FC2ブログ

肝試し

実話恐怖体験談 拾壱段目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217141461/l50

937 :本当にあった怖い名無し:2009/02/04(水) 02:41:01 ID:V/zLnmvCO
もうだいぶ昔の話。
俺と友男、友子で遊んでた。夜中で、酒は入ってなかった。
理由は忘れたけど、近所の史蹟に肝試しに行くことになったんだ。
テレビでオカルト的に紹介されたりする場所で確かに気持ち悪いんだけど
ただ単に洞窟みたいになってるからで、特に体験談なんかは聞いたことなかった。

史蹟に着いてすぐ、友子がトイレに行きたがった。古くさいトイレ。
中の電灯は点滅してるし、薄気味悪いので俺と友男が入り口で待機することになった。
友子が入っていき、個室のドアを開けようとした時、妙な声が聞こえた。
全てに濁点がついた、呻き声みたいなものがトイレ中に響いた。
俺たちは瞬時に硬直し、次の瞬間我先に逃げ出した。

「何今の!聞こえた!?」
「声!女の声だよ!」
「やっぱり女だよね!?低い声だったのになんで女だってわかるの!?」
「知らねーよ!何だよ!」
一同パニック。


938 :本当にあった怖い名無し:2009/02/04(水) 02:43:45 ID:V/zLnmvCO
とりあえず落ち着いて、続行するか迷ったものの、あれは風のせいだとして史蹟に入った。
腰辺りまでの門が閉まってたけど、それを乗り越えて砂利を踏んで進む。
史蹟の入り口まで数メートルといったところで、友子が急に何かに躓いてコケた。
「おい、何してんだ」
「大丈夫か?」
「痛いー…痛いー…痛いー…痛いー…」
友子の息は荒かった。何を話し掛けても痛いとしか言わない。
暗くて表情は見えないけど、声が震えるので尋常じゃないと思い、友男に帰ろうと提案した。
「捻挫したかもしれんな。おい友子、行くぞ」
声をかけると、友子がカバッと頭をあげ
「なんで!!!!」
「なんでってお前、足痛いんだろ」
「呼んでるのに!!!!」
「は?」
俺と友男ぽかーん。友男が俺の脇腹を突いてくる。
「いや…いやいや…意味わからないから…とりあえず帰ろう」
若干びびりながら友子の肩に手をかけると、物凄い勢いで振り払われる。
「触んな!!どけ!!!」
「いてっ!何してんだバカ!!」
勢いのまま史蹟に走りだす友子を、俺と友男で押さえ込む。


939 :本当にあった怖い名無し:2009/02/04(水) 02:47:16 ID:V/zLnmvCO
友子は小柄で、腕相撲なんか俺たちに一度も勝ったことなんてないのに
どっから出てんだと思うような凄まじい力で暴れた。
何度も引き剥がされながら、徐々に史蹟に近づいていく。
「なんだお前!どうしたんだよ!」
「放せよ!呼んでんだよ!!!」
「何が!!」
「見えないの!?あそこに居るじゃん!!」
暴れながら友子が指差す方を見るも、何もない。友男にも見えないらしい。
「何もいねーよ!!」
「何でそんなこと言うの!?いるよ!!泣いてる!!!」
「はぁ!?ふざけんなバカ!!」
「泣いてるの!!悲しいって!!行ってあげなきゃ!!」
「このバカ!!おいお前足持て、連れて帰るぞ!!」

暴れる友子を門まで2人で担ぎ、友男が先に門を乗り越え友子を受け取ることにした。
友子は半狂乱になって泣き叫び、なかなか門を越えようとしない。
「暴れんなって、怪我すんぞ!!」
「やだぁ!!行くんだよ!!あの女の人泣いてんだよ!!」
「行くなって言ってんだろ!!」
騒ぎながら友子を抱き上げると、後ろで砂利を踏みしめる音がした。
友子はずっとそちらを見たまま
「今行くから!!待っててね、行くから!!」
と叫び続ける。
俺と友男は足音に気付いていながら、それを無視して強引に友子を運びだした。


940 :本当にあった怖い名無し:2009/02/04(水) 02:50:12 ID:V/zLnmvCO
車に乗せると友子は嘘のように大人しくなり、一点を見つめて泣いていた。
鼻水が垂れても動かないので心配にな、拭ってやりながら足の痛みを聞くと
もう痛くないよ、と小さく頷いて礼を言った。
俺んちに着く頃にはすっかり落ち着いて
「なんかわけわかんなくなって…ごめんね」
と謝った。

詳しく聞きたがったが、とにかく風呂に入れて寝かせることにした。
その間に友男と足音について確認したが、お互い聞こえただけで何も見ていなかった。
風呂から出ると友子はすぐに寝てしまい、話は翌日に持ち越し。
俺と友男もすぐに寝入って、目が覚めたのは昼近くだった。
「おはよー、昨日はごめんね」
寝てる間に買ってきたらしい弁当を俺と友男に渡しながら、友子が切り出した。
「あんまり覚えてないの。とにかく悲しくて、行ってあげないとって」
「何がいたんだよ」
「髪の長い女の人。私より少し年上くらい。白い服着て、ずっと手招きしてたんだよ」
「お前霊感とかあったの?」
「あるわけないじゃん、あんなの初めてだよw」
ふーん、と弁当を食べてると、友男が青白い顔をして友子の足を指差した。
「なぁ、何、それ」
「え?」
友子の右足首には、青紫の手形があった。掴まれたような。
「わ、何これ!お風呂入った時はなかったのに!」
「冗談きついだろおい、マジで?」
「お前さ、あん時なんでコケたの?」
「……誰かに、足掴まれて……」
「……」

今では笑い話になってるが、夏には風物詩といわんばかりにしていた肝試し。
俺たち3人は、これ以来一度も行ってない。
ネタ臭いかもしれんが、ガチの実体験。


2009.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。