FC2ブログ

無くした携帯

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part69
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1302086753/l50

27 :本当にあった怖い名無し :2011/04/09(土) 23:18:47.05 ID:cC/S3bF20
ある雨の日、バイクでツーリングに行こうと思って友人達と待ち合わせしていたら、
実家から連絡があって、俺がバイク事故にあって死んでるって救急隊員から電話があったって。
なんか薄気味悪い気がして、その日のツーリングは参加しなかった。
後日わかったのは、そのバイク事故で亡くなった方は、俺の知らない人だった。
救急隊員が、なんで俺と間違えたかと言うと、何年か前、俺の無くした携帯をその人が持ってたとのこと。
今思うのは、こんなのただの偶然で、ありえない話じゃないって改めて思うけど、当時は、一週間くらい気持ちが浮わついてたってか、不思議な感じだった。


2011.04.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

神社

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298508608/l50

135 :本当にあった怖い名無し :2011/04/09(土) 15:55:11.37 ID:SLJbwNCM0
小さいころ母方の祖母に月に何度か預けられていた。
初孫だったし、実娘の娘ってことでものすごく可愛がってもらっていた。
で、一度ある神社に連れて行ってもらった記憶があるんだけど
いまだにどこだかわからない。

母親に「小さいころお祖母ちゃんといった神社ってどこ?」って聞いたときに「うちに関係ある神社はこの2箇所」といわれた神社にいってみたんだけど、記憶の神社とは違う。
寺だったのかな。と思って関係ありそうなところを聞いて行ってみたけど、行ったらやっぱり違う。

第一東京都内なのに(と思う)、清水寺みたいな感じの崖とか洞窟っぽいトンネルとか
冬(コートとマフラーの記憶がある)なのに、境内の人は浴衣っぽい薄着だったとか
屋台みたいなところがチョコバナナとか知ってる系の食べ物がなかったとか
なんだか不思議なんだよね。

だったら清水寺とか京都だったんじゃ?といわれるけれど、新幹線に乗った覚えも、車に乗った覚えもない。
それにその日の夕方には、母親が迎えに来てくれたし。

なんで未だに覚えていて行ってみたいかというと、境内で売っていたなぞの食べ物食べてみたいんだよね。
お祖母ちゃんに食べたいっていったのに、その日に限って買ってもらえなくって、でもすごく甘いにおいがしていたのは覚えているんだけど。
タヌキせんべいっぽい感じだった。
あと屋台で売っていた組紐みたいな小物が、すごくカラフルでほしかったんだ。

もうお祖母ちゃんは亡くなってしまったので、どこだかわからないんだけどね。

2011.04.17 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

枕返し

京都の心霊スポット・廃墟
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1286096883/l50

696 :本当にあった怖い名無し :2011/04/10(日) 19:05:44.90 ID:tPq1WiY60
あのさ>>1なんだが、このスレの趣旨と違うけど一応京都で起こった話だから書いておく

俺31日に北海道をたって、その晩は京都住まいの叔父さん宅に泊まらせてもらったんだ。
叔父さんの家は京都市内から山一つ越えたとこで、周りは田んぼと山しかないド田舎だ。

で、ちょっと離れになってる和室に寝かせてもらうことになった。去年も数回来てるし慣れていたはずだった。

でも今回はちょっと違ったんだ。
いつもなら手元を照らすランプがあるはずなんだけどそれが壊れてて、電気を消すと真っ暗。
しかも布団に枕がなかった。気づいたときは叔父さんは寝てたし、
いざ寝ようとしたときに気づいたもんだから起こすのも忍びなくて結局布団をくるめて枕っぽくして寝たんよ。


697 :本当にあった怖い名無し :2011/04/10(日) 19:09:19.90 ID:tPq1WiY60
でも夜中に一度起きたらなぜか枕を敷いて普通に寝ていた。
寝る前にあれだけ探してもなかった枕が最初からあったかのごとく普通にそこにあった。

朝飯食う時に叔父さんに「枕夜中に届けてくれました?」って聞いても
枕置くの忘れてたことさえ気づいてなかった。

酒も飲んでないし、これって枕返し(?)かね?

北海道出身の自分は本州の田舎や山に行くと妖怪の存在を確信するけど、まさかマジで体験すると思わなかった




2011.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

天井の足音

◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/l50

892 :本当にあった怖い名無し :2011/04/14(木) 00:16:14.94 ID:H2n96M7a0
それじゃこちらで…

今から14年前に家を建て替えようって話になって一時引っ越すことになりました。
その時に借りた家で体験したお話です。
場所は愛知県の岡崎市で2年ほど前に近くを寄ったとき見ましたが、当時のままでした。

築年数自体は結構経っている木造の家屋で、一部雨漏りなんかもしてました。
引越し先の借家では兄と自分で二階の一部屋を使うことになり、勉強机やおもちゃを運びこんでチェックと整理していた時だったと思います。
「トトトトトッ」と、何か小動物の足音みたいな音が天井からしました。
兄と自分はねずみでもいると思い、母親に報告して母親も足音を確認しました。

となりだった両親の部屋はまったく足音は無く、自分たちの部屋だけ足音がしました。


893 :本当にあった怖い名無し :2011/04/14(木) 01:01:28.64 ID:H2n96M7a0
親が学校の事務員だった事もあり、後日学校で依頼してるプロの業者がサービスで天井にいる動物の駆除と対策をしてくれるという事になりました。
その業者の人も天井の足音を確認して「ああ、これは何かいますね。」と言いました。

そして、作業に取り掛かって天井を確認してもらうと業者の人は一言「あれ?何もいない」と。
”動物の糞など、動物がいる痕跡が何も無い”と業者の人は言うのです。
それでも何かが駆け抜けるような足音はハッキリ聞こえ、みんな不思議に思ってました。
結局謎のまま、また何か困ることがあったら呼んでくださいという事に。

それから半年ほどその家を借りて暮らしている間、不思議な足音は絶えることがありませんでした。
家を借りている最中不思議な事がちょろっと起こった事も覚えています。
我が家は両親祖父母に兄と自分の6人家族で、毎朝7時には皆起きてご飯を食べたりしているはずなのに
朝の8時前になっても誰一人起きていなかったりとかが2回ほどありました。


後日、向かいのお婆さんが教えてくれました。
「この家を借りていく人はみんな以前より良くなって出て行く」と
私達が出た後もすぐに他の人が借りたらしく、車庫に車がありました。
あれから14年経ちますが今でもあの足音が聞こえるか気になります。

2011.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

ナンジャタウン

【東京都】23区の心霊スポットpart20【統一スレ】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1285495807/l50

727 :本当にあった怖い名無し :2011/04/14(木) 14:34:42.64 ID:Ad+hBnNe0
身バレが怖いので具体的にいつとは言えないけれど、数年前、ナンジャタウンでバイトしてた時の事。
閉園して次の日の用意をして皆休憩室に戻ったり、事務所で用事をしたりとノンビリしていた時に、三輪車のアトラクションの人達が泣きながら事務所に飛び込んできた。
パニックになってたので要領は得なかったけれど、要約すると園内の点検中に親子連れを見かけたとのこと。
間違ってアトラクションの中に迷い込んだ客かと思って声をかけたらスウッと消えてしまったという…。
すぐに上の人達から箝口令が敷かれた。
やっぱりサンシャインは何かいるのかな。

2011.04.17 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

崖の話

海にまつわる怖い話・不思議な話 15
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1281999285/l50

451 :本当にあった怖い名無し :2011/04/14(木) 18:49:35.63 ID:ASh8i7+pO
特に怖くもないし不思議でもない海というか崖の話だけど

地元に自殺の名所だと言われてる崖がある
海辺の小高い山の上に古い神社があって、そこから見る海が凄く綺麗なんだよ

神社から数メートル離れた場所に、太くて長い竹でゴールテープみたいに柵というか仕切りがしてある
その竹より向こうにも地面は続いてるんだけど、少し傾斜があって、その先が崖になってるのがわかりにくい
でも、その神社に辿り着くまでに少し山登りしなきゃいけないんで、かなりの高さになることはわかると思う

最近はそこで誰かが亡くなったなんて聞かないし、自殺の名所といってもかなり昔の話らしい
子供の頃祭りで行ったきりで今は違うかもしれんけど、山道や神社の周り以外木が生い茂ってるのに、崖の方向は雑草だけなんだよ
海を見せるために伐採されたのかもしれないが、子供心に、なぜか海の方に引っ張られそうな気がして近づけなかった
崖っぷちに向かって何人も踏み固めてられたみたいでおっかない

山道の入口にある鳥居も頂上の神社も、あの崖に行くための通過点みたいに思えて、それも怖かった
その山というか崖は、ちょうど川が海に流込む場所にある
それで浜もあって、橋があって、漁村がすぐ近くにある
うちじいさんがその辺りに住んでる

じいさんが言うには、浜や橋からは見えないが、崖の下には満潮だか干潮だかになると出てくる洞穴があって、風向きとか水位の違いで呻き声みたいな音が海鳴りに混じって聞こえてくることがあるそうだ
じいさんが子供の頃は、その洞穴に遺体が入り込んでいることがよくあったらしい
崖から落ちたのかもしれないし、どこかから流れ着いたのかもしれない
漁師町だから海上で水死体引き上げることもあるんで、そこまで怖がられてないけど夜は絶対近付きたくない

っていう、ただ俺がさっき思い出して物凄く怖くなっちゃっただけの話なんだけどね


455 :451 :2011/04/14(木) 21:58:20.27 ID:ASh8i7+pO
読みにくくてごめん
急に思い出して怖くなって勢いで書き込んじゃった

その先に地面があるように見えるというか、晴れた日は島が見えるからそっちに目が行くんだと思う
夕日とか尋常じゃないくらい綺麗で、死ぬ気がなくても景色見たさに足踏み外した人もいたんだってさ

ついでに、崖なのか山なのかよくわからんが海に出っ張ってる所が黒い岩で、岩の所に百合が咲くんだよ
イワユリっつって白い花なんだけど、それを採ろうとして落ちる人もいたとかなんとか
岩場が多い所だから道端でも見たことあるけど、大抵海辺の届きそうで届かない所に咲いてんの
岩に足をかけて背伸びをして、あともう少し手を伸ばせば、って所にばっかり咲いてる
咲いてる場所が危険だからだろうけど子供の頃「あの花はとるな」って年寄りによく言われてた
群生してるのは見たことないし、黒い岩場にぽつんと咲いてたりするから摘みたくなる気持ちもわかる
自殺も怖いけど景色とか花とか、なんか誘われて逝っちゃった感じがして怖い

今はもう自殺とかあの崖から人が落ちるとかはないけど、地元付近の海で事故はあるから
誰か花摘もうとして落ちたんかなと未だにちょっと思う

2011.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | □体験談

自販機の横に

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

583 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 14:26:27.39 ID:cqqIVfoz0
細い山道で人家はほとんど無く、灯りといえば自販機のみ。友人の家がそんな場所だった
一度深夜まで話し込んで気が付くと11時を回っていた
結局、友人の奨めもあって泊まってくことにした

風呂に入り、外を眺めると自販機の横に女の人が立ってる
特に気にもせず布団に入り眠りについた
夜中の2時頃に目が覚めトイレに行く
布団に戻る途中で窓の外の自販機が目に付いた

まだ、女の人が立ってる。なんで?
もう見なかった事にして布団に入り眠りに付いた

翌朝、その事を友人に話すと
「昔あの場所で事故があってね」と顔色変えずに話す
「見える人は見えるし、見えない人は夜中にそこでジュース買ってるよ」
友人は見えないから平気なのだが、さすがに夜そこでジュースを買うことはしないらしい

霊感のある人が言ってたのには、次の被害者になる人をじっと待っているらしく、近寄らない方がいいと言われたみたい

2011.04.10 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

遭難した人

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

582 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 14:22:07.61 ID:cqqIVfoz0
俺も山岳部で冬山専門で攻めたよ。
谷川岳は10回以上アタックして、やっぱり初回から視ました。
三人目を登ってるはずなのに、吹雪とガスの向こう、前に三人歩いていて、『ありゃ誰だ?』でも、みんな気付いてるけど何も言わない。
かかわりたくないからな。あ、誰かまだ埋もれてるんだな。と思うだけ…。
ガスの中、15メーターぐらい離れて下山してくるパーティがいる。
でも生きた人のパーティではないんだよ。
ガスのかかってるところは崖の下のはずなんだから。
遭難した人の霊魂は本当によく視たよ。
はじめのうちはビビッてたけど、そのうち慣れっこになって気にしなくなり、むしろ絶対に相手にしない。誘われると困るからな。

そんな俺も40近くなり、冬山はやめた。
先日、谷川岳に単独アタックといっても夏だが、深夜に冬装備で登ってるグループを視た。
もちろん、生きた人であろうはずはないんだけど、腕っぷしにも自信がなくなってきた今、正直ビビッたよ。

2011.04.10 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

579 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 14:10:18.22 ID:ATmJPi/zO
時空ばあさん、面白かった。
ちょっと似た体験があるので一筆させてください。

よく生活道の抜け道として通る山道があるんだが、一度だけ不思議な事があった。ふつうに抜けるのに車で30分もかからん山だが、一度だけ二時間以上迷った事がある。迷ったというより、同じ場所を回っていたんだ。

何時もと同じ様に曲がり角を曲がるのだが、何故か麓に降りられずまた同じ所に戻ってしまう。二巡目はちゃんと分かれ道で案内板も確認したのにまた同じ場所に。


580 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 14:14:05.31 ID:ATmJPi/zO
片側一車線の細い道でガードレール無しの断崖も多く、幸い一台もすれ違わずに済んだが、対向車への緊張感で疲れてきた。
三巡目に入る前、時間を見るとすでに2時間近く経っている。日も少し傾いてきた。集落の工場前の自販機で缶コーヒーを買って一息ついた。そして丁度後ろから来た車に続いて再びチャレンジした。

さっきまでと違い時折対向車とすれ違う事数回。すると不思議な事にスンナリと山を降りる事が出来た。同じ道なのに…。


581 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 14:18:44.18 ID:ATmJPi/zO
後でその事を友人や知人に話したら、狸に騙されたのだと笑われた。この山ではたまにある事らしい。

確かに回らされている間は、人も車も誰とも遭遇しなかった。よくよく考えると日中は生活道路なので、誰にも遭わないなど有り得ない話だ。あれはどこの世界だったのか…ふと思ったりする。

無駄に長くなって申し訳ない。
このスレでは、大したことない話だと思うので、スルーしてください。ROM専に戻ります。

2011.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

身内

恐い話@同人28
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1300527239/l50

420 :1/2 :2011/04/06(水) 01:16:44.70 ID:20YjUA+90
つい先日の話。うちの職場では黒猫の荷物の発送受付をやっている。
近所に営業所や郵便局もなく不便だし、自分で処理する以上は安全だろうという事もあって
いつも週に3~5通程、発行物の通販を職場から自分でメール便の発送処理をしてる。

ある日シフトが終わって、帰りに職場周辺の店で買い物してから帰宅しようとしてもう一度職場の前を通りがかったら、丁度黒猫のお兄さんが集荷に来てて、受け付けた荷物を持っていくところだった。
顔なじみなので軽く挨拶しようとしたら、お兄さんの持ってる私の発送物の様子が明らかにおかしい。
いつも封筒の口を両面テープで留めた上から柄入りの梱包テープを貼ってあるんだけど、その上から汚く斜めにガムテープが貼ってあって、あれ?と思った。
お兄さんに聞くと「受け取ったときはもうこんなやったよー」と言うので、身分証明書見せて発送者本人と確認してもらった上で荷物回収させてもらった。
職場の事務所で開封してみたら、明らかに誰かがカッターで開けた形跡があって、中の本入れてたクリアパックの封も開けられてた。明らかにおかしい。
発送荷物の保管箱はレジ内にあるし、考えられるのは職場の人間しか居ない…
私が居た時間には開けた人はいない筈なので、それ以降の時間のレジ内防犯カメラを念のため確かめさせてもらいます、と店長に頼んでたらパートのおばちゃん(40代)の一人が堂々と白状した。


421 :2/2 :2011/04/06(水) 01:17:27.31 ID:20YjUA+90
「あ、○ちゃんの荷物、いつも何か送ってるから、何してるのかな~と思ってww」
「宗教の本とか送ってたら怖いじゃない。そしたらマンガでwwその歳でマンガwwww恥ずかしかったわよね、でも別に隠さなくてもいいのにwww」 
ってそういう問題じゃないだろおい…orz
一緒に見てた黒猫のお兄ちゃんが「一度受け付けた荷物を差出人様の許可なく損壊されると困りますよ」と言ってくれたんだけど、「大丈夫wwwお客様じゃなくて、うちの店の子だからwww身内なんでwww」とか言い出して店長もお兄さんも私も3人で( ゜д゜)( ゜д゜)( ゜д゜)状態。
「別に中身は盗ってないしちゃんとテープで留めた!」
「別に他のお客さんのは勝手に開封なんてしない!」
「第一その歳でマンガばっか送ってる女なんてくぁswでrfgtふじこlp;!」と盛大に暴れてくれたが「ふざけるな、ちゃんとお金払って利用してる限り身内でもお客様だ」と店長が切れてその場で解雇通告した。
包装がひどいことになった荷物は回収して明日また包み直して出す事に。
けっこう多い数を定期的に出すので、職場の他の人に「何を送ってるの?」と聞かれることはあったけど「手伝ってる文芸サークルの会誌とか色々です」と適当に誤魔化してた。まさか勝手に開封されるとは…
黒猫のお兄さんが「沢山出すならメール便も家に集荷いけるから、怖かったら頼んでな」と言ってくれたよ

ちなみに店長は毎年ミケの時期になると初代癌ダムの本をお土産に買って来いとか言ってくる人だし、黒猫のお兄さんもいつも自宅に会場宛の荷物の集荷に来てくれる人でもあるのでオタバレは諦めてるが、その日発送した本が別ジャンルの汁だく801本じゃなくて心から良かったと思った


【「身内」の続きを読む】

2011.04.10 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■サイコ

ストラップ

恐い話@同人28
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1300527239/l50

399 :1/2 :2011/04/05(火) 12:57:06.31 ID:lZoeXHv10
それじゃ恐いかどうかわかんないけど個人的に納得いかない話。

現ジャンルにはリアの頃に友人Aに勧められてハマった。
斜陽ジャンルのマイナーカプだったので、同カプ者同士は仲良いのが当たり前みたいな雰囲気だった。
そんな感じでAからすごく尊敬していたBさんを紹介され、いつの間にか3人やBさんと2人きりでも遊ぶようになった。
Bさんは6つ年上の社会人だったが、リアで暇を持て余してる私たちと休みが合えば、月一くらいで東京まで来て一緒に遊んだ。

やがてAも私も受験して、AはBさんのいる仙台の大学に行くことになった。
私は都内の大学に進学し、Bさんは転職して忙しくなったとのことで3カ月に一回くらいに頻度が減った。
3年生に進級した際、私は1年留学したためにその期間は丸々会う事はなかったが、それでもメッセやスカイプで(私が)帰ってきたら遊ぼうね、お土産よろしく、等と話はしていた。
そのうち具体的に帰る日にちが決まったので、それじゃ12日の夜に東京で会おう!という話でまとまった。
そしたら帰国した日の昼に地震が起きた。
地震が起きてすぐAにもBさんにもメールとか電話とかしたけど繋がらず、自分も実家まで帰る路線が動いてなかったので早々に大学の友人の家に転がり込んでお世話になった。その事はAとBさんの二人にしか教えていないツイッターで呟いた。
留学してた時の友達から来た、心配するメールで気を紛らわしてるうちにいつのまにか寝てた。

翌日、実家最寄りの路線が動くなり早々友人の家を出て、乗り換え駅まで着いたところで、肩を叩かれた。
振り返るとそこにはBさんが笑顔で立ってて、びっくりして何も言えないでいると、人懐っこい笑みを浮かべたまま
「(私)にここで会うとは。いやほんと会えてよかった。ごめんね電話とか繋がらなくて」と言われた。
びっくりしながらも電車が来るまで1時間くらいあったので、折角だからと二人でホームで話してた。
取り敢えずお土産のうちの一つであるストラップをあげると、大事にするね!と喜んでくれた。
そのうちに電車が来たので、悪いけどまた今度、落ち着いたらゆっくり会おうという約束でまとまり、電車に乗り込んだ。
「本当にこうして会えてよかったよ。ありがとうね。」と言いながら、ホームから見送ってくれた。


400 :2/2 :2011/04/05(火) 12:57:52.21 ID:lZoeXHv10
その次の日の夜、なんとかAの携帯と連絡が取れた。
無事をひとしきり喜んだあと、「そういえば昨日Bさんに会ったよ」と言ったら相手のトーンがあっという間に下がった。
なかなか口を割らないAにいら立ちながらどうした、と問うと『いいか、覚悟しろよ』とのこと。
黙って先を促すと、Aは沈みきった声で『Bさんなら津波にのまれて死んだよ。遺体は今朝Bさんの家族が確認済みだ』と言った。
死亡者一覧にも名前があるという事で確認したら、本当にBさんの本名が引っかかった。
Aはそういう事で嘘をつく子じゃなかったし、同姓同名と言うのはそうそういないちょっと変わった名前なので本人だろう。

お互いに黙ったまま、とりあえず落ち着いたらお線香でも上げさせてもらいに行こう、という事で電話を切った。
Bさんの実家の被害はひどくなかったそうなので、落ち着いたらいつでもBに会いに来てね、とBさんのお母様から直接連絡を頂いている。


2011.04.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

夜行バス

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

506 :本当にあった怖い名無し :2011/04/08(金) 20:01:30.80 ID:vg1QsbDcO
携帯から失礼
しょうもない話だが…

小3の夏休み、初めて夜光バスというものに乗った
すごく安いやつで、トイレもついてないやつ
2人掛けで仕切りは薄いカーテンだけ

いざ消灯になったんだが、初めてだからか全然眠れない
ちょっと揺れる度に目を開けて、隣の祖父の寝顔を見てたりした

しばらくして、ふと視線に気づく
目を凝らしてみると、自分と同じくらいの女の子がこちらを伺っていた
「あ~この子も眠れないんだ」とちょっと安心
そんでまあ、揺れる度に祖父を見たり、女の子と身振りで会話(?)したりして、結局朝まで起きてた

でもよく考えたら、そんな女の子はいるはずがない
左側には窓、右側には祖父、カーテンで仕切られてるから他の座席は見えない
前後の席の子が窓に映ったのか?とも思ったが、祖父の顔でさえよく見えない暗闇の中、女の子の表情だけしっかり記憶してたなんておかしい
トイレ休憩の時に見回してみたけど、それらしい女の子はいなかった

あの女の子はなんだったんだろう
長文すまん

2011.04.10 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

従兄弟の姿

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

479 :本当にあった怖い名無し :2011/04/07(木) 00:09:09.86 ID:9r3Fojwa0
投稿初めてだから、読み難かったらごめん

俺が5歳くらいの時に、家の近くのダムの空き地でキャンプをしたんだわ
ダムといっても、大きなダムでもなくて、使われてもいないし古いダムだった
空き地も草原みたいな感じで、田舎なんで、周りに家が5,6軒くらいあるくらい
キャンプは俺と、親戚家族が二組くらいで、テントは2つだった。
夜中は興奮して、なかなか寝付けなかった俺がテントの中からみると、テントの外に、従兄弟の姿が光の影になってテントに映ってた。
俺は、まだ遊んでるのかなーって思って、テントの外に出たけど、親戚は全員テントの中に入ってた。
あれー?って思って、テントの中に戻ってみるよ、やっぱり従兄弟の姿が映っていた
俺がテントから、出てく瞬間にどっかに隠れてるのかなと思ってもう一回、テントから出るが、いなかった
そして、テントの中にもどると、従兄弟がテントの中で寝てるって気が付いて怖くなってすぐ寝た
朝になって特になにもなく、キャンプは終わった


ぜんぜん怖くなくてごめんn

2011.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

小児喘息

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

356 :本当にあった怖い名無し:2011/04/04(月) 03:19:50.36 ID:0aVnjgfgP
小3の頃、小児喘息を発症して、市が運営する海岸沿い療養施設に入寮してた。
朝は5:45起床、6:00グラウンド集合、ラジオ体操・5kmジョギング・乾布摩擦、7時に朝食、7:45から部屋の掃除、8:15に集団登校…
と、まあ、軍隊みたいな施設だった。

小児喘息やった奴ならわかると思うんだけど、霊感強い人多いんだよな。
発作起きてる時って、生死の狭間みたいな苦しみがあるんだけど、何度か発作やっているうち、平常時でもナニカが見えるようになる…

入寮するとすぐに古株に呼び出され、
朝に集合する浜から見える岬を指さされて「あれ、見える?」と聞かれる。
すると、だいたい5人に3人ぐらいが「ああ、いるね」と。
岬の突端に、白い着物を着た背の高い爺さんがいるんだよ。
爺さんは、岬の突端に立って、じーっと沖を眺めているだけ。
「見える子」は、寮室グループとは別のグループにも入ることになる。

で、「町のどこそこにはヤバいのがいるから近付くな」とか
「なんとか神社は光のシャワーがあるから、週に一度は行った方がいい」
とか情報交換をしていた。
小児喘息がおさまり退寮して、中学生ぐらいになるとなんにも見えなくなる。

ふと思い出したもんで書いてみた。


【「小児喘息」の続きを読む】

2011.04.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ドライブ

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

309 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 23:24:33.76 ID:K8qZob/80
友人のカナエちゃんの話です。
彼女は小学校時代に習字教室に通ってました。そこは子供のない老夫婦が二人でやられてた教室で、近所の小学生が多く通っていました。
中でも彼女はとりわけ先生ご夫婦に気に入られ、可愛がられていたそうです。

ある土曜日、いつものように教室へ行き、2時間の指導を終え道具を片付けていると、旦那さん先生に「カナエちゃん、明日暇だったらドライブ行こうか?何か欲しい物があったら買ってあげるよ」と誘われたそうです。
今までにない申し出に?な気分で奥さん先生の方を見るとにこにこして、「是非おいで。パフェを食べに行きましょう」と。
友人は食い気と物欲に負け、「はい!」と返事をしたそうです。
「じゃあ2時にね」、と奥さん先生と約束し、その日は帰りました。
親に話すと人様にご馳走になったり、物を買ってもらったりと許される訳がないと思い、内緒にしていたそうです。

翌日彼女は近所に住むユキちゃんとマミちゃん(私)を誘って習字教室へ向かいました。
先生夫婦は当然彼女が一人で現れると思ってたせいか、とても驚いてました。
気に入られてる立場を自覚してる彼女は「せんせー、友達もパフェ食べたいって。一緒に行ってもいい?」と当然のように聞きました。
先生夫婦は少し困り顔で「どうしようか大丈夫かしら」とこそこそお話していたのですが、そこに急にユキちゃんが「お腹痛い、おうち帰りたい」とぐずり出しました。
姉御肌のカナエちゃんは、何?そいつは見捨てちゃおけねえなあとばかりに、「先生、ごめん!ユキちゃんちょっと連れて帰ってくるから。ドライブはまた今度」と言うと彼女と私とでユキちゃんを両側から挟む形で支えました。
すると奥さん先生が車から降りてきて「じゃあまたね」と彼女を涙混じりにきつく抱きしめました。私は大袈裟だなあ、でもカナエちゃんそんなに何でも買ってもらう位好かれてるなんて羨ましいなあと思ったことを覚えてます。
カナエちゃんは「また今度ね~」とユキちゃんを支えながら去っていく車に手を振ってました。


310 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 23:26:36.25 ID:K8qZob/80
結局またの機会は訪れませんでした。
先生ご夫婦はその日の夕方に、某岸壁から車ごと身投げして帰らぬ人になったのです。
警察が先生宅を捜索したところ、綺麗に片付けられたご自宅兼教室の先生の教卓の上には大変達筆に書かれた遺書と、カナエちゃんのご両親に宛てられた手紙があったそうです。

遺書には旦那さん先生が回復の見込みのない病であること、奥さん一人残すのは辛いので話し合った結果お二人と、最愛の生徒であるカナエちゃんを連れて旅立つ事が。
またカナエちゃんのご両親に最大限の陳謝とささやかながら残る全財産をお譲りする旨が書いてあったそうです。

カナエちゃんはお父さんお母さんに黙ってドライブに行こうとしてたことをこっぴどく怒られたそうで。
ユキちゃんはトイレ行ったらケロっとしてました。
あの時、ユキちゃんがお腹痛いと言わずにトイレ行きたいと言ってたらと思うとほんのり怖くなります。
ユキちゃんありがとう。。。カナエちゃんのいけず。

2011.04.10 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

一人かい?

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

289 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 21:37:22.05 ID:K8qZob/80
小学校2年生の時の話です。

とある土曜日、親戚で不幸があり両親ともにお通夜へ出席することに。
私は一人家で留守番する事になりました。
父はそのまま泊まり込みで、母は12時前には帰れるから、ご飯を食べてシャワー浴びたら寝ときなさいと言い残し外出。
私は一人きりの時間を不安混じりにも見放題のテレビを見てエンジョイしておりました。

うちは九州の田舎なので隣家とも少々距離があり、あたりはとても静か。
8時9時台のバラエティーも終わり、ニュースの時間帯になってくるとあ~もう何もする事無いな~お風呂入って寝ようかなという感じに。
寝転がってマンガなど読みながら暫くだらだらしてますと、玄関のドアをノックする音が。
てっきり母が帰ってきたのだと思って私は玄関へ駆けていきました。

すると磨りガラスの向こうに大きな人影が。
母は身長150センチくらい、父にしては横幅がある
?と言う気持ちで「はい」と声をかけたら、野太い男の人の声で「お嬢ちゃん、お父さんいるかな?」と。
うちの父はかなりの酒飲みで、父の飲み仲間がよく家へ来て飲み会をやっていたのですが、てっきりその友人の一人かと思い、不用心にも「お父さんはお葬式にいっていません」と即答しました。すると暫しの間の後「お母さんは?」と。
母は飲み仲間の人たちからは、親しみを込めて”マサエさん”と呼ばれたのです。
子供心にも疑念を感じ、あれ?この人家に来る人じゃないのかな・・・、どうしよう、何て答えようともじもじしてると、今度は少しキツい調子で「お母さんもいないの?」と。

私はそこで、この人はどうしてなまってないのだろう?と気がつきました。
明らかに地元の人の話すアクセントではないのです。
段々と不安が胸を占めていき、男の質問に答えられずにいると、今度は優しげな猫撫で声で「お嬢ちゃん、一人かい?」と聞いてきました。


290 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 21:39:04.08 ID:K8qZob/80
私は泣きそうになり、無言でその場に立ち尽くしていると、「ちょっと開けてくれるかな?おじさんお父さんに届け物に来たんだ」と優しい口調で言いました。
声を振り絞って「あ、明日また来て下さい」と答えると、少しの無音の後ドアのノブがガチャガチャと大きな音を立て、激しく回り出しました。

男の意図を感じ取った私はもう心臓はもうばくばくで、呼吸は止まりそうな程。助けを呼ぶために叫ぼうにも声は出ず、凍り付いていると今度は磨りガラスをこぶしで叩く音が。
ドンドンと言う大きな音とともに「お嬢ちゃん、開けて、開けてよ」と男は怒鳴りだしました。
止めて下さい、と鳴き声で何度も叫ぶと「うるさいっ!!!」と大喝されました。

その声でびくっとなり、電話のある居間へ駆け出しました。ただ受話器を取っても何処にかければいいか分からず。両親のいる斎場の番号は分からない、110番にかけて怒られはしないかと、受話器を抱えたまま泣いていると、背後でガシャンと言う音が。
振り向くと居間のガラス窓の窓が割られて大きな穴が。心臓ばくばく最高潮でで口があうあうなりながら振り向いた姿勢で固まっていると、黒いジャンパーの大きな腕がにゅうっとガラス穴から伸びてきました。
私は漸くその段になってきゃーっ助けて-!っと些かドラマめいた口調で叫び出しました。
腕は手探りで窓のロックを探してます。ロックを見つけ外そうと腕が動きを早めると今度は玄関の方で違う音が。

玄関を平手でバンバンと叩く音が聞こえ、「マミちゃん!マミちゃん!おばちゃんよ。今警察呼んだから!」と誰かが叫びました。私はその声に呼ばれるように玄関に駆けだし、引き戸を開けてその声の主に飛びつきました。


291 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 21:43:07.92 ID:K8qZob/80
声の主は隣のおばちゃんで、知らない男の怒鳴り声が聞こえたので様子を伺っていたらガラスが割れる音が聞こえたので飛びだしてきたと。
警察を呼んだと言うのはおばちゃんの咄嗟の嘘だったのですが、効き目があったようで男はいつの間にか消えていました。

おばちゃんはうちに上がるとすぐ110番。
私はおばちゃんにすがって泣いていました。
警察が来たのは何も知らない母が帰ってくる少し前、それから30分立ってからのこと。
母は泣きながら私を一人で留守番させたことを謝り、話を聞いた父もすぐ帰ってきました。
結局、男の正体は何も分からず、流れの空き巣狙いじゃないかと言うことになったようです。

余談ですが、うちの町は九州の東シナ海沿いにあり、不審船の目撃例多発地区です。
また謎の失踪や行方不明も少なからず聞く町です。
男の正体も目的もはっきりしないせいかあれから随分と時間が立ちましたが未だにトラウマです。
うるさい!と怒鳴られた場面と、窓の鍵を手探りで探す黒いジャンパーの腕は何度も夢に見てうなされます。
落ちも何もなくすみませんが、これが私のほんのり怖い話でした。

2011.04.10 | | Comments(18) | Trackback(0) | ■サイコ

元彼

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

206 :本当にあった怖い名無し :2011/04/02(土) 23:17:54.08 ID:r37nrd/20
珍しく平日に休みが取れた日。
彼氏が出勤するのを見送って、掃除して洗濯して、お昼食べたらちょっとうとうとしてきたから、ベッドに横になってたのね。
たぶん30分くらい寝ちゃったんだと思う。ふっと起きたら、頭がぼーっとして、なんて言うのかな。軽く金縛りみたいな感じで、体が動かなかったのね。
でもまぁ私にとってはよくあることで、
「変なタイミングで起きちゃったかな、もっかい寝ちゃお」
くらいにしか思ってなかった。
で、二度寝しようと思ったら、今度はぎゅっと抱きしめられる感覚。
「あれ…?彼氏帰って来たのかな…?」
ぼーっとしたままの頭でそんなこと考えてたら、はっきりとした声で、
「ごめんな」
って聞こえた。その瞬間、金縛りが解けて、涙が止まらなくなった。
元彼の声だった。
忘れてたつもりの、元彼の声だった。

今の彼氏と元彼は親友同士で、よく三人で遊んでた。所謂ドロドロした三角関係とかじゃなくて、元彼が海外赴任になる時、今の彼氏に私を預けてった感じ。
こう言うとなんか変だけど。
私が今の彼氏と付き合うことになった時、元彼も喜んでくれた。あいつなら大丈夫だって。


207 :本当にあった怖い名無し :2011/04/02(土) 23:18:13.48 ID:r37nrd/20
彼氏が帰って来たらこの夢の話をしよう。
そう思って、夕飯の準備をした。
なんとなく、元彼が好きだったグラタンとポテトサラダ。
「ただいまー!」
「おかえり、あのね、今日変なゆ…」
「今日営業車で寝てたらさ、あいつが夢に出て来て、んで殴られたwww なんなんだよあいつ…俺のこと見張ってんだけどwwwwなんか最後は泣きながら抱きしめられたしwwすっかり外人気取りですよ!」

その夜、元彼が赴任先の事故で亡くなったと連絡が入った。
最期に会いに来てくれたんだと思うと、涙が止まらなかった。

ちょうど、三年前の話です。
私は来週、結婚します。
誰かに話せるまで、三年もかかっちゃいました。
私にも彼にも霊感なんてないし、オカルトを信じてる訳でもありません。
でも、人が人を思う気持ちって、時には不思議な力を持つのかも。
日本が大変な時期になって、最近一層、そう思います。

2011.04.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

うるさい

ほんのりと怖い話スレ その71
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299993563/l50

188 :本当にあった怖い名無し :2011/04/02(土) 12:22:33.00 ID:mA3zSO0U0
数年前リビングで母とテレビ見てギャハハって騒いでたら、ソファーで寝てたうちのねこが急に
「うぅるにゃい!!」
ってすんごいでかい声で鳴いた。鳴いたというか喋った。
もう人みたいな声。
(ね、ねこが今うるさいって…)って母と私ボーゼン。
しばらくしてハッと我に返って
「ほ…ほらオカン静かにしなきゃだめだよ;」
「そ、そのようだね…;」
ってテレビ消して、しばらく二人で黙ってたけど、
なんかねことの間に気まずい空気を感じて、
その時はお互いリビングをすごすごと出た。

「あのねこ化けねこになったんじゃないの!?」
って母はしばらくねこを警戒していた。
でも、その時以来うちのねこが喋る事はなかった。
喋れるんだろ~なんか言いなよ~ってたまに絡むけど、ねこは迷惑そうな顔するだけ。会話出来たら楽しいのになあ~。

2011.04.10 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

真っ黒黒すけ

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

958 :本当にあった怖い名無し :2011/04/06(水) 19:35:36.52 ID:2qtz2tyA0
昨年あたりから、朝、目覚まし前に目が覚めると
天井に虫のような黒い集団が見えて、ぎょっとした。
初めて見たときは、起き上がった確認したくらい。
じっと見てると天井の角に消えていく。
あれから何回か見るけど、今朝真っ黒黒すけかとw
でも、うちは新築マンション。
これってなに?


2011.04.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

宗教

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

957 :本当にあった怖い名無し :2011/04/06(水) 19:33:03.45 ID:aS9lih7s0
思い出した。
オレの母親が宗教入ってて、ある日、その仲間が来たんだ。
オレは親が騙されてると思ってるから、いつも腹立ってたんだけど
その時はつい刃物持ち出して、ころすって言って向って行ったんだ。
そしたら間に立ってた親が刃物を手の平で止めたんだけど、刺さらない上に刃の方が横に曲がっていってビックリした。
なんか光ってた気もする。

2011.04.10 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■怪異

バナナの絵

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

933 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 22:24:28.21 ID:PHfB4xqq0
小学生の頃の話。
俺はさっちゃんの怖い話を本気で信じていた。その話ってゆうのが、さっちゃんの歌を全部聴いてしまうと夜、さっちゃんの幽霊が足をもらいに鎌を持ってやって来る、というもの。これを防ぐには枕元にバナナの絵を毎晩置いて寝なければいけない。
今考えるとバカらしいが、本気で信じていたのだ。


934 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 22:30:51.81 ID:PHfB4xqq0
俺はその話を六月の始めに友達から聞き、その日の晩から枕元にバナナの絵を置いて寝ていた。
最初の方は怖かったのだか、日を重ねる内に枕元にバナナの絵を置いて寝るという事が当たり前になっていき、怖くはなくなっていた。


935 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 22:39:51.86 ID:PHfB4xqq0
そうこうしているうちに七月下旬になった。
夏休みに入る前に先生が図書室で一人三冊本を借りましょう、と言うのでクラス全員で借りに行った。
こうして夏休みが始まった。
もちろん、バナナの絵の習慣は続いている。
俺は友達と外で遊ぶというより家でゲームをしている方が楽しかったので外に遊びに行くということはなく、友達が家に来るということもなかった。


936 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 22:47:12.19 ID:PHfB4xqq0
夏休み終盤。
十一時も過ぎたので寝ようと思いベッドに入り枕元を確認した。

絵がない。

ベッドの下も確認した。
ない。
俺は家中を探し回ったが見つからなかった。
やばい、さっちゃんが来る。
あまりにも怖かったのでその日は母の布団で一緒に寝た。
朝になりホッとした。
なんだ、さっちゃんの話はウソだったんだ。
母にも笑われた。
その日から枕元には何も置かずに寝た。


937 :本当にあった怖い名無し :2011/04/05(火) 22:59:58.55 ID:PHfB4xqq0
夏休みが終り、始業式の日。
あの入れを教えてきた友達にさっちゃんは来なかったと話した。
当たり前じゃん、来る訳ないじゃん。
友達がそう言ったのでこんな噂話を本気にしていた自分がバカに思えてきた。
始業式が終り、ホームルーム。
先生が、夏休み前に借りた本を返しに図書室に行きましょう、と言った。
クラス全員で図書室に行き本を返す。
余った時間は読書をしなさいと先生が言った。
俺が読みたい本は棚の高い位置にあり届かなかったので先生に頼んで取ってもらった。先生が棚から本を取ると、その棚から一枚の紙切れが落ちてきた。
あのバナナの絵だった。

長文失礼しました。

2011.04.10 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

ぶつかっちゃ駄目でしょ

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part68
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/l50

896 :本当にあった怖い名無し :2011/04/04(月) 14:49:20.21 ID:S5XNZj+70
幼稚園の時の話で、十五年くらい前なんだが少し書き込ませてくれ

昔、家族三人でデパートに行ったんだよ。
それで俺は(今考えるとすごい迷惑だけど)走り回ってたんだ。
父もいたから多分日曜日なんだろうけど、凄い混雑してるから、まぁ人にぶつかるよな。
で、そのぶつかった人が凄い長い、腰くらいまである白髪だったんだ。
まぁやばいって思って止まるよな。
そしたらまぁその白髪の人も痛いし、誰にぶつかったんだか気になるから振り向いたんだろ。
振り向いて顔が見えたその人を見るからには女の人なんだけど、なんか目が蛇みたいに丸くて、すっげぇ赤いんだ。

それでその人に
「人にぶつかっちゃ駄目でしょ? お姉さんは死ななくても体が死んじゃうんだから」
って言われたんだ
そのあとすぐに謝って母さん達の所まで戻ったんで後は覚えてないんだが、なんか凄い怖いっていうか理解ができなかった体験。
乱雑な文章で申し訳ない。

2011.04.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

お礼

猫に関する不思議な話 2
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295256093/l50

959 :本当にあった怖い名無し :2011/04/07(木) 11:01:16.25 ID:9m4Acn9m0
実家で21年飼ってたぬこさん。
銭湯好きの父が銭湯に行く途中に子猫だったぬこに遭遇。
銭湯から出てきたら待ってて家まで付いてきたそう。
翌日も同じ。
その話を聞いた私と姉は外でぬこにご飯をあげた。
飼いたかったけど母がぬこ大嫌いなので無理だろうと諦めていた。
翌日は朝から家の前で「ご飯にゃ~」と催促するぬこに、なんと母がご飯を上げていた!
その日からぬこは家族の一員になった。
夜は日替わりで家族のお布団を転々とし、ご飯は3回同じものが続くと飽きて食べなくなるので母は毎日色々と手を加えたご飯を食べさせていた。
女王様ぬことして我が家に君臨したぬこは、大きな病気もせず21年後老衰で大往生した。

霊園にて供養し1ヶ月ほど経った有る日の夜、寝ていた母の布団の足元から頭に向かってぬこが歩いてくる感触があったそう。
翌朝父に話すと父も同じ体験をしたと・・・
その日霊園から「お位牌ができましたよ」と連絡があったらしい。

お礼を言いにきたのかな?

長文スマソ。

2011.04.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

チビクロ

猫に関する不思議な話 2
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295256093/l50

943 :本当にあった怖い名無し :2011/04/06(水) 18:32:55.03 ID:99WZAd93O
自分が家を出たと同時に消えたうちの猫、しっぽがピカチュウみたいな形で白黒でオスだけど小柄
右耳が喧嘩で傷付いて半月状

8年ぶりに実家に帰って、誰もいないもんだから暇でボーっと庭を見てると消えたはずの猫がチョコンと座ってニャーと鳴いた
俺も「久しぶり!」と再会を喜んだ

猫が消えたと聞いて最初の1年くらいは電話で猫のことを毎回聞いてたんだけど、家族も近所の人も全く姿を見なかったそう。
チッチッと呼ぶとゴロゴロいいながらすり寄ってきたのでしばらく可愛がってた

10分くらい経ってたかな…急にどっかを見つめて、膝の上から降りて路地の方にニャーニャー鳴きながら歩き出したんだ
名前を呼ぶと、振り返ってしばらく見つめ合って、俺が「もう行くんか?」と言うとニャーと鳴いて小走りで路地の中に消えてった
やっぱりお別れはいやだ!と思ってすぐ追い掛けて路地の先の空き地まで行ったんだけど、猫の姿はない
名前を呼んでも返事はない
諦めて家に戻ると母親がいて、今猫が来てたことを伝えると
「あんた、チビクロは死んだよ!4年くらい前にあんたの部屋の窓の下で!ガリガリに痩せてたんよ!」

母親は違う猫じゃないか、気味が悪いって言ったけど、鼻にハナクソみたいなホクロもあったし
酒焼けしたような声、顔を近付けるとおでこをくっつけてきてひねりながらゴロゴロいう仕草
あれは違う猫じゃない

と思いたいけど、死んだ猫がいるわけないよな
夢だったのかな

2011.04.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

神社の神様

猫に関する不思議な話 2
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295256093/l50

910 :本当にあった怖い名無し :2011/04/04(月) 11:13:19.20 ID:T7oGmmbo0
震災での被害はほとんどなかったものの、津波で水をかぶった地域。

地震発生後、町内で一番高いところにある神社に避難していく途中、見慣れない女の子が、前から町内をうろついていた猫を数匹抱えて走るのを複数の人が目撃している。

小学校低学年くらいの女の子で、黒か紺のジャージの上下着用。
ほとんどの目撃者は走って追い越されたそうだ。
当時は不思議に思わなかったが、死に物狂いで走る壮年の男性などを、腕いっぱいに動物を抱えた小学校低学年の女の子が追い抜けるものだろうか?
しかも、うちの町内は南と西が海に面しており、北は山で、東は車で30分ほど行くと隣町というどんづまりの田舎町なもので、基本的に「知らない子供」がいることがまずない。

町内で直接の死人は出なかったが、海に近い通りなどは軒並み半壊。
しかし、浜の近くに住んでいた野良猫の多くは無事だった模様。

あの女の子は神社の神様かな?
それともその手前にまつってあるお地蔵さんかな?
と、地元で今一番ホットな話題として語られている。

2011.04.10 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

親子の情

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】43
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1299198589/l50

352 :315 :2011/04/07(木) 23:38:55.27 ID:P2thT5Dz0
以前、トンネルの崩壊事故で亡くなった人の遺族を取材したTVか雑誌か忘れたけど・・・

若い男性が実家滞在の最後の晩、どうゆうわけか、両親の部屋で寝たがって、もういい大人の息子と久々に川の字になって、親子で就寝したそうです。

そして翌日、その男性は実家の両親を後にしてトンネルを通行中に事故に巻き込まれて亡くなったとか・・・

偶然でも何かの予知能力でも、親子の情って悔やんだり納得したり・・・なんですね・・・


2011.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

遺書

【心理的瑕疵】いわくつき物件の怖い話【霊障】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1279161635/l50

250 :本当にあった怖い名無し :2011/04/07(木) 22:20:02.24 ID:r3BbSrPbO
昔住んでいた家が競売物件だった
仲介が入ってたんだけど、親は安い安いで即決

中古だけど、結構新しい
それに家具付き
家財道具も付いていた

おいらは中坊だったのでなんの相談もなく、初めて中を見た日が入居日

ある日、もともとあった書棚の本をめくっていると、なにやら手紙が…


遺書でした
幽霊の類いは何もないが、未だ釈然としないね

2011.04.10 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

呪われた家

【心理的瑕疵】いわくつき物件の怖い話【霊障】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1279161635/l50

242 :本当にあった怖い名無し :2011/04/04(月) 12:05:28.56 ID:9AB8oaEM0
知り合いの近所の家。

建築中に通りすがりの無関係な人が、勝手に侵入して首吊り自○した。
完成した家には中年夫婦と妻の母、夫婦の中学生になる息子が住み始めた。
ほどなくして妻の母が、夜更けに近辺を徘徊し始める。
認知症と思ったらそうではなく、家にいると家人に怒られるそう。
入浴も食事もまんぞくにさせてもらえず電話を使っても怒られるため、近くにある公衆電話をかけるために夜遅くに家を出ていたとのこと。
ちなみにこの家、購入の大半の資金は妻の母が出していた。
やがて妻の母は、市内に住む別の娘に引き取られ二度と姿を見せなかった。

ある時期から夜になると、この家の廊下で火の玉が飛ぶと噂になった。
しかしそれは火の玉ではなく、夫婦の妻が夜ごとロウソクを持って室内をうろついているのだった。目的はわからない。


243 :本当にあった怖い名無し :2011/04/04(月) 12:21:39.72 ID:9AB8oaEM0
またある時期から「家の中を覗く奴がいる」と、雨戸を締め切るようになった。
誰かが侵入しようとしていると言って塀の上に鉄条網を張り巡らし、門を封鎖して板を打ち付け、監視カメラを複数設置。
猫が庭を歩いただけで警察に何度も通報し、隣の家の桜が散るのが迷惑だと頻繁に怒鳴り込んで木を切らせた。

中学生だった息子はほとんど姿を見せないまま卒業してそのまま引きこもり、やがて両親に激しい暴力を振るうようになった。
後に精神障害が見つかって通院するようになったが、症状は一進一退らしい。

他にもまだまだいろいろあるが、夫婦の常軌を逸した行動を含め、近隣では呪われた家と密かに囁かれている。

長文でしつれいしました。

2011.04.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

英語な、英語

◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/l50

861 :本当にあった怖い名無し :2011/04/08(金) 03:52:17.20 ID:z/Vq+92y0
単なる夢の話になるかも知れないからスレチっぽかったらスルーよろ。

さっき寝てみた夢なんだが亡くなった祖父が出てきた。
かれこれ亡くなって2年経つが、親族の夢にはそれなりに現れるらしいのに俺の方に出ることは無かった。
俺が不孝者だから、昔から期待して可愛がってくれてた祖父からしてみれば俺は裏切り者だから出ないのかなと思ってた。
夢の中では生前の祖父らしく高級料亭に行っていた。部屋には見知らぬ老人ら5~8人と居てなんかしゃべりながら食べてた。
そういえば祖父の死をきっかけに祖父の従兄弟やら叔母やら何人か亡くなってたが、俺は面識も遺影も見たことが無かったからその人達が5~8人の当該者なのかは分からなかった。
途中で俺が用を足しに行くと言うと祖父もついてきて、なぜか洗面所で話した。
話の内容は覚えてないが、祖父の顔が、俺が小学生くらいの時に見た元気なころの顔だったのは強く覚えてる。
結局何話したか分からない。よく誰かが熱弁するのを全く意識せず聞き流したかのような感覚だった。
ただ、最後に俺が「じゃあこれで行くわ」と言うと「ちゃんと頑張んなさいよ、あと英語な、英語」と言われた。
英語というのは生前から電話やら対面やらの都度言われてたのだが案の定今回も言われてしまった。ここで起きた。

31日が命日だったが、毎晩ネット漬けで現実逃避してて夢なんか最近見てなかった。
31日以降で夢を見たのは今日が初だと思う。起きた瞬間、見棄ててなかったと思う嬉しさと、本当に裏切ってばかりだという後悔やらで妙に胸が痛い寝起きになった。

まぁ単なる夢だと思うが、夢であっても久しぶりにあのドスの効いた声を聞けた気がする。これ書いたら今日から真面目に夜は寝るわ。英語は流石に・・・。
長文スマン。


【「英語な、英語」の続きを読む】

2011.04.10 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part53∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/l50

518 :本当にあった怖い名無し :2011/04/03(日) 18:35:14.88 ID:QbRjD6UpO
携帯から失礼します。

学生時代に自転車で旅をしてたときの話。
その日は長野の松本から上高地へ向かい、途中にある道の駅みたいなところで野宿することに。

管理人さんに許可をもらって、店の軒下で寝かせてもらった。
本格的な登りが始まる前で割と車通りも多かったけど、日が暮れるとなかなか不気味で早々に眠ることにした。
夏だったのでテントは張らずシュラフだけで寝たんだけど、貴重品はシュラフの中に入れて食料などは枕元に置いたまま寝た。

朝方に予定よりも早く目覚めてふと枕元に置いたトウモロコシをみると、芯だけが残っていた。
それだけなら動物にやられたで済むけど、乱暴に食われた芯がきちんとラップに包まれていてゾッとした。

最初は寝惚けて自分で食べたのかとも思ったけど、釈然としない。

その場でサランラップから出して食べ終わったらまた包み直して去ったということか?
急に恐ろしくなって慌てて準備してそこを後にした。

2011.04.05 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。