FC2ブログ

歩きたかった

実話恐怖体験談 拾壱段目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217141461/l50

768 :本当にあった怖い名無し:2008/12/31(水) 15:17:11 ID:Zurq2DIL0
うちの祖母は、1ヶ月少々入院してから他界した。
その間一度も退院していないのだが、亡くなる1週間ほど前、 近所の人が、祖母が歩いているのに遭遇したらしい。
挨拶もしたから間違いないと言われた。
歩きたかったんかねえ。


2009.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ストラップ

一人暮らしの怖い話… part17
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1228819993/l50

288 :本当にあった怖い名無し :2009/01/09(金) 05:22:09 ID:5puH2J0aO
真面目な話、それと同じような事よくある
テーブルにあるはずの灰皿とかライターがいっくら探してもないの
んで諦めて一回トイレとか行って帰ってくると
さっきまで探しまくってたテーブルの上に普通にポツンとおいてある
この現象を神隠しって呼んだりしてもう慣れっこなんだけど
改めて考えると不思議
ちなみにオカルト好きだけど、心霊現象とかはあまり信じていない


296 :本当にあった怖い名無し:2009/01/10(土) 06:39:33 ID:rnVp2YwxO
>>288
私の体験談も一つ

名古屋に旅行に行った際、空港でお土産にストラップ買ったんだ。
その時、「飛行機の待ち時間に」とアイスも一緒に買って同じビニール袋に入れてたの。
そんでロビーでアイス食べたんだけど、そのゴミビニール袋に入れてそのまま捨てちゃったんだ
もちビニール袋の中にはお土産が…
気付いた時には飛行機の中。
ストラップは諦めて、そんな事は忘れて何ヶ月か過ごしてた。
そしたらある日、仕事から帰宅したら…テーブルの上に名古屋で捨てたはずのストラップが。
何もないテーブルの真ん中にちょこんと置いてある。
めちゃくちゃ気味悪くなって勿論捨てた。


2009.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

武者のお礼

一人暮らしの怖い話… part17
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1228819993/l50
19 :本当にあった怖い名無し:2008/12/10(水) 18:59:57 ID:+0DZXxuJ0
社会人になりこのワンルームマンションで一人暮らしを始めましたころの話です。

そのマンションは作りもリッチもよく、そして家賃がかなーりお安くと、何より大卒リーマンにとってはすべてが好条件でした。

初日は引越しの疲れもあってすぐに熟睡。が、朝はなんか寝たり無い気分でした。
就職準備やら家具の買い物やらで次の日も熟睡できるかなと、ところがその日も朝は気分がさめませんでした。そんなこんなで、いよいよ明日が初出勤という夜、緊張のせいかなかなか寝付けず、さらになんだかのども渇き、ビールを開けて一気に飲み干して、また布団に入りました。しばらくしてうとうと仕掛けたころ、部屋の片隅で気になった。
目を開けてぼやけていたが何やらそこに立っている、だんだん焦点が合ってくると、それは鎧武者でした。
手には弓矢を持ち、そして「はなてーーー!」見たいな口の動き(実際には声は聞こえなかった)
その矢は私の方に飛んできた、そして私は気を失った。翌朝は目覚ましの音で起きた。部屋の中はいつもと変わらないし、私にももちろん傷も無かった。
その日初出社ということで緊張感でなんとか乗り切った。家につくと寝不足も重なり疲れがどっと出てきてその日は夕食を取るとすぐに寝た。
しかし夜中、ふと目が覚めるとまたあの鎧武者が出てそして矢を放った、そして気を失う。
こんなことが毎日続き寝不足で仕事も集中しきれず、毎日起こられる日々。
とうとう私も我慢しきれなくなった。


20 :本当にあった怖い名無し:2008/12/10(水) 19:01:09 ID:+0DZXxuJ0
その日は金曜日、次の日は休み。今日はあの武者と戦う、決戦!決戦は金曜日!!
戦うといっても相手は幽霊。言葉でこちらは応戦しよう。まずコンビニでお酒、するめなどのつまみを買い夜に備えた。部屋を暗くして、ふとんの中でじっと待つ。2時過ぎかいつもの気配、今日は気絶しないようにとお酒を一口一気に飲み気合を入れて布団からがばっと出てみた。
武者はいつものように「はなてーーーー」の口の動きと共に矢を放つ。
その瞬間私は「おいちょっと待て!」
「毎晩毎晩矢を放っても俺には通用しない。」
止まる武者。
「まあ話を聞け、もうこの時代はおまえさんの生きた時代じゃないんだ。それを今は理解できないかもしれないが。」
「とにかくお前さんがここにいることはいっこうに構わない、ただ毎晩矢を放つのはやめて欲しい」
「それとこれはお酒だ、つまみも置いておく、好きにやってくれ」と私は日本酒をコップに注ぎ、するめを皿に置いて、そのまま就寝した。
すると翌晩からは鎧武者は現れなくなった。私は話が通じてくれたのだと思い、毎日酒とつまみをテーブルの上に置いてから就寝した。たまに、ビールやワインなどもおき「おい、これは現代の酒だ、試してみな」と独り言のようにしゃべっては寝た。それからは寝不足もなくなり仕事も順調にすすんでいった。


21 :本当にあった怖い名無し:2008/12/10(水) 19:03:47 ID:+0DZXxuJ0
たまに仕事が遅くなったり飲み会で遅く帰ってきたときも寝る前に新しいお酒とつまみ、つまみもポテチやスーパーの惣菜などさまざま(自分も食べてたしな)準備して寝た。
仕事が終わらなく深夜までパソコンを使いながらの日はふと、「あんたも夜中まで仕事することとかあったのかい?」なんて聞いたり、パソコン使いながら「なあ俺のいない時間にこの箱使ってみなよ、こうやって検索したらいろいろ調べられるぜ」などと、話かけたりもした。
そうこうしているうちに転勤で引っ越すことが決まり引越し準備やらなにやらでお酒を忘れて何日か寝てしまったある晩、夜中に目を覚ますと彼はただじっとそこに立っていた。前のように弓矢は手に持っていなく。
「ああ、そうかすっかり忘れていたよ。ごめんな。」と俺は酒をテーブルに置きまた寝た。
明日引っ越すという晩、私は「俺は明日でここからいなくなってしまう、あんたもそろそろどこかへ入ったらどうだ、まあ今日はとことん飲もう」とコップ二つ出して飲んだ。
「そういや今日宝くじ買ったんだ、これなんだかわかるか?この数字があたると大金当たるんだよ。」
そんなこといいながら飲みそして寝た。次の日は引越しでばたばたしたが出る前に床に日本酒を紙コップに入れてそのマンションを後にした。

新居についてそこは何事も起きなく。しばらくしてふと忘れていた宝くじを見つけた。10万当たっていた。もしやあの武者のお礼だったのかも・・・・

乱筆乱文すみません。


2009.01.12 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

隣人

一人暮らしの怖い話… part17
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1228819993/l50

15 :本当にあった怖い名無し :2008/12/10(水) 18:15:48 ID:5VNaY6pL0
ドヤ街の隣人が妙です
いま都内某所のドヤ街にいます。
一か月4万円台でトイレが男性専用2つ、女性専用が二つと共同が三階に一つ。
いつもかなり清潔な状態に保たれていて不快さは感じません。
シャワーは男女別々に二つずつ24時間使用可能です。
この安さでこのクオリティーの宿は滅多にありません。
ただ一つ欠けているとすれば炊事場のようなものが無いので
唯一一階に設置されているポッドのお湯だけで調理できるようなものしか料理は作れない事。
でもこの安さで清潔な個室を提供しているのを考えたらガス調理場だけは仕方がないのも知れません。
住み始めて一週間経ちましたが
最近気になっているのが
隣人の騒音です。
最初は電話で誰かと口喧嘩しているのかな?とか、何かヤクザみたいな怖い人?とも思ったんですが
隣から響いてくる声をよくよく聞いてみたら
まるで支離滅裂な事を言ってるのが分かりました。例えば
・人間は神が造った。人間は神のそばにいる。だからちゃんとしろ。ちゃんと守れ。
・子供たちを火の中に入れたり水の中にいれたり強姦したり残酷なことばかりしとる。ちゃんとしろ。
・なにやっとったんや 強姦されとったぞ
・やめろ 変な映像見せるな。映像やめろ 映像やめろ
・人体実験が・・・云々 水子が・・・云々

あと突然大声で笑い出したり泣き出したりします。


これはなんなんでしょう。


2009.01.12 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■サイコ

水色の人

一人暮らしの怖い話… part17
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1228819993/l50

11 :本当にあった怖い名無し :2008/12/10(水) 00:09:59 ID:+vhPZz9m0
引越しした最初の夜、寒かったのでハロゲンヒーターつけたまま寝た。
次の日の日中ひとりで部屋にいたら、
すりガラス窓の外から家の様子を伺う人影・・・(部屋は一階)
すげーびびってたらドアノックされたんであけたら消防署の人。
「このアパートの裏の家の人から通報がありましたので様子を見に・・・もしかしてハロゲンヒーター使ってますか?」
ハァ?それが何か?
そこで裏の家のババア登場。
「あなたね、一晩中部屋の中が真っ赤だから、うちのお父さんが火事じゃないかってね、不安で眠れないのよ!!それでね、消防署の人に来てもらって・・・・延々」
一発でちとおかしい人だとわかった。
ババアを相手にせず、消防署の人に「ハロゲン使ったらいけないんでしょうか?」と聞いたら「いやいや、そんなことはないですよ、使っても大丈夫です」
ババア「部屋にエアコンとか暖房器具ついてるんでしょ?そもそも何でエアコン使わないのよ!?」
私、ブチッ(血管切れる)
あわてた消防署の人、フォローに入る。
「いや、あなたね、そんなこと言うもんじゃないよ、それは自由なんだから・・」

次の日洗濯を干そうと窓開けたら、裏の家の窓に・・・
アレなんだろう。
いまだにわからん。
宗教のシールか?
水色の人の顔のステッカー。
いっぱい貼ってあるんよ・・・・ガクブル

その家、最近取り壊された。
取り壊されるまで書き込みしたら何か起こるんじゃなかろうかと思って
今まで誰にも言えなかった。


2009.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■サイコ

満月

子供の頃の不思議体験 3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1218714338/l50

998 :本当にあった怖い名無し :2009/01/10(土) 12:23:28 ID:2/ft6UmD0
中秋の名月の日。
母に今日は満月よと言われて窓から外を見たら、
真ん丸い月が右から左へすーっと動いて隣の家の屋根の影に消えた。
高校生の頃まで「満月はすごい速さで動く」と思い込んでた。



2009.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

カンの強い子

子供の頃の不思議体験 3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1218714338/l50

969 :本当にあった怖い名無し :2009/01/06(火) 10:55:44 ID:t1OTYsJc0
小さい頃カンの強い子だった
幼稚園あがる前が一番酷くて小学校に入った頃から少しずつ抜けてった

一番苦労したのは、夜寝る時にまぶたが痛いぐらいに目をつぶっても周囲の風景が見えまくった事
目を閉じたまま視線を動かしてもちゃんと見えるし手をかざせばちゃんと見える
んで、蛍光灯つけるとおさまるのよ

その他にもくっきり怖い人とか見えてた

その当時は「おばけ・幽霊」がわからなかったから怖いより不思議・謎の方が強かった
今怖い話が好きなのはその頃の影響だと思う


2009.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

おともだち

ほんのりと怖い話スレ その53
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1226929215/l50

765 :1/3:2009/01/11(日) 05:26:16 ID:tRs3mbQG0
ほんのり話を聞いたので投下します。
こんな長文を書くのはひさしぶりなので・・読みにくいですごめんなさい。
今度結婚式をあげることになったため、実家に戻ってメモリアルビデオ用の写真を見つくろっていた時、母が幼稚園の頃の私の写真を見ながら、ぽつりぽつりと話してくれました。

幼少期の私は本当に手がかからない子で、というのも病的なまでによく眠る子で両親の経営する店の二階でずーっと一人で眠らせていたそうです。
起きている時は大体独り遊びしていたのですが、たまに行方不明になることがありました。
歩けるとはいってもそんな遠くまで行けるはずがなく、もしや誘拐かと心配しているといつの間にか元の場所で眠っていた・・・というお騒がせ娘でした。

そんな私も成長し、店からすぐ近くの保育園に通うことになった初日のことです。
初日なのでお昼には家に帰ることになり、私は一人で両親の待つ家に向かいました。
保育園から店へは子供の足でも3分とかからないはずなのですが、いつまでたっても帰ってこない。
心配した母が保育園まで行ったのですが、どこにも私はいませんでした。
そこからが大変で、家族・保育園の先生が総出で近所中探したのですが私の姿を見た人すらおらず、親戚や近所の方にも協力してもらって大捜索が始まりました。
が、それでも見つからないまま時間が過ぎ、そろそろ暗くなるから警察に行こうかと相談していた矢先に、のんきに眠る私をつれた祖母が帰宅しました。
川辺を一人歩いていたらしいのですが、その川は保育園から車でも30分かかる距離。
母が私を問いただすと、「おともだちの家に行っていた」と言うのです。
しかし保育園にはそんな遠くに住む子がいるはずもなく、しかも私は車になんか乗せられていないと言い張る。
結局私がどうやってそこまで行ったのかはわかりませんでした。


766 :2/3:2009/01/11(日) 05:26:54 ID:tRs3mbQG0
その後保育園は必ず誰かが送り迎えすることになり、私が行方不明になることもなくなったのですが、二回目の事件は私が小学校入学直後に起こりました。
さすがに小学校まで毎日送り迎えする訳にもいかず、集団下校もあるから大丈夫だと思っていたのですが、その日は好きなアニメが始まる時間まで私が帰って来なかったのです。
クラスメイト全員の家に電話しても見つからなかったので再び大騒ぎになり、親戚中が車を出して探し回ることに。
そして前回と同じ川辺で、今度は泣きじゃくっている私を見つけました。
「ひいじーちゃんに怒られた」と泣いていたそうです。

以下、泣きまくる私をなだめながら聞き出した話。

「おともだち」と出会って、彼(彼女?)の家に遊びに行ったけれど
家が閉まっていて入れなかった。(歩いて行ったらしい)
「おともだち」が無理やりドアを開けようとすると、中から大きな声が。
「○○(私)、何しよんぞ!!!!」
「なんでここにおる!!はよ帰れ!!!」
それは間違いなく曾祖父の声。
普段穏やかな曾祖父が怒った時の恐ろしさを知っていた私は怖くなり、帰ろうとしたけれど「おともだち」が手を離してくれず、笑いながらまだ家に引き込もうとする。
結局その手を振り払い、曾祖父の声が聞こえなくなるまで逃げてきた。
けれど逃げた先が全く見覚えのない場所で、途方にくれて泣いていた。


767 :3/3:2009/01/11(日) 05:27:24 ID:tRs3mbQG0
と、ここまで読んでくださった方はおそらく見当がついているかとは思いますが、曾祖父は私が小学校入学の直前に亡くなっていたのです。
(私自身はまだ幼く、ちゃんと理解できていなかった模様)
さすがに母も「おともだち」がこの世のものではないとわかって怖くなり、もう二度と「おともだち」とは遊ばないでくれと私に言い含め、曾祖父の仏壇に念入りにお礼を言いに行ったそうです。

その事件以降、私の行方不明癖はぴったりと止みました。
ひいじいちゃんが守ってくれたのだと思います。
というかオカルトとはまったく縁がなかった人生なので、そんな話を聞いてかなりびっくりしましたw
私の見つかった川は水難事故が多く、現在では立ち入りできないようになっているので 「おともだち」はやっぱりたちの悪い何かだったんでしょうね。
あの時曾祖父が止めてくれなかったら・・・とちょっと怖くなりました。
式の後にはゆっくり曾祖父の墓参りに行きたいと思います。

長文失礼いたしました。


2009.01.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。