FC2ブログ

沖縄

過去に体験した不思議体験を書き込むスレ
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189226316/l50

231 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 07:18:33 ID:VAseI6/o0
15年以上前に、沖縄に行ったときのこと。
友人と二人でいったんだけど、午後にふと、ひとりで南の方に行ってみたくなった。
バスを乗り継いで、まずは戦争資料館(名前は忘れた)の方は向かう途中、健児(?)の塔の辺りを通った頃から、なんだかフワフワしたというか、自分が自分じゃないような不思議な気分になり始めた。
それでも無事、資料館に到着した。
資料館にいる間も、さっきからの不思議な感覚は続いていて、空気が濃縮しているような、重いような、そんな気分のまま外に出た。外に出てもなにやら、念というかとにかく空気がおかしいと感じてた。
修学旅行の高校生がパチパチと写真を撮ってるのを見て「なんてところで写真を撮ってるんだ…」と驚いた記憶がある。
冬だったので、その頃すでに辺りは暗くなり始めていた。
その上ポツポツと雨も降り出し、そろそろ帰らなきゃ、とは思っていた。
でも、変だけど体はどんどんその資料館の裏手にある山の方へ吸い寄せられていくようで、不思議だけど、誰もいない山手の方に歩いていってしまった。
山にはどうやら都道府県ごとの慰霊碑が多く立てられてるようだ。
もちろん、辺りには誰もいない。
怖いと言う感覚はなく、悲しいのかなになのか、急に涙が出てきて、一人泣きながら慰霊碑の並んである方に歩いていってた。
とにかく足がとまらないし「どうしても行かなきゃ」という思いしかなかった。
とある慰霊碑のところでふと気になって、その慰霊碑の裏側に歩いていった。
そこには、断崖絶壁があった。
そうっと崖の下を覗き込むと、冬だと言うのに真っ青な海がはるか下に見えた。
見た瞬間、ほんとに腰を抜かして、そこに座り込んでしまった。
動けなくて、物凄く悲しい気持ちになって、真っ暗になるまで泣いてた。
やっぱり怖いという気持ちはなく、もう帰っても大丈夫だと感じた。
真っ暗な中、やっとバス停までたどり着き無事ホテルの部屋まで帰ったが、今度は、テレビは何度も切れるし、チャンネルもどんどん勝手に切り替わるし、暖房が効かなくてすごい寒いし、一緒に止まってる友人と、女性同士くっついて寝た。

今思い出しても、なんであんな行動とったか理解できない。
誰かが何かを伝えたかったのかも?と思ってる。



233 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 07:38:47 ID:VAseI6/o0
>>231の追記
その翌日、タクシーに乗った際に前日の出来事を運転手さんに話した。
そしたら、少しばかり驚いた様子でこんな話をしてくれた。

――やはり、健児(?)の塔の辺りから資料館にかけては、何かあるんですかねえ~。
前に、イタコさんのグループを乗せてあの辺りを案内した事があるんです。
こっちは、いろいろと観光名所や史跡などを案内しながら走ってたんだけど、”建児(?)の塔”あたりから、彼女達の様子が変わりだしました。
私が不思議そうにしてたら、中の一人が『ここから先は、案内はしてくださらなくても大丈夫です。案内してくれる方がいますので』と言い出しまして、そして『ここから先(南の方)、私達が誰か見えない人と話すことがあるかもしれませんが、どうか気になさらずに運転してください』とも言いました。
そしてちょうどその塔の辺りで『ちょっと降りたいので一旦車を止めてくれますか?』というので、言うとおり車を止め、イタコさん達を下ろして自分は車で待っていました。
彼女達はそこで長い間なにやらお経みたいなのを唱えたあと、再び車に乗り込むと、こんどは、誰か見えない人と話を始めた様子でした―――


2007.12.31 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. he-

    2012-06-20 水 13:54:59 | URL | gaga #- [ 編集]

  2. his-him

    2012-11-09 金 15:40:19 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。