FC2ブログ

踊り場

時空のおっさん 2
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179014918/l50

950 :本当にあった怖い名無し :2008/03/29(土) 04:04:27 ID:s0nUnhal0
怖いかどうかはわからんが不思議な経験はここ見て思い出した。

小学校時代に住んでた5階建ての団地は、たくさんの棟が同じ方角を向いて建ってて
自分の部屋から、駐車場を挟んで同じ団地の建物が見える。
夏の夜、ボーっと外を眺めてたら、目の前の棟の団地からコート(?)みたいな、夏には暑いだろっていう格好で女の人が階段を下りてるのが見えた。

4階にフッと現れたから、多分5階から下りてきたんだろうけどなんか違和感があった。
各階の踊り場に来る度に姿が見えるんだけど、2階の踊り場を飛ばして1階へ下り、そのまま、敷地の出口とは逆の裏山の方に消えていった。

今思い出すと怖い。長文スマソ


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

黒い人

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

484 :本当にあった怖い名無し :2008/04/01(火) 19:29:08 ID:pbg9QQZm0
今日のお話

情けない上に下品な切り出しでなんだが、今日とある量販店に行った時に便意を催してトイレに駆け込んでしまった
運よくトイレの中には一人の人もおらず、なんの問題も無く洋風便器に腰掛けて一息つくと
その直後に駆け足の足音、その音の軽さからみるとどうやら子供が入ってきたらしい
そしてその子が第一声に大声で言った言葉が「おかーさん!トイレできない!」
それを聞いて「うわ、タイミング悪っ」と微妙な後ろめたさを感じてるとその子が続けて

「トイレできない!中に黒い人が一杯いるの!おかーさん!」

そう言った後にまた足音、どうやらその子が出て行ったらしい
頭の中で「?」と思いながらも用を足して外に出ると、案の定そこには誰もいなかった
あの子が見た「一杯の黒い人」はいったいなんだったんだろう


2008.04.01 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ナイス笑顔

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

456 :本当にあった怖い名無し :2008/03/31(月) 19:50:55 ID:sarPIJNc0
この前にうちの家族と「蕎麦を食べに行こう」という話が持ち上がって、車を出した所道中のトンネルで工事渋滞に捕まってしまった
その時にふと前のバスを見ると、後部の広告張ってある場所に物凄い満面の笑みを浮かべた男の顔が描いてあった
あまりのナイスな笑顔は妹や母との「なにあの笑顔」「なんの広告だよ」と言う笑い話の種になり、渋滞の不快感を軽減させてくれた

でも、トンネルを抜けてもう一度バスの後部を見たら、その顔は消えてた
ナイス笑顔だから悪いものじゃないとは思うんだけど、ちょっと不気味


2008.04.01 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

気の持ちよう

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

455 :本当にあった怖い名無し :2008/03/31(月) 18:39:48 ID:inzn61l80
去年の暮れに今の団地(嫁の実家の近く)に引っ越してきました。
ある夜今から寝ようという時に嫁が言ってきました。
「この団地・・・つーかこの部屋って出るよね?」
嫁が言うには太った男性と痩せて角刈りの男性の幽霊を見たことがあるというのです。
ちなみに嫁も私も今までそんな心霊現象などに遭遇したことがありませんでした。
実は私もこの部屋で見たことがあったんです。その太った人の方を。
私が見た時は居間に出しているこたつの所に座っていて、私と目が合うと消えてしまいました。
「ああ、緑の作業服を着た人?」
私が聞くとどうやら嫁が見たのと同じ霊だったようです。
でも、下手に嫁を怖がらせることも無いと思い、
「そんなこともあるさ。特に何をしてくるでもないので、平気だろ。」
と適当に相づちを打っていました。

その後私も痩せた男の人を見て、さらに口の大きな女性も見ました。どうやらウチで出るのは
その三人のようです。驚いたことに、娘を怖がらせないように娘には話していませんでしたが、娘も痩せた人と女性の姿を見ているようです。娘には嫁が「ふーん」てな具合で対応してました。

「特に何をしてくるでもないので、平気だろ。」
この言葉が効いてるのか最初実家に戻ると言い出しかねなかった嫁も、「今日は○○で○してたよ。」と普通に報告してきます。

怖いと思うかどうかなんて気の持ちようなんだと思いました。
つーか、私はマジに怖いんだけれどもw・・・


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

歩道橋

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

453 :本当にあった怖い名無し :2008/03/29(土) 22:33:37 ID:OUgP5GB8O

私の通ってた高校にはプールがありませんでした
その割に水泳部(しかも強い)があって在学中はプールが無いのを不思議に思ってたのですが、線路沿いで敷地が狭くて校庭もないくらいだからプールを作るスペースなんか割けないかと勝手に納得してました
卒業して暫く経ち、就職先でたまたま同じ高校出身のお姉さんと知り合いました。当然母校の話で盛り上がる訳ですが、彼女曰く昔はプールがあったんだそうです
何故プールがなくなったのか聞いてみると、お姉さんは少し答え辛そうにこう言いました

「学校の直ぐ隣の線路に歩道橋があるでしょう?そこから飛び降りた人の腕や頭がプールに飛んで来たからよ。あの歩道橋、自殺の名所なの」

確かに線路に歩道橋が掛かっていて、登校時には私もよく使っていました。ただ、柵(手摺?)が他のよく見る歩道橋と違って妙に背の高い壁の様なものになってたのが不自然だなあとは思ってたんですが…

何も知らずに楽しく通学してた事にほんのり。


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

キツネ

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

452 :本当にあった怖い名無し :2008/03/29(土) 22:25:46 ID:6jp3aPw00
俺が小学生のころ、よく親戚の家に遊びに行っていた。
親戚の家にも子供がいたが高校生くらいで、同じくらいの年齢だった姉とばっかり遊んでた。
いつも仲間はずれにされていたが、その親戚の近所にはいつも一緒に遊んでくれるお姉さんがいた。
山で虫採りをしたり、学校であったことを話したりしていた。
すごく優しくて、悲しいことがあって落ち込んでいる時は頭を撫でながら慰めてくれた。
スラっとしたつり目の髪が長い美人で、小学生ながらに俺はお姉さんが好きだった。
しかし、俺が中学生になったときぐらいからそのお姉さんには会えなくなってしまった。
お姉さんの家にいくら行こうとしてもどこだか分からなくなってしまったのだ。
親戚に協力してもらってかなり探したが結局どこにも見当たらなかった。
親戚の家は比較的田舎だったのでキツネに化かされていたんだと親戚は言っていた。
だから、動物園なんかでキツネを見かけるとつい立ち止まって見つめてしまう。
キツネでも良いからまたあのお姉さんに会いたい、とよく思う。


2008.04.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

病気平癒

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

378 :本当にあった怖い名無し :2008/03/26(水) 17:16:59 ID:9FYqClABO
自分のつい最近の体験です。
俺職場で色々あって、自殺未遂しちったのね。
で気分転換のため田舎に帰省したんだ(未遂のことは秘密)
ばあちゃん(信心深い)が俺の顔見るなり、寺に行こうて言うのね。
まあ俺も久しぶりだったからばあちゃんと2人で墓参り行ってから、寺へ行った。
そしたら「病気平癒」祈願のお経が始まった。ばあちゃんが頼んでくれたらしい。
なんでばあちゃんが病気平癒を頼んだのかわからんかったが、精神的に参っていて胃潰瘍だったから、有り難く聞いといた。
住職に「先祖が守ってくれるから大丈夫、毎日感謝しなさい」と言われた。
ばあちゃんには「一人でないのだから大丈夫だ」と言われた。
その時は、参ってる様子の俺を元気づけようとしてくれたんだな、と普通に嬉しかった。
三日ほどで田舎を後にした。
しかし新幹線乗りながら憂鬱で、また死にたくなった。

379 :本当にあった怖い名無し :2008/03/26(水) 17:28:27 ID:9FYqClABO
憂鬱なまま一応アパートに戻り、
郵便受けを見ると、骨髄バンクから手紙が来ていた。
俺の型が合う患者さんがいて、移植に協力できるか返事をくれという内容だった。
命を捨てようとした俺が、人の命の役に立てる。
住職とばあちゃんの言葉が浮かんだ。
俺は親やばあちゃんや先祖に命を捨てようとしたことを謝った。
涙が止まらなかった。
あの病気平癒祈願は、この患者さんのためだったんじゃないかなあ。
考えすぎかもしれないけど。
以上、体験でした。
改行微妙だったらスマソ


2008.04.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

見える

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

376 :本当にあった怖い名無し :2008/03/26(水) 16:16:51 ID:sBATS9Nc0
昔、5歳になる姪っ子が遊びに来てた時の事。 
一緒に遊んでると、いきなり階段の上の方を見上げて泣き出した。 
「どうしたの?」と聞くと、 
「おじさんの部屋の前で知らないお姉さんが泣きながらうずくまってる!」と言う。 
 
それから俺は家にいるのが怖くなって、就職しますたw 
 
前にも散歩中に電信柱に向かって手を振ってて。 
誰にしてるのか聞いたら、電信柱の上に自分と同じくらいの子供を連れた母親が立ってるって。 
子供って見えるんだーねw


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

そんなコト

ほんのりと怖い話スレ その47
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204542520/l50

366 :本当にあった怖い名無し :2008/03/26(水) 03:14:05 ID:58AwH+Y80
>>88で思い出した

今は取り壊された実家(団地)に住んでいた頃の話で、
7,8年近く昔になっちゃうんだが、
ある夕方、家には俺と母親二人だけで、台所に隣接する部屋で
本を読んでた。俺は建築写真集。母は漫画のブラックジャック。

ゴロゴロくつろいでたら、浴室のほうから
「ドタドタ!」と派手な足音が聞こえてきて、
廊下を抜け、奥の寝室の戸をガラっ!バンっ!と閉じた。
その後、無音。

俺ら二人の位置からは、ちょうど見えなくなる角度だったんだが、
浴室のほうから続く廊下は、台所のすぐ隣で寝室につながる。
だから直線距離では3m程のところから、足音・戸の開閉音が聞こえたわけ。
印象としては、オネーサンが何か憤慨しているのかわざと足音立てながら
早足で部屋に逃げ込んだ、という感じの重量感、雰囲気。
肉感のある足音だったが、物体が通ったような気配は感じられなかった。


ありえない現象と、そのあまりのリアルさに、俺は呆気にとられてしまって、
傍の母を見ると、チラッとそっちのほうを見ただけで
「そんなコトもあるよね。」
と一言つぶやいただけで漫画読み続行。
それを見て俺も、変に騒がないで流そうという心持になった。
母さんテラツヨス


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

遺品

あなたの家の開かずの間 5部屋目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204727172/l50

97-99 :本当にあった怖い名無し :2008/03/27(木) 20:37:16 ID:pWCsIMNtO
そういえば姉妹の友達の家に、大家さんから開けちゃだめって言われてる部屋があって、大変なことになってたな…。
借りた方からしてみれば迷惑な話だよね。

この話は私の家のことじゃない上に、お姉ちゃんの友達の家の話だから、あまり詳しいことは書けません…
しかもスレタイとちょっと違うので簡単に書きますね。

6・7年くらい前の話なんでうろ覚えですが…お姉ちゃんから許可が出たので書きます。

その友達(以下Aさん)の家は普通の一軒家なんですが、引っ越す時に前の住人から開けちゃいけないって言われた部屋があったらしいです。
言われた通り開けずに暮らしていたんだけど、しばらくするとその部屋からラップ音みたいな音が鳴りだしました。
それでもまだその部屋は開けずに暮らしていたんですが、家族がいきなり病気になったり、精神的に止んだり、夫婦間でごたごたしたり、ペットが次々に死んだり…っていうのが、バタバタとおこりだして。

そのころには部屋からの音がノックの音に変わったり、変な声が聞こえたり、明らかに変な現象になってきたので「あの部屋を開けよう」と踏み切ったらしいです。
んで開けてみると位牌とか洋服とかがごちゃごちゃと詰まっていたそうで。
前の住人に問い詰めてみると、その家のおばあちゃんの遺品をその部屋に詰め込んでしまっていたと…。
なんでそこに入れたままだったのかは不明です。

ちなみにその友達一家はその後すぐ引っ越したおかげか、環境がガラッと好転したらしいです。


遅くなった上に下手な長文ですみません。。
ザッと書くとこんな感じです。


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

写真

実話恐怖体験談 拾段目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206556952/l50

157 :1 :2008/03/31(月) 15:51:11 ID:ounkrAEH0
私は30数年幽霊やお化けの類は一切無縁で、そもそも信じてませんでしたし、得に興味もあまり無く過ごしてきました。
ですが、不思議な話が一つだけあります。
これが怖い話でいいのかわかりませんが、ここの掲示板に載せる事によって何かこの体験に詳しい、もしくは同じ体験をされた方もいるかもと思い投稿します。
私は某地方都市に住んでおり、車で2、3時間程度のところに湖(T湖とします)があります。ここはキャンプや釣りなど近郊ではちょっとしたレジャースポットで、よく夏休みなど小さい頃から親とキャンプにきたりしていましたし、結婚してからも度々きてます。
話は四年前のお盆に遡ります。
ちょうどお盆の休暇に実家に帰った私は時間を持て余し,嫁と昔の自分の写真などを懐かしく見てました。

158 :2 :2008/03/31(月) 16:02:04 ID:ounkrAEH0
すると一枚の写真に(小学4年くらいにT湖で母が撮った私のなにげない写真)嫁が小さい頃の私の斜め後ろ(ちょうどフレームから切れるギリギリ)にベンチがあり、そこでタバコを吸いながら座っている人が自分に似ていると言うのです。
ちょうど今の自分の歳くらいの人で、言われて見るとよく似てるなぁ…と、親達に見せ、「世の中に3人は似ている人がいる」って本当だねなんて話題の無い実家でネタにして楽しんでました。でも自分はなぜか違和感が残ってました、理由も解らずに。
それからいつの間にか、その事なんかすっかり忘れて過ごし、今年引越しをした私達は荷物の整理をしていた時アルバムから見つけてしまったのです。
昨年T湖で撮った写真です。
同僚夫婦や友人と7人でバーベキューをしに行き、お腹も膨れた私は少し離れた場所で多分一休みをしていたんでしょうか、一人で座っているところを嫁がこっそり私にわからないように写真に収めていたのです。(その時私がカメラに気付かっただけかも)
私はその写真を見て、生まれて初めて背筋が凍りつくほどゾッとしました…
私の斜め後ろに幼い自分によく似た少年がはしゃいでいる(ような変なポーズ)ように写っていた。

159 :3 :2008/03/31(月) 16:02:34 ID:ounkrAEH0
同時に四年前の違和感がハッキリとしました。服装や髪型がその時代にはおかしいのです。幼い自分の写真に写る自分に似た人は現代風の服装、去年の写真には今時いないような古めかしい服装で坊主頭の少年。
そして、両方の写真の奇妙な一致。
ベンチに座りタバコを吸って同じ色の服装、似た髪型をしている去年の私の写真の私と昔の写真の私に似た人。
古めかしい格好(昔はたくさんいた、今時いない様なタンパンTシャツ)坊主頭で昔と今の写真に写る私と似た少年。
写した角度は違うが同じ場所。両方の似た人はお互いの写真では遠くハッキリと顔は確認はできないが、(似ている程度)服装(得に色や形)などの共通点を上げるには充分すぎるほど。

160 :4 :2008/03/31(月) 16:03:56 ID:ounkrAEH0
すぐに実家に帰りその時の写真と見比べた…まさに時代がどちらかにタイムスリップして同時に撮ったかのような写真。(風景は特徴的な建物など写りこんでないので同じ季節だと同じく見える)私はタイムスリップを感じたが、親はそうではなかった。
とくに母は両方の写真をみるなり顔は引きつっていた。言葉が出ないほど恐怖だったらしい。
その後、心霊写真のような扱いでお寺に相談に行き、嫁はドッペルなんとか(?)で早死にするとか言い出す始末、親父はただ忘れろと。
私はその写真によって健康面での影響などないし、心霊的な物でも無いと考えてる。
ただ、偶然と言うにはあまりにおかしいあの写真は、時間の概念が無いSFの世界や何か人の知らない世界が存在するのかも知れないと思わされでしまう不思議な体験でした。

私の体験は以上です。長文失礼しました。

写真の構図や上からの私やカメラ位置を画像で載せたいのですがやり方がわかりません、どなたか教えて下さい。
不慣れなもので投稿するカテゴリーが違いましたら、すいません。


2008.04.01 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

火車

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

929 :本当にあった怖い名無し :2008/04/01(火) 18:12:11 ID:MHNyJmx4O
彼氏から聞いた話。
彼が小学生の時、ふと目が覚めると真夜中なのに窓の外が妙に明るい。
起きてカーテンを開けると遠くからなにかがすごいスピードで走ってくるのが見える(田舎の小高い丘に住んでいたので遠くまで見えるのだ)。
それは近づいてくるにつれ、それは炎に包まれた大きな車輪みたいなもんだった。平安時代とかの牛車についてるアレ。
その火車は彼の家の前を通り過ぎ、道路に沿って転がり去っていったそうだ。
なんかカッコイー。


2008.04.01 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

川の神様

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

912 :本当にあった怖い名無し :2008/03/30(日) 13:30:36 ID:TdiPtp/a0
9歳くらいの夏休み、お盆頃に田舎にある祖母の家に帰ってた時、親戚やいとこたちと近所の川に泳ぎに行った。
川の深い所を一人で潜ってたら、突然目の前に大きな生き物が現れた。
半透明の体に真ん丸の大きな目が一つだけあって、長い触手みたいなのが沢山生えてて、イカかタコのような感じだった。
目がじっと俺を見つめてる気がして、潜ったままその生き物の横を並んで追いかけてたら、いつのまにか意識を無くして溺れていた。
気付いた親戚が助けてくれて、大事には至らなかったらしいが、その生き物のことを話しても、誰も見ていないと言う。
その後も何回か同じ場所で遊んだけど、そいつはいなかった。
当時は川の神様かなんかだと思ってた。


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ヌー

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

904 :本当にあった怖い名無し :2008/03/30(日) 01:09:37 ID:FGkUOx2c0
3歳くらいの時のことだけど、おもちゃを家の壁に貫通させることができていたという記憶がある。
壁に向かっておもちゃを押し当てると、く「ヌーっ」と入っていった・・・・・。

何回かそうやって遊んでたのだけど、ある時「なんで壁固いのに入るんだろ?」と、
疑問を感じてから、出来なくなってしまった。


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

翡翠

【夢】子供の頃の不思議体験【現実】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189488788/l50

898 :本当にあった怖い名無し :2008/03/27(木) 22:08:25 ID:7osKhUnkO
携帯から失礼。
わが家には、大切にしている翡翠の御守りがあるんだが…
不意に、姿を見せなくする事がたまにある。
それだけなら、別に気にはならないのだけど…問題は、見かける度に色が違うって事なんだよ。
小さい時に、見た記憶だと緑色だったのが、中学生の頃は水色…最近はまた、緑っぽくなったり。
家族の運と連動する様に、色も変わってくんだよね。
なんなんだろう?
けど、一番のオカルトは、それが当たり前と、思ってる母なんだけどな。


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

マネキン

自分自身が実際に体験した恐怖体験
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186824003/l50

413 :本当にあった怖い名無し :2008/04/01(火) 22:06:23 ID:vDwKxjgfO
元カノとの話
遠距離でなかなか会えず毎日メールや電話をしていた
ある日俺が「メッセージ入れてムービー送って」と言った
しばらくして彼女からムービーが来た
けどムービー見て驚いた
彼女がメッセージを言う横にあからさまにマネキンらしき女が居た
部屋を見た事あるがマネキンなんか勿論ない
慌てて電話して確認する。
マネキンなんかないよと言うがムービーにははっきり写って居た
あれは怖かったぜ
ムービーは彼女に言われてすぐ消したが


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

アザ

自分自身が実際に体験した恐怖体験
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186824003/l50

409 :本当にあった怖い名無し :2008/04/01(火) 21:20:04 ID:BQThGSqBO
数年前の話し。

いつもの様にベッドで寝てたの。そしたら目覚ましが鳴った。

もうそんな時間かぁと思ったのだけど、良く考えたら日曜だったのを思い出す。
んで、寝ながら頭の上の方の棚に置いてある目覚ましを探してたら握手された。無論ベッドの頭側は壁にピッタリ付いてるのに。

あまりの衝撃にすぐ手を引こうとしたのだけど、強く握られてて振りほどけないの。パニクってたら向こうの手がゆっくりと力強く手首の方に進んでくる。

肘ぐらいまできた時には、もう恐すぎて無我夢中でおもっきり引っ張ったら引けた。

恐くて布団の中で震えてたら、部屋のドアが開いたので家族がお起こしに来てくれたと思って布団をガバっと退けたら、壁側から俺の顔とは反対方向を向いた赤黒い顔した女がでっかい目で覗きこんでた。

あまりの恐さに気絶しちゃった。         
夢だったらいいのになぁー手首のアザが今でも薄く残ってるよ♪


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

自分自身が実際に体験した恐怖体験
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186824003/l50

387 :本当にあった怖い名無し :2008/03/28(金) 22:26:19 ID:bXgHc8Ut0
ガキの頃に、近所にあった神社の軒下でデカい壷を見つけたことがある。
大きさ的には農家で梅干とか漬けてる壷くらい。
ずっしりと重かった。
何が入っているのか興味津々で蓋を取ると、
なかにはミッチリと太ったムカデが入ってた。

壷の半分くらいまで詰め込まれたムカデが、
ゴソゴソと蠢く光景は今でも忘れられない。
あれは一体なんだったんだろうな。


2008.04.01 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■民話・伝承

霊感

自分自身が実際に体験した恐怖体験
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186824003/l50

386 :本当にあった怖い名無し :2008/03/27(木) 23:04:31 ID:jKdgJiUKO
むかーし水商売してたときの話
客で霊感強いっていう兄ちゃんがいて半信半疑で話し聞いていたら
右半身ふるえてきておどろき、いま何が起こったかきいたが兄ちゃんは話したがらない。
問いつめたら
「グロいからいいたくないけど事故かなんかで右半身無い男がついてきてるよ…」
あせってなんとかお払いしてもらって事なきを得た
自分の遠い親戚に戦時中空襲で半身きれいに吹き飛んだ男がいたことを思い出した
飲み屋や繁華街は多いらしい


2008.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。