか、って事で戻った。そのあと、飯屋で何者だったんだろう談義で盛り上がったと。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

落書き

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

465 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:42:26 ID:MoJlrXb20
子供ネタで思い出した話なんだけど、文才無いし怖くないので箸休め程度ですが・・・。
俺の友人が学生時代に、アパートを借りて押入れに荷物入れてたら押入れ中の壁に

「パパママ大好き」

って子供の落書きが残ってて、その時、あ~微笑ましいねぇ~って思ってたんだって
数ヵ月そこに住んでたんだけど、やっぱりアパートより学生寮の方が家賃安いって事で、引越しすることに決めたんだって
で、その準備で荷物を揃えたり部屋をあちこち掃除したりしてて、ふと押入れの落書きに目がいったんだって
そしたら、そこに書いてあった文字が

「ママたすけて」

ってなってたんだってさ。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

怖いこといっぱい

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

463 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:56:37 ID:OuxwSpNG0
子供と一緒に昼寝をすると、悪夢を見て金縛りに遭う。激しい耳鳴りもある。
昼間だから睡眠が浅いせいで金縛りに遭うんだ、気のせいか、疲れてるんだな、
と思って気にしないでいた。
そうしたらある時を境に、昼寝するときに「ママは来ちゃ駄目!」と子供が言うようになった。
「なんで?」と聞いたら、「ママ寝てるとき怖いこといっぱいあるから、ママは起きてないと駄目!」
と言われて、自分で毛布を用意し、部屋に閉じこもった。
そっと覗いたら、一人でちゃんと昼寝していた。
その後「怖いことって何?」と聞いたら、「とにかく、怖いの。」の一点張り。
とりあえず、昼寝に添い寝はいらないというので私も悪夢の事があって怖いのでやめておいた。

で、もともと不眠症で夜は深く眠れるように薬を飲んでいるので夢はあまり覚えてない。
そのせいかわからないが夜は息子は私にぴったりくっついて寝る。
「夜はいいの?」と聞いたら、「うん、あれは夜は来ないから」と。

あれって、なあに・・・?

三歳児の言うことは時々怖い。
それじゃあ皆さんお休みなさい。


2008.01.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

オッサン

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

440 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:41:09 ID:WchZBpMiO
3年前の年末、冬休みで実家に帰ってきたときの話。

俺の実家は線路に面しており、近くには記憶に残ってる範囲で4回も人身事故が起きてる踏切がある。
小学生の頃には2度も人身事故の現場を見たり。
とりあえずその踏切では昔から事故が多発している。

ここで本題に入るが、実家着く頃には夜中1時を過ぎてて、疲れたぁとか思いながら最寄り駅から線路添いを歩いてたら、その踏切から約20M先のフェンスの内側にオッサンを見かけた。
そのオッサンはレールを見つめたまま、俯いてつっ立ってた。

はじめは線路工事の方かなとか思ってたが、近づいてみると異様な事に気が付いた。

オッサンの気配が全く感じられない。

普通、誰かいるときは直感だけど何かしら気配を感じるはず。
俺が近づいてもそのオッサンは直立不動のままレールの一点だけを見続けていた。

さすがにヤバいと感じ、とりあえずその場から少し遠ざかった。
今も後悔しているが、遠くなら大丈夫だと思って振り返ったら、さっきまでレールに向いてたオッサンの体が俺の方向に向いてて、オッサンと目が合った気がした。

オッサンの目は白目の部分が黒くなってて、顔は裂傷やら血やらで人間の顔とは言えない有様だった。

それを見た俺は実家まで猛ダッシュ。幸い50メートルも離れてなかったので、なんとか無事に帰り、そのまま布団に直行。

次の日の朝、母親にこの事を話したら、一昨日(俺が帰ってきた日の前日)、人身事故があって、俺がオッサンと遭遇した場所近辺に男性の死体が転がっていたという話を聞いた。


話はここまで。幽霊かどうか確かではないけど、今でもあの時の顔を思い出す度に深夜のトイレ行けなくなるorz

一昨年、去年と実家に帰ったがオッサンに遭遇しなかった。オッサン成仏したのかな?(´・ω・`)


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

足音

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

381 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 14:01:04 ID:/qhkc+kCO
そんな文章力ないけど。
5年くらい前の話だが当時オレは祖母の家に泊まりにいった。
その家の家族構成は
祖母
叔父(兄)リーマン
叔父(弟)深夜ビデオ屋で働いている
の3人暮らしだった。
その日の夜、二階の部屋でゴロゴロしているうちに寝てしまった。
ふっと目が覚めたとき部屋は真っ暗、外も真っ暗だった。
何時ぐらいなんだろうと思ったが暗くて時計が見えなかった。
寝ぼけた頭で横になったままボーっとしていた。
その時廊下から足音が聞こえた。
ヒタヒタヒタヒタ
裸足でフローリングを歩く音のような感じだったと思う。
あれ?叔父(弟)かなぁと思った。目が慣れていたので時計を見てみると3時40分を回ったとこだった気がする。
この時間を見たとき違和感があった。


382 :続き:2008/01/09(水) 14:15:30 ID:/qhkc+kCO
叔父(弟)が帰ってくるのは外が明るくなってからだったからだ。
その日だけ早かったとかも考えられるかもしれないけど違和感の意味がわかった。
電気をつけていないのだ。
真っ暗な中電気をつけるのは普通のことだろう。
つけないこともあるかもしれないけど階段から二階の部屋までは2、3歩しか歩かない。
足音はずっと聞こえていた。
ヒタヒタヒタヒタ
明らかにおかしいと思ったオレは立ち上がりドアに向かおうとした。
が、ドアの向こうに何かいたらどうするのかと考えたらいつの間にか横になって目を閉じていた。
ヒタヒタヒタヒタ…ヒタ…カチャッ

…っ!!ドアノブに何か触れた感じの音が聞こえた。
心臓の鼓動が速くなった。
ドアの方を見るべきか悩んでいると突然頭がぐわんぐわんした。
そしていつの間にか寝ていた。

朝起きてなんだったんだと考えて祖母に話したら叔父(弟)は残業で帰ってないとのことだった。
そして祖母から聞いたのは、祖母の家は玄関から仏壇まで鬼門でつながっているらしく、玄関を開ける音や足音などは良く聞くそうだ。
祖母は宗教熱心な方で読経など毎日のようにしているそうで集まってくるとか笑いながら言われた。
人生で唯一の不思議な体験でした。
文章悪くてすまん


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

人影

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

377 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 17:02:49 ID:K5GHj6m00
私的にちょっと怖かった事を思い出したのでつらつらと。
ここ2,3ヶ月前ぐらいの話で、床に就いていた時の話です。

営業日も終わり翌日が休みという事もあって、会社の先輩と酒を飲んで気持ちよく話しをして、気分よく帰宅しました。
アルコールも入っていて、仕事の疲れも溜まっていたのですぐに布団にくるまって眠りにつきました。
すぐに眠りつく事はできました。

何かの気配がして、ふと意識が戻りました。
ですが、気配が何かも解らなくとても怖かったのでうっすらと細目を開けて気配のある方に視線を向けました。
視線の先にはカーテンの隙間から漏れてる光にシルエットが照らされて、ぬーっと人影が立ってる事に気づきました。
人影の傍にあった室内用洗濯物干しより首二つぐらいは出ていたのでそこそこ身長はあったのではないでしょうか。

とても恐ろしくなり、なるべく平静に平静にと心掛けながら寝た振りを続けました。
人影もしばらく部屋の中に気配があり徘徊しているようでした。
キッチンの方に気配が向かったのを感じたので、また薄目を開けてそちらの様子を伺いました。

キッチンの通路で人影はずーっと静止していました。
急に気づかれたんじゃないかと不安がよぎり、またすぐに寝た振りをしました。
その後、気配が一向に動かなかったのでずっと寝た振りをしていましたが、そこで本当に寝てしまいました。



結局、実害は無かったので良かったのですが、何だったのかよく解らず今でも思い出すと怖いです


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

360 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 11:23:35 ID:kuATl57PO
怖いというか腑に落ちない話
5年位前だったかな
ちょっと説明しづらいんですけど
洗面所とかの天井に30センチ四方位の枠(?)の蓋があって
多分、配管とかが通ってるのかな?
開ける事が出来るんだ。
でも、普通に生活してればまず開ける事はない「その蓋」が、外出して帰って来たら開いてたんだ
四角い蓋が穴の向こう側に全部入っていて
それが斜めにズレて引っ掛かってる感じ
で、ちょうど家族全員いたから聞いてみたんだ
「洗面所の天井、誰か開けた?なんかあったの?」
そしたら全員が「知らない」との事…
母親が見に行って「本当に開いてるわね」って戻って来てさ
みんなで「あんな所、なんもない限りワザワザ開けないよねぇ」と、皆不思議がってたんだけど
結局その時は誰も閉めなかったんだよね。


378 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 03:03:34 ID:RY2EjS8PO
しばらく何日かして、ふとそこを見たらいつも通り蓋が閉まってたんだ、
その時も家族全員いたので
「誰か閉めたんだね?」って言ったら、全員閉めてないとの事
母親がまた見に行って「あら、本当に閉まってるわね」
と戻ってきたけど、まぁいいかってそのまま忘れたんだけど
また暫く経って
「そういえば前にこんな事があったよね~」
って、上記の事を話たらその出来事があった事も全員覚えてないんだ…

あれ~?と思って夢だったのかな、って片付けたんだけど
こないだまた思い出したんだ
蓋が開いてた事、誰も閉めてないのに閉まってた事
その話をしても誰も覚えてなかった事を全部話したんだけど
また「はぁ?」ってなった…

イヤイヤ………全員ですか。
もう目の前にいるのが違う誰か達だと思い青くなった。。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ぱん!

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

353 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:20:02 ID:VdVQbFB/0
怖いはなしの文庫本
よくある1冊100話くらいのやつ

季節外れもいいとこだが、なんとなく購入
帰りの電車で読み始めて、バスに乗り換えて続きを読む

すぐ後ろから
ぱん!と手を叩く音がひとつ

他にも人は乗ってたし
気のせいだろうけど
もうすぐ読み終わるけど

なんとなく、続きは明日読むことにした


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

キャッチボール

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

334 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:55:23 ID:qCV/OI+W0
小学校の時の話

当時私は地元の女子ソフトボールクラブに所属していた
4年生から6年生だけであわせて14人という少ない人数ではあったけれど
地元の大会で優勝して全国大会へ出たり、それなりに強かった

その日は練習試合でバスを借り切って相手グランドへ行き、いつものようにキャッチボールを終えいつものように保護者のもってきてくれたおにぎりをみんなで分け合った
そしてその時、一つ余ることに気付いた
「誰か食べてない人いない?」
不思議に思って人数を数えると…13人
「あれ?誰が足りないの?」とこのときになって大騒ぎ
足りなかったのはYちゃんという女の子だった
そして、彼女は私のキャッチボールのペアの相手だった(相手が決まっていた)
しかし、私はグランドについてすぐにちゃんとキャッチボールをした
その時、誰も余っていなかった
それはみんなも知っている
(余った場合は別のペアに混ぜてもらって三人でするので)
じゃあ私は誰とキャッチボールをしていたんだ?と改めて聞かれると…答えられなかった
私以外の皆も同じだった

Yちゃんはその日たまたま寝坊して、急いで集合場所へ行ったけれど既に時間を大幅に過ぎていてバスも出発した後だったらしい
今のように携帯電話もない時代でそのままあきらめて帰った後に判った

あの日、私は誰とキャッチボールをしたんだろう…?
未だに不思議でしょうがない


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

正太

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

318 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 07:26:09 ID:otb1BZRvO
2日の夜のことだ。
夜中に人の気配を感じて目を覚ますと、制服姿の警官がわたしを見下ろしていた。
怖いというよりビックリしてしまい、身動きがとれない。
生きた人間でないことだけはわかる。
「正太…」
優しい声だった。
「すまない。おとうさんはもうダメだ。母さんを頼む。仕事ばかりでいい父親じゃなかったが、母さんやお前のことをほんとうに愛していた。強い男になってくれ」
霊も涙を流すのか。
わたしも胸に熱いものが込み上げていた。


ただ問題なのは、

わたしは正太じゃないし、男でもないし、父はまだ生きてるってことだ。
どこからツッコめばいいやら。


2008.01.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ムーブ

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

306 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 17:17:46 ID:jNgt01y70
年始の買い物で車を運転している時に、赤信号で止まった
向こう側に止まっている車を見ると、古いムーブに若者が寿司詰めで乗っていた
「あんなにいっぱい乗って危ないよなー」と同意を求めると、返事が無い
まあいいやと思って、その場はそのまま発進した
着いてから、危ないと思わないのか聞くと
「あれって、一人しか乗ってなかったし。うちのも同じくらい古いし。新車買う気なの?」だとさ…


2008.01.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

304 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:54:14 ID:8qgXgBTIO
2年前から、月に一度うちのポストに変なものが届く。
クリアパック。
100円ショップで売っている、チャック付のビニール袋だ。
袋の中はいつもいっぱいの爪。
メモが一枚そえられている。
「あと一人です」

どういう意味だろう?


2008.01.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

社長

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

293 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:53:55 ID:8yqGqR9c0
洒落怖じゃないのでこちらへ。

幽霊がいるんじゃないかと噂されるうちの会社
節電の為、誰も居ないトイレの電気は必ず消すようにと通達された。

それで、小便を済ませてトイレの電気を消した途端に大便側のドアがドンドンと
誰か居たんだと思ってあわてて電気を付け直してみるとドアは開いていて、中を覗いても誰も居ない。

という体験をした人が自分を含め何人も出て結局今は点けっぱなし。

今は誰も使わなくなった宿直室。
昔は使われていてシャワーを浴びてる時に限って、部屋の方から話し声やら笑い声が聞こえたりシャワーを済ませて戻るとテレビが勝手に付いてたりしたそうだ。

俺はトイレで体験してるので一概に嘘や冗談とも思えない。。。

後、残業してると、隣に誰かいるような気配を猛烈に感じたりする。
気配だけなので、それは気のせいかもしれない。

それでも会社内で死人が出たという話は聞かない。
故前社長は随分愉快な人だったらしく、その人が面白がって脅してるんじゃないかという話になってるw


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

通り抜け厳禁

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

257 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:03:25 ID:0hlIzXWpO
小学校の修学旅行の宿泊先の話。
大きなホテルで本館と別館に分かれていて、別館の四階の403号室に五人で入った。
基本、食事や浴場等の各階への移動はエレベーターを使用するが、非常階段もあり、三階まで降りてみた。
すると、三階フロア入り口で防火扉が閉まってチェーンロックが掛かっており、「通り抜け厳禁」の貼り紙。
念の為、本館三階から回れるのか行ってみたら、有るべき廊下が無く、壁になっていた。
後日、どうやって分かったのか知らないが、数ヶ月前に一家心中があったとの事。
しかも、その部屋とは、自分達が泊まった部屋の真下の303号室だったと知らされ、氷ついた…
今は別館は取り壊され、新館となっている。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

かっちゃん

ほんのりと怖い話スレ その45
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

223 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:01:00 ID:WUCbD4BG0
17歳の頃の話。
当時、居酒屋でバイトしてて帰って来たのが0時過ぎだった。
蛍光灯の豆電球だけつけて、その蛍光灯の下辺りでボーっとしてた。
ふと本当に何気なくだけど、目線を上にやったら

半年程前から癌で入院しててもう駄目だって言われてて1週間前に亡くなったお客さんが、上半身だけの状態でいた。
一時帰宅を許された時にガリガリに痩せてどす黒い顔をして店に顔を出した事があった
「俺もう駄目だと思う」って
酒好きだったのにオレンジジュース1杯飲んで帰った事があった。
その時着てたのが、白いポロシャツに胸の所に太い水色のラインが横に入ってたもの。

その格好で蛍光灯の下に上半身だけでいる、お客さんにビビリながらも不思議と怖くなかったので
「かっちゃん?どうしたの?なにかあったの?」
と問いかけた。返事はなく5分位してスーッと部屋の隅に移動し背中を向けたまま暫くいて、壁の中に吸い込まれるように消えた。

そこには押入れがあったので開けてみたけどいなかった。
なんだったんだろう。別れの挨拶に来てくれたのかな。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

クギ

海にまつわる不思議な話
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188718576/l50

362 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 09:08:17 ID:1YqIvCWi0
三年前、けっこう大きめの川の河口のテトラに連れ二人と釣りに行った。
何回か行ったことのある場所で、海側に5,6㌔(当時)の堤防に波止めとしてテトラが積んであり 大雨の後なんかは濁りが入って良いポイントになり、けっこう釣り人がいた。
で、いつものようにテトラの間を渡り釣り座を探して、適当な場所で釣りを開始。
だけど、なんか、気味が悪い、、今まで感じたことがない感覚・・気持ち悪さがあり集中できない
視線を感じたって言うかふと、左側のテトラに目をやった、、!!!赤んぼうだ!!?
つうか、まじで足を滑らして海におちそうになったよ!
その位ビックリこいた。死体発見しちゃったよWとビビりながら近くにより、もう一度見た
「うおわああ!!!」もう一度ビックリさせられた。背中に悪寒が走った
まだ死体の方がましだろと思う位気持ちの悪い、、、それでいてかなりリアルに精巧に造られた人形だった。


363 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 09:38:50 ID:1YqIvCWi0
タオルに包まれて顔の部分と上半身しか見えないが、赤っぽい服を着ている
顔の部分、手、足、ゴムなのかプラなのか材質は分からないけど本当にリアル
書いてあると思われる顔の部分も立体感があり、笑っている、、、
そして、何より気持ち悪いのがこの人形 全身に無数のクギが刺さっていた
 
これ絶対まともな物じゃない!!と思いながらもチキンなので大声で仲間を呼んだ
二人とも尋常じゃない俺の声を聞いて、すぐに来てくれた。
二人、呆然、
「何だ、これ!!?」
多分、川の上流から流れて来て、テトラにひっかかっていたんだろうと思ったがそれにしても、三人共通の思いが「気持ち悪すぎる・・」だった。
誰が作ったのか、何の為なのか、海に流れて来たのは偶然なのか、考えるだけで吐き気がするような代物でした。
その堤防は現在は立ち入り禁止になっています。なんかの風習なのでしょうか。
知っている方教えて下さい。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

図書室

あなたの家の開かずの間 4部屋目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187168279/l50

653 :本当にあった怖い名無し :2008/01/14(月) 00:40:25 ID:zukqWWOQO
高校に空かずの間があった。
私立の高校なんだけどね。入学したての頃、前から気になっていた窓があり、校内の外庭から見てみた。薄汚れた窓で、覗くとどうやら図書室っぽい。
本棚に本がたくさんあった。窓が汚れていて、はっきり見えないんだよね。この高校図書室あるじゃん!と喜んだけど、校内まわっても図書室にたどり着かない。
先生に聞いてみたら図書室は、たしかに昔あったけど今は使ってない。と言われたまま場所を教えてくれない。
校舎には図書室のドアすらないんだよね。
だいたいこの辺りが図書室っぽいと思って行ってみてもただの壁になっている。壁の向こうに図書室があったのかな?
結局図書室は謎。
入口すら見つからなかった。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

人骨

あなたの家の開かずの間 4部屋目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187168279/l50

536 :本当にあった怖い名無し :2007/12/18(火) 16:55:40 ID:II4GqINNO
昔、隣のアパート取り壊したら、空かずの間があった。

部屋と部屋の間に1メーター近くの空間。ボロボロの意味不明な紙や人形、人骨があったそうで殺人事件か?と話題になったが、人骨は何故か?江戸時代くらいの人骨だったらしく(刑事さんが話していたらしい)で事件性は無し。
あの骨はなんだったんだ?ちなみに霊的な話は後にも先にもないけど、隣に不気味な空間あったら嫌だな。


2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。