FC2ブログ

霊園

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

464 :本当にあった怖い名無し :2011/10/04(火) 15:39:41.67 ID:qIViqGbQ0
大学生のときの話

当時俺は福岡にすんでてある夏の日に友達居なかったから一人で夏祭りに行った。まぁ一人だとあんまり楽しくなかったから
もう帰ろうとしたとき一人でキョロキョロしてる男の子を見つけた。迷子かなと思って声をかけてみたんだ。そしたら
「お父さんとお母さんが、一人で行きなさいって言ったから一人で来たの」だと
なんか可哀相になったからちょっと食べ物おごってやったり、いろいろ屋台につれていってあげた
そして、だいぶ夜も更けてきたから、せめて家まで送ってあげようとして一緒に夜道を歩いてた
んで帰り道の霊園に差し掛かったところで
「お兄ちゃん今日はありがとう!」って言って、突然霊園の中に走って行った。
俺は一瞬ポカーンってなったけど急いで霊園の中に入った、でも結局見つかんなかったな

もしかして幽霊だったのか、人間だったのか今はもうわからん


2011.10.12 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

いかにも幽霊

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

449 :本当にあった怖い名無し :2011/10/04(火) 08:25:56.46 ID:fsJUGGdA0
俺が小3位の時、両親共に働いていたため夜8時頃まで留守番していた。
リビングでテレビをみてて、その部屋の入り口の扉を全開にしてた。
向かいにある和室2部屋が奥にあり、仕切りとしてふすまがあるがそこも開けておくと部屋の一番奥まで見える。
その時もその状態(今でも大体開けてる)で、ふとそっちの方をみたら和室の間にあるふすまの所を白のワンピースに黒髪ロングのいかにも幽霊と言われそうなのが横切った。
ぬぁ?!泥棒か!?
と思ったと同時にその部屋までダッシュしたが誰も居ない、少し探したがその場所に隠れられる所も無いし、横切った先が縁側で外に出られるガラス戸もあるが、鍵がかかっていたので消えたと思わざる得なかった。


450 :本当にあった怖い名無し :2011/10/04(火) 08:26:59.74 ID:fsJUGGdA0
そんな話をついこの間物心ついた時からの幼馴染に話したら
幼馴染「そういえばちょうどその頃にお前ん家に行った時、その縁側の所から中を見たらおばあちゃんが居たな。その時は疑問に思わなかったけどよく考えたらお前ん家におばあちゃんいないよなww」
と言われ、ほんのり怖かったw
後にも先にも黒髪ロング白ワンピースとおばあちゃんなんて見てませんけどねw

2011.10.12 | | Comments(9) | Trackback(0) | ■怪異

案内

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

384 :本当にあった怖い名無し :2011/10/03(月) 06:10:56.14 ID:WcMhZyWf0
近々行こうと思っているお寺のホームページを見ていたら
住所や電話番号の書いてある欄にこんな一文が・・・

ご注意:カーナビでこられる場合、他の場所に案内される場合がございますのでご注意ください。



【「案内」の続きを読む】

2011.10.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

空き巣

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

324 :本当にあった怖い名無し :2011/10/02(日) 12:34:10.71 ID:PRNQvH6s0
ちょっと外出してたら空き巣に入られた。
ほんと30分くらいの外出だったから、鉢合わせなくてよかったなーと、盗られたもの確認しつつ警察に電話しようとしてたら
玄関が開く音。隣の人、玄関の開け閉めうるさいなぁなんて思ってたら、元彼が小さいナイフ持って入ってきた。
別れるときモメて、合鍵返してもらってなかった...

すっごいなだめて刺されはしなかったけど、怖かったなー。相当恨ませちゃったんだなって反省もした。

元彼が玄関出た瞬間、カギとチェーンして警察に電話した。

結局空き巣だと思ってたのも元彼で、今までに何回も侵入してたらしい。

何年か前の話です


【「空き巣」の続きを読む】

2011.10.12 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■サイコ

僕の腕知りませんか

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

300 :本当にあった怖い名無し :2011/10/01(土) 23:08:03.34 ID:VU64yO5v0
ちょっと前のことだが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。
サラリーマン風の男は
「僕の腕知りませんかー」
「僕の腕知りませんかー」
と甲高い大声を上げながらホームを行ったり来たりしている。
ちらほらとまばらにいる他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思いだせないのだが、男は片腕がないようだった。
スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。
男から目を離し、携帯を見ている間にどこかにいってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。
電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、

耳元で
「知りませんかあ?」
男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。
俺は腰を抜かしそうになった。

パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入ってきた。
よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。
一瞬のことだった。

しかし消えてしまったかのように男はいなくなっていた。
男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。
回りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合せた。

ホームをよく見て回ったが、男の姿はなかった。
以来その男は見ていない。

2011.10.12 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

インターホン

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

258 :本当にあった怖い名無し :2011/10/01(土) 00:30:39.46 ID:iYZaNd6X0
ほんのりとも怖くないかもしれないが、俺が体験した話

家族が出掛けてて、俺ももうすぐ家を出るって時にインターホンが鳴ったんだ。

で、出掛ける前にセールスの相手とか面倒だし、俺が家を出るまでにはどっか行くだろうとシカトしてたんだ

音沙汰ないんで、さて、家を出るかって時にまた鳴った

はぁ?って少々ブチ切れながらモニターのとこまで移動してる途中、ピンポピンポンピンポンピンポーンピンポピンポピンポーンってランダムに連続で鳴らすから
家族が忘れ物?泥棒?友達?とか思いながら急いでモニターの映像をみたんだが誰もいなかったんだ

ウッソマジで泥棒の留守確認かよって思って、今度二階の窓からそっと玄関見下ろしたら誰も居なかった

その間にもインターホンはランダムに鳴り続けてた

よくある話みたいですまんがその時は本当怖かった


2011.10.12 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

線香の香り

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

223 :本当にあった怖い名無し :2011/09/30(金) 14:13:32.35 ID:NxvYqnuk0
ほんのりでもないかもだけど、気になる事があるので聞いてください。
数ヶ月前に色々あり、実家に戻ってきました。
精神的に限界で絶望し、自殺を考えていました。
今もそんな感じで、毎日鬱状態で家事などしています。
気分に波があり、どうしようもない気持ちになるとどこからか線香の香りがします。
一人の時でも家族がいても香ってくるんです。
ですが、家族には全くわからないみたいです。
それに家に常備してある線香とは違う香りで、線香の香りが染み付いた物などもありません。
数年前に立て続けに亡くなった祖父母が何か伝えたいのか…など考えてしまいます。
実際に心霊体験などしたことない私ですが、気になって仕方ありません。
最近は強く香ってくることがあります。
全く怖くなくてすみません。

2011.10.12 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■サイコ

ママ

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

207 :本当にあった怖い名無し :2011/09/29(木) 11:09:03.91 ID:WVUaHwGJi
俺の彼女の話。
今年の三月くらいに携帯を機種変した。
機種変してからしばらくして変な着信がたびたびあった。
『ママ』と表示され電話番号も普通に通知されているのだ。
一見普通に感じるのだが、彼女の母親は名前で登録されており『ママ』なる人物は登録されていない。
電話番号に掛け直しても『お客様のおかけになった電話番号は現在使われておりません。』とアナウンスされる。

なにより怖いのが、着信があってからしばらくすると高確率で地震があることだ。

いったいなんなんだろう。

2011.10.12 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

子供の声

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

123 :本当にあった怖い名無し :2011/09/26(月) 19:58:02.38 ID:010MyJWX0
うちの親父が経験した話です。

親父が旅行で山口県の萩城にいった時に、ある場所から子供の声が聞こえてくる。
でも、そこには誰もいない。
どうせ空耳だろうと思いホテルに帰り寝ることになった。
その晩から同じ夢を見るようになる。
夢は子供の目線で囲炉裏のある家で生活して、知らない子供と花畑であそんだりする夢だった。

家に帰ったあと3日ほど原因不明の高熱で寝込み、流石にまずいと思ってお祓いに行ったら治まったそうだ。

これは、後々わかったことなんだが。
親父が子供の泣き声を聞いた場所は昔子供が切腹した場所だったそうだ。

もしかしたら、親父は切腹して死んだ子供の記憶を見ていたのかもしれない。

2011.10.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

牛の解剖実験

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

98 :本当にあった怖い名無し :2011/09/25(日) 18:07:30.12 ID:oJhV5ypG0
幽霊系ではないけれど、不可解な記憶。

今から15年くらい前かな?当時小学生だった頃。
ちょうどそのころ自分たちの住んでる街の再開発が進んでて、古かった街並みや原っぱが消えて小奇麗な住宅街やら県立施設やらがあちこちにできはじめたんだ。

やがて小学校の近くに県内でも最大規模の図書館ができたんだよ。
斬新なオブジェもできちゃってさ、もともと大型の商業施設も近くにあったから、その界隈だけ未来都市みたいだった。

夏休みのある日、母と一緒にその商業施設に買い物に行くと、図書館のエントランス前の広場に運動会とかで使うようなテントがポツンと設置されてたんだ。


99 :本当にあった怖い名無し :2011/09/25(日) 18:33:13.04 ID:oJhV5ypG0
白くて真っ平で真新しいタイルの上に安っぽいテント。テントの下には、一人の人影。
若い男の人で、メガネをかけてて白衣を着ていた。
テントのそばにのぼり(?)がかけてあった。
『牛の解剖体験』
人物の前にはPTAの時につかうような、長机が置かれていて、遠目に何か塊みたいなものが見えた。

「あれなんだろうね…」と私が母に聞くと、
「見ちゃダメ!あっち側の道通らないようにしよう、牛の頭が乗ってるわ…」と。

帰りがけにまた遠目に見ると、一人の小学校低学年くらいの男の子が、夢中になってテントの下の机にかじりついてるのが見えた。
本当に解剖してるんだろうか…
子供心に「あのこどういう大人になるんだろうな…」と思った。

その後夏休み明けにクラスの友達にその出来事を話したところ、結構目撃者がいて驚いた。
中には実際に体験した猛者も(全員男子だったけど)
「なんか大学生のお兄さんだったよ。
図書館の中のシャボン玉実験の係の人と同じ大学だって言ってたよ」
(シャボン玉実験の方は私も当時夢中になって参加してました…)
「俺目ン玉触った!気持ち悪かったwww」
「俺行ったとき、脳みそほとんどなくなってた!」など口々に…

今思うと、あんな真夏の屋外で、牛の生首置いて子供相手に解剖やらせるとか、エキセントリックだよなぁ…
やるならせめてフナ止まりだよなぁ…
ともやもやした気持ちになる。
ちょうどサカキバラ事件が起こる前年だったと思う。
だからこそああいうイベントが成立してたんだなぁ…。
小学校の同窓会でこの話が出たので、書き込みました。

2011.10.12 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

オレ!

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

93 :本当にあった怖い名無し :2011/09/25(日) 12:48:07.68 ID:wdQL3wnx0
さっきまでストレス発散でカラオケ言ってたんだ。

独りだったから気楽に好きな歌を熱唱しまくってたんだよね。
で、マツケンサンバを歌ってた時に「オレ!」って言った瞬間、耳元で同じく「オレ!」っていう声が響いた。

思わず歌うのを止めて周りを見渡してしまったけれど誰もいない。
直ぐに曲を止めてみたけれど、他の場所からも音は聞こえなかった……。
あれは一体誰の声だったんだろう?

何となく怖くなって、そのまま直ぐ帰っちゃった。


【「オレ!」の続きを読む】

2011.10.12 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

女の声

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

90 :本当にあった怖い名無し :2011/09/25(日) 10:51:16.34 ID:SD02X8HR0
これは人から聞いた話なんだけど、以前勤めてた職場で飲み会があって、結構いい感じで盛り上がってたんだけど、なぜか話の流れが自分の体験した怪談披露の方向に。
その時の参加者の一人の話が個人的にとても印象に残ったのでその話を。

その同僚(以下A)が高校を卒業して大学生になって一人暮らしを始めた頃の話。
その頃はまだ携帯が普及し始めたばかりで、Aはまだ携帯を持ってなかったから、住んでたアパートに固定電話をひいて使っていたわけです。

しばらくしてAも携帯を契約したんですが、携帯を買った帰りのこと。
とにかく早く使ってみたくて、でも友人の番号とかは暗記してたわけじゃない。
かといってわざわざ家族に携帯買った報告なんかするのもなんだかなぁと思ってた。
そこで思いついたのが自分のアパートの部屋の電話にかけてみることだった。
別に誰かと話したいわけじゃなくて、とりあえず繋がることがわかれば良かっただけだから、さっそく自分の部屋に電話してみた。

Aは一人暮らしだから当然誰も出るはずがなかったんだけど、その時は3コールほどで電話は繋がった。
え? と思って固まっていると、「もしもし」と女の声が聞こえてきた。
反射的に電話を切り、一瞬パニくったAだったが、番号を間違えたのかもと思い、もう一度かけなおしてみると今度は誰も出ない。1分ぐらい待ったけど誰も出ない。
そこで、
(ああ、やっぱりさっきは間違えてかけちゃったんだな。さっきの女の人には悪いことしちゃったな)
と思い、その日はそのまま帰宅した。

それから半年ぐらいして、そんなことがあったこともすっかり忘れてた頃。
大学でできた友人と遊びにいくことになったんだけど、Aは約束の日に寝坊してしまい、待ち合わせの場所に遅れて行ったら、先に来てた友人がなんかニヤニヤして見てくる。
気持ち悪い奴だなと思ってると、友人が
「お前、彼女できたんなら言ってくれよ」
とか言い出した。


91 :本当にあった怖い名無し :2011/09/25(日) 10:52:02.38 ID:SD02X8HR0
当時Aに彼女なんていなかったから、はあ? と思って訳を聞くと、Aが約束の時間になっても来ないから、友人はAの携帯に電話したんだけど出ない。
まだ寝てんのかと思ってアパートの電話の方にかけてみると、女が出たので訳を話すと、「Aはさっき出たからもうちょっと待っててあげて」と答えたと言う。

Aが自分に彼女なんていない、からかってるのかと問い詰めても、友人は「いいからいいから、今度紹介してくれ」とか言って全然取り合わない。
そこで電話をしたのは何時ごろか聞いてみると、友人が電話した時間には自分はもう部屋を出ていて、部屋には誰もいないはずの時間だった。

前述の一件を思い出したAは怖くなって、友人に一緒に部屋に来てくれるように頼んだ。
始めは真面目に聞いてくれなかった友人も、Aがあまりに必死に頼むので仕方なく一緒に行くことに。
二人でAの部屋に戻り、部屋の中を色々見て回ったけど特に変わったところはなく、ドアや窓の鍵もしっかり施錠されたままだった。

Aはそれまで心霊体験なんか一切経験したことはなかったし、アパートの部屋もいわゆるいわくつきの部屋というわけでもない普通の部屋。
それでもさすがに気味悪くなったAはすぐに引っ越して固定電話も解約してしまった。
Aの話はそこで終わり、「結局それ以上のことは起こらなかったんだけどな」と言って笑ってた。

で、なんでAの話が印象に残ってたかというと、一度仕事の用事でAの携帯に電話したことがあるんだけど、その時女が出て「今Aは電話に出られないから後からかけ直してもらえますか?」って応対したんだよ。
その時は、彼女かなんか知らないけど人の電話に勝手に出るとかありえねーだろ、とか思ってた。
Aも仕事中になにやってんだよとか思って、後からかけ直した時に軽ーくその事を言ってみたら、
「彼女なんかいないよw何言ってんだよw」
って否定したんだけど、俺は当然そんなの信じてなかった。

もちろんAの家族なり彼女なりが出ちゃったということもあり得る、というかそっちの可能性が高いのはわかってるけど、その話を聞いた時、思わず背筋が寒くなったね。
なんか長くなっちゃってスマン。

2011.10.12 | | Comments(10) | Trackback(0) | ■怪異

優しい幽霊

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

776 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 18:12:10.27 ID:/u/LvnM/0
最近コンビニでバイト始めたんだけど、そこで優しい幽霊に出会った。
夜勤限定らしいんだけど、休憩室に幽霊が出るようになったらしくて、一緒にシフト入ってた先輩が若干ビビってた。
で、先に休憩行かせてくれるってんで、まんじゅうとお茶を2つずつ(俺用と幽霊用)買って休憩した。
俺0感だしあんま恐くなかったんだけど、椅子に座ってまんじゅう食ってたらいきなり休憩室の電気がパッと消えた。
一瞬ビビったけど、特に害もないのでまんじゅう食ってた。


777 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 18:14:18.72 ID:/u/LvnM/0
10分くらい経ってそろそろ戻ろうとした時、耳の近くから優しそうな男性の声で「ありがとう」って聞こえてきた。
「え?」と思ったら電気が点いた。幽霊用に買ったまんじゅうがなくなってて、茶も半分飲まれてた。
それ以来怪奇現象起こってないんだけど、もしかして成仏したんだろうか。なんか優しそうな男性の声でした。


【「優しい幽霊」の続きを読む】

2011.10.11 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

ドアノブ

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

770 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 14:46:55.21 ID:nNHWXUbC0
心霊とは違うかも知れないが怖かった話を一つ。
自分が子供の頃、両親と一緒にマンションに住んでいた。
午前2時だな。いつも同じ時間だった。
玄関からカチャカチャと金属同士がこすれ合うような音がした。
驚いて見に行くと玄関のドアノブが回されていた。
1分か2分ほど回し続けた後唐突に終わった。あんまりにも怖かったのでドアの近くに寄れなかった。
音が終わってから5分後くらいに魚眼レンズを覗いたがもう誰もいなかった。
こういうことが何度もあった。
いつも同じ時間で午前2時頃、がちゃがちゃとドアノブを回して去っていく。
ずっと見ていた訳じゃないが、引っ越しするまで続いていたと思う。
誰がやっていたんだろう、狂人か幽霊か。

2011.10.11 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■サイコ

リサイクルショップ

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

744 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 02:47:27.23 ID:7uwG5T6V0
疲れてるんだな・・・っで済ませちゃえば済む程度の体験なんで、大して怖い内容でも無いんだけど。

リサイクルショップで働いてるんですが、結構得体の知れない物が入ってきます。
例えば、刃が錆びてて「ルミノール反応」が出ちゃった長ドスとか、タンスの地板に切り刻んだ写真と護符?が釘で見えないくらい滅多打ちされてたり、分厚いアルバムなんだけど写真が何枚焼き増ししたんだってくらいに同じ女性の同じ写真がギッシリ貼られたアルバムとか、女性用の大人の玩具に男の写真が貼り付けられてる奴とか、「お爺さんを買ってください」って言って骨壷を持ってきたおばちゃんも居ました。
墓石を持ってきて、「ごめんなさい、これは買い取れないです」って言ったら「使用済みにしたら買い取ってくれるのか??」とか聞いてくるおじさんとか
変な物や事を上げだしたら幾らでも上がっちゃうですが・・・


745 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 02:56:49.61 ID:7uwG5T6V0
それで今回の本題なんですが、倉庫で見つけた時に、起きた出来事を。
一応一般のお客様の買取時は買い取れる物、買い取れない物を分けさせてもらって買い取るんですが、業者買取の場合は一括買取で店に出せないものは、こっちで処分するってやり方なんです。
業者さんのは、一回の持ち込みの量が多いから一旦倉庫に入れて、スタッフが多い時とか手が空いてる時に選別するって感じ。
その日はダンボールで15箱ほどが積み重なってて、もぅ本当('A`)←こんな顔しながら選別してたと思う。


746 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 02:59:46.78 ID:7uwG5T6V0
その中から出てきた物って言うのが「壷」。
蓋のある壷なんだけど見た目以上に中身がやばかった。
蓋が御札で押えつけられてて、(あーやべーもんだな・・・)とは思ってたんだけど、仕事だから中を確認しないといけない。
御札を剥がして、何かの接着剤なのか蓋と壷がくっ付いてるのを、工具で少しずつ剥がしてたんだけど、どうせ売り物にはならないのは判ってたから、接着部が剥がれた所から強引に蓋を外して中を見た瞬間、何かの顔がこっち見てるのがわかって、思わず「ウワッ!!」って叫びながら


747 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:01:07.34 ID:7uwG5T6V0
片手で抱え込んで剥がす格好だったので、手から滑り落ちて割っちゃったんだ。
割れた中から出てきたのが、爬虫類だの・虫だの・干乾びて何かわからない生き物とか、全部干物っぽくなってました。
あとは御札?写真?っぽいものが入ってました。※こちらも中で水分を吸った後グチャグチャになって干乾びたのか原形をとどめてませんでした。
うげぇって思ったのと同時に、他のスタッフに見せて反応を見たいって言うwktk感が膨れ上がって、
「ちょっとちょっと、こっち」って小声で声掛けて、「何~?」って感じで来たスタッフに
「凄い物出てきた!」って言って、付いてくるスタッフを見て、テンションが一気に急加速。


748 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:03:01.34 ID:7uwG5T6V0
そのスタッフは見た瞬間、なんぞこれ??って感じで怪訝な顔をしながら首をかしげて、顔を近づけた瞬間・・・
「・・・ん・・・・・・・うぎゃぁ!」って・・・
その声を聴いた瞬間、何か今日の仕事をやり遂げたって言う達成感と共に、「なっ!凄いだろ!!」って言う爽快な一言と満面の笑みを差し上げたんですが・・・
思いっきり胸を叩かれた。一応上司なのに・・・
そのスタッフも他のスタッフに同じ思いをさせたかったんだろう。他のスタッフを呼んでは同じ事が・・・
それを全スタッフで繰り広げられて、結局最後に私が片付けて不燃ごみで捨ててきました。
ただ一つ気になったのが、壷の中から俺を見てきた顔が爬虫類やらの顔のサイズとは異なっていたのに掃除したときには無かったっていう事でした。
※お払いとか神社に持ってけって思うでしょうが、出る毎に持っていってたら、財布と私の生活が干からびてしまう・・・無論経費で落ちるはずが無い。


749 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:06:11.04 ID:7uwG5T6V0
その日はそれで片付けを済ませ、通常業務→閉店の〆業務を終えて、買い取った商品を修理したり綺麗にしたりだので、家に帰ったのが深夜の2時くらい。
家についてからは、風呂に入って次の日も8時半には出社しないといけないので速攻で布団に入って爆睡。
どれくらい寝たのかわからないですが、急に脳が動き出したようにパッと目が覚めて、目を開けた瞬間、何かが顔の前にあったんですが、それが何かがサッパリ理解できず・・・
※寝てる位置は、壁に頭側の布団をくっつけて寝てるので、頭上には何も無く見上げれば天井しか見えない。
その「何か」と焦点が合ってなかったので、眉間に皺を寄せながら細目で見たりして、何なのかを探ろうとジックリ見てて、私の目の丁度上の方でパクパク何か動いていて、それが口だって理解すると直ぐにわかりました。
人の顔


750 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:11:46.08 ID:7uwG5T6V0
うわっ!て我に返って、反射的に避けようとしたんだけど体が動かず、「なんだコイツ!!!!」って心の中は疑問符だらけ。
距離は1mも離れてないくらいで、寝ている私の頭上から椅子に座った状態で腰を屈めて覗き込んでるくらいの距離でした。
口を一定の間隔でパクパクさせてて多分女性だと思う。息は感じられず、目はずっと開けたまま。
目は大体普通の大きさなんだけど、黒目部分しか無い感じ、ただ焦点が合わずハッキリした顔立ちはわかりませんでした。
豆電球で照らされてる程度の、暗い部屋なのに顔が妙に青白く、光ってる訳でも無いのに顔があるのがわかる。
かなり不気味でした。


751 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:14:13.66 ID:7uwG5T6V0
体が硬直して身動きが取れないけど、何かする訳でもなく相手は口をパクパクさせたまま動かない。
気持ち悪っ!て思いながら、体動け!ってもがいてたら、頭の中に直接声が響くって表現が正しいのか、耳から聞き取るのとは違う感じで「指が動けば大丈夫」って親が子供に優しく言う感じの声が聞こえて、何故かその言葉は正しいって必死に指先を動かそうと、我武者羅に意識を指に込めてました。
ピクッて指先が動いた瞬間に体全体が動くようになったんで、すぐに飛びのくように離れて警戒して見ると、壁から頭だけ出た女性がこちらをヌゥ~っと見上げてきました。
っで、体が動くようになって五感が戻ったのか、女性が口をパクパクさせてたんじゃなくて、延々「違う・・・違う・・・違う・・・」って言ってたんです。


752 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:19:24.32 ID:7uwG5T6V0
警戒しながら、どれくらい対峙したかわからないんですが、急に見上げられた状態のまま壁の中に消えてしまいました。
少しの間呆然としながら外を見たら、若干明るくなってて、脱力感と共に数時間後には仕事に行かなきゃ・・・っていうゲンナリ気分。
その日スタッフに、その話をしたんですが、周りのスタッフはビビる人・笑う人それぞれで、今現在私を含め何か起きたっていう事は特にはありません。
壷と関係があるかはわからないですが、その日の内に起きた出来事なので合わせて投下しました。
たまに見えるって言う事はあるんですが、毎回どんなに近くで見えても、ピントのズレたカメラのように見え、何故ココに居るのかとか、この人の名前は~~で~~を訴えてるとか、そんな事は一切判らないです。
ただ、いつも見える時や嫌な感じがする時は、体の何処かが叩かれたように痛くなったので、何も前触れも無く見えたのはそれが初めてでした。


754 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 03:23:07.78 ID:7uwG5T6V0
補足としては、年度末とかに仕事が仕事なのでスタッフ全員で集まって、忘年会と合わせて、お清めに行ったので大丈夫かなと思ってます。
長文失礼しました。



【「リサイクルショップ」の続きを読む】

2011.10.11 | | Comments(16) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

叔父

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

742 :本当にあった怖い名無し :2011/09/18(日) 01:45:27.27 ID:flpCbKYx0
叔母の家に遊びに行ってた時の話。
叔母の携帯が鳴ったので、叔母が携帯に出ると
「○○○!○○○!」と一年前に他界した叔父の名をしきりに呼ぶ声....
「え!?もしかして○○さん?....」
そう言って血相変えた叔母に
「電話、どうしたの?誰から?」
と俺が聞いたら、電話の主は、間違いなく三年前に自殺した叔父の弟の声だったと言う。
え~?有り得ね~と半分笑いながら叔母の携帯の着歴見たら、着信時間のその箇所には何もなく空欄になってた.....。
本当の話w マジびびった!

2011.10.11 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

髪の毛

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

647 :本当にあった怖い名無し :2011/09/17(土) 02:24:44.21 ID:FswSO4P30
では先月体験した話を書かせていただきたく候。

友人たちと海で服のまんま泳いでたんですよ。
結構深い所で遊んでたんですけど、急に何かに腕を引っ張られて海に引きずり込まれたんです。
何かと思って水の中で目を開けても何もないんですよね。水中メガネ付けてなかったんで目は真っ赤になりました。
友人が右腕を引っ張って助けてくれたんで溺れたりはしなかったです。
何が起きたか誰もよく分らなかったんですが、俺の左腕にすげぇ長い髪の毛がめっちゃ絡まってました。
その髪の毛をほどいてその日はそのまま帰りました。


648 :本当にあった怖い名無し :2011/09/17(土) 02:26:26.32 ID:FswSO4P30
次の日一緒に海に行った友人と会って前日の思い出に浸りました。
そしたら友人が俺の左腕を指さしてしかめっ面をしてるんですよ。
見てみると、誰かの左手で物凄く強く掴まれたようなあざができてたんです。
でも誰も俺の左腕に触ってないんですよ。
悩んだ結果、ありがちなパターンの奴なのでドンマイということで収めました。
これってお寺とか教会とか行った方がいいんですかね?
文章下手なのと他の方のお話の最中にすみません。

2011.10.11 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

636 :本当にあった怖い名無し :2011/09/17(土) 01:06:42.92 ID:2Lt3XRs20
じゃあちょっと失礼。

普通なら外でやるだろうけど担任の雨男っぷりが発揮された(?)のか、移動教室はずっと雨が降っていてキャンプファイアーも肝試しも室内でやることになったんだ。

時間は夜の9時くらいかなぁ、あいまいだけどそのくらいだった気がする。
肝試しの内容はベタな感じのお札を部屋から取ってきてゴール地点の先生に渡す。というものだった。
私は男の子と二人組で、相手の子も私も恐怖心があまりなく、ずんずん進んで行けたんだ。
お札は分かりやすくテーブルの上に並べて置いてあって、その真ん前に障子付きの窓があったんだよ。
月明かりがお札を照らして、なんとなく雰囲気がでていたから流石に少し怖くなって、相手の子にお願いして取ってもらってさっさと出ようとしたら
障子に女の人の影がさーっと写り込んで真ん中でピタッと止まったんだ。その部屋は二階だしベランダはついてなかった。
子どもながらにやばいと思ったんだか手をつないで猛ダッシュしたのを覚えてる。
すごいスピードでゴール地点の先生の所に飛び込んで皆にわちゃわちゃしゃべりながら半泣きだった。

その影を見たのは私たちだけじゃなかったから、本物かなぁと。
駄文であんまり伝わらんと思うけど以上です。

2011.10.11 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

首なし

ほんのりと怖い話スレ その77
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314974372/l50

620 :本当にあった怖い名無し :2011/09/16(金) 18:46:26.92 ID:rgrGkcsF0
あんまし怖くないとは思うけど、俺が中学の頃の体験談。一人で帰宅時の話。

学校から帰宅する道は、国道沿いと山道の二つがあったんだけど、その日はなんとなく山道を帰った。時間は昼間だったから、土曜日だったと思う。
その道には墓地に繋がってる階段があるんだけど、何となくその階段に目をやると、人が立っているのが見えた。階段を5、6段ほど上がったところにただ突っ立っているという感じ。
何してんだろうと思って、歩きつつ見ていると、その人の首から上が無い事に気付いた。
俺は驚いたと同時に怖くなって、次の瞬間には猛ダッシュで橋を渡って国道沿いの道に降り、そのまま家に逃げ帰った。
帰宅して親にその事を話したら、最近その山の中で首吊り自殺した人がいたという話を聞いて背筋がゾッとした。

蛇足だけど、その山の上の墓地には親戚の墓があって毎年墓参りに行っている。その首なしの人がいた場所も当然通っているし、その辺りで写真を撮ったりしているけれども再見はできていない。
駄文失礼、以上です。

2011.10.11 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

慣れるよ

ほんのりと怖い話スレ その76
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312843696/l50

794 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/28(日) 03:39:16.46 ID:mKuqPD/U0 [1回発言]
約20年前の話

当時私は札幌のあるメガネ屋に勤めていた。
その店舗は三階建の古い洋館を改装して使っていて、ニ階は元レンタルビデオ屋(未使用)、三階は社長室のみになっていた。
社員は私を含めても10人いない会社。
毎朝会社では一階に社員が全員集まって朝会を行う。
朝会が終わり店内の掃除をしてから店を開いていた。

ある日のこと。朝会中に誰かが階段を歩いている音がする。
一階にいる人数を確認するが全員ここにいる。
朝会が終り先輩社員に尋ねてみる。
私「さっきの足音誰でしょうね」
先輩「あぁ・・・ここ出るんだよ」
私「はい?」
先輩「だからこれ」(手をぶら下げて幽霊のポーズ)
私「・・・」
先輩「でも足音だけだからそのうち慣れるよ」
私「・・・」

その後、私は社長室の掃除をするため、足音のした階段を上っていった。
この時ほど冷汗をかいたことはない。

それからも足音が聞こえることはあったが、これといって特別なことは無かった。
確かに無害なようだった。

おしまい
ほんのりも怖くなくてごめんね

2011.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

子どもたち

ほんのりと怖い話スレ その76
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312843696/l50


738 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/26(金) 13:16:09.07 ID:mFZ8xFwL0
たいした話じゃないんだけど思い出したので。
義弟夫婦が喧嘩して、義弟嫁が子ども連れて実家に帰った。
とりあえず、おれと嫁で、義弟の家にいったわけさ。

3人で、1階の居間で愚痴を聞いたり、軽く説教したり話をしていた。
すると頭上の2階でどたどた音がする。子どもの走るような音。笑い声も聞こえる。
「あれ、子どもたち帰ってきた?」 
怪訝そうな顔をする義弟。嫁はおれに向けて必死に首を横に振る。
義弟には何も聞こえなかったようだ。
しばらくして2階の何かを見せるとか言われてくっついていったが2階には誰もいなかった。

嫁は霊感少しあり、おれは零感 人生唯一の心霊現象

2011.10.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

優しく手を

ほんのりと怖い話スレ その76
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312843696/l50

657 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/23(火) 18:19:53.13 ID:hHpoLJIOO [1回発言]
数年前の冬の話です。
二階の自室で読書をしていたら、階下から母に呼ばれました。
階段をおりていたら、突然祖母に呼ばれているような気がして、部屋に戻ってしまいました。
自分の意志とはうらはらに、誰かに優しく手を引っ張られているような感じでした。
部屋のドアを開けると、焦げ臭いにおいが……。
つけっぱなしのファンヒーターの前にクッションが落ちて、熱風が出る所を塞いでいたのです。
おばあちゃん、あの時は教えてくれてありがとう。

2011.10.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

開かずのドア

ほんのりと怖い話スレ その76
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312843696/l50

561 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/20(土) 10:10:39.20 ID:+JNrd5TU0 [1回発言]
2年ほど前までトイレ共同風呂無しの2階建て木造アパートに住んでいたけど、あそこは変なことがよくあったな。

その中でも飛び切りだったのは2階トイレの開かずのドアだった。
見た感じでは清掃用具入れみたいだったけど、何故か針金で取っ手を結んで雛壇とガラス戸を置いて念入りに封鎖してあった。

そんなドアが時々ガタガタと鳴るんだけど窓がないから風も吹き込まない。
蛇やイタチが入ったにしてはすぐに静まる。

あのドアの内側には何がいたんだろう?

そのアパートも取り壊しで立ち退いたから今となっては確認できないけど、周囲の空き地がコインパーキング化していく中で誰も借り手のいない月極駐車場になったのは、やっぱり曰く付きだからなんだろうか?

2011.10.11 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

天井の板

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

86 :本当にあった怖い名無し :2011/09/24(土) 22:28:15.57 ID:5O3uq8kf0
文才なんてものは皆無だけど未だに鮮明に思い出せるので書きます。

自分が小学三年生の頃、夏の夕方だっただろうか?5時か6時ぐらいの時間帯だった筈。
自宅1階にあるお爺ちゃんやお婆ちゃんが何時も寝ている部屋で眼を開けたまま大の字に寝転んでいて

どうだったかな?5分だろうか?それとも、6分?ぐらい眠らずにそうしていると、急に天井の板が一箇所だけ、本来なら開かない筈なのに音も無く「すーっ」と静かに開いたんだよ。

そして「何だろう?」と思って何も言わず見てたら市松人形ではないけど和式の人形が出てきたんだ
でもその人形は自分の家に無い筈なんだけど何故かその天井から自分を覗き込んでいた。

そのまま何分が過ぎたのだろうか、暫くして自分が「誰?」と言おうとした瞬間に、物凄い勢いで開いていた天井の板が閉まって何事も無かったかのように消えた。

未だにあの人形はなんだったのか解らないけど、それから1年か数ヶ月ほど経ってから、急に誰も居ないトイレで水の流れる音がしたり、ラップ音や急に物が倒れる事が起きるようになった。

2011.10.01 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

2階の一室

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

68 :本当にあった怖い名無し :2011/09/23(金) 16:41:05.07 ID:H2I5dTHH0
文才ないけどゴメン

うちの会社はビルの1階と2階に入ってる
で、2階は霊との遭遇件数が頻繁にある
イキナリ壁を殴る音が聞こえたりetc...

で、私が異動になって2階の一室を使用することになり、気持ち悪さもあるけど仕事だと割り切ることにした。
机に向かって仕事してるとななめ後方からジトっとした視線を感じる
振る向くと誰もいない
斜め方向にある鏡を見ると確かに男の人が座ってこちらを見てる
しかし振り向くと誰もいない
私の部屋は一面がすりガラスになっており、部屋の前を通る人は誰かは判別できなくても、人が通ったということはわかる
誰も通ってないのに、部屋の前の椅子をひいて座る音や椅子が倒れるような音が聞こえる
毎日のように頻繁に起こるので、心配した社長が霊媒師さんを読んでお払いしてくれた

次の日安心して出勤すると入り口のドアの下の方に誰かが蹴ったであろう無数の足跡
そして窓には外側から付いてる(ココ二階。しかも会社なのでベランダ等の足場は一切ない)
無数の手の跡があった

文才ないから全然怖くなくてゴメン

2011.10.01 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

天井

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

36 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 17:47:31.93 ID:A83UfRlm0
俺も本当にほんのりとだが、当時は怖かった話をひとつ。

俺が小学校低学年ぐらいの頃なんだけど、ある日の下校途中で急に頭が痛くなったんだ。
ぶっちゃけ頭痛はあんまり関係ないんだが、怖かったのはそのあと。

家に帰ったら、母がすでに帰っていたので、
「頭が痛い」と言ったら、母に
「お父さんの部屋のベッド使っていいから、少し寝なさい?」
って言われたから、そうしようと父の部屋に向かった。


37 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 17:49:25.22 ID:A83UfRlm0
俺んちは父と母はセミダブルのベッドで寝てるが、それ以外の家族は布団で寝てた。
布団出すのがめんどくさかったから、ベッド使うように言われたんだろうな。
でも俺もベッドに憧れてたから、何も言わずにベッドで横になった。

そんなにひどい頭痛じゃなかったから、寝付くのは早かったと思う。
家に帰ったのが三時半くらいで、それから三時間は眠れたかな。

外が薄暗くなった時分に気分よく目が覚めて、天井をぼーっと見てた。
もう少し寝よっかな、とか思って目を閉じて、やっぱ起きよう、と思って目を開けたら、天井に大きな目がびっしりあって、こっち見てた。


38 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 17:50:32.07 ID:A83UfRlm0
それを認識するのに二秒くらいかかって、それから
「うわああああああ!」って叫びながらベッドから飛び降りた。
父の部屋から出て、ちょうどそこにいた兄に抱きついた。兄困惑。

事情を母と兄に説明し、もう一度確認しに行った。
だが暗い部屋の天井に、もう目はなかった。
「寝ぼけて天井の模様と見間違えたんじゃないの?」
とも言われた。

確かに天井の模様が目に見えなくはないし、当時の俺はそれで納得してしまった。
でも今思い出したら、天井の模様は等間隔の模様なのに、あの時見た大きな目はバラバラにあったんだ。
暗闇でもはっきり見えてたしな。


【「天井」の続きを読む】

2011.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

53 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 20:20:44.70 ID:rWqVXvuc0
私が小学3年生くらいのころの話。
1つ下の弟の寝ぼけがひどく家族で困っていた。

寝ぼけ方はいつも同じで、最初はうーうー唸る。
その後「俺の…俺の腕返せ!!」とか言いながら走り回る。
これが週に1回か2回。
ひどいときには家の外に飛び出すこともあり、父が弟を必死に取り押さえることもあった。
取り押さえられた弟は泣きながら
「俺はもうだめだ!殺してくれ!」
なんて言うものだから母はその度に泣いていた。

こんなことが2年ほど続いた。
弟が小学校の高学年になるといつの間にか寝ぼけはなくなっていた。


54 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 20:21:44.74 ID:rWqVXvuc0
私が高校2年生になったとき。
弟の寝ぼけなんかとうに忘れたころ。
私がベッドで寝ていると戸を引っかく音が聞こえてきた。
飼ってる猫が入れて欲しがってるのだろうと思い、私は猫が入れるくらいの隙間を開けてやった。
でも入ってこない。
いつもならすぐに入ってくるのに。。
変だなとは思いつつ隙間を開けたままベッドに戻った。

いつの間にか寝てしまった私は再度戸を引っかく音で目が覚めた。
ただ、今度は体が全く動かなかった。
初めての経験に焦っていると、視界の端に動くものが。
それは戸の隙間から入ってくる腕でした。
青白いその腕は部屋の中を這いずり回った後、スッと消えていきました。

次の日、このことを家族に話すと、母も同じものを見たそうです。
この日から金縛りにあうとこの腕を見るようになりました。

この腕は寝ぼけた弟が探していた腕なのでしょうか?

2011.10.01 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

別の部屋

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

40 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 17:53:52.45 ID:C67S097N0
うちは温泉旅館を経営してる。
従業員の間でも「でる」と噂の部屋がある。
私は見たことはないが、見たことある人もいる。どうも女性らしい。
チェックイン前清掃でその部屋に入ると、真夏でクーラーもかかってないのに、何故か寒かったり、浴槽に長い髪が落ちていたり。(チェックアウト後清掃で綺麗にしていたり、宿泊客がいなかったりしても)
その昔、その部屋で亡くなったお客様がいたなんて話しもない。

本当に亡くなった女性がいるのは別の部屋だ。




2011.10.01 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

残留思念 四題

ほんのりと怖い話スレ その78
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316616683/l50

7 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 03:49:08.37 ID:ZM29jiAa0
スレ立て乙ついでに
本当にほんのりとしか怖くない話

若いときビリヤード店でバイトをしてた
そのお店は「昼~最後のお客さんが帰ったら」というアバウトな営業時間で、お客さんも夕方くらいからしか来ないし、開店時はいつも1人で掃除とかしてた。
時間が余ったら勝手に練習とかしてていいから楽しいバイトだった。

店の入り口から上がって来る階段の真正面にお手洗いがあって、その洗面台の横に洗濯機が置いてある。
前日の洗濯物をもりもり洗っていると、トイレの入り口を男の人が横切った。
(あれ?もうお客さんが入ってきたのかな?)
と思って、「いらっしゃいませー」って言いながら笑顔で出て行くと、誰も居ない。
トイレは階段の真正面にあるから、私のいるところを通らないと外へはいけない。
カウンターの中までしっかり探したけど、通り過ぎた男の人はどこにも居なかった。
不思議だなぁと思いながら洗濯続行。
そのあと何回か物音がしたけど、どうせ何も居ないからほっといた。

毎度全然怖くなかったけど、そういうことがよく起こる店だったな。


【「残留思念 四題」の続きを読む】

2011.10.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

ロッカー

海にまつわる怖い話・不思議な話 16
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312078296/l50

423 :本当にあった怖い名無し :2011/09/22(木) 23:59:18.59 ID:WPRZITAq0
約三年前の話なんだがいいよな?
俺の科は三年生になると3ヶ月の乗船実習がある。
俺の時は2ヶ月間は沿岸航海
1ヶ月は遠洋航海だった

部屋割りはかなり狭い二段ベットが2つとロッカーしかない部屋を四人で使う。
一番トイレに近い部屋だったから誰かが嘔吐したり苦しんだりする声がよく聞こえてきた。

沿岸航海が多かったせいで着岸する機会が多く船酔いと陸酔いと2つの酔いに襲われてた

着岸して当直に疲れて寝てると誰かが急に俺の足首を掴んできた
俺は誰かのイタズラだと思い、掴んできた手を蹴り飛ばした
脚力には空手をやってたので自信があったのだがその手はピクリともせず逆に俺のこと引っ張りロッカーの中に引きずり込もうとする
ロッカーの中から真っ白な手がでてきていて俺をロッカーの中に引きずり込もうとしてきた
俺は「ざけんじゃねー!!」って怒鳴って掴んできた手を必死に蹴って蹴って蹴りまくった

必死に蹴っていたら急に手を離したので、すぐに飛び起きてロッカーを閉めて、ロッカーの取っ手を板で固定して鍵しめたら、その日はもうなにもなかった


2011.10.01 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。