FC2ブログ

家系

【因縁】家系にまつわるオカルト13代目【遺伝】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1259503910/l50

292 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 05:41:56 ID:iWqN3zqhO
私の実家は沖縄県の某離島です。琉球王国だった時代は、罪人の流刑島だったそうです。これは直接的には関係ないかも知れませんが、私の実家にまつわる悲しい話に、多少の因果関係はあるかも知れないと思い、書き込みました。

また、私の祖父は戦時中、パラオという南洋の島である村を治める村長のような役割をしていましたが、終戦とともに私の母と祖母を連れて島に帰って来ました。

途中艦砲射撃の嵐の中、命がけでの帰島だったらしいのですが…

祖父はパラオで、島民たちを奴隷のように扱い虐待していたと、母は記憶しています。以下は私の実家にまつわる、また現在進行形の話です。


293 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 05:56:30 ID:iWqN3zqhO
私の母は六人兄弟の長女です。パラオから引き上げてから、母以下五人の妹弟が生まれました。母を含む四人姉妹全員健在で、大きな病気ひとつ誰もした事はありません。
ですが、母の弟二人…私にとっての叔父にあたる二人とも、重度の身体障害者でした。歩く喋る考える…要するに人間として生きる機能全てがありませんでした。

幼かった私は、母の実家に帰省するたびに(母は父が航海士だったため、結婚後沖縄本島に移りました)、薄暗い板張りの部屋に裸で放置され、唸り声をあげる二人の叔父が怖かったのです。

本島に移り住む母の代わりに、母の妹の次女が叔父たちの面倒を見ていましたが、幼い私から見ても叔母の二人の扱いは虐待に近いものがあったと思います。

日に一度の食事はサバの水煮缶をご飯とまぜたもの、入浴は気が向いた時だけ…

母は帰省するたび叔父たちの世話をし、涙を流して謝っていました。本島に渡ってしまった負い目から、母は叔母に文句を言う事はできなかったそうです。

叔父二人は、三十代を過ぎてから相次いで亡くなりました。生涯人間として生きる事なく、生まれたての赤ちゃんのままでした。

でも、私の家系に起こった出来事はこれだけで終わりません。


295 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 06:25:40 ID:iWqN3zqhO
私の父は航海士を体を壊し退職した後も自分で事業を立ち上げ、成功をおさめたそうです。
私が物心ついた頃にはすでに生活を送っていましたけれど…。

事業が負債を抱え手放すと、計ったかのように黒字に変わったそうです。親友に騙され連帯保証人になり、多額の借金…夜逃げ、あのころ恐ろしかったサラ金の取り立ては、生涯私が借金する事を拒否する原因になりました。それを多くは語りません。

父は私が十七歳の四月に亡くなりました。

癌で余命宣告を受け、手術で延命をはかりましたが、担当医が当日急に変更になり、経験の浅い若い医師が執刀、何故か動脈を切断し、止血する事もせず、父は出血多量で亡くなったのです。

母は長女でした。父は母と結婚する際、嫁に貰ったのではなく婿に入っていたのだという事を、私は父が亡くなった時初めて知りました。父の名字と母の名字は、偶然ですが同じだったからです。
最後まで不遇続きだった父の半生、父は母の実家の形式上跡継ぎだったのです。もう少しお付き合い下さい…


296 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 06:43:53 ID:iWqN3zqhO
私には二人の兄がいます。次男は十八歳から統合失調症を患い、私たち家族はこの兄にずっと苦しめられてきました。

長男は家を嫌って家出し、早くに結婚し三人の子供にも恵まれました。ですが兄はDVで、お嫁さんの顔はいつもまだらに変色し、幼いながらも兄の事を酷い人だと思い嫌いでした。

「男きょうだいは本当にダメだね、どうしようもないね」

私たち三人姉妹は、口癖のようにそう話していました。女きょうだいは三人とも問題なく結婚し家庭を営んでいます。現在もそうです。男だけ…

いつしか私たちの間で、【うちの直系の男は呪われている】そんな事を話すようになりました。まだ半分笑い話のような形でしたが…。

ですが、それが笑えない事実として現実みを帯びてしまった出来事が起こってしまったのです。


297 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 06:51:12 ID:iWqN3zqhO
最後の話を書くと、良く出来た作り話だと思われてしまうかも知れません…でも、私の家系で起こっている真実の出来事です。
続きの前にすみません、主人のお弁当を作って来ますので、一時間以内には書き込みさせていただきますね。

携帯で長文を打つのがこんなに時間がかかるとは、思いませんでした(汗)


299 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:00:16 ID:iWqN3zqhO
長兄には三人子供がいます。女の子二人に……男の子です。甥はうちの家系直系の跡継ぎです。

甥は明るく活発で、本当に子供らしい可愛い子でした。女の子みたいな愛らしい顔立ちで甘い上手で、私にとっても可愛い甥でしたが、長兄も一人息子の甥とても可愛がっていました。二人の上の娘には虐待まがいの折檻をしても、甥に手を上げる事は全くありませんでした。

甥は、中学校に上がる直前の冬休み、自転車に乗っていて事故にあいました……私たちは病院に呼び出され、親戚一同甥の無事を祈りました。頭を強く打ち脳挫傷、医師は生き延びる可能性はほとんどないと宣告し、私の母は甥の名前を呼びながら、

「○○をもてぃーかだふぃーさまてぃ!!」○○を持って行かないでくれと叫び続けました。

甥は奇跡的に一命を取り留めました。

祟りとか家系の因果であったなら、甥は死んでいたのではないか、単なる偶然が続いただけじゃないのかと思われるかも知れません。

ですが甥は、事故以来重度の身体障害者になりました。言葉も話せません。その姿は、亡くなった二人の叔父と同じ……あんなに可愛く活発だった甥は、現在長兄のお嫁さんだった人(事故のあと離婚しました)に介護されながら、人形のように生きています。


300 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:02:41 ID:iWqN3zqhO
考えると亡くなった私の父も、最後は動脈を切られベッドの下に血を滴らせ目を見開き、身動きひとつできない無念の死に方でした。

流刑された罪人の島…罪人は縛られて、島の灯台があるガマの中で死んでゆく者も多かったそうです。うちの先祖が、彼らの死に関わりがあったのでしょうか?

戦時中パラオの村を統治していた祖父が、あるいはそこでやってはならない事に手を染めてしまったのでしょうか?

兄もじき五十に手が届き、再婚し子供をもうける事はないでしょう。次兄は統治失調症からアルコール中毒にも病み、彼もまたある意味人間として廃人です。次兄が結婚し子供をもうける事もないでしょう。

姉二人とも子供がいますが、姉たちの子は全員女の子です。私は怖いです……。私には男の子しか生まれませんでした。

今、直系の男子は私の子供たちです。転んで擦り傷を作るような些細な事でさえ、私は怖い。兄弟ケンカのさなかにも、私は子供たちの瞳の中に兇悪な光はないか、探してしまう。

跡継ぎではないので心配しすぎかも知れませんが、四人の息子が何事にも巻き込まれる事なく、無事に成長する事を祈るばかりです。

朝から長文失礼しました。主人にも言えないこの話を、一度誰かに話したかった。少し楽になりました。ありがとうございました。


301 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:14:11 ID:ZGfl1ewi0
乙です。
沖縄のユタとかにはみてもらったのでしょうか?


302 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:34:14 ID:iWqN3zqhO
いいえ、ユタには見てもらった事はありません。私は今沖縄を離れ、東海地方に住んでます。少しでも沖縄から離れたかったんです。二年に一度くらいしか帰省もしませんし、子供たちは連れて行きません。


303 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:41:15 ID:SPd8ubAl0
>>300
気になるようなら、毎年1年に一回でも神社で家族でお清めというか
家内安全の御祓いを受けてみられたらどうですか。
家族でうけて、全国でもだいたい5000円~1万位で受けられますよ。

神社での御祓いは、その人のもっている悪因縁を、
その時々で切って貰うという意味があるので、年頭や節目の折に受けてみられたらどうですか?
気休めかもしれませんが、気分的にだいぶ違いますよ。

神様も、家族で定期的にお参りに来られる人をあだやおろそかにはなさらないと思います。
でも、新興宗教などには参加されないように気をつけて頂きたいと思います。
悪因縁を増幅させて、仕えさせるために逆に不幸になっていくよう仕向ける力が働くものもあるそうですから。

生きている人間が一番強いそうですから、先祖が作った因縁に翻弄される余地はない!!という気概が一番跳ね返す力が強いそうです。
ご供養に気をとられ過ぎると、あまりよくない事もあるようですからお墓まいり等、帰省のおりなどなさっておられるなら、普通でいいと思います。

神社でお塩やお酒も売ってますから(お金をとらないとこもあります)お風呂にいれたりして自分で清めたりもできますよ。

何事にもあまり心配されすぎず、明るく過ごされるのがよいのではと思います。
大きなお世話ですが失礼しました。


304 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:53:01 ID:fXo1ps2p0
>>302
一般に南洋諸島での日本の統治は、現地人にも比較的容認されるようなものだったとされる

特にパラオに関しては、一部を除いて、軍事関係に動員されることがなかったし、軍が玉砕した島でも島民は無傷なんて実例がある
戦後も、連合軍が日本の同一化政策による語学教育や神道信仰の排除を試みたが、なかなか進展しなかったくらい
現在でも親日国だし

お祖父さんの虐待は事実だとしても、パラオでの所業が今に影響しているのは考えづらい
お母さんがどの程度のことを虐待として受け取ったのかはわからないけど、代々祟るほどのレベルなら当時の南洋庁から指導が入ったり、役職を罷免されるのが普通だと思う

>琉球王国だった時代は、罪人の流刑島だったそうです
↑何かあるとしたらこっちなんじゃないだろうか


305 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 08:57:06 ID:5pgYDu9C0
>>302
東京に住んでるうちなーんちゅです。
お話や方言見て、どこの島かわかりました。
俺の友人に同じ島の奴が居まして、そのうちの二人が同じようにここ数年お家が大変なことになってます。
でも、友人知人のサポートで良くなってきてるので、どうか気を落とさず、家族共々健やかに


306 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 09:23:49 ID:iWqN3zqhO
303さま、墓参りには島に行かなくてはいけないので、全然していません。毎年伊勢神宮でお札とお守りを買って、家族全員に身につけさせてます。主人がこういった事を信じないので、お祓いなどしてもらいたいのですが、できません…。

304さま、私にはとても優しい祖父でしたので、そう言っていただけて本当に嬉しいです。母は死ぬまでに一度パラオに行ってみたいと昔から言っています。連れて行ってあげたかったのですが、怖くて実行できませんでした。おかげで連れて行ってあげられます。

305さま、あの言葉が分かるならきっと同郷ですね。そうですか、お友達二人も……あの島に何があるのでしょうか?

皆さま、優しい言葉を本当にありがとうございました。思い切って打ち明けてみて良かったと思っています。本当にありがとうございました。


2010.01.15 | | Comments(4) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. この間TVでみたけどパラオは相当な親日のほうだとおもいます。
    初代大統領も日本とパラオのハーフで日本ニクシだったらそういうことはホボ内と思います。
    ひとまず書いた本人は実家のお墓参りはあれみたいだけど、ご先祖のやつ含めて行ったほうがいいとは思います。

    2010-01-15 金 19:37:04 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. ファミリーコンステレーションという家族療法をご存知でしょうか。
    ユダヤの民を虐殺したことに由来する様々な家系の問題にアプローチするために ドイツで発展した家族療法です。
    我が家も様々な問題を抱えていました。 解決したいといろいろ取り組みましたが、最も効果的だったのがファミリーコンスタレーションでした。
    もし、家系に連鎖的に起きるパターンに 解消に向けて
    何かしら取り組まれるようでしたら 一度試してみられるとよいかもしれません。
    ドイツから日本に入って来ています。

    2010-01-19 火 02:05:05 | URL | 名無し #- [ 編集]

  3. 「終戦」で帰ってくるのに艦砲射撃って…
    「戦況悪化」の間違いじゃないか?
    今更だし、ここに書いてもしょうがないけど、気になったんで…

    2012-10-19 金 19:30:25 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. いい加減な話だな。
    304にもあるように、パラオは南洋庁の、しかも本庁がある重要な地域で軍や政府も統治に気を使っていたし、公学校などを作って教育の普及もしていた。国際連盟の規定の関係で国籍を与えることは出来なかったので、教育内容や待遇に不公平な部分はあったものの、現地住民とはかなりいい関係で推移していた。
    304の指摘の通り、戦後アメリカが日本の影響を排除するために、現地の若者中心に「日本の残虐行為」というプロパガンダを教え込もうとしたのに、土地の長老が「そんなことは全く無かった」と歯牙にも掛けなかったため失敗したという経緯がある。

    「戦争」「沖縄」と繋げれば信憑性が高いと踏んだ左翼の創作か、仮に叔父の話が本当としても、介護を押し付けられた不満を祖父に押し付けた母の創作だろうな。

    2012-10-19 金 20:30:06 | URL | 匿名希望 #TY.N/4k. [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。