FC2ブログ

神罰

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?289
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327520067/l50

407 :1/4 :2012/02/02(木) 22:59:36.84 ID:LmP+DcSK0
私はある俳句の会に入ってるのですが、そこで体験したことを書きます。
怖くはないかもしれませんが実際にあった話です。
私は中学校の国語の教諭ですが部活動は担当していないので土日は時間があります。
それで人に勧められたこともあって地域の俳句の会に入りました。

まわりは仕事を引退したおじいちゃんがほとんどで、女性会員は数人しかおらずずいぶんかわいがっていただきました。
月2回集まって互選の句会をし、年に2回吟行の会がありました。
吟行といっても師範役の大学の講師の先生が大型バンを運転してくださり、日曜日に日帰りできる近場に行くだけです。


408 :2/4 :2012/02/02(木) 23:00:39.20 ID:LmP+DcSK0
その吟行は5月の連休の一日で、朝から晴れていてとても気持ちのいい陽気でした。
その回の出席者は9人だったと思います。私は車の中で水筒のお茶を飲んだりしながら、朝の集合時に言われた席題を考えていました。
席題は「立夏」で、これで一句、それから5月の自由題で一句俳句を作って昼食をとり、今日行く神社の集会所を借りて句会をする予定でした。
神社は自分たちの住む町から車で2時間くらいのところで、御社名は秘しますが、主な御祭神は菊理媛命です。

大きな神社の駐車場で車を降り社殿までの道すがら皆で歩きながら、ときどき立ち止まって野草の名前を教えていただいたりしました。
そしてメモを出して俳句を考え始めましたが、「立夏」は難しい題ではなくどうにかなりそうでした。


409 :3/4 :2012/02/02(木) 23:03:05.57 ID:LmP+DcSK0
神社の神域に入って手水をとりお参りしようとしたとき、突然空が暗くなり西のほうにものすごく太い稲光が走りました。
そのとき近くにいた句会のメンバーのSさんが「うお」と大声を上げたかと思うと、鼻と口から黒っぽい血を噴き出し目を?いて硬直したようになって真後ろに倒れました。
「ドーン」という雷の音がして、その瞬間に参道の脇にある小さなお社の観音開きの戸がすべて開きました。
その直後に大粒の雨がものすごい勢いで降ってきました。

師範の先生がこちらを見て駆け寄ってきました。そして私ともう一人の方と三人でSさんを社務所の中に運び込みました。
Sさんの様子をみてすぐに救急車が呼ばれ、一緒に来ていた奥さんが一緒に乗り込んで病院に向かいました。
その後師範は社務所の神官の方と話していましたが、雨の中からSさんの手帳を拾って戻ってきました。
その手帳を神官に見せると、神官はあっと驚いた顔に変わりました。
その後は皆で昼食を食べ、句会は取りやめしにて帰りました。
神社から離れると雨はあがり元の初夏の空になりました。
師範は携帯でSさんの奥さんと連絡をとっていましたが、Sさんはそのままお亡くなりになったそうです。


410 :4/4 :2012/02/02(木) 23:03:54.75 ID:LmP+DcSK0
次の句会で師範から驚くべき話を無理に聞きかせていただきました。
あの神社にはとても古くから伝わる忌み言葉があり、それは特別まがまがしい意味ではないのですが、日常的にはまず使われることのない古語で、神域の中でその言葉を発したり書いたりすると、たちどころにその者には神罰がくだるのだそうです。
Sさんが倒れたことと天候の急変でふとこの言い伝えに思い当たった神官が、Sさんの俳句手帳を見ると、そこには作りかけの俳句とともに、はっきりとその言葉が記されていたのだそうです。

私はこの話について当時は真偽は半信半疑でしたが、国語を教えるものとして言霊というものはあると考えておりましたので、今ではこのお話を信じかけています。乱筆申し訳ありませんでした。

2012.02.20 | | Comments(25) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

クラス替えアンケート

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?289
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327520067/l50

379 :1 :2012/02/02(木) 18:49:00.78 ID:Dnz/1ww30
子供の頃の奇妙な体験ってけっこうあるよな。皆の話を聞いてて、ずっと気になってたことを書いてみる。
毎年3月が近くなると「クラス替えアンケート」のことを思い出すんだけど、俺以外にこんな体験した人っているかな?
俺が小学校4年生のときの話で、俺が当時かよう小学校はけっこうな大規模校で毎年クラス替えがあった。春休み中、3月の終わりに先生方の離任式があって、そのときに体育館に新しいクラスの名簿を張り出すんだけど、親友や好きな女の子と一緒になりたいとか、毎年すごくドキドキしたことを覚えている。


380 :2 :2012/02/02(木) 18:49:37.27 ID:Dnz/1ww30
その年、3学期の2月に入ってすぐ俺に一通の封書が来た。「クラス替えアンケート」という文字が表に大きく印刷され、教材会社の主催になってたけど、これまで調べた限りではその名前の教材会社は存在しないんだ。中身はどんな内容かというと、俺の小学校の4年生の中で、絶対に同じクラスになりたくない人の名前を一名書いてくださいというもので、それを出した人には文房具のセットが当たるかもしれないということだった。
当時俺は雑誌の懸賞に応募するのが趣味だったし、返信用のはがきが入っていたので、特に変だとも思わず、同学年で一番嫌ないじめっ子の名前を書いて出してやった。


381 :3 :2012/02/02(木) 18:51:27.37 ID:e3hJZzE90
実は俺はその名前を書いたやつと家が近所で、登下校でよく嫌がらせをされていた。別のクラスだからまだよかったものの、同じクラスになれば本格的なイジメを受ける可能性があって、絶対に同じクラスにはなりたくないと思っていた。5年生は6クラスあるから可能性は低いんだけど。


382 :4 :2012/02/02(木) 18:51:58.63 ID:e3hJZzE90
その後、すっかりそのアンケートのことは忘れていたんだけど、3月に入ってすぐに同じ名前の教材会社から大きな封筒が届いた。それで前のアンケートのことを思い出したんだけど、内容は、俺に文房具セットが当選したというもので、そこまでは不思議はないんだけど、その文房具セットが送られてくるには条件があって、一つやってほしいことがあると書いてあった。それから、俺が名前を書いてやったいじめっ子とは同じクラスにはならないだろう、ということも書かれていてまだクラス替えの先生方の会議も行われていない時期のはずだったので、それはちょっと不思議だった。


383 :5 :2012/02/02(木) 18:52:26.36 ID:e3hJZzE90
その封書の中には一つ、厳重に和紙でくるまれたお守りのようなものが入っていて、その表には俺の住んでいる地域から遠く離れた県名と、知らない小学校名、それから5年生という文字とやはり知らない男の子らしい名前が気味の悪い赤い字で大きく書かれていた。
それを俺の住んでいる地域にある神社、これは古くて由緒があるけれど大きなところではなくてほとんど普段は参拝する人もいない忘れ去られたようなところなんだけど、そこの境内にある松の木に3月8日の午後9時以降に釘で打ち付けてほしいという内容だった。それをやったら懸賞のセットを送ってくれるということみたいだった。それからその封書は、前に来たものとともに一切が済んだら近くの川に流してほしいとも書かれていた。


384 :6 :2012/02/02(木) 18:53:40.71 ID:Dnz/1ww30
これはすごく不思議で、最初は仲のよかった中学生の兄に相談しようと思ったけど、封書にはこのことは誰にも話してはいけないと書いてあったのでやめにした。神社は自転車で5分程度のところにあり、そのお守りのようなのを釘で木に打ち付けるのは難しいことではない。雪の降る地域でもないし、寒いけど9時過ぎに15分ほど家を空けるのは何でもなかった。その封書とお守りは自分の勉強机に入れておいた。


385 :7 :2012/02/02(木) 18:54:08.26 ID:Dnz/1ww30
3月8日になった。おれは手紙の依頼通りにやることに決めていて、夕食後9時を過ぎてから、そのお守りとどこにでもあるような釘とカナヅチを持って、グランドコートを着て自転車で神社に出かけた。
その神社は住宅街のやや小高い岡の上にあって、俺は下で自転車を降りて幅の狭い石段を登っていった。
石段にも神社の境内にも一つずつ街灯があったので、暗いけど足元は見えた。もちろんまったく人影はなく、さすがに気味が悪くて早く終わらせようと、コートのポケットからお守りと釘とカナヅチを取り出し、走って何本か鳥居をくぐり神社までの参道からわきに入って、おみくじが結びつけられたりしている松の木を一本選んで、自分の頭の上くらいの高さに名前が書かれているほうを表にして、真ん中に強く二・三度釘を打ち付けた。
すると手の中でそのお守りが微妙に動いた感覚があって、俺は思わず手を離したけど、お守りは木に固定されて落ちなかった。


386 :8 :2012/02/02(木) 18:54:35.95 ID:Dnz/1ww30
そのとき、10mほど離れた神社の脇から急に人が出てきて、こっちに向かって大きな声で「見届けた」と言った。
その人の姿は暗くて、あとで思い出してみてもどんな服装だったかもわからなかった。声は男のものだった。
俺はもう完全に怖じ気づいていたので、そのまま後ろも見ないでカナヅチを放り出して走って石段を下まで降り、自転車に飛び乗って家に帰った。


388 :9 :2012/02/02(木) 19:00:35.63 ID:Dnz/1ww30
ここから書くことはあまりない。俺がアンケートに名前を書いたいじめっ子は、その1週間後に自転車に乗っているときにトラックにひかれて死んだ。封書などは指示どおり近くの川に流した。4月に入って有名なデパートから立派な文房具セットが送られて来たが、封書にあった教材会社名はどこにもなかった。その後一回も連絡はない。神社には何年も立ち寄らなかったので木に打ち付けたものがどうなったかわからない。カナヅチをなくしたので親父に後でしかられた。
一番気になるのは、そのお守りに名前があった知らないやつだが、どうなったかはもちろんわからないし調べてもいない。
改めて書いてみるとやっぱり奇妙な体験で、すべて自分が想像で作り出したことのような気もする。文房具セットは兄にずいぶんうらやましがられたけど、たんに懸賞に当たっただけなのかもしれない。こんな経験をした人って他にいるんだろうか?  

2012.02.20 | | Comments(15) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

足跡

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

924 :本当にあった怖い名無し :2012/02/18(土) 23:26:57.49 ID:1DRXsWXm0
もしかしたら俺の勘違いとか見間違いかも知れないので一応こっちに。

今日の20:30頃、福岡の中間市で映画を観た帰りに車で犬鳴峠を通った時のこと。

結構雪が降ってて、路肩の看板にも「犬鳴峠チェーン規制」の文字が出てた。
ただ、そのとき雪は降り始めたばかりでまだ大して積もってないだろうから、大丈夫だろうと思ってそのまま通行しようとしたら、黄色いヘルメットに青い合羽、赤い誘導灯を持ったオジサンに路肩の安全地帯に誘導され、「ここからはチェーン付けて走って。危ないから。」と言われ、(面倒くせえな~)と思いながら、雪の降る中チェーンをつけることに。

つけ終わって「ふぅ~」と一息ついたところで、オジサンがいなくなってることに気付いた。
どこか別の場所でチェーンつけるように指導とかやってるのかなーと思いつつ、うっすらと雪が積もり始めた道路を見てふと気がついた。

オジサンの足跡が何処にも無い

あるのは自分の足跡と車のタイヤの跡だけ。
雪が積もってない車道の真ん中を歩いて何処かに移動したのかと思ったが、俺を誘導する時にオジサンが立ってた辺りにすら足跡が1つも無かった・・・
それに気付いた瞬間、寒さとは違うゾクゾクッとしたものを感じて、大急ぎで車に乗り込んで車を走らせた。

まあそれ以降は何事もなく無事に帰宅できたが
ちなみにチェーンつけて走ってたのは俺だけで、ちょっと恥ずかしかったw

2012.02.20 | | Comments(11) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

初恋

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

872 :本当にあった怖い名無し :2012/02/18(土) 01:53:23.56 ID:pvR3FUdo0
初恋の相手とのできごと。
鮮明に覚えているのに、相手の顔も名前も覚えていない体験。

7歳の頃、同じ学年で別のクラスの男の子と仲良くなった。
当時、私はいじめられたりすることもあって、一緒に帰る友達とか皆無だった。
下校時、彼はいつも校門のところにいて一緒に帰ったり、寄り道して遊んだりした。

で、土曜日(当時は土曜日は午前中のみ授業があった)一緒に帰っていると
『明日一緒に遊ぼう』と誘われた。
快諾したら『かわいい格好して来て、お姫様みたいな格好がいい』って言われた。
なんで?って訊いても理由は教えてくれなかった。

当日は私の持っている中で一番のお気に入りを着ていった。
彼は家まで迎えに来てくれて『わぁ!かわいい』って言ってくれた。
それで、『Aちゃん(私)のお父さんとお母さんに』って小さい箱と手紙を渡された。
封筒の表には、Aちゃんのお父さんとお母さんへって書かれてた。
字は彼の文字だと思う、子供特有感じのする文字だった。
箱は本当に小箱、大きさ的には子供の片手に納まるくらいの大きさの真っ白な箱だった。
母を呼んで箱と手紙をそのまま母に渡した。

その後二人で遊びに行った。
どこをどうやって行ったのか覚えていない。
ただ手を繋いでいたから、そのまま彼についていった。


873 :872 :2012/02/18(土) 01:54:33.15 ID:pvR3FUdo0
たどり着いたのは小川。
小川といっていいのか分からないくらい水深も浅く川幅もない川。
その小川のすぐ傍の少し小高くなった所に神社があった。
小川で虫取ったり、花を摘んだり、魚探そう!とかやっていた。
私はお気に入りの服を汚さないように気をつけて遊んでいた。

神社の鳥居の手前にある石段に腰掛けてお菓子を食べて
また遊ぼうとしたら、川の中で私が転んだ、膝をひどく擦りむいた感触があったけど、ジンジンするだけで傷はなかった、なのに血が流れてきた。
股間から血が流れていた。
だけど股間なんか打ってない、別に尻餅ついたわけじゃなかったし。
流れる血を見て私はパニくった、彼はパニくる私を見ながらニコニコしてた。

『なんで笑ってるの?私死んじゃうかも』って泣いた。
彼は『怪我してないよ、大丈夫だよ死んだりしない。良かった』とか言う。ちっとも良くないのに。
私は流血ですっかり萎えてしまって、帰りたいと言って彼と帰った。


874 :872 :2012/02/18(土) 01:54:58.65 ID:pvR3FUdo0
いつも下校時に別れるところでさよならして帰宅。
母に怪我をしたって報告をして、下着を脱いで確認したけど血なんかついてなかった。
どこも怪我してなかった。
ほっとして、母に彼から貰った手紙と箱のことを聞いてみたら
『あぁ、うん。』って濁されて終わった。

二人で遊んだ翌日から彼と会えなくなってしまった。
いつもの校門の所にいないし、待っていても来ない。
探そうと思っても、何組に在籍しているのか知らなかった。
連れて行ってくれた、あの小川と神社もない。
姉と兄に話しても、そんな場所は知らないと言われてしまうし、手渡ししたはずの、彼からの手紙と小箱の存在も翌日以降、母は知らない、貰ってないと言い出すし…。
休み時間に別のクラスを探し回ったけど彼は見つからなかった。
背格好と髪型を言っても、そんな子いない、知らないと言われる。
7歳の私ができる限りをしたけど、彼は見つからなかった。

突然いなくなってしまったのも、手紙と小箱のことも、神社と小川がないのも、大好きだったのに顔と名前がすっぽり抜け落ちたように忘れてしまっているのも、股間からの流血も、彼の言動も、全部が私にとって不可解。


877 :872 :2012/02/18(土) 02:09:40.73 ID:pvR3FUdo0
大体、彼とはいつも通学路で別れていて、一度もお互いの家に行き来していないのに、どうして迎えに来れたのかもわからない。

本当に不可解。


【「初恋」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

首つり自殺

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

850 :本当にあった怖い名無し :2012/02/17(金) 17:31:08.97 ID:vCkJPWCt0
(前置き)つまんない話なので、文章も面白おかしく書かないから、まとめサイトとかに載せなくていいことを書くけど

俺の住んでる近所のボロアパートで数年前に独り住まいだった爺さんが首つり自殺して、そのボロアパートがそのあと取り壊されて、そこに今どきのワンルームマンションが建ったんだけど、最近、あのボロアパートの爺さんが首吊った部屋があった場所と同じ部屋の場所だったところに住んでるやつがまた首つり自殺した。
近所の人の話だと若い女性だったらしい。
なんかあるんだろうなと近所でうわさになってる。

2012.02.20 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

マネキン

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

822 :本当にあった怖い名無し :2012/02/17(金) 12:41:43.60 ID:TzkuoKNG0
幽霊話じゃないけど、超ビビった体験談ワロてくれ。
7,8年前、一人で四国に遊びに行ってさびれた商店街歩いてたら、洋装店って感じの暗くて人ケのない店のショーウィンドーで、昔ワケアリだったモデルの女が、真っ白な顔で、素っ裸で、俺のほうに手を差し伸べてたのでゲッと凍りついた。
その女、10年前ぐらいに亡くなってるんだ。
(身バレすると何なんで、死因とか年齢は勘弁して)。
結局、それはマネキンだったんだけど、そういうことが3,4回続いて。
しかも、いつも必ず俺が一人の時。場所はたいてい、つぶれかけみたいな暗あいボロ店。
気味悪くなって、あちこちでその話したら、マネキンは実在のモデルから型を取ることがあるから、そのモデルは死ぬ前にそういう仕事をしたんじゃないかということだった。
それ以来、怖くてマネキンの顔が見れない。

2012.02.20 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■サイコ

呼吸

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

765 :本当にあった怖い名無し :2012/02/16(木) 00:27:15.10 ID:2AoIu71Y0
今までずっと気になってた話。30年以上前、幼少だった僕はヤマハ音楽教室に入ってて、 よく合奏コンクールで山口市民会館を利用してた。

そこのロビーの片隅に置かれていた緑褐色の座り姿の銅像。

呼吸してた。寒い日だったので吐いた息が白かった。

当時、友達だった子供達3~4人で見てたから間違いないと思う。

もし、同体験した地元の方などいらっしゃいましたら、情報お願いします。


2012.02.20 | | Comments(15) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

稲荷祭り

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

711 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 12:45:08.87 ID:EEZ2lDiO0
身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。
私が中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。
小さい境内に似合わず、人もたくさんくる賑やかなお祭りで、準備はもちろん、出店もほとんど、近所の人たちでやっているので、少しくらい帰りが遅くなっても大丈夫なので(最後には誰かしら一緒に帰ってくれる人がいる)、私は毎年遅くまで居座っていました。

その年も、夜9時くらいにお祭りが終わり、近所に住む友達と一緒に後片付けを手伝っていたのですが、最後に、残った生地でお好みを焼いてもらったので、お稲荷様におすそ分けして、友達とお社のまえに設置された椅子に座って、わいわい食べていると
「○○(私)ちゃん○○くん、そろそろ帰るべし、いっしょにあんべ~」と呼ばれました。

はーいと返事したのですが、呼んでくれた近所のおいちゃんは気付かず、私たちの名前を呼び続けていました。
おかしいなと思って、立ちあがって、大きめの声で返事しながら手を振ったのですが、おいちゃんは気づきません。
それどころか、「○○と○○、どこさいったか知らねぇか?」と、他の大人に聞いていてまわりはじめていました。
こんなに近くにいるのにと思いながら、急いでゴミを袋に入れて
おいちゃんのところへ行こうとしていたら、おばちゃんが
「あれっ、二人して、そこで食べてたけど」って、私たちのほうを指さして言ってました。

えっと思いながら、おいちゃんとおばさんのところに、ここにいるよーって大声だしながら走っていたのですが、ぜんぜん気づいてくれません。
肩とか叩いているのに、無視されているというかなんというか……

ちょっと怖くなって、一緒にお好み焼き食べてた友達の手をにぎったら、その子は「なんだろう、どうしたんだろうね」と、首をひねっていましたが、そのうち、私たちを探し始めて大騒動になってきました。

(まとまりなくてすみませn)


715 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 13:33:33.58 ID:EEZ2lDiO0
私は中一で、友達が高一だったので、送って帰っていったんじゃないかと言いはじめ、私も友達も、頭が????のまま。必死になるべきなのか、からかわれているのかわからないまま、冗談やめてよーみたいな感じで、大人のまわりをうろちょろしていました。

でも、境内の脇に、私と友達の自転車がみつかって、カゴに荷物も入っていたことから、なんかおかしいということになり、あれよあれよと大騒ぎになってしまいました。
友達もさすがに、なんかおかしいよコレといって、いっしょに境内を出て、神社隣の酒屋にあった公衆電話から、友達の自宅に電話をかけました。
(当時は携帯電話が普及しはじめたところで、田舎の高校生では携帯を持っている人は少なかったのです)

あいにく、友達の両親は留守だったので、私の家に電話をかけました。
母親が出たのでたのですが、私が「もしもしお母さん?」といっても、「もしもし?もしもし?」と返事がかえってきて、こちらの声が聞こえていないようでした。
しまいにはイタズラと思われたのか、切られてしまいました。

なにがなんだかわからないまま、もう一回かけたのですが、やっぱり声が届いていないようで、イタズラなら切りますと言われてしまいました。
そのことを友達に話していると、お祭りにいた人達が私たちのところへ向かってきたのでほっと安心したところ、私たちを素通りして、酒屋の裏手に向かい「○○さん、電話かしてけでー」といって、入っていってしまいました。

誰に声をかけても気付かれないので、自転車にのって帰ることにしました。
左手にずらっと田んぼがあり、右手に畑が連なっている道でお祭り帰りの高校生もいて、声をかけたのですがやっぱり気付かれず。

なんともいえない気分で、無言のまま、二人で自転車こいでいると
「ちょっとまって」と、友達がいきなり自転車をとめて
「自転車おいて、歩いていこう」というので、その通りにしました。


716 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 14:00:44.17 ID:EEZ2lDiO0
自転車のライトが消えて、当然真っ暗になったのですが、友達が「そのキーホルダー、かごに入れて」というので、私のバックについていた光蓄するキーホルダーをとって、自転車のかごに入れました。

頭が働かなくて、言われるがまま自転車を乗り捨て、友達に手をひかれて、右手の畑を通って、トウモロコシ畑に入りました。
「しゃがんで、あれ見て」と友達がいう通り、さきほど通っていた道を見たら、点々とある街灯のあかりの下を、祭り帰りの人も通ってゆくのですが、黒い影とも、白い影とも、透明ともいえない……表現しにくいのですが、なにか人影のようなものも通り過ぎていくのです。

蜃気楼じゃないよねとか言っていたのですが
「あれにライトあたったとき、顔みえた」と友達が言ったのを聞いて、ゾッとしたのを覚えています。そのうえ、私たちの後ろをついてくる同じ影がいて、わざと普段通らない道を通ったりしてきたそうなのですが、やっぱりついてくるので、試しにライト消して隠れてみた、みたいな説明をしてくれたのですが、これからどうしたらいいのかわからず、しばらく畑で座ってました。

15分くらいすると、警察のパトカーが道を通りすぎ、もしかして私たち通報されたんじゃないみたいな話をしていたときでした
友達が私の手をにぎったので、ただ事じゃないと思って黙ったら、畑の向こうから、影みたいなのが数体、こちらの畑に入ってきたんです。

腰を低くして早足でトウモロコシ畑を抜け、川の土手を這うようにして走りました。
それから、どん詰まりにある自宅には向かわず、明るくて、ここよりは人の多い24時間やってるスーパーへ行こうということになり、後ろを振り向かないでひたすら走りました。


720 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 14:15:57.10 ID:EEZ2lDiO0
そして、スーパーの公衆電話から、もう一度家に電話をかけたのですが
「もしもし?○○(私)なの?○○でしょ?どこにいるの?もしもし?」と母親が出て、パニックしていました。呼びかけても声が通じないので、こちらから電話を切って、スーパーの人に声をかけたのですが、やっぱり無視されるのです。仕方がないので、飲み物と食べ物を少しとって、多めのお金をレジに置いて(でも、店員さんがそれに気づく気配はなかった)

それから3日、自宅に行ったり、警察に行ったり、神社行ったり、影みたいなのから逃げながら、ひたすら隠れて逃げてしていました。
友達と話し合って、次に影が来たら、逃げずに話そう(?)と決めて、一睡もしてなくて、眠くて眠くて、行きがかりの橋の下で座って寝ていたら、友達に肩をゆすられて目が覚めました。

警官がこちらに向かってくるので、友達はちょっと警戒していました。
でも、警官のほうから、こちらに声をかけているので、ようやく会話ができる人が現れたと思って泣いてしまいました。

そのまま保護され、家出ということで処理されました。

私たちは祭りの含めて、3日くらいしか家をあけていないのに、14日も行方不明ということになっていました。
乗り捨てられた自転車も、私たちがスーパーで買い物した形跡もみつかり(置き去りのお金と、食べた袋)、スーパーの事務所に入って電話した記録も残っていました。
そのとき、警備員がいたはずなのに、どうやって忍び込んだ?みたいに言われ、私たちも説明のしようがなくて、すごく納得いかない体験でした。



【「稲荷祭り」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(12) | Trackback(0) | ■怪異

【グロ】ガス

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

707 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 10:25:57.58 ID:U5bbg+XX0
大学病院に勤めていたインターン時代、一度だけ仕事中に腰を抜かしたことがある。
深夜、凍死したホームレスの解剖を手伝った時のことだ。
凍ったままでは解剖できないから、私は遺体にお湯をかけ、15分ばかりマッサージに専念した。
すると、遺体が「ゲフッ」とゲップしたのだ。
マッサージで肺が刺激されたためで、これだけならそう珍しいことではない。
だが、遺体の右腕がすうっと5センチばかり持ち上がったのには驚いた。
温まって硬直が解け、腕が下がるのなら分かるが、上がるというのは理論的にあり得ない。
ドクターに報告すると、「筋反射だろう」という。
そんなこともあるのかと疑問に思いつつ、解剖に入った。 
胴体の正中線を切り、内臓をすべて抜き取り、首から下が空っぽのズタ袋のようになった時点で、
それは起こった。遺体が喉のあたりから「あ”ー」というような音を発したのだ。
ギョッと立ちすくむ私に、ドクターは「ガス、ガス!(ガスが声帯を揺らした)」と言い捨てたが、その彼の声も心なしか震えていた。
そして極めつけは、頭蓋をノコで切断し、脳をそっと取り出していた時。
遺体は、今度はハッキリ、唇から「いや”あ”」という声を漏らしたのだ!
これはもう、医学的に絶対説明つかない。ガスが発生する要素はすでになく、声を発する気管も食道ごと抜いているのだから。
私は黙って廊下に出て、へたり込んでしまった。
妙な経験といったらこれぐらいだが、あれは何だったのだろうと、今でも不思議に思う。

2012.02.20 | | Comments(13) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

駆け抜けて

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

705 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 09:32:23.43 ID:9+6zXslC0
友人のナースから聞いた話。
深夜、病棟の巡回をしていた彼女の傍らを、末期ガンで意識不明になっているはずの男性患者がものすごい勢いで駆け抜けていった。
何となくピンときた彼女は、その患者の病室を見にいった。
患者はもちろん、意識もなくベッドの中。
彼女は「ああ、もう近いな」と思ったという。
数時間後、患者は亡くなった。

2012.02.20 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

【グロ】告知物件

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

692 :本当にあった怖い名無し :2012/02/14(火) 17:16:39.62 ID:TrrZ1gt80
もう一つ、今度は俺自身の体験談いいかな。
20年ぐらい前、激安の「告知物件」に住んだことがあんの。
一人暮らしのお婆さんが孤独死したアパートなんだけど。
平和な老衰だし、90歳過ぎの大往生で「化けて出ることもねえだろう」って不動産屋と笑ってたんだけど。
ギブアップして、2か月で部屋を出た。
ウジと湿気が異様に凄いんだ。床に置いた皮のバックや雑誌にはすぐ青カビ。
食べ物が腐るのも早くて、クジラのジャーキーなんか3日でウジだらけになる。
不動産屋に鍵を返しに行ったら、親父のヤツ「やっぱ、人間を食ったウジは威勢がいいのかね」って笑いやがった。
聞いたら、お婆さんの遺体が発見されたのは死後1カ月後。
周囲が死臭に気づく時期って、人間の「腐りの盛り」なんだってね。
畳替えの時には、布団を敷いてた下部分の床にまで油染みべったりだったって言ってた。
俺、ちょうどそのあたりにテーブルを置いて飲み食いしてたから、なんかゾッとした。
それだけの話なんだけどさ。

2012.02.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ボロ家

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

684 :本当にあった怖い名無し :2012/02/14(火) 14:41:21.67 ID:J4DiZIT90
小1の春休み、初めて徳島の親戚の家に遊びに行った時の話。
畑の隅に、戸口も窓もはずされたボロ屋があり、私は好奇心につられてその家にあがりこんだ。
玄関脇の三畳間には、畳一面にどす黒いものが染みついており、壁や柱にもべたべた赤黒い手形や指の跡がついている。
あまりの気味悪さに「工事の土だ」と自分を納得させたのだが、その日の夕方から腹痛が始まり、下腹に筋肉割れのような筋が何本も走った。
親戚のおばあさんはそれを見て、
「○○ちゃん、あの家に入った?」
「入った」
すぐに祈祷師のような太ったオバサンが呼ばれ、拝んでもらって、腹痛は治まった。

あとで聞いたところでは、日本が戦争に負けた時、その家の三畳で切腹自殺した男性がいたのだそうだ。
介錯なしの切腹だから、彼は朝まで転げ回って苦しんだらしく、
壁や柱の手形指形はその時のものなのだという。


【「ボロ家」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(13) | Trackback(0) | ■怪異

姿見

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

624 :本当にあった怖い名無し :2012/02/11(土) 02:14:30.16 ID:Ik3V7aIA0
短いけど。
昔はよく婆ちゃん家に泊まりにいってたんだけど、婆ちゃん家には子供の俺にはデカすぎる姿見があったんだ。
昔からオカルト話に怖がりながらも興味があった俺はその鏡が結構怖かったんだ。
んで、ある年に婆ちゃん家いったその日の夜にトイレ行きたくなって夜起きたんだ。
トイレ行くには鏡を通るんだけど、その鏡を通ったとき、俺の姿が映ってなかったんだよ。
!???ってなって立ち尽くしてたら鏡の中だけブラックアウトして、気づいたら自分家の景色が映ってて回りみたらやっぱり自分行家だった。
日付確認したら婆ちゃん家いく日の前日だったんだけどなんだったんだろう。

2012.02.20 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

女性の声

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

621 :本当にあった怖い名無し :2012/02/11(土) 01:36:49.06 ID:VyUCLaUw0
小学校低学年の頃の話。

初めて自転車でおつかいに行った帰り、信号が赤だったので止まった。ちなみに車と歩行者が渡る時間がきっちり分けられているタイプの信号だった(車側が青の時は歩行者側は全て赤、歩行者側が青の時は車側はすべて赤)。

んで信号が赤の間、その時私の周りには誰もいなくて、背後には南天の木があったので自転車にまたがったまま赤い実を見て暇をつぶしていた。


622 :本当にあった怖い名無し :2012/02/11(土) 01:40:50.70 ID:VyUCLaUw0
そしてふと前を見たら信号が青に変わっていたので渡ろうかなペダルをこぎだそうとした瞬間、耳元で名前を呼ばれた。

「○○ちゃん」

と。
だけど振り返っても誰もいなかった。南天の木とその後ろにはピザ屋さんの壁があるだけ。なのですぐにまた前を向き直し自転車を漕ごうとしたとき、私の目の前を車が物凄いスピードで走り抜けて行った。信号無視です。


623 :本当にあった怖い名無し :2012/02/11(土) 01:46:45.62 ID:VyUCLaUw0
当時は「轢かれなくてよかったー」とぼんやり思っただけだったけど、後々になって、あの時名前を呼ばれずそのまま道路を渡っていたら車に轢かれていたんじゃないかと思ったらぞっとした。

ちなみに女性の声でした。その後も色々と不可解なことは経験してきたけど、不可解な経験て、経験してる時は意外と冷静で後から驚いたりします。

2012.02.20 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■怪異

伝えといて

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

598 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 21:19:16.17 ID:cCJE+yZG0
地元密着型の整形外科クリニックで受付事務のパートしてるんだけど、腰の牽引とかマッサージをやるリハビリ室の一角から
ドア1つ隔ててスタッフ控え室に行ける構造になってるのね。
控え室にはスタッフ用の更衣室と流し台とトイレがあって、基本的に患者さんはそこには入らないようになってる。


599 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 21:22:18.76 ID:cCJE+yZG0
昨日の夜の事なんだけど、リハビリの助手スタッフとして入っていて、喉がガラガラしてきたから控え室に行ってうがいをしようとした。
そしたら、流し台の前におじいさんがしゃがんでたのね。
患者さんの層も大体おじいさんおばあさんだから、トイレ探して勝手に患者さんが入っちゃったかなーと思って


600 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 21:25:16.71 ID:cCJE+yZG0
「すみません、ここはスタッフだけしか入れないんですよー」って声をかけながら近づいたら、おじいさんがこっち向いてニカッて笑って、
「いやども、せんせにありがとって伝えといて」って言って、消えた。
消えるエフェクトはDBの悟空の瞬間移動みたいな感じかな。


601 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 21:27:45.52 ID:cCJE+yZG0
びっくりしたけどとりあえずうがいして、大声出す訳にも行かないから普通に仕事に戻って、忙しいからリハビリの案内とか器具操作とかしてたらその消えたおじいさんの事での驚きは薄れてた。
怖い感じはしなかったしね。


602 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 21:35:12.12 ID:+1OBzgMbi
終業後に受付の事務連絡ボード見たら、訃報のFAXが貼られてた。
ずっとうちのクリニックに来てた常連さんの一人で、一昨年秋から心臓を患ったので紹介状持って入院してたらしい。
院長は心霊とか信じなさそうなタイプなんだけど、伝えたほうがいいもんなのかしら?



【「伝えといて」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

知らない街

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

593 :本当にあった怖い名無し :2012/02/09(木) 20:11:57.75 ID:8JwAO9j/0
何年も前、妹が行方不明になった。
俺といっしょに風呂に入れとおかんが声をかけた後、一向に来る様子がないので俺が部屋を見に行った。

妹は部屋におらず、風呂に入ったかと思ったが、風呂は真っ暗。
部屋には脱ぎ散らかした上着があった。

親に話したらちょっとした騒ぎになった。
誘拐とかそんな話をしていた。

おかんが電話をかけまくっている最中、妹が2階から降りてきた。
なぜか灰色っぽい大人用のカットシャツを着てた。

どこに隠れていたかと聞いたところ、いつの間にか知らない街に行ってたと言っていた。
シャツもそこでもらったらしい。

親は隠れていたのだと思っているが、妹は今もって嘘じゃないと言っている。
俺も嘘じゃないような気がする。


2012.02.20 | | Comments(9) | Trackback(0) | ■怪異

変な虫

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

571 :本当にあった怖い名無し :2012/02/08(水) 18:00:10.81 ID:ZzVZ7y4o0
小学5年くらいの時かな。夏休み近所の山に虫採りに行ったんだよ。
山っていうか、何て言うか雑木林からシームレスにいつの間にか山、みたいなとこ。
ミニチュアの富士山と樹海みたいな感じかな。

友達と、確か四人で、早朝、雨の上がりの霧の深い中、雑木林の中で虫を採りながら山に入ってった。
雨降ったあとなんて虫いないんじゃないかって思ったんだけど、これが不思議といるのね。
そこそこ田舎だったからオオクワガタとかまではいないものの、都会では売れるレベルのノコギリとかミヤマとか結構採れた。
そうやって色々採りながらどんどん分け入ってくんだけど、途中で珍しい虫が採れたんだよ。大きさと形はカナブンみたいな感じ
というかカナブンなんだけど、表面にうっすら毛が生えてて、変な模様があった。この辺で採れるカナブンはだいたいおなじみの緑色の奴だったから珍しかった。細かくは覚えてないんだけど、とにかく見たことない感じ。っていうかそれ以来同じようなカナブン見たことないわ。


572 :本当にあった怖い名無し :2012/02/08(水) 18:01:21.71 ID:ZzVZ7y4o0
それで友達とレアだーとか言ってテンション上がってたら、もう一匹。
今度は蝶というか蛾?だった。オオミズアオっているだろ? あれに形と色は似てた。
けど、これにも変な模様があった。ゴライアスってハナムグリいるじゃん
あんな感じだった。そんなの捕まえちゃったから俺らテンション上がりまくって
もっと採ろう、ってなって。夏草茂る藪の中、道なき道を奥へ奥へと。

案の定、道に迷う、テンション下がる、来た道を戻ろうにも完全に座標を見失う、変な汗をかき始める。これはいよいよやばいのでは、と半泣きになったところで、藪が途切れて沢みたいなところに出たんだ。
何て言うのかよくわかんないけど山葵とか育ててそうなとこ。
確か雑木林の方まで小川が何本か流れてたから、これ伝って行けば帰れる!
と思ってすっげー安心した。じゃあ帰ろうぜ、ってことでその沢から川伝いに帰ろうとすると、俺ら出てきた反対の藪から爺さんが出てきた。


573 :本当にあった怖い名無し :2012/02/08(水) 18:04:38.28 ID:ZzVZ7y4o0
本当なら俺ら泣いてちびるくらいの状況だったけど、なんでかその時は人を見つけたことで安心したんだよね。迷子になってやっと帰れる、ってなった後だったからかもしれないけど。
それで爺さんに「これ(川)伝えば出れますよね?」って聞いたら爺さん
「そうだけんじょも、おめーら虫さ採りにきたんか?」って聞かれた。
そうだ、って言いながら爺さんに道に迷ったことを話すと、爺さんは急に俺らの虫かごを取り上げて「おめら何か変な虫さ採ったろ」って言いながら、虫かごからさっきの二匹を見つけだしたんだよ。んで、ちょっとおっかない顔で
「おめたちこういう虫は採っちゃいけねーだ、山の神さんに返してけ」ってその二匹を逃がした。俺らはとっさのことに何するんだ、とも言えずにぽかーんとしてたんだけど、何となく雰囲気がおかしくなってきたから、早々にごめんなさい、じゃあ帰ります、って川伝いに帰ろうとしたら、爺さんに肩をぎゅっと掴まれて
「そっちさ行ったら帰れんようになる、あっちさ真ーっ直ぐ行けばつっかけ出られる」
って、俺らが出てきた藪の方を示したんだよ。


574 :本当にあった怖い名無し :2012/02/08(水) 18:06:04.81 ID:ZzVZ7y4o0
でも俺らもそっちから迷って出てきたんだ、って言っても爺さんは「大丈夫だ、早く帰れ」って俺らを藪の方へ追いやった。結局、俺らはこれ以上ここにいるのはまずいんじゃね、みたいな感じになって渋々藪へ戻って言われた通り真っ直ぐ進んでいった。
みんな何か言いたそうだったけど、また引き返したりして爺さんに会うのもいやだったから、無言でずんずん進んでった、ら。ものの五分もしないうちに藪が無くなってきて、元いた雑木林の方へ出て、あっさり出ることが出来た。
いつの間にかもう霧は晴れて太陽が真上に来てた。それで、珍しい虫を逃がされたことに段々腹が立ってきたんだけど、テンション下がっちゃったし、無事に出られたしノコもミヤマも手に入ったからよしとしよう、みたいな感じで解散して家に帰った。

家に帰って爺ちゃんに道に迷った話をしたらえらい怒られた。
孫大好き!みたいな温厚な爺ちゃんが初めて怒ったんでえらいたまげた覚えがある。
それで、怒られながらも山の沢で見た変な爺さんと珍しい虫のことを話したら
「ああ、そりゃ狐だな」って言われた。


575 :本当にあった怖い名無し :2012/02/08(水) 18:07:47.89 ID:ZzVZ7y4o0
他にも山には神さんの場所がどうたらとか、霧が深い山はどうのとか、虫のことは分からんが山には触っちゃいけねえもんがたくさんあるだとか。
俺も子どもだったから「あーなんだ、化かされたのか、こえー」くらいにしかその時は思わなかったんだけどさ。
これって狐に化かされてた俺らを変な爺さんが助けてくれたのかね。
それとも沢も爺さんも虫も狐の仕業だったんかね。
今でもその時の一人と付き合いがあるんだけど、何だったんだろうな、って。
まあ当時から「山の神様()て」とかそいつらと言ってたけどさ。
それからはあんまり虫採りもしなくなったし、またああいう虫を見かけても知らん顔してようと思ってるけど、幸いなことにああいう虫を見かけたことはあれきり一度もない。

2012.02.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

黒い長いもの

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1326383573/l50

999 : 本当にあった怖い名無し : 2012/01/26(木) 09:53:44.04 ID:EBuOAjuG0 [1/1回発言]
怖くないんだけど、がきの頃の夜の山道にまよって黒い長いものに引かれて家に帰ってきたことがある
ばあちゃん曰くその場所は「水子の霊がいる」って言っててそれは水子だっていうんだけど
俺としては水子というより母親の霊っぽくあったかかったイメージがある

2012.02.20 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

黒い塊

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1327562665/l50

521 :本当にあった怖い名無し :2012/02/07(火) 16:59:24.87 ID:aPlIU21x0
小学生の時の話
俺が友達と下校してて、帰り道にあった用水路の横を通りかかった。
何の話をしてたかは忘れたが、他愛の無い話で盛り上がってたと思う。
そんな時、ふと視界の外で用水路の向こう側に1メートル弱くらいの黒い塊があるのに気づいた。
「ん?何だアレ…」と思って焦点を合わせようとした次の瞬間、その塊は勢いよく用水路に飛び込んだ。
ジャボン!という音とともに高い水しぶきが上がった。牛蛙とかそんなもんじゃない。
一緒にいた友達もその黒い塊が視界の端っこで見えてたらしく、二人で驚いて用水路を覗き込んだ。
その用水路は浅くて、水も綺麗で底までしっかり見えるのだが、その時にはもう何もいなかった。
別に河童伝説もあるわけじゃ無し、そんな浅い用水路で人が死んだわけでもないだろう
ただただ自分が不思議だった話


【「黒い塊」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

こっくりさん

【全米が】なんか笑える霊体験21【テラワロス】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1320701341/l50

700 :本当にあった怖い名無し :2012/02/16(木) 07:42:50.28 ID:revUDBj90
修学旅行での話
俺の班は仲良し二人と浮いた子の集まり3人の構成で、俺と友人は浮いてる方だ
二日目の夜、仲良し二人組みは他の女子の部屋に行っていて、俺ら+他のクラスの友人の五人はこっくりさんをすることにした
こっくりさんこっくりさん以下略
霊感の強い子が気配を感じたらしい以外結局何も起きなかったんだけど問題はその後だった


701 :本当にあった怖い名無し :2012/02/16(木) 07:46:05.66 ID:revUDBj90
他のクラスの子は帰って一人はあれの事情でお風呂に行ってて 部屋には俺と友人Fだけ
と、離れた電球がチカチカ
「?」
気のせいかなと思ったがだんだん点滅が頻繁になる
俺「こ れ は!!」
F「もしかして」
こっくりさんキタ―――(゜∀゜)――
俺とFは布団に芋虫状態で質問しては勝手に解釈し楽しんでた


702 :本当にあった怖い名無し :2012/02/16(木) 08:04:17.53 ID:revUDBj90
仲良し組みが帰ってきたので
「さっきこっくりさんしてたら電気がチカチカしだしたんだよね」と何の悪意もなしに言った
二人は部屋を出て行って、暫くして先生が顔を出した
どうやら二人が廊下で泣いていたらしい
丁度彼女達がいた部屋でも謎の物音騒ぎ(悲鳴が聞こえてた)
点滅してる電気は彼女たちの布団の真上、怖くなったらしい
その後気づいた、こっくりさん帰してない…

2012.02.20 | | Comments(9) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ネジ

【全米が】なんか笑える霊体験21【テラワロス】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1320701341/l50

690 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 09:53:51.31 ID:0tkiEE56O
豚切る

昨夜久しぶりに金縛りにあった
慣れっこなので普通に寝ようとしてたら枕元から「ネジ……ネジ……」とか聞こえてくる
ネジがどうしたんだと思いつつ放置していたら乗っかられた
相変わらず「ネジ……ネジ……」言ってる
こんな時は気合いで振り落とすしかないと思ったが気合いが入らない
ので、とりあえず放置しておくことにした
段々声が小さくなっていつの間にか消えていた
ネジがどうしたのか全く分からない


2012.02.20 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

放火

【全米が】なんか笑える霊体験21【テラワロス】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1320701341/l50

684 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 05:23:34.28 ID:XdPd6uUh0
あんまり見えたりしないんだけど、中学の校門から下駄箱まで歩いてたら、職員室入口のあたりに三十代くらいの男性の霊が見えた事があったんだ。
んでその人格好がポロシャツにジャージっていう、よく小中の先生がしてるような運動着スタイルだったから、きっと先生の幽霊なんだと思った。

また後日登校中に見たらその幽霊先生、今度も同じ所に居て登校する生徒を見守ってたのね。
私が同じ霊に複数回会ったことってなかったから気になったんだ。
そしてよく見たら前回とジャージの色が違うんだよね。
一回目は赤系、二回目は青地に緑とか入ってるやつ。
幽霊も着替えるんだなーって感心しちゃったよ。

でも職員室入口の横の竹箒立てに放火があったって聞いて心配で見に行ったらもう幽霊先生居なくて三回目会う事はなかった。



【「放火」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■サイコ

落雷

海にまつわる怖い話・不思議な話 17
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321840179/l50

410 :本当にあった怖い名無し :2012/02/16(木) 11:17:46.82 ID:8p+IS4Qm0
以前堤防で釣りをしていたら、急に雲行きが怪しくなってきた。
船で30分程度といえ、せっかく離島に来たんだからまだ粘ろうと思っていたら、百メートル程先にあった工場の鉄塔かなにかに落雷があった。
すごい音と閃光、そしてその後光を発する謎の物体がしばらくうろうろしていた。
時計をみると、そうだな、あと少しで船の時間だ。
すぐに片付けて帰ったのは言うまでもないw


【「落雷」の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(3) | Trackback(0) | □体験談

偉大

海にまつわる怖い話・不思議な話 17
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321840179/l50

404 :本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 19:12:21.70 ID:8uAX5cqmO
海での不思議体験
恥ずかしい話ながら、10年ちょい前、自殺しようと沖縄いったんよ
すげぇ崖が観光スポットなとこ行ってさ、しばらくぼーっとベンチに座ってた。
観光客も見えなくなって、そろそろ逝きますかって立ち上がったら、一人歩いてくるのが見えてまた座った。
ただ、その人が妙な人でヒラヒラした下着みたいなのだけしか着てない。
さらに俺の横に座った。なんか、乳首とかスケスケでさ。頭アレな人なんかなー?最後にいいもん見れたわ、なんて思ってたら
手を掴まれてさ、たちあがらされた。怖くはなかった。
そしたら、抱き着かれた。で「大丈夫」って言われた。やたら温かかった。
で、さすがに焦って離れた。そしたらもう消えた。
なんか温もりだけはあるんだけど、パッと消えちゃった。
なんか意が削がれ、死なずに帰宅。不思議と悩みがどんどん好転。

海の不思議とかどうでもいいや。おっぱいは偉大だった。

2012.02.20 | | Comments(75) | Trackback(0) | ■怪異

光の球

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

205 :可愛い奥様 :2012/02/11(土) 22:06:36.35 ID:2Pwh0h180
両親が結婚してすこし立ったとき
祖母(母の母)が危篤に。
両親が実家に車で向かってるとき
実家のある方向から巨大な光の球が向かってきた
父にしか見えなくて
「ああ、お義母さんまにあわなくてゴメン」って思ったって言ってた。

2012.02.13 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■民話・伝承

火の車

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

202 :可愛い奥様 :2012/02/11(土) 21:53:33.63 ID:xLjusGUF0
祖母の昔の話。
東海地方出身なんだけど、戦前東京に住んでいたことがあったそうな。
ある夜に、国分寺という寺の前を祖父と一緒に通った時、燃える火の車のようなものが凄い勢いで走りでてくるのを見たそうな。
何かははっきりわからないので目をこらそうとしたら、祖父が「見るな!見るな!」と言ったので顔を伏せていた。
結局何かはよくわからなかったけど、物凄く嫌な感じがしたらしい。
祖母が見た物はなんだったんだろう。
祖父は戦死したので話も聞けないし。
怖くなくてごめん。
でもその話を聞いた時、とても怖かったんだ…

2012.02.13 | | Comments(11) | Trackback(0) | ■民話・伝承

逆に閉めるな

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

175 :可愛い奥様 :2012/02/08(水) 13:21:43.97 ID:wxVL0serI
私の祖父母宅の話。
祖父母の家では、襖を間違っても逆に閉めるなという厳しい戒律があるw
というのも、左右逆(わかる?)に閉めた時だけ、その隙間からぼんやりとした人型の白い影が出てくるから。
私は見た事ないけど、子供の頃に面白がって祖父母宅の近所の友人に話したら、友人がやってしまい泡吹いて倒れた。
祖母は見えないけど、祖父や娘である私の母、おば達は見える。
おばの一人が商売人だからか、やたら縁起を担ぐ人で、お祓いを試した事があった。
神主、お寺さん、仙人のような修験者、皆ダメだった。
皆、何かもわからない、祓う事も出来ないと言ったらしい。
修験者が帰った後、たまたま襖が互い違いのままで、またぼんやり影が出ていた。
その影が頭を何回も下げているのを見て、おばはお祓いをやめたらしい。
で、今もそのまま。
私が結婚した時は旦那にその旨伝えた。
娘がもう少し大きくなったら、いずれ伝えるつもり。



【「逆に閉めるな」の続きを読む】

2012.02.13 | | Comments(10) | Trackback(0) | ■民話・伝承

話しかけてくる奴

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

147 :可愛い奥様 :2012/02/04(土) 15:11:34.40 ID:rivtcNdtO
おばあちゃんに昔から言われてた
『見えるだけならいい。知らんぷりしとれ。独り言を呟いていたら言わせとけ。聞かんでいい。だけど生きてる人間に話しかけてくる奴には気を付けろ。連れていかれるぞ。』

近くのお宮に夕方いつも立ってる人がいる。
生きてる人じゃないんだけど。
何かを探してるような。気になってたけど無視してたんだけど、友人の兄が事故した。意識不明の重体だった。
友人の兄は事故する直前、数人でお宮にたむろしてたんだって。
そこでたむろしていた仲間の一人に友人の兄はこう言ったらしい。
『お前今俺に寂しいって言わなかった?』

お兄さんは今も意識が戻っていない

2012.02.13 | | Comments(20) | Trackback(0) | ■怪異

寝言?

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

133 :可愛い奥様 :2012/02/03(金) 14:00:08.60 ID:vUoDPHKI0
心霊かどうか微妙なんだけど、私的には怖かった話。

昨日の夜、私はベッドで本を読んでて、隣で旦那はうとうとしてた。
すると旦那が突然、「え?」「うんうん」など返事を始めた。
(私は旦那に何も話しかけてない)
びっくりして旦那に「誰としゃべってるの?寝言?」と言うと、旦那は急に起き上がって、私がいるのとは反対の方向を見て、真っ青な顔になってた。
普段は手をつなぐことも嫌がるようなベタベタ嫌いの旦那が「今日は手をつないで寝よう」と言い出したのも怖かった。

結局、何があったのかは私にはまったくわからないけど、普段からは考えられないくらいの旦那の怯え方になおさら怖くなった。
何だったのかな、と気になるけど、怖いので詮索もできない。

2012.02.13 | | Comments(16) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

グラウンドの子供

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327334783/l50

81 :可愛い奥様 :2012/02/01(水) 06:34:50.62 ID:sSvjbCIr0
スレ落ち防止、怖い話がくるまでの繋ぎを投下

高校生の時の話(下手ですごめん)
塾の帰りのバスを逃がしてしまい、はじめは次のバスを待っていたけど寒すぎて歩いて帰ることにした。
住宅街の入り口に少年野球やサッカー練習のグランドがあって、夜間でもDQN避けのライトをつけてるんです
(薄暗いとDQNがたむろする)
だからまわりもよく見える、グラウンドの横を通り抜けようとすると、幼稚園児くらいの子供がポツンといることに気づきました。
まわりを見渡しても保護者の姿がない、
「迷子かな虐待じゃないだろうな」
と急いで引き返しグラウンドの子供のそばに走るとやっぱり他に誰もいない。
「ねえ迷子?おうちは?お母さんは?」と聞いても子供は私をチラっと見上げて無視。
しばらく待っても親はきません。
凍えそうに寒くて、仕方なく近くの交番に連れてくことにしました。
交番は家とは逆方向だけどしかたありません。

子供の手をひくとおとなしくついてきました「名前なに?お家わかる?」と話しかけてもそっぽをむいて「ママ、ママ」と言うだけ。
交番まで安心させようと話しかけてもアニソン歌っても「ママ、ママ」と言い続けてきいてない。
交番について事情を話し、警官に私の住所指名などこれに書くように、生徒手帳もコピーするからだしなさい、もう遅いから家に連絡します迎えに来てもらいなさい、知ってる子か?まわりに大人はいたか?時間もかけどういう状況だったかとか色々面倒くさい。
年配の警官が熱いコーヒーをだしてくれました、子供をみると子供に話しかける年配のおまわりさんを無視して
私を指差し「おまえ、おまえ、おまえ」と言い続けていました



82 :続き :2012/02/01(水) 06:54:42.19 ID:EN1BhGk70
(被弾うざいのでWi-Fiに変更します)
母が兄と車で迎えに来て、やっと帰れました。
家について中に入ろうとしたとき、兄が「うお!」と声をあげ、みると家の前の電柱にさっきの子供がいました
電柱にのぼっていてこっちをみていて(まるでお猿だw)と笑ってしまい、兄が「おまえついてきたの?」
と子供に近寄ろうとしたとき
母が私と兄を捕まえ、凄い力で家の中にひきずりました。
「おまえたちは!おかしいのが分からないの!」と母に怒鳴られ
母が玄関ドアに立ち塞がったまま、さっきの交番と父に電話して警官はすぐ来てくれたのに、母がなかなかドアを開けなくて大変ですた。
翌日
婆ちゃんにおまえ宝くじを買っておいでと言われ、人生初の3千万当選しました、親に取り上げられましたけど新しい自転車買ってもらいました。
実話です。


2012.02.13 | | Comments(20) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。