スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

変わった石

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

318 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2011/03/29(火) 19:32:55.46 ID:ZHWs4vNd0
知り合いの話。

彼の地元の寺社跡に、変わった石があるのだという。
子供ほどの大きさがあるそれに抱き付いていると、病が治るのだと。

言い伝えによれば、昔その山には鬼がいて、人を獲っては喰らっていたと言われる。
何故かこの鬼が襲うのは病人ばかりで、特にその患部を好んで食していたらしい。
やがて鬼は死んだ。
徳の高い御坊さんに折伏されたとも、只の自然死だったともされ、詳細ははっきりしない。
鬼の骸は石へと転じ、その山にある寺に置かれた。
これがその石の由来で、御抱え石などと呼ばれている。

「鬼の奴、石になってもまだ喰い足りないのかな。いや俺は抱き付いたことはないよ。健康な者が抱き付いたら、どこ喰われるかわかったモンじゃないだろ」

酒を飲みながら、彼はそんな話を聞かせてくれた。

スポンサーサイト

2011.03.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■民話・伝承

ミズチ

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

317 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2011/03/29(火) 19:31:04.42 ID:ZHWs4vNd0
同級生の話。

山奥でキャンプしていたある朝、外に出ようと山靴を手にして驚いた。
内部がグッショリと濡れていたのだ。
雨も降っていないし、近くに水が湧いている様子もない。

取りあえず、出来るだけ水を拭き取ってから、そこを発つことにする。
しかしそれから山を下りるまでの間、靴は水を噴いているかのように濡れ続けた。

「ミズチに魅入られたな。この奥の沢に棲んでいるらしいから。あれに憑かれている間は身に付けている物が何か一つ、必ず水浸しになるんだ。こっから下りてもしばらくは泳いだりしなさんなよ。まず溺れてしまうぞ」

麓の無人駅で出会った地の人が、そう忠告してくれたそうだ。

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

紫色の口

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

316 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2011/03/29(火) 19:28:58.95 ID:ZHWs4vNd0
登山仲間の話。

高校生の時分、部活で山寺に合宿した。
その日は彼女の班が夕食当番で、同級生三人が並んで食器や鍋を洗っていた。
いきなり、一番右端の者が「うひゃっ」と奇声を上げる。
続いて真中の娘も「ひっ」と首を竦めて皿を落とす。
どうしたの、と尋ねようとした途端。

ペタリと、生暖かい濡れた物が首筋に貼り付いた。

似たような悲鳴を上げて背後を振り向くと、そこに紫色の口があった。
何もない空間に、だらしなく半開きの口だけが浮いていたのだ。
唇を割って、青黒い舌が揺れながら垂れている。

三人揃って、皆の元へ逃げ戻ったという。
居合わせた者を引き連れて洗い場へ返したが、既にそこには何も見えなかった。

顧問の先生が言うには、この山には昔から青舌と呼ばれる何かがいるのだと。
「以前にも先輩や卒業生が、何人か出会っているよ。ベロリと舐めるだけで他に害はないみたいだから、心配するな」

「舐められるってこと自体が、もう堪らなく嫌なんじゃないの。先生その辺わかってないよねぇ」
そう彼女たちは愚痴をこぼしていた。

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

父子連れ

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

299 :本当にあった怖い名無し :2011/03/29(火) 11:29:25.10 ID:IP8Cxvdu0
あれは自分がまだ独身の頃のことだった話。
樹林帯の山道を単独で歩いてた時、前方先に父子連れが見えた。
その父子は自分の50mくらい先を先行してたが、木々の合間に姿が見え隠れ。
その内に山道の曲がりで姿が視界から消えた。

暫くして自分が父子連れを最後に見た場所に来てみると、そこから先はガレ場だった。
桟道の先を見てもさっきの父子連れの姿が見えない。
そこから先に樹林帯はなくて見通しの良い道が続いてるだけ。
姿を隠すことが出来ない場所なのに、父子はどこに消えたのか分からない。
明らかにそこに現存した人に間違いなかった筈なのに。

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

ガサガサ

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

291 :本当にあった怖い名無し :2011/03/29(火) 10:05:41.35 ID:k8wNKMDH0
15年ほど前に私が体験した話。

その頃は毎年、初日の出を拝むために地元の仲間と山に登っていた。
中腹にある駐車場までは車道があり、そこからは整備された歩道が頂上まで続いてる山なんだが、その駐車場と山頂を結ぶ歩道の脇には、笹と木が茂っていて見通しは悪い。

いつも大晦日の夕方前くらいから登って、テントを張って酒盛りするのが恒例だったんだが
仲間のひとりが「深夜にならないと行けない」とのことなので
酒を飲まない私が、中腹の駐車場に停めてある車で下の町まで迎えに行くことに。

じゃ迎えに行ってくるわ、とランプ片手に下山しはじめたんだが、頂上から少しほど下ったところで妙なことに気づいた。
自分の歩く3mほど後ろくらいを笹薮を、ガサガサと何かが着いてくる。
風で笹が揺れてるのかともかと思ったが、こちらが止まるとガサガサいう音もピタリと止まる。
仲間の誰かのイタズラかと思い、少し傾斜がゆるくなった所で小走りで下ってみるが同じスピードで着いてくる。

さすがに少し気持ち悪くなってきて、これは人間じゃないし動物でもないなと感じてきた。
立ち止まって音が止まったあたりに、遊歩道の砂利を広範囲に投げつけても逃げる気配もない。
人間ならば笹薮を歩道と同じペースで走って下るのは無理だろう。

ここからは怖くなったので中腹の駐車場まで全速力で下山。
それでもガサガサガサガサと一定の間隔を保ってとずっとついてくる。

駐車場に着いたら大急ぎで車に乗り込んで下山して、仲間と合流し再び登山道へ。
またガサガサが現れるかと思ったが登りでは一切なにもなかった。
この出来事以来、山にはなにかいると実感するようになりました。

たいして怖い話でもなく読みづらい文で申し訳ない。


2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

全裸の男

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

251 :本当にあった怖い名無し :2011/03/28(月) 12:59:05.49 ID:G4F0LB+z0
小学生のころ、友人が悪ガキ仲間と連れ添って、山にエロ本を探しにいったらしい。
手分けして探していると、仲間の一人が笑いを堪えきれない様子で、友人を呼びに来た。

何でも、全裸で野糞しているおっさんがいるらしい。
これは行くしかあるめぇと全員で見に行ったところ、たしかにいた。
和式便所で用を足すように、膝を抱えて俯いて野糞をする全裸の男。
身体は痩せていて体毛は濃く、背中に毛が生えていて髪はちょびちょびと
しか生えていなかった。

背後から近づき木の陰に隠れて様子を窺うも、捻り出すばかりで変化がない。
痺れを切らした仲間の一人が「よお!」と声を掛けた。

動物のような俊敏さでこちらを振り向いた男の顔には目が一つしかなかった。
泣き叫びながら山を降りたが、男は追ってこなかったという。


2011.03.30 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

ブレてるだけ

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?259
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1301224386/l50

97 :本当にあった怖い名無し :2011/03/28(月) 07:02:21.23 ID:ciNmjltr0
我が家にあった1枚の古い白黒写真。
昔の我が家の庭を背景に3人の人物が映っている写真で、
当時九十路をむかえた私の曽祖母が真ん中に、その両脇に私の祖母、祖父が立っている。
その真ん中の曽祖母の首から上がボヤけていて無い。
両脇の祖父、祖母はちゃんと首から上があってニッコリしてる。
…という不気味な写真。
お寺に持ってくべきではとの話にもなったらしいけど、
こんな写真を寺に持っていったら悪いうわさが近所に広まるとかで、
そのまま特に誰に見せるともなしに、曽祖母と祖父が亡くなった後、祖母が保管してた。
何重にも封がしてあるあたり、祖母にとって相当不気味なものだったんだろう。

その祖母が亡くなったをきっかけに、
写真を、写真屋さんに見て貰う事にした。
写真屋の御主人は、あーこれ全然怖がる必要ないですよーってニコニコ説明してくれた。
「よーくよく見ると、この頭が消えてる部分のボヤケは横に伸びてるでしょ。」
「ちょうど眼の高さのところ、うっすらと黒い筋が左右に筋伸びてるでしょ。」
「これ写真撮る時、真ん中の人が思いっきり頭を高速で横に振ってて、それでブレてるだけですね」
「比較的ブレに強くなった頃の白黒みたいですけどねー」
「やっぱ速いものだとブレるんですよ、大体これくらい」
って写真屋さんは思いっきり首を横に振った。
確かに目を凝らしてよーくよーく見るとうっすらと左右に伸びた曽祖母の眼が確認できる。

いやいやいや、当時90歳の曽祖母が高速で頭を横に振ってたなんて…。
つか撮影した時、撮影者、両脇の祖父祖母、誰も気にならなかったのか?どういう状況で撮ったんだよ…;

という訳でその写真は即お寺に引き取って貰った。
もしかして曽祖母は何かを必死に嫌がってたのかな、とも最近思う


2011.03.30 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

無理なもの

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

919 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 11:45:24.55 ID:uAIrnDXt0
ヘビがだめーのCMの歌の書込みがあったので小噺を。

姉がインテルのCMの娘並みに自由な人なんです。
当然不思議な友人も多いので、心霊体験とかあるって聞いてみたことがあります。

姉の友人の一人にこれまた自由な人♂がいて(自由な姉から見ても自由な人らしいです)あるときふと思い立って引越ししたらしいです。

当然安いトコ優先って感じで部屋を選んでしまったので、陰気な感じの部屋を紹介されたのですが、まあいっか~って感じで引越ししたらしいです。

姉も引越しを手伝ったので、最初に何もない部屋にいったら、「絶 対 いわくつき。」ってくらい重苦しい空気だったらしいです。
引越しが終わって1週間位して、またその部屋に姉は友達たちと行ったそうですが、部屋の空気がぜんぜん違っているらしいです。
もう普通の部屋の空気、自分の家と同じだよ。と感じたそうです。

部屋主の友人に「なんか空気変わったね。どうしたの?」と聞いたら。
ちょっと変なことがあったよ~と


920 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 11:47:17.51 ID:uAIrnDXt0
引っ越して次の日くらいに荷物をあけて、自分が落ち着くようにレイアウトを始めたそうです。
好みの部屋~ってことで、壁にはアニメ、ちょっと前のアイドルのポスター、床は市松模様のラグとかもう乙女趣味&アイドル趣味&オタク趣味前回のある意味趣味の悪いレイアウト。
本人は大満足で、かわいい部屋になった~とか喜んでいたそうです。
で、かわいい服にでも着替えるか~とかいって作業用から普段友人に会うときとかに着るゴスロリ・ゴスパンク調のお洋服に着替えたらしいです。(女装ですね)

その時に、彼しかいない部屋なのに
「無理。耐えられない。」と部屋に置いたかわいいスピーカーから聞こえたそうです。

その後部屋の空気ががらっと変わったんだよ~とあっけらかんと語っていたらしいです。

姉は「幽霊にしろ亡霊にしろ何にしろ、人の趣味に文句言うのは良くないよね」といっていました。
その女装どうなの?と聞いたら、
「私は可愛いと思うけど?中途半端ではないしこだわりがあるからいいとおもう」だそうです。

ちなみにその1ヵ月後、隣の部屋の人が死んだ状態で発見されるとか
上の階の人が入居後1週間くらいで退去するとか色々あったらしいです。

幽霊に無理なものはあるようです。


2011.03.30 | | Comments(10) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

幻聴

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

828 :本当にあった怖い名無し :2011/03/26(土) 14:11:51.52 ID:oD+HY0Pq0
事故物件っていうのか、友人の親が不動産屋やってたんだが、過去自殺や不審死数件あって「出る」って話の部屋借りてみた
家賃が格安っていうか、ほぼ無料(共益費と水道代のみ)
最初は友人が住んでたんだがやっぱり出るといい、俺が引き継いだ
しばらく住んでpgrしようと思った
住んだ初日から頭痛、吐気、悪寒でそれが良くなった頃は鬱なってた
部屋にいると前の住人らしき男が生活しているのを感じた
自分の部屋なんだが、そこに前の生活が重なってるみたいに見えた
ベッドに寝ながらその男の生活を眺めていたりした、完全に狂ってた
リビングには10センチくらいしか空かない回転式の窓があった、なぜかそのストッパーを工具で外して全開にしてみたりしてた
そのころは幻聴もひどかった 主に生活音の幻聴 部屋にラジオないのにずっとラジオの音とか
ある日、部屋は【9階】なんだがその窓から身を乗り出してた
腰のところからぐっと乗り出して外を見下ろしたら下に人間がいた
(いまここから落ちたら確実にあの人とぶつかるな)
そんなこと考えてたらいつの間にか自分は窓から飛び降りていた
下の男が顔を上げて俺たちは眼が合ったと思った あの顔は忘れられない


829 :本当にあった怖い名無し :2011/03/26(土) 14:12:18.70 ID:oD+HY0Pq0
気がついたら病院だった
俺は【5階】の自分の部屋から落ちて(本来開かない窓を金具外してたので、事故というより自殺と思われている)
下に止めてあった軽自動車に落下、
(下見たときには軽なんか無かったと思う)
骨盤と足首、肘を骨折、人にぶつかったと訴えたが、俺が目が合ったと思った下にいた男は存在しなかった

前の住人だった友人も駆けつけてくれた
日に日におかしくなっていくので心配してたといった、精神的に逝ってた俺は9階に住んでいると思い込んでいた
実際は5階だった
5階の部屋で不審死自殺は一件もない。
垂直上の9階の部屋の話は本当。ただもうずっと空き室
只同然で部屋を貸してくれたのは・・・その部屋が友人の持ち物(分譲リース)で、その友人(男)は俺に下心(つまりアッーーー)もっていたからだと
「霊が出る」と嘘ついたのは怖がらせて泊まりに行く口実狙いだった、あと悪ノリだったと

部屋を出た理由は単純に、恋人と暮らすからだった
それで一番寒気がしたことは、俺と友人の前、5階の俺の部屋に住んでた男は、マンションの下にいて、9階から飛び降りた奴の巻き添えで大怪我をしたこと。
本当に怪我で済んだのか、実はあの時死んでいたのではないか
聞いても真実は答えてはくれないだろうし
それから友人とも疎遠になった
俺が狂ったのか、あそこに何かあったのかわからない
今は、幻聴とか全くない 元気にしている

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■サイコ

車の上

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50


606 :本当にあった怖い名無し :2011/03/23(水) 18:10:53.29 ID:UTVjRQUl0
知人の話ですが


友人たちとスキーに行くことになった。
人数が多いので車2台で行ったが一人が寝坊したため遅れて出発となり、渋滞に巻き込まれた。

何時間か経ってスキー場に近づくにつれ道路も空いてきた。
その日は雪が降っていて、窓からは景色なんて全くみえなかった。

おれたちの乗る車は前を走っていたのだが、後ろの車に乗ってるやつから電話がかかってきた
「お前ら―ザザ―降り―ザザ―上!」
相手はえらく慌てていたが、電波のせいか内容をうまく聞き取れないまま電話は切れてしまった。

仕方なくコンビニに寄ると後ろの車のやつらが急いで駆け寄ってきた。
話を聞くと、おれたちの車の上に髪の長い女性がいて、窓から中を覗き込んでいたという。
みんなびっくりして車の上を見てみると、雪が積もっていたがドアの上の雪が手の形にへこんでいた。

おれたちは震え上がってその日は帰ったが、自宅のテレビで、向かっていたスキー場のある山の方で雪崩があったことを知った。


2011.03.30 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

白い少女

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

336 :1/4 :2011/03/21(月) 09:44:37.17 ID:00Y5tSLkO
昔って言うか小学校一年生の時の話しなんだ。
その俺が通っていた小学校はけっこう古くからあって百年以上は歴史がある
通っていた時は30年前くらいに建て替えてあって少し新しかったけどね
まぁ小学校と言うとやっぱり七不思議とかあってさ
夜中のグランドを金次郎さんが走り回っているとか
誰もいない体育館でボールの跳ねる音が聞こえるとか
その他、いろいろね
そんな七不思議の中で昔から噂されている話があった。
俺の親父も知っていたし見たこともあるって言ってたから、昔からある七不思議だと思う。
担任だった先生がそれを見た事があるって授業中なのに関わらず 話し出して、ビビりな一年生をコワがらせて笑っていたのを思い出したよw
で、その七不思議が「白い少女」ってやつなんだ。


340 :2/4 :2011/03/21(月) 11:09:58.05 ID:00Y5tSLkO
その「白い少女」は別に悪さをするわけでもなく、スッと現れて、スッと消えるらしいんだってさ。
でも本当にそんなのが学校にいると思うとビビりだった俺はマジで怖かった。

まずは担任の先生が話してたやつ話しとくんで
先生はその週は日直で最後に残って戸締まりの確認をしながら暗くなった学校を見回っていて、廊下をT字突き当たった時何かの気配を感じて空気が変わったらしい
何だろうと思っていたら、目の前の廊下を右から左に何か白い物が通り過ぎて行ったらしいんだ
それは何となく白い犬に見えたって言ってたかな。
それで先生は突然のことだったらその場で立ちすくんだらしい
そしたら、今度は後ろから何か音のようなものがしていや音というより声だったのか「クスッ」って笑った感じの
先生は振り向こうとして、一瞬ためらったらしい
だって振り向けば、ぜったい後ろにアレがいる気がしたから
それで目を瞑って振り向いて「誰かいるの!?」ってどなったんだけど、でも返事なく
目を開けると薄暗い廊下があるだけで誰もいなかったんだってっさ
それは、先生の気のせいだったのか、 それとも目を開けた瞬間に消えてしまったのかは、わからない
でも先生は目の前を通り過ぎて行った何かや後ろから聞こえた声は気のせいではないって言ってたと思う


342 :3/4 :2011/03/21(月) 11:34:12.50 ID:00Y5tSLkO
まぁここからが俺の体験談ね!
文とか作くるの苦手だし説明するのも得意じゃないから、よろしく( ̄▽ ̄)b
それは、小学校一年生の時話し
入学してから数ヶ月クラスの皆と打ち解けて、普通に話したり一緒に遊んだりするようになった頃
クラスで筆箱とか色鉛筆とか上履きが隠されるイタズラ起こったんだ。
なくなったのはすぐに教室で見つかったし、うちのクラスでしか起きてなかったら
犯人はこのクラスにいるって六歳ながら見事に推理していました。
でもこのイタズラが中々収まらないので、ついに先生がクラスの皆に言ったんだ
「先生は、皆の中に人が大事にしている物を隠して楽しんでいる子がいるのであれば悲しいですとか何とか、
でも先生は犯人捜しはしませんと言って、私は皆の中にそんな子はいないと信じています」って泣きながら言っていて
俺はいつもの先生らしくなくて嫌だったから その時イタズラはもう止めようと思ったんだよな…


355 :4/4 :2011/03/21(月) 12:07:58.75 ID:00Y5tSLkO
それから物を隠すってイタズラは無くなりました。
まぁ一応俺が犯人だったけど、俺もいろいろ隠されたんだよね。
だから、仕返しのつもりで犯人ぽいやつの筆箱とか隠してた訳です。多分それが連鎖して中々収まらなかったんじゃねのと今はおもうねw
まぁそれで、仕返しをするために総合の自然観察を軽く抜け出して誰もいない教室に行った時だ
工作の授業中に作ったっていう自称 「隠しカメラ」が教卓の上に有ったから潰してから、何個か筆箱を隠して、じゃ戻るかと思ったら
今さらだけど、ビビりな俺は一人で教室にいることが怖くなってダッシュで教室を出たんだ
それで廊下を走っている途中、ドアが開いている教室を何となく覗いた時、一瞬だけど
アレを見た気がするんだ。 それは窓が開いている所に立っていて、陽射しを浴びて、風に揺れて白く輝いて気がするんだ。
走っていて通り過ぎたから戻ってまた覗いたんだけど、
誰もいなかった。 ただ窓が開いていて、カーテンが風に揺れているだけだった…


コレがもしかしたら幽霊を見たんじゃないかなって話し
結局、それから一回も見ることはなかったね。
でも今でも覚えてるんだぜ あの時、窓際に立っていた白い少女のようなものをね。



【「白い少女」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

寝言

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その17
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1300979697/l50

183 :可愛い奥様 :2011/03/26(土) 14:07:24.20 ID:XGLT/cK10
主人は不思議な寝言が多い。

上の子がヨチヨチだったころ、風邪をこじらせて気管支炎になっちゃって、2週間ぐらい寝込んだことがあった。私は下の子妊娠中ってこともあり、右往左往して毎晩寝ずの番、オロオロして泣いたりとかして、相当テンパってた。

ある夜中、子供の隣で添い寝していたら、別の布団で寝ていた主人が突然一言
「もう疲れは取れたから、大丈夫ですよ」って、はっきり喋った。
あまりにもはっきりだったから「えっ?」って問い返したんだけど、いびきかいて寝てたから完全に寝言。

でも不思議と、その翌日嘘みたいに熱が下がって、ゴハンも食べ初めてあっという間に全快した。
あの寝言はなんだったんだろ~って思って義母に話したら、主人の口を通して神様が教えてくれたんだよって言ってくれた。

無理矢理スレタイに戻してみたww 長文ゴメン。
でも、子供が変なこと言ってるとか、変な寝言言ってるとか、そういうのは注意て見てろって、義母から言われてる。


2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■民話・伝承

おじさん

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その17
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1300979697/l50

163 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/03/26(土) 11:01:32.77 ID:UmpHPCc50
地震関係ないけど、
先月、実家に用事あってお昼寄ったら近所の酒屋のおっちゃんがうちの角に立ってて、こちらをじーっと見てた。
多分車乗り換えて行ったから見慣れない車を「誰かな?」て感じでみてたんだろうと、会釈して車庫に車入れて外でたらもういなかった。
母に「○○のおじちゃんも元気そうだね~」て言ったら、母が急に真っ青になって「バカなこと言うもんじゃない!」てすごい剣幕で怒ってきた。
訳わかんない私が( ゚д゚)ポカーンとしてたら、「ああ・・・あんたそういうとこあるんだったね。(霊感やま感とんちんかんのこと)

あそこのおじさん、半年前に亡くなったのよ」
と母。

おっちゃん、久しぶりに私が帰ったから挨拶に来られたのかなあ。

2011.03.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ライフ

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その17
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1300979697/l50

46 :可愛い奥様 :2011/03/25(金) 10:33:27.40 ID:6KI+TOGg0
母が先に亡くなって、父が私に全力ですがって来た時に、途方にくれて抗ウツ剤を飲むまでになって霊能者に相談に行った。
相談内容は「父のライフは残り何年か?」無情な娘の質問で占い師も驚くと思ったけど「自分のこれからの人生計画のためにも大切な事」と言ってくれた。
父の介護があると(病気持ちだった)子供も作れないし。。。
「O年後には、あなたの父親の意識が真っ暗で見えない」と言う言い方をされて、結果は霊能者の言う通りになった。
当たると評判の霊能者は、時にはどんな精神科医より頼りになると思った。
あの時「何年」ととりあえずの区切りがもらえたから、精神的にものすごく楽になったよ。

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

腕が上がる

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

723 :本当にあった怖い名無し :2011/03/29(火) 17:26:46.45 ID:OnWn4V0qO
なんか忍法帖の実験場みたいになってるな…

自分が子供の頃の不可解な体験というか、「これ」を知っている人がいないか確かめたい体験です。
「それ」はもう20年以上前、小学5年の頃、学年中で流行ったものです。
「それ」はなんと言えばいいのかわかりませんが、とにかく相手の両手が勝手に上に上がるというもの。
そのやり方は詳しいことは忘れたのですが、とりあえず覚えている範囲で書いてみます。
まず相手を自分の目の前に立たせ、目をつぶってもらい、リラックスしてもらって頭の中は真っ白にしてもらいます。
そして、両手を軽く前に突き出してもらい、
相手の目の前で両手で正方形を描いたり、
相手の両手を交差させて両手首を二回トントンと合わせて叩いたり、
その両手首を紐で結ぶようなゼスチャーをしたりします。
他にもいろいろあったと思いますが忘れました。
で、最後は「糸巻き巻き」みたいに自分の両手を相手の目の前でぐるぐる回します。
そうすると相手は自分の意に反して両手がふわりと上に持ち上がるのです(ここで相手に目を開けてもらってかまいません)。
成功率は五分五分といったところです。
自分は「これ」をやったこともやられたこともありますが、
やられた時はだいたいいつも成功してました。
初めてやられた時も見事に両手が大きく上がりました。
その時驚いたのは、その両手首を誰かにそっと捕まれて上に持ち上げられてるような感触があったことです。
目を開けて誰も触ってないのにそんな感触があることに声を上げて驚いたのをよく覚えています。
これは学年中で大流行しましたが、廃れるのも早く、一度廃れたら誰もやらなくなり、その後いまにいたるまでやったこともやられたこともありません。
自分は霊感とかそういうものがないのか、ここまではっきりと不思議なというか不可解な体験をしたのはこれが最初で最後です(いまのところは)。
これを学校で初めてしたのは誰だったのか、その人はどこでそれを知ったのか、いまとなってはもうわかりません。
そんな不思議な体験だったのに当時はただただ楽しむばかりで
それが何なのか深く追求しようともしませんでした。

長くなりましたが、どなたか「これ」について知ってるという方、情報をお願いします。


【「腕が上がる」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

722 :本当にあった怖い名無し :2011/03/29(火) 17:26:38.67 ID:I2GfPNbM0
数年前、全寮制の学校に通っていた。

ある日、うっかりして洗濯したまま放置して消灯時間に
放置してもよかったが翌日着るものが無かったため深夜に取りに行くことにした。

洗濯室がある場所は寮から1回外に出なければならないんだが、普段はそこから校庭が見える。
だけど、そのとき見えたのは2mあろうかというススキが目の前に広がっている。
しかも空には倍以上のでかい満月が浮かんでいた。
気付くと自分の周りもススキに囲まれていて、月綺麗だなーとか思って見てた。

そのうちいつ寝たのかわからないけど、寮のベットに寝ていた。
夢だと思ったけど、足は泥だらけで洗濯物も泥まみれ
同室の先輩には怒鳴られるは散々だった。
それ以降、あの月を見ることは無かったけどよく月を見るようになった。

怖くは無いが不思議な話

2011.03.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

不思議な子

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

694 :本当にあった怖い名無し :2011/03/28(月) 23:53:30.30 ID:dYrYrIr5O
昔入院してた病院に不思議な子がいた。
まぁ心療内科なんだけど、比較的軽度の患者向けの病棟で、ストレスから来た胃潰瘍で入院してるオッサンなんかもいたし、見るからにヤバい人はいなかった。
たまに廊下で泣き崩れてるおばさんがいた程度w
で、その子(Aちゃんとする)、当時17歳だけど高校は行ってなくて(入院中に出席足りなくなったそうで)、何が不思議って、全く食事しない。
最初拒食症かと思ったけど、食べないのに痩せてない。小柄でやや細身ではあるけどごく普通。身体にも特に異常なし。
なんで入院してんの?って聞いたら「大丈夫なのに親が心配して~(笑」っつってた。
お腹空かない?って聞いても「食べたいと思わないの~」って言う。
Aちゃん自身は特になんの症状も無いらしく、薬ももらわず医者との回診も形だけ(毎回3分くらいで戻ってくるw)。
看護師たちも「食べなきゃ駄目だよー」とか一応言うんだけど、身体に異常が出てないんだから強制的に食わせる理由もないし、要するにほったらかし状態。
ただ、一日2~3回くらい紅茶とハチミツ舐めてた。それも「必要じゃないんだけどただ好きだから」らしい。
でも口に入れるのはマジでそれだけ。
風呂もたいして入らないのに汚れないし、トイレ…は行ってたような気がするけどよく分からん。
生理は「中一の時に3回くらい来てそれっきり」。ちなみにその頃からあまり食べなくなったらしい。
2ヶ月くらい一緒にいたけどずっとそんなんだった。

もしAちゃんがインドあたりに行ったら「奇跡」とか言われるんだろうに、日本だと「病人」扱いなんだよなー、なんだかなー。と思ったりした。
その後どうしてるのかは知らない。



【「不思議な子」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

巡る

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

680 :本当にあった怖い名無し :2011/03/28(月) 18:21:40.86 ID:KYue6fbg0
地震の募金をしようかなあ、いくらする?と思ってたら、
『○○円くらいしとけよ』
という声というか考えがぽん、と浮かんできた。自分的には出したことがない結構な額。
「いやー、それはちょっときついんですけど…せめて○○円位かなあ…」
と思ったら、声?自分の別人格?がまた言った。

『こないだのたからくじあたってる』
『こういうのはもどってくる、たまにはだせ』

…自慢できるほどの額じゃないけどいつもは当たらない金額が当たってた
(下ヒトケタ当選ではない、それもあったけど。購入金額は補填できた)
地震の影響で上司の送別会がお流れになり、残金が戻って来た。
自分がせめてこのくらいなら、と思った額を残した分のお金が戻って来た。

換金して赤十字その他に振り込んで任務完了したので記念カキコ。
きっと眼に見えない何かも、色々守ろうとしてくれてるんだろうなと思った。



【「巡る」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

死神

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

679 :本当にあった怖い名無し :2011/03/28(月) 18:02:46.70 ID:4vGCPdKGO
私が高2の頃の話。
父親が仕事の帰りに体調悪くて体動かず、後輩や私の母親に助けてもらいながら何とか帰宅。
数日前から体調良くなかったし、救急車呼ばなきゃやばいかもってなって呼んだ。
道が狭いのでうちの家の前まで救急車が入れず、少し離れたとこに停車。担架で父親が運ばれて、母親も後ろを歩いてった。

私はその様子を見てたんだけど、ふと見ると、家の正面からのびてる道(親が向かった方向とは違う道)に、一匹の犬が。
よくみたら首輪してないし、でもこの辺は野良犬なんていないし…と思ってたらどんどん近づいてきて、
何か私、自分でもびっくりするぐらい怖くなって、その犬に向かって、ワンッ!!ってほえたんだ。
で犬は一度引き返したんだけど、しばらくしたらまた戻ってきて、今度は向こうから私に思い切り吠えかかってきた。
ますます怖くなって、でも何もしなかったらもっと怖くなりそうだったから頑張って一歩前に近づいて吠え返した。
そしたら犬は怯んで、また引き返していった。

冬だったしめちゃくちゃ寒かったから家に入れば良かったんだけど、そのときは犬を追い払わなきゃいけないって何故か必死だった。
一度犬が帰っていったのに、それでもずっと外にいたのがなんでなのか、自分でも分からない。

その後父親は、大手術の末生還。去年父親にその犬の話をしたら、それは死神なんじゃないかって言ってた。
死神を追い払ったから、命が助かったんじゃないかって。ネットか本かで知った話らしいけど。

こういう話、他に知ってる方いますか?

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

水曜日

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

658 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 22:51:30.14 ID:nX6lNWJkO
俺1月に家のベランダから落ちて今入院中なんだけど、最近ギプスも取れてだいぶ歩けるようになったんだ
今入院してる病院はめちゃくちゃでかくてコンビニもドトールもレストランもあって、俺はよくリハビリがてら歩き回ってる

で、今週の水曜ドトール行こうと思ってエレベーター乗って1階に降りたんだけど人がいなかった
本当にでかい病院だから平日は朝からたくさん人がいるはずなのに誰もいないんだよ


660 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 23:00:00.80 ID:nX6lNWJkO
特に1階は初診受付とかで騒がしい筈なのに物音もしない、電気も付いてない
今日日曜だっけ?って携帯確認したけどちゃんと水曜日
正面玄関から外を覗いたら昼も近いのに明け方みたいに薄暗い、警備員のおっちゃんもタクシーもない

怖くなってエレベーターに乗って病棟に戻ったら看護士さんも他の患者さんもいて安心した
次の日何回か一階に降りたけど普通に人はいた



【「水曜日」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(9) | Trackback(0) | ■怪異

パンっ

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

656 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 20:52:28.08 ID:r+NzZDFu0
陳腐な話だが。4年前のお盆の夜に茶の間の冷房を入れるため茶の間の続きになっている仏間のふすまを閉めたら、仏間からパンって手を叩く音がした
仏壇と遺影位しか仏間には無かったから、死んだじいちゃんが無視スンナ的な感じで手を叩いたんだ…とじいちゃんのせいにされている

それと話は変わるが、葬式の時って必ず黒いハエみたいな虫が飛んでいるよね
誰の葬式でも毎回いるから不思議なんだけど皆さんの時にもいる?


【「パンっ」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

不思議だが、怖くはない

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

655 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 18:17:57.46 ID:7DCDWdNu0
では 親父の無くなったときの話 
1 火葬場で待っている時 携帯電話に着信 相手は不明 ポケットで鳴動
2 葬儀の最中 家内と自分の数珠が切れる 数珠球が散乱し小笑い
3 葬儀が終わって実家から戻るとき、隣の空き地にブルーのきれいな光があり、「あー親父がいるんだ」と納得 空き地故 光源は当然無し
4 一周忌で墓参りに行きバックを墓に置いて水汲みに行きその間家内から「バックの中の携帯が鳴ってる」と、確認するも着信履歴無し。同行の数名が確認。

不思議だが、怖くは無いね。 
そんな親父の7周忌を昨日開催、今日 墓参しました。
  




【「不思議だが、怖くはない」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

年配の女性

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

650 :本当にあった怖い名無し :2011/03/27(日) 15:15:02.71 ID:q6ezRmTB0
数年前、親父が亡くなったときの話。
喪主を務め、通夜の晩は、一区切りついてから親類には各々帰宅してもらって、一人で葬儀会館に泊まり、本来は起きているべきらしいのだが、疲れてしまったので布団を敷いて寝た。
翌朝、早々に起き出して、身支度をする前に、部屋のユニットバスを使わせてもらっていると(だから意識はしっかりしていたと思うんだが)、御棺を置いた部屋から「ほら、見て御覧なさいな。…いい顔をしていること」と、年配の女性が、一緒に来ている別の誰かに話しかけているような声がする。
親類がもう来たのか、葬儀までには随分時間があるのに困ったな、と慌てて風呂から飛び出て、服を着て部屋に入ったが誰もいない。
挨拶せねばと待合コーナー辺りをウロウロ探してみたが、客はおろか誰もおらず、そのうちに集まってきた親類たちに「ひょっとして8時頃にいらっしゃいましたか」と訊ねてみるのだが、みな「その時刻はまだ家にいたわよ」とキョトンとしている。

ふむ…不思議だ、と思ったので前に別の板に書いたら「それ、よくあるからw」とレスが返ってきた。そういうもんなのかもw。


2011.03.30 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

心地いい所

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

632 :本当にあった怖い名無し :2011/03/26(土) 21:46:55.91 ID:+yvl6ZNg0
世界中で不思議な駅や湖や池が現れる現象は有るみたいだね。
時空のおじさんの話と繋がるのかな?

俺は、仕事で長野県の山に行った時に、草が2m~3m位ある所(獣道みたいな感じ)に迷い込んだ。
民家も数件あったけど、雰囲気が日本昔話し見たいな感じでした。
月が満月でそれはそれは、美しい月で虫の鳴き声も心地いい所でした。

また行きたくて何度も探したけど見つけられず。
よく考えると草が2~3mもあるのがおかしい。不思議な体験でした。



【「心地いい所」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

ラッキー

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

614 :本当にあった怖い名無し :2011/03/26(土) 12:51:41.86 ID:JzmYiyX/0
昔勤めていたある会社の営業所に、ある派遣の女の子がいた。

特別かわいいとか、目立つって子ではないんだけど、仕事もできるしかわいがられていた。
それより、彼女の周りにいる人にラッキーな事が起きる。

彼女とその営業所にいた女の子達で飲みに行ったら、飲み屋でくじ引きやっていて飲み代がただになったとか、彼女が年賀状を各人に配ったら、全員あたったとか(切手シートが多かったけど)、彼女の名前を借りて懸賞に出したら当たったとか、なんか色々ラッキーな事が起こっていた。

でもいいことがあった後に彼女にお礼を言ったり、お返しをしなかったり、最初から欲を出して近づくと(彼女を競馬場に誘ったりとか)必ずしっぺ返しを食らっていた。
(季節はずれのインフルエンザにかかったり、2回目のオタフク風邪になったり、競馬は大負けとか)

自分は転職することにしたんだけど、
転職する前に「転職上手く行くといいですね。応援しています。」と微笑んでくれた。
実際転職はすごく上手く行って、給料も良くなったし通勤も楽になった。
後日前の仕事場の近くに行ったら、彼女に会う事ができた。
お礼を言って、簡単にお茶をおごって少し話した。

その時に
「私もうここ移るんですよ。3年いたし、正社員の話もあったんだけど、あんまり同じところに長くいると慣れちゃってよくないから。彼氏と結婚も考えているし。」
慣れちゃって?と聞くと、彼女は周りがですと微笑んでいた。

その後(彼女が多分いなくなって1年くらいして)、その営業所はなくなってしまったから今彼女がどうしているかわからない。
結婚して普通の奥さんしてるかもしれないけど、知るすべもない。

彼女が起こしたラッキーな事は色々あるので、聞きたい人がいたらまた書く。

2011.03.30 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

がんぼう岩

心霊スポット北海道 PART26
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1275984466/l50

651 :本当にあった怖い名無し :2011/03/21(月) 18:20:34.03 ID:tvjo7EpS0
こんなスレあったんだ。

俺が小学生の頃、遠軽という町に住んでたんだが、当時、その町にある「なんだか岩」(名前失念)の写真がカレンダーとなり、各家庭に配布された。写真全体の色が赤というかピンクというか、どういう理由でそんな色にしたのか、作った奴の思惑を疑いたくなるカレンダーだった。

ところが、数日たって、周囲が大騒ぎ。何でもそのカレンダーに霊が写ってるとか。
おれも早速見たが、「言われてみればそう見えなくもないわな」的な感じで、よくわからず。
気にせず、居間に貼っていたんだが・・・・。

ある時、隣の部屋で着替えしてて、ふと居間の、少し離れたところに貼ってある例のカレンダーを見て、震撼した。

数年前にその岩から飛び降りた、地元の商店のおばさん(行きつけなので顔ははっきりわかる)の顔が画面右側にはっきりと見て取れる。
それだけじゃなく、左側には眼鏡をかけた男が大口開けてる顔が。

近くで見ても解らんかったが、少し離れて見ると、複数の顔がはっきりわかった。

北海道を離れて久しいが、このカレンダー、他に知ってる奴いないだろうか。


【「がんぼう岩」の続きを読む】

2011.03.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

無免許

今までで一番ゾッとした瞬間8
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1288744665/l50

400 :本当にあった怖い名無し :2011/03/23(水) 02:31:56.69 ID:OSgW5zS4O
離れた所にすむ知り合いの話だけど、昨年緊急入院した。
突然意識をなくして救急搬送されたらしい。
その何日か前にメールでやりとりした時、すごく体調が悪いけど仕事が忙しいから
とりあえず日曜日にやってる近所の内科に通ってて風邪らしいけど、貰う薬が合わないから病院を代えようか悩んでると聞いていた。

一月半ほど経って連絡を受けた時に入院していた事を知って事情を聞いたら、急性肝炎を発症していて一歩間違っていれば死んでいたかもしれない程とんでもない数値だった事。
それなのに近所の医者が一ヶ月の間全く気付かず、検査もせずに風邪薬や抗生物質を処方し続けていた。
それもそのはず、その医者は無免許だったから。

知り合いが死ななくて本当に良かったが聞かされた時には心底ゾッとした。

2011.03.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | □体験談

お清め

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

256 :1/3 :2011/03/20(日) 13:17:30.29 ID:j7cKfLsQ0
お彼岸なので1つ話を
今思えば、あのとき「洒落にならない」という危機感があれば、もう少しその後の人生が平穏だったかもしれない話

当時、役場に勤めていた兄の友人から頼まれて共同墓地の納骨をやっていた
「墓は建てられないけどお骨を納めた所にお参りに行きたい」
という遺族の要望があってのことらしい
年に2回、春と秋の彼岸に4~5個は毎年納めていたと思う。

実際に作業するのは地元の有志2人と役場の担当者の1人
納骨とお墓の掃除で半日くらいで終わる仕事で、作業が終わると「お清め代」と言う名目で日本酒と6000円のお金がもらえた
合理的な説明としてはクリーニング代ということなんだけれども、酒が貰えるということもあって、いつも3人の飲み代に使っていた

入ったことがある人はわかると思うけれども、お墓の中というのは独特な雰囲気があって、びしょびしょになった骨壷、むせるように舞う埃
「元」が人だったことを考えるとちょっと気分が悪くなる感じ
そういったこともあって作業する人はころころ変わっていた


257 :1/3 :2011/03/20(日) 13:22:46.98 ID:j7cKfLsQ0
その日は、朝から少し熱っぽかった
作業を4時過ぎに終えて役場に報告に戻って、いつもだったらそのまま3人で飲みに行くところだったんだけれども「風邪引いてるから」と言ってお金だけ貰って帰ってきたんだ

当時住んでいたのは会社が持ってる2DKの独身寮みたいなところだった
1階の端部屋で、寝室として使っていた所だと通りを歩く人の声も聞こえる
その夜の9時頃だったと思う
「ゲホゲホ」
って若い女性が咳き込む声に気付いた
声が聞こえることは珍しいことじゃない
でも、声が遠ざかりも近づきもせず、靴がアスファルトを叩く音もなかった
だからそのときは(ああ、誰かを待ってるんだろうな)と思っただけだった

それから1週間経ったくらいのことだったと思う
「ゲホゲホ」
って若い女性の声が聞こえた
そのときも(ああ、誰かを待ってるんだろうな)と思った
そこで、あれ?と思った

(こないだも咳き込む声が聞こえたよな?)

(まさか同じ人じゃないよな?)


258 :3/3(↑は2/3) :2011/03/20(日) 13:25:45.02 ID:j7cKfLsQ0
そう思った瞬間
「そうだよ」
という声がした。若い女性の声だった。
顔を上げると突然
ガシャン、と窓が割れた
そのときなぜか(入ってきた!)と思って、とにかく部屋から飛び出した
その日は3階の同僚の部屋で泊まらせてもらった
「悪戯で寝室の窓が割られて寒い」とか理由を付けていたと思う

窓から通りまでの距離は近いと言っても2mはあるし、柵もある
翌日寝室を調べてみたがガラスの破片以外はなく、何かが投げ込まれた形跡もなかった
結局、日本酒を飲まなかったことが悪いかどうかについては分からない
納骨の仕事自体はその後も何度か続けた
けれども、このとは自分の中で「説明のつかない出来事」の1つに加わった

(入ってきた!)と思った部屋に長くいるのも嫌だったから、数ヵ月後に後輩に部屋を譲って4階に住むことになった
そこでもいろいろと「説明のつかない出来事」が続くことになったんだけども、まとめないとうまく話せる気がしないのでまた今度投下します。
読んでくれた人、ありがとう。


2011.03.21 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

指きり

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

151 :本当にあった怖い名無し :2011/03/18(金) 20:53:32.39 ID:IihEUR8O0
私が幼稚園の時に友達のSちゃんという子がいました。
Sちゃんには年の離れたお姉さんがいました。
たしか中学生くらいだったと思います。セーラー服を時々着ていたのを覚えています。
お姉さんはとてもやさしくて、時々遊んでくれました。

ある日冬の日Sちゃんの家に遊びに行った時に、お姉さんが私に声をかけてきました。
「次か次の次の日曜日って、どこか家族で行くとかある?」と。
私は何もないよ。と答えたと思います。
お姉さんは「じゃあきっとお姉さんに会いにきてね。」と言っていました。
何で?と私はきいたと思います。お姉さんは
「お姉ちゃんね、桜が咲く前に死んじゃうの。さっき表にいた黒い服の人が教えてくれたの。お姉ちゃんね怖いからやだっていったんだけど、黒い服の人が桜が咲いたらSも来るから怖くないよって。でもSにこの事いわないでね。Sあなたと遊べなくなるの寂しがると思うから。」
そしてお姉さんは指きりしよと小指を出してきました。
私はされるがまま指切りをしました。


165 :本当にあった怖い名無し :2011/03/18(金) 21:06:30.43 ID:IihEUR8O0
その日家に帰ったら親に「小指どうしたの?」と言われました。
お姉さんと指切りをした小指が、紫色になっていました。

その翌週くらいだったと思います。
私はSちゃんの家に行く事になりました。
お姉さんが交通事故にあって亡くなったのでした。
黒いワンピースを着て、お姉さんのお葬式に行きました。
お姉さんはセーラー服の写真で祭壇の中にいました。
親と焼香をした時に、お姉さんの声で
「内緒だよ。約束だよ。」と聞こえました。
私は無意識に頷いていました。

その春、私もSちゃんも卒園でした。
私はSちゃんと別の小学校へいくことになりました。
卒園式が終わって、Sちゃんがバイバイしたのを見たのが最後です。
Sちゃんは入学式前に火事で亡くなりました。

その時に私はSちゃんが死んだのが悲しいというよりも
「お姉さんとSちゃん一緒だから寂しくないよね。いいな。私は小学校から一人ぼっちなのに」と思ったのを漠然と覚えています。

Sちゃんのお姉さんが会った黒い服の人よりも怖いのは人が死んでも悲しまない私かもしれないと、お姉さんより大きくなった今ふと思ってしまいます。


2011.03.21 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

ピンポン

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?258
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300279997/l50

33 :本当にあった怖い名無し :2011/03/17(木) 13:03:03.96 ID:17NJq2FF0
フィリピン在住なのだが。
三日前の夜中三時ごろ、いきなりピンポンが鳴り出した
それもガキが悪戯するように
時間が時間なのでテラスからのぞいて見るが誰もいない、しかしピンポンは鳴り続ける
ほっといたら、かれこれ30分もこの調子で家族全員起床
子供も嫁もかなりびびってる
仕方ないので銃を片手に涙目ガクブル状態で門まで下りていった
グリップで思いっきり門を叩いてみたが、まだピンポン
俺はピンポンの方に構えたまま嫁が門を開けたら・・・
誰もいない、でピンポンは鳴り止んだ
で、次の日お約束だが嫁の叔母が死んだことを聞いた
ありがちで、よく聞く話のようなんだが実際自分の身に起こると怖い・・・
引越しも考えてます

2011.03.21 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。