FC2ブログ

ワニ

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part72∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1387078371/l50

68 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM :2013/12/25(水) 20:08:31.25 ID:5UaHI/Q80
知り合いの話。

彼の実家は山間で稲作を営んでおり、毎年刈り入れ時期には手伝いに向かうのだという。
籾殻を溜めておく一角で作業をしていると、動く物が目に入った。
今積み上げたばかりの籾殻の山、その表面がスッと盛り上がって走り出す。
少し浅い位置を何かが滑りながら移動しているかのような、そんな印象を受けた。

手にしたスコップで攫ってみる。
確かに動いていた部分を掬い取った筈なのに、籾殻の中には何も確認できなかった。
いつまでもそれに掛かり切る訳にもいかず、気にしないことにした。

その夜、実家の者に籾庫で見たモノのことを話してみた。
家族の話によると、収穫の頃によく見られるが、正体はわからないということらしい。
実家ではアレを昔から“ワニ”と呼んでいるのだという。
ワニとは鮫のことだ。

「成る程、確かに籾の海を泳いでいるようなイメージだったな」
聞いてからそう感心したそうだ。


2014.01.04 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■民話・伝承

ハイテク

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part91
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382271361/l50

974 :本当にあった怖い名無し :2013/12/29(日) 15:17:41.02 ID:oHoITuKa0
ウンコとかヅラの流れになっててワロタ

今から20年近く前、小学生だった俺は、学校の用務員の初老のおじさんと知り合った。
照明をいじったり壁の修理をしていて、夕方まで校庭で遊んでいると「早く帰らんといかんよ」と
怒られたりしたけど、冗談好きの気さくな人で児童とも仲が良かった。

おじさんは小太りで色黒の外観とは裏腹に、時々お洒落な白いバンドタイプの腕時計をしていて、かっこよかったのでよく見せてもらった。
その時計はカーナビみたいに人工衛星と連動していて、あらかじめ行き先を登録しておいて使うときは
目的地を音声入力するだけで音か振動パターンでナビゲーションしてくれるというもので、
試してもらうと澄んだ女性の声でルート案内するのが聞こえた。
俺は当時2000円くらいのデジタル腕時計を持っていたんだけど、わりとすぐに電池が切れてしまうので
おじさんの時計は音まで出してすぐに電池が切れてしまわないのか聞いたら、持ちは悪いけどソーラー充電もできるので
特に気にならないらしい。

驚いたのは、手首から外してバンドを左右に広げると黄緑色の薄いプラスチックみたいな板が出てきて、
大人の手の平サイズの長方形になった。
これを日光にかざすと短時間でも充電できるとのこと。
反対側の面はスクリーンみたいになっていて、うっすらとだけど地図が表示された。


975 :本当にあった怖い名無し :2013/12/29(日) 15:19:44.10 ID:oHoITuKa0
薄型で大きな液晶画面があって、赤い五角形か六角形のマークがついている格好良い腕時計。
どこで買ったのか聞くと、「○○(俺の名前)が大人になったら買えるよ」とはぐらかされた。
見せ終わると、おじさんは冗談ぽい感じで「誰にも言わないでね」と意味不明なことを言って仕事に戻っていった。
時計のあまりのハイテクぶりに興奮したんだけど、携帯電話がまだ箱型だった時代にそのような時計があったのは妙だよなぁ…

知り合ってから半年くらい経って、おじさんはこの仕事をやめることになった。
だけど、最後に校庭にある古い倉庫(物置みたいなやつ)の固定を補強するとのこと。
学校側が以前に業者に点検を依頼したときは倉庫には特に異常がないと判断されたみたいだけど、
おじさんは少し怒って「よく調べないから事故が起こるんだ」と言って独断でセメントや金具を持ち込んで
他の数人と作業していた。
何日もかけて補強が終わるとおじさんは「みんなと楽しい話ができて本当に良かった、ありがとう」と言い別れを告げた。

それから2ヶ月くらい後だったと思うけど、授業を受けていると外が急に真っ暗になって
風が強まり、何事かと大勢が窓際に集まった時にすさまじい突風が吹いて、俺達は咄嗟に窓から離れて身を伏せた。
ものすごい恐怖だったけど、だれもいない教室のガラスが3枚割れたくらいの被害で済んだ。
後日、先生から聞いた話によると、600kgもある倉庫が風で浮き上がって土台のブロックから少しずれていたとのこと。
後で詳しいことをこっそり聞き出すと、基礎部分が一部老朽化していて、もし補強工事されていなければ飛ばされて
校舎の窓を破っていたかもしれないと。
重い倉庫が飛ぶとは誰も思わないだろうし、依頼した業者だってそう思って甘く見たんだと思う。
みんなでお礼を言おうと校長がおじさんに連絡を試みたそうだが、連絡が取れなくなっていたみたい。
おじさん、ありがとう(`;ω;´)

最近、固定されていないテントが飛んで死者が出たというニュースがあったけど、悲しくなるよ

2014.01.04 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

叔父の家

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part91
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382271361/l50

958 :本当にあった怖い名無し :2013/12/27(金) 11:26:59.59 ID:Djc6y4A10
最近思い出したことがあったのでここに

叔父叔母が引っ越したので引越し先に遊びにおいでというので家族で行くことにしたが
都合で自分一人だけで車で後から行くことになった。
引越し先は別の町で不慣れな土地だけど「この道に入ってまっすぐいって小学校のある角で曲がればすぐ」
と説明され大体の道がわかったので行けると思った。
実際、後は小学校が見えたら左折すればいいというところまで行けた。
ところが、いくら進んでも小学校が見えない。
道路間違えたはずもないはず…と思いつつ進んでいくと対向車どころが人家が少なくなり
あっても人が住んでないようなものばかり、とうとう山にはいりつつあった。
「これはいくらなんでも違うでしょ」と思ったところで急に空が暗くなり周りに街灯もないものだから
真っ暗になってしまった。


959 :本当にあった怖い名無し :2013/12/27(金) 11:29:49.52 ID:Djc6y4A10
一旦車を止め迷ってしまったことを携帯で叔父か先に行ってる母に連絡しようとしたらいくら連絡しても相手が出ない。
引き返そうと思ったら車が動かない。
ガソリンは少なかったが空にはなってないし大体急に動かなくなることはないはず…。と思いつつも現実動かない。
周囲は相変わらず真っ暗で異常なまでの静寂さにお腹のあたりがズーンと重くなった。
どうしよう、どうしようと思考がグルグルし始めついにこんなところで死ぬのか…!?という考えが頭に過った所で
急に自分でもわけがわからない腹立たしさが出てきた。
車を出てそこらにあった木の枝だか棒だかを拾い「クッソ!なんでこんな目に遭う!!
誰がこんな目に遭わしてくれた!出てこい!どうせ私も死ぬならてめえも道連れじゃ!!うぎゃゃああああ」って
棒を振り回しながら奇声あげていたらあたりが段々明るくなって周りが見えるくらいになっていた。
そこで少し正気に返りとにかく棒は捨て慌てて車に戻りしばらく走らせたら普通に人が住んでそうな人家が立ち並ん出る所に出て
小学校が見え曲がると叔父の家が近くにあって到着した。
家を出た時は昼くらいで着いた時は夕方だったし急に暗くなるような時間でもなかった。
今でもなんだったのかよくわからないしあれは夢だったみたいに思える。けどもう一人で叔父の家に行こうとは思わない。

2014.01.04 | | Comments(3) | Trackback(0) | ■怪異

お母しゃんのパパ

【誰と】霊感?乳幼児の不思議発言【話してるの?】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1172791465/l50

782 :名無しの心子知らず :2013/11/04(月) 19:00:32.01 ID:RpuEFIYB
今日は娘の2歳の誕生日だった
義実家に集まってお祝いして、まったりしていた時にじーっとナナメ上を見て
「お母しゃんのパパがいるねー」
私の父はもちろん故人
誕生日に来てくれたのかな?ありがとー

2014.01.04 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

ワンピの女

実話恐怖体験談 弐拾段目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382553456/l50

87 :本当にあった怖い名無し :2013/12/29(日) 03:38:31.02 ID:X7MMDad60
深夜1時ぐらいに車で帰宅したら、自分の駐車場にワンピの女がいた。
縦列駐車するのに邪魔だったが通り過ぎて何とか車を停めた。
耳に手を当てていたので携帯で喋ってるのかと思ったが、
何か薄気味悪かったのでバックミラーで確認したら明らかに誰かと話して笑ってたんだが、
よく見ると携帯なんて持ってなかった。


88 :本当にあった怖い名無し :2013/12/29(日) 03:40:40.55 ID:X7MMDad60
全身に鳥肌が立ち、嫌な予感がしてさっさと車を降りようとカバンを持った瞬間
女が運転席のドアを「バン!!!」って叩いて覗き込んできた。
ものすごくやばい顔を窓ガラスに押し付けて笑ってた。

一瞬ひるんだけど、「なんじゃーコラァ!」って半ギレで窓を叩き返したら
ゲラゲラ笑って走り去っていった。

追っかけてきたらどうしようと妄想してしまい、しばらく車を降りられなかったが
あの女は一体あそこで何をしてたんだ…。
今思い出してもぞっとする。

2014.01.04 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■サイコ

黒ずくめの男

実話恐怖体験談 弐拾段目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382553456/l50

63 :1 :2013/12/08(日) 17:21:06.96 ID:lDRBblG7P
最初に、実話なんで、オチはありません。怖いというよりも不気味とか奇妙な話です。

10年くらい前の12月の話。
仕事の関係で先輩と同僚A(女)の三人で、夕方17:30頃に三鷹の方へ行った時のこと。
訪問先が駅から結構離れていて、先輩の案内で近道だという住宅街を抜けていった。
車通りも殆ど無く、街灯も少ない住宅街の道の真ん中に、人影が佇んでいる。

身長は1M80cmの俺より高く、手足が長い。黒いコートを着た全身黒ずくめの長髪の男。
近付くに連れて、顔立ちも徐々にわかってきたが、面長で、眼が細く、鷲鼻と垂れた細い目。
先輩は道を思い出しながら、もうちょっとなんだけどな…と歩いて行くが、
俺は、その背の高い黒ずくめの男が気になって仕方がなかった。

同僚Aも気になったらしく、小声で「ねえ、あの男の人、気持ち悪くない?」と俺に囁く。
俺は背の高い男と関わり合いになりたくなかったが、同僚Aを庇うように、
先輩-同僚A-俺---背の高い男となるように追い越そうとした時、
背の高い男が俺の顔をじーっと見てきた。追い越す時も、首を曲げながら、じーっと。

背の高い男を通り過ぎ、先輩が「ここだ。この角を曲がってすぐだ」と言った時、振り向くと、
背の高い男は道の真中に突っ立ったまま、俺たちを首だけ曲げて見ていた。


64 :2 :2013/12/08(日) 17:22:21.57 ID:lDRBblG7P
先方での要件を済ませると、21時を過ぎていたので、タクシーを呼んだ。
タクシーの中、先輩と同僚Aは後部座席へ、俺は助手席に乗ったのだが、
駅へ向かう途中、交差点の信号で、また、あの背の高い男を見かけた。

背の高い男は、俺達の乗ったタクシーをじーっと見たまま、佇んでいる。
同僚Aが「やだ、また、あの人だ! 気持ち悪い!」と騒ぎ出すと、
背の高い男はニヤァと笑ったように見えたのだが、その口元がやたらと大きい。
先輩だけが「え? 誰々? どこどこ?」とやっている。
俺と同僚Aで、左側に背の高い黒ずくめの男が見えないんですか?と言うが、
先輩は「どこ?」と言ってわからない、タクシー運転手も「私も見えないですね」と。
タクシーが発車すると、背の高い男はじーっとタクシーを眼で追っていた。

それから10日ぐらい経ってから、出先から会社へ戻ると、同僚Aが大騒ぎして泣いてる。
同僚Aに話を聞いてみると、出先から会社へ戻る途中に、背の高い黒ずくめの男を見た、と。
背の高い男を見た三鷹から、うちの会社は直線距離で10キロ以上離れているし、
うちの会社は、人通りの多い繁華街から徒歩数分の距離。
なにかの見間違いじゃないか、と言っても、Aは「絶対にあの男だ」と言い張る。

「怖い、怖い」と泣きじゃくるAを宥めたが、背の高い男を見たのは俺と同僚Aだけ。
先輩は、タクシーの中でも見なかったが、住宅街でも見なかったらしい。
過労じゃないか、と社長が心配し、近所のニンニク注射のクリニックへAを送っていった。
そして、次の日からAは会社に来なくなった。


65 :3 :2013/12/08(日) 17:26:56.69 ID:lDRBblG7P
Aが会社に来なくなってから2日後、俺のマンションの近くにも背の高い男は現れた。
会社の帰りに酒を呑み帰宅途中、自宅近所のコンビニに寄って朝食を買おうとした時、
なにげなく窓の方を見たら、外に背の高い黒ずくめの男がいた。
黒ずくめの男は、外からコンビニの中を見ている。というか、俺だけをじっと見ている。
俺は手にしていた買い物かごを落とすぐらいに驚いた。

細い一重の垂れ目、鷲鼻、こけた頬、面長の顔、ウェーブのかかった黒い長髪。190cm以上ある長身。
黒いスラックス、黒いセーター、黒いトレンチコート、間違いなくあの男だ。
俺が目を離せず硬直していると、男は口元だけでニヤァと笑った。
その笑顔を見た瞬間、俺は急にめまいがして、その場に倒れこんだ。

次に目覚めた時、俺は救急隊員に囲まれていた。コンビニ店員の通報らしかった。
規則だからと救急病院に運ばれ、数時間の点滴をされて、病院からタクシーで朝6時ぐらいに帰宅。
次の日、会社に午後から行ったのだが、社長から働かせすぎて済まないと、
当時抱えていた仕事をいくつか分散してくれたのは先輩に申し訳なかった。

それから、背の高い男を、ほぼ一日置きに観るようになった。現れる時間は日没以降。
最初の住宅街の時のように、接近することはなく、ガラス越しが多かった。
現れる場所は様々で、
コンビニや店のガラス越しが一番多く、次に車のガラス越しに歩道に居たりする。
電車が駅に停まった時に、反対側のホームに立っていたりもした。
何度も何度も見ているうちに、変な話だが慣れてくるというか、どうでも良くなってきた。
ただ、神経の病気は疑って、年明けに仕事も一段落するから、心療内科に行こうと決めていた。

Aが久々に会社に来たのは、12月も後半に入ってからだった。
地元栃木県に帰って養生していたという。
その日の17時過ぎ、三鷹の住宅街に一緒に行った先輩が事故に遭ったという連絡が来た。
先輩はタクシーで出先に行き、そのタクシーから降車直後に、原付きに轢かれた、と。

その仕事は、俺の心身不調で、俺の元から先輩へ振られた仕事であったし、
Aも、本来ならスタッフとして入っていたはずの仕事だったので、俺達はすぐに関係先に行った。


66 :4/最後 :2013/12/08(日) 17:31:05.43 ID:lDRBblG7P
関係先との引き継ぎを済ませ、Aといっしょには先輩が運ばれた病院へ行くと、病室は大騒ぎになっていた。
打撲だけだと思われていた先輩だったが、急激に症状が悪化し、心臓発作を起こした、と。

俺達は会社に連絡し、社長からそこで待っていろと言われ、
病院の1階の待合室のソファで座っていたら、Aが俺の袖をちょいちょいと引く。
病院の中央玄関には、二重の自動ドアがあるのだが、そのドアとドアの間にあの黒ずくめの男が居た。

Aと俺は、硬直して黒ずくめの男を見ていたが、
背の高い黒ずくめの男は、いつものようにニヤァ笑うと、外に出ていった。

その時、看護婦さんが「○○さんの会社の方、いらっしゃいますか」と。
先輩が死んだ、という知らせだった。

以来、背の高い黒ずくめの男を見ることは、俺もAもなくなった。
Aは翌年の春に、結婚すると退社して地元に帰っていった。
俺は、その後3年ぐらい勤めたが、同業他社に務める友人に誘われて独立のため退社した。

あの、背の高い黒ずくめの男の正体はわからないままだし、
なぜ、俺やAではなく、見えなかった先輩が死んだのかという理由もわからないまま。
というか、先輩の死と、あの背の高い黒ずくめの男が関係あるかどうかもわからない。
霊感をもっていたり、そういうのがわかる人がいたら、解説?推理?お願いします。

2014.01.04 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

ガタガタ

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

897 :本当にあった怖い名無し :2013/12/29(日) 02:30:31.91 ID:CBBTJ+//0
中学のとき、盛大に寝坊したからズルして登校しなかった
朝から畑仕事に出てた親が昼には戻ってくるから、俺はカバン持って仏間の押し入れに隠れた
まぁどのみち学校から電話かかってきてバレるんだけどw
真っ暗な押し入れの中で、俺は来客用の敷布団に寝転がってうつらうつらしてるうちに眠り込んでしまった
突然ゴロゴロゴロゴロっ音がして飛び起きた
はじめは雷だと思ったんだけど、冴えてくるうちに、誰かがふすまをガタガタ叩いて揺らしているんだと気づいた
バレた、怒られる。
引っ張り出されるのを身構えたけど、様子がおかしい
ガタガタ叩いてるだけで一向にふすまを開けようとしなかった
しかも、音は反対側の壁からも聞こえてきた
壁の向こうは猫も通れない路地裏なのに!
そのうえ天井、そして下からも...
俺は総毛立って、押し入れから一心不乱に飛び出した
仏間には、誰もいなかった
しばらくして親が帰ってきて、叱られ、さっき顛末を話すと、そりゃご先祖さんもに怒ってたんだ、と笑われてしまった 
今も実家にいるから押し入れをみるとそのことをよく思い出す

2014.01.04 | | Comments(1) | Trackback(0) | ■怪異

小型飛行機

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

896 :本当にあった怖い名無し :2013/12/28(土) 22:59:52.86 ID:IJuvIJAt0
UFOスレと迷ったけど...
子供の頃は爺ちゃんちへ行くために年に2~4回飛行機に乗っていた
で飛行機に乗るといつも横に小型(戦闘機くらいの大きさ)の飛行機がくっ付いて飛んでたんだよね
その小型飛行機は窓がなくてB3くらいの藁半紙のような紙で覆い尽くされてて
所々に筆で漢字が書かれたお札っぽい白い短冊が貼られていた

その頃は子供だったし毎度のことなんで
「こういうもんか」と思って気にしてなかったけど
大人になってから不思議に思い出した
何か知ってる人いないかな...

2014.01.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

不思議じゃなかった体験

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

894 :本当にあった怖い名無し :2013/12/25(水) 23:45:12.80 ID:zkEDqAS90
不思議な体験というか自分だけ不思議じゃなかった体験。

中学生の頃、修学旅行で何故か夕食の前に山登りさせられて自分たちの班だけちょっとした迷子になった。
とはいっても遭難したわけじゃないから気軽に構えていて、途中で後ろのほうにいた何人かの女の子たちが悲鳴を上げた時も蛇か何か出たんだろうと思った。
しかし振り返っても自分の目には何も見えない。
けれどもその女の子たちや前のほうにいた男の子たちには何かが見えたようだった。
「うわああぁぁ!」「きゃー!」と、気づけば自分以外の班員みんな半狂乱でその場にしゃがみこんだり山を駆け降りたりし始めた。
自分はとりあえずのんびりマイペースに山を降りたけれど、あとから聞いたら白い影みたいなものがうすぼんやりと発光して見えたらしい。しかも何度も。
しかし十人以上いる班員たちの中で自分だけそれが一切見えなかった。

当時は集団ドッキリかと思ったけど、興奮しすぎて過呼吸になってる子とか漏らしてる子もいたしたぶん違うんだよな……。
将来その手のスポットに行ってまた同じようなことがおこったとしたら、きっと自分は零感を極めし者とかなんだろうなと考える。
ホラー映画みたあとの“見られているような気がする感”さえ一度もないし、ビビリにはありがたい体質だ。

2014.01.04 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

ビリビリ

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

805 :sage :2013/12/10(火) 15:31:19.28 ID:w3JIxhpQI
自分でもすごい中2だったなーと思う実際中2だった頃の話聞いて下さい

担任が担当の国語の授業中、自分の右下机と隣の机の間より自分寄りの辺りに黒いもやっとしたのが見えた気がしたんだ。黒板のをノートに書き写してる時に見える。
でもじーっとそこを見ても何もない。ノートを見てると目の端に見える。
目の錯覚だろと思ってるけど厨2的に妙に気になるから、机の下に落ちた物を拾うみたいな体勢でその黒いもやが見えてた辺りを手で触るみたいにしてみたんだ。
そしたら何か手のひらがビリビリする?みたいな肌触りってか手を上げたり下げたりすると下げるとビリビリするんだ。
何度やっても。
で、授業中だから隣の席の人が何やってんの?ってなるわけだけど何か黒い見えたから触ってんだけど何かビリビリすると説明して、同じ事してもらったらやっぱり同じ様にビリビリすると。
その時点で周り数人が何々みたいな感じで言い始めたから当然先生も気がついて、とりあえず黒いの云々はいいや、とりあえずビリビリするってだけ伝えた。


806 :sage :2013/12/10(火) 15:33:11.39 ID:w3JIxhpQI
長いっていわれた(´・ω・`)


先生はなーにやってんだよ!なノリで私がいうビリビリの所に手をやるんだけど、やっぱりビリビリするとの事で、
なんだこりゃ、ヤバイ何か下で電気でも漏れてんのかもしれないから離れろ!と言われて教室左側か生徒10人位がガガガっと机ごとその場を離れて授業再開。
結局その後黒いのは見えないし、電気も何ともなかったって事でなんだったのか、わからない。
自分だけの体験なら厨2乙で終わったんだろけどクラス巻き込んでたから何だったのか分からず仕舞いだったのがもやもや。

2014.01.04 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

回転

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

804 :本当にあった怖い名無し :2013/12/10(火) 11:10:43.04 ID:Qq8SLrRB0
小学生の頃、銭湯の広い露天風呂で泳いで遊んでたら急に両足を持ち上げられて湯の中で逆立ち状態になった
ジタバタしても体が動かなくてパニックになったけど、すぐに体が回転して湯船から顔を出せた
死ぬかと思ったと思いながら周りを見たけど自分しか居なかった
半泣きでジャグジーに居る母のところに向かったら、窓から露天風呂の様子がうっすら見えていたらしく、母に「さっき誰と遊んでたの?」って笑顔で聞かれた
私が「誰も居なかった」と言っても母は信じなかったけど、私以外誰も露天風呂から出てきてないのに露天風呂が無人だって事に気づいてからは風のような速さでジャグジーから出て着替えて車に乗って帰った

2014.01.04 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

顔見知り

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

803 :本当にあった怖い名無し :2013/12/10(火) 09:42:34.76 ID:n+DczLCD0
道歩いてたら向かいから顔見知りのおじさんが歩いてきた。
会釈したらあちらもこっちに気付いてにこっと笑って会釈した。
え~っとどこのおじさんだったかな~って考えた。よく知ってる顔なんだけど・・・

ぞぞ~~っと鳥肌が立った。
あのおじさんは俺が小さい頃から何度か夢の中に出てくる人で
現実にはいないはずの人なんだけど・・・

振り返ったらおじさんはいなかった。


2014.01.04 | | Comments(6) | Trackback(0) | ■怪異

白装束

子供の頃の不思議な体験03
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/l50

802 :本当にあった怖い名無し :2013/12/10(火) 08:59:31.29 ID:d1zhv2bpI
中学生くらいの頃、真冬に祖父のお墓参りに行った帰りのこと。
家族で神戸市北区と三木の境目くらいの場所を父の運転する車に乗っていてなんとなく外を眺めていた。
そのとき奥が森になっている池の前を通ったのだが、森側から池に向かって小鼓を叩いた男の人が両脇にいて、その間から白装束を着た女の人がゆっくり池に入水してるのが見えた。
不思議に思い「こんな季節に白い服着て池に入るなんてなんの祭かな?」と家族に言ったら「あんた変なもん見たね…」と気味悪がられた。
10年以上経った今でもあの光景が頭にこびりついている。
そういう儀式があるのか調べてみたけれど手掛かりは見つからず。
一体なんだったんだろ。

2014.01.04 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。