FC2ブログ

[096] ホテル

『 百 物 語 』 ~弐〇〇七年・彼岸~
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190462579/l50

344 :へたれ ◆AiOGu5kkMM :2007/09/23(日) 05:01:30 ID:VAgzDbsT0
たびたび心霊スポットとして○○郡の廃墟ホテルの名が挙がっているが、このホテルは全くの無人ではない。
事務員と思われる人が1階の明かりがついた食堂で働いている。
問題なのはその400メートルほど先にある(○○町側)小さな廃墟ホテル。
現在は立ち入り禁止のバリケードが張ってあるが,2年ぐらい前までは自由に入れた。私が嫌がる弟を説得し突入したのは5年ぐらい前のことになる。 

某日深夜このホテルに突入,中は真っ暗でガラスのない窓の残骸から海の音だけが聞こえる。そう,202号線国道沿いではあるが隣は崖っぷちなのである。

1階の部屋は完全に荒らされた廃墟で何もなかった。
2階に上ると右手に大きな客室があり部屋には黒人の半裸写真と海に面した窓の下にまだ新しい花束があった。ぞっとして部屋を出て更に先に進むとピンクの浴槽を発見!田舎の展望浴場といったところか。

かつては眺めの良いホテルのウリだったのであろう。その浴場の隣にある部屋に入ったとき私は思わず悲鳴を上げた。そこには壁一杯に赤いペンキで描かれた殺人を暗示する手描きの絵があった。

「誰が,何の目的で?」懐中電灯で照らされたその絵はいかにも子供が描いたようで,だがそれにしては巨大で不気味なものであった。
赤1色で描かれた人の絵,赤い涙を流し身体の真中の心臓は包丁で刺され血を流している。 

「これは,やばいもん見たわ」と思い半泣き状態の弟を急かし部屋を出た。そこで弟が奇妙なことを言い出した。もう一度「さっきの部屋に行きたい」「おまえ怖くないんか?」と私。「なんか今もたくさん客が居るような気がするし怖くないよ。」(お・おまえ?)


345 :へたれ ◆AiOGu5kkMM :2007/09/23(日) 05:02:30 ID:VAgzDbsT0
実はさっきこの2階に上り私も声には出さなかったがそんな気がしていたのは事実だった。恐怖感は次第にとれて暖かい人の気配さえ感じた。
それは敵対的なものではなく,私達を引きとめておこうとするモノだった。

「帰ろう,早く,ここを出たほうがいい」そういって私は弟と1階へ降りた。
途中一度,はじめの黒人&花束の部屋を一瞥して…

この後地下室にも行って見たのだがここでは恐怖が優先した。これといって変わったものもなく普通の廃墟だった。無事家に帰りつくまで月並みだが生きた心地がしなかった。今もあの絵はあるのだろうか?

その後
今年の春に一時帰省。10日間ほどだったが毎晩友人達と飲み歩いて,その日も○○のスナックでカラオケ三昧だった。そのうち,隣に座っている40代くらいのおっさんがあんまりうるさいと思ったのか,私達3人に「ちょっとカラオケやめてくれん?」と言ってきた。「あ,すいません」と答え,その後も3人で話しつづけた。おっさんは神妙な顔をして女の子に何か話してる様子。さすがにうざいと思い。「話し声まで邪魔になるとや,おっさん!」と友人の一人が言ったところ。おっさんは「今怖い話しよると,あんたらも聞くね?」と言ってきた。その手の話に目の無い私はさっそく「いっすね~聞かせてくださいよ」と笑顔で二人の友人を無視しおっさんの幽霊話を聞いた。結構怖い!


346 :へたれ ◆AiOGu5kkMM :2007/09/23(日) 05:03:10 ID:VAgzDbsT0
話の流れからこのおっさんは昔○○町で坊さんをしていて,現在は○○市内の某塾で社会科を教えているということがわかった。私はおっさん(以下Hさん)に「○○町ってことは,例の幽霊ホテルご存知ですか?」とさりげなく尋ねた。すると「あの大きいほうの?」「いいえ,その先にある小さいほうです。昔潜入したことあるんですよ。ははは」Hさんの顔色が変わった。そして言った「あそこは洒落にならんとこやけんね,実は私もね,興味本位で入ったことあるんですよ」「いつごろっすか?」「5,6年ぐらい前」「あ,なら僕といっしょぐらいの時ですね,2階の赤い絵見ました?」「あなたも見たの?あの絵」「はい,ところで何なんですかあのホテル?」「あれはね,実は…」すでに友人たちもバカ話を止めて食い入るようにHさんの顔を眺めていた。

「あのホテルは20年ぐらい前建ったんやけど,すぐ潰れて荒れ放題やったと,でそのうち暴走族がたむろするようになって,早く壊せって地元の人間は言ってたんやけど,壊すのもお金がかかるからそのまんまやった」「今でもありますよね」と友人。「うん,でね,もう10年ぐらい前に事件があって」「どんな事件??」と私。「女の子があのホテル跡地で強姦されて自殺したとよ」それであの花束が…,ということはあの海側の部屋で…
「あの絵は多分そのときの連中が描いたんやないかねぇ」Hさんによれば殺された女の子はまだ20歳前後で,強姦されたあとすぐ自分で海へ飛び込んだそうだ。

「連中つかまったんですか?新聞には??」「未成年やったらしいからね地元の人間じゃないことは確かやけど,どこのやつかはわからんかったったい。」「花嫁衣裳も着れんで死ぬのは可哀想やってことで,その娘の母親がその後ウエディングドレス作って,その娘さんが殺された部屋においてやったらしい。花束も添えて毎日拝みに行きよったとよ」本当に悲惨な話だった。「でもね…」彼の話はまだ続いた。


347 :へたれ ◆AiOGu5kkMM :2007/09/23(日) 05:04:29 ID:VAgzDbsT0
カウンターの女の子が「いやーもう聞きたくなーーい。」と言ってボックスへ移動した。
「うちは実家が寺でしょ,その手の話は檀家の人がしょっちゅう持ってくるわけですよ」
「その手の話って幽霊ネタですか?どんな??」
「いやね,置いてあったそのウェディングドレスの場所がね,毎日変わるらしいたい」

一同 まじ~~~??!!

Hさんの話を総合すると,殺された娘の母親は結婚することもなく強姦され身を投げた娘を不憫に思い。娘の殺されたホテルの客室にウェディングドレスを供えてやった。ところが,ある日献花のために部屋に行くと供えたおいたはずのドレスが無い。盗まれたと思い一応別の部屋に探しに行くと何事も無かったようにドレスはあった。もとの部屋に戻し次の日行くとドレスが無い。また別の部屋にあったが,その部屋は昨日とは違う部屋だった。
「お母さんは娘がまだ成仏しとらんと思って,それからドレスを元の部屋に戻すのを止め,行きたいところにいきんしゃい!とばかりにそのまま放っておいたそうやけど…」
「毎日あっちこっち動き回るんで,とうとう家に持って帰り有名な祈祷師さんに来てもらって供養したらしい。変なうわさが広まったらいかんしね。けどそのドレスあっちこっち部屋移動した割にはぜんぜん汚れてなかったらしいよ。」Hさんは「ドレスが海風で別の部屋に移動することは考えられないことだ。」と言う。これは潜入済みの私も同感だった。



348 :へたれ ◆AiOGu5kkMM :2007/09/23(日) 05:05:00 ID:VAgzDbsT0
その後しばらく沈黙が続いた。屈辱的な強姦の直後,彼らの目の前で窓から飛び降りた女の子の気持ちを考えると何も言う気になれなかった。それにしても強姦した連中は一体その時どういう気持ちで彼女の命をかけた最後の抗議を眺めていたのだろうか?怒りを覚えた。


「その絵見たいねぇ」ふいに友人一人が言った。「おまえ見たっちゃろ,いいねぇ」もう一人が続けて言った。私は「ああ,見た」と答えHさんのほうを見た。「止めとき,不謹慎とは思ったけど,去年塾の夏季講習でその話を生徒にしたったい。で,つい調子に乗りすぎてその時,あの“赤い絵”を黒板に描いたとよ,そしたら突然女子生徒の一人がひきつけ起こして泡吹いて失神したと!びっくりしたよ本当に,舌出してね。すぐ救急車呼んだよ。」

いったいあの絵を描いたのは誰だ?本当に暴走族の連中? それともまさか?


2007.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | □連作「百物語 ~弐〇〇七年・彼岸~」

コメント

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。