FC2ブログ

冷蔵室

まとめサイト:死ぬほど洒落にならない話を集めてみない?
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?236
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1264751456/l50

777 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:46:35 ID:BYAux3nP0
あれは僕が高校2年生の頃だった。
僕の知人で霊感があるという男が居た。
そいつは自分が預言者であるかの如く、何かにつけて予言のようなことを言っていたが、悉く外れていたし、何か霊を見ただのこんなことがあっただのを一切言わなかったので、そいつのそういうものは信用していなかった。

でも、そいつが言っていたことがてんで外れていたわけでもなかったし、そいつに霊感があるというのも本当だった。
それが、そいつととある体験をしたときに分かった。
僕は高校生であるというのもありバイトをしていた。
そのバイト先は自宅から電車で40分ほど掛かり、電車自体も30分に1本という少なさだった。

その体験をした日、学校終わりにバイトに行く事になっていたので、その知人とバイト先へと向かう電車に乗った。
その知人も僕と同じバイト先で働いているので、一緒に向かうことが多い。


778 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:47:17 ID:BYAux3nP0
電車の中は人が多く、5時半ということもあり、学生が多く乗っていた。
僕は知人と話していたのだが、知人が変な話を始めた。
それは僕達がこれから行くバイト先で変なことが起きてるというものだった。

僕達の働いているバイト先はよくあるスーパーで、僕達は裏で商品の準備や準備できた商品を陳列棚に出したりするのが仕事だったのだが、あるとき知人が裏で商品の準備が一段落して掃除を始めようとしていたときに、変な人影が奥の冷蔵室で動いていた、というものだった。

そのときは知人の所属している部門の裏には知人以外誰もおらず、見たのは知人だけだったそうだ。
そのことを不審者の可能性もあると思った知人は誰かに報告したほうが良いと思い、その部門のチーフに話したところ、チーフはそれをなにかの見間違いで片付けてしまい、知人も納得していないが、その場はそれで終わりにしたそうだ。

そのときのチーフはなにか知っているような様子だったし、知人の感触では霊的ななにかだと思ったようなので、それを一緒に調べないか?と誘うために僕に話したという。

僕は基本的に霊的なものとか怖いものは大嫌いで、TVで心霊特集の番組を家族の誰かが見ていたら、自分の部屋に逃げ込むほどチキンなので、その話を断わろうとしたが、調べないことには、自分でも働いているバイト先のことである以上、安全だということも危険だということも分からないので、仕方なくOKした。


779 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:48:38 ID:BYAux3nP0
それを聞いた知人は早速、今日のチーフや他の従業員が居ない時間に知人の所属している部門に集まることを決めた。

そして、集まると決めた時間になり、僕は自分の部門の仕事を速めに片付けて、知人の部門に向かった。
因みに、知人が働いている部門は精肉の部門で、所謂、牛や豚や鳥の肉を塊の状態からスライスして、よくスーパーで見かけるパック詰めにするなどの部門。

裏の部屋に入るとまだ仕事中なのか、知人がスライスされた肉の入ったトレーをラッピングしていた。
僕が話しかけると、ラッピングをやめ、バイト前に聞いた人影がどの辺りで動いていたかなどの説明を冷蔵室に入りながら始めた。
冷蔵室の中には棚が壁側に並んでおり、肉の塊が多数置いてある。
さらに奥には冷凍室に向かう扉が見える。

知人が見たとき人影は冷蔵室に入って左側の棚の辺りにくっつくように動いていたと言う。
動き方から、肉を物色しているように見えたので不審者だと思った、だから最初は霊的な何かだとは思わなかったという。
しかし、くっつき方がおかしかったのとチーフの思わせぶりな反応が知人の霊的だと思わせる要素になったようだ。

一通り説明した後、冷蔵室から出てきて知人が人影を見た場所へと移動した。
知人が見たと言う場所は部門の部屋の扉から向かって左側の奥にある流し台の辺り。

今日の今の時間も人影を見た時間だというので、とりあえず人影が見られるか待ってみることにした。


780 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:49:23 ID:BYAux3nP0
ただ待っているのも暇だったし、僕は元々知人のそういう話を信じていなかったので、軽い気持ちでいたという事もあって、バイトの話をしていた。
すると流し台に移動してから10分ほど経った頃に知人が話を中断して冷蔵室のほうを凝視していた。

僕も同じように冷蔵室のほうを見てみた。

冷蔵室の扉は上半分位の窓が付いているのだが、何かもそもそと黒いものが動いているように見えた。

なんだあれ?と思っていると知人が「あれだ」と言い、冷蔵室のほうに近づいて行った。
僕の見た感触では人影に見えないし、冷蔵室の冷風で何かが動いているようにしか見えなかったので、それがなにか怖いものであるという印象はなかったので、僕も同じように冷蔵室へと向かった。

それが間違いだったのがすぐ分かった。

黒い何かにしか見えなかったものが近づくにつれて人影のような感じだったが、人の形がくっきりと見えてきてしまった。

心臓がバクバクし始め、ものすごい恐怖が沸いてきた。
見たくないと思い始め僕は目をそらし、知人のほうを見てみた。
知人はずっと凝視したままで僕に話しかけてきた。

「あれ、やばい。あれ見続けるとこっちに来るかもしれない。だから俺も見たくないんだけど見ざるをえない状態になってる。」
僕「おい、離れようぜ、すげぇ怖い・・・」
知人「分かってる。分かってるけど動けないんだ」
僕は無我夢中で知人をその場から離そうと引っ張る。


781 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:50:20 ID:BYAux3nP0
すると知人が
「やばい!こっちに気づいた!」
そこで僕は人影のほうを見てしまった。
人影が明らかにこっちを見ているのが分かった。
顔だ、顔がある。
影じゃないのか、目だ口だ鼻だ・・・
それは男だったのだが、明らかに生きている人ではない顔でこちらを見ていた。

僕は恐怖で動けないことに気づいたが時すでに遅く、気づいたそれはこちらに向かって動き始めた。

やばい、やばいやばいやばいやばい
死んだ、絶対死んだ

そう思っていると、知人が動けるようになったのか、僕を引きずりだした。

その間も僕の目は人影を捉えている。
人影は冷蔵室から出ていた。

今なら分かる、影じゃない。

影だと思うに至る黒は服だったんだ。
ぼろぼろの布を纏っただけ、黒い布。
次の瞬間には僕達は部屋の外に出ていて、目の前には部屋の扉が今締まろうとするのが見えていた。


782 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:51:12 ID:BYAux3nP0
その扉についている窓からはまだそいつが見える。
僕もいつの間にか動けるようになっていたようで、知人とその場から必死で逃げた。

気が付いたら店の裏側の従業員専用の出入り口の外にいた。
僕は息を整えてから知人に聞いてみた。
「あれなに?あれホントに人?なんか凄いやばい気がするんだけど」
知人も分からないようで必死で考えていた。

そういえば、逃げながらも少し気づいたことがあった。
「逃げてるとき無我夢中だったから記憶にほとんどないんだけどさ、でもちょっと気づいたことがあるんだけど、なんで僕達以外に人居なかったんだ? この時間は社員は会議で居ないのは分かるんだ。でもバイトのやつはまだ品出しで居るはずだろ?」

知人もそれには気づいていたようで
「分かってる。俺も逃げながらおかしいと思ってた。逃げる途中、事務所覗いても見たんだけど誰も居なかった。」
そうしているうちに気持ちも落ち着いてきたので、さっきの人影のやつがまだいないか確認しながら、仕事に戻るために仕事場へと向かった。

結局、戻ってもあれは居なかったし、その日はその後なにも無かった。


783 :本当にあった怖い名無し :2010/02/18(木) 00:52:22 ID:BYAux3nP0
次の日、知人とも話し合い二人で辞めるためにバイト先に行き、辞める旨を話していたとき、
店長が「あれを見たのか?昨日凄い勢いで外に出て行くのが見えた。」

それを聞いたとき二人であれ?と思った。
僕達が逃げていた時は誰も居ないはずだ。
どこに居たのか? それにあれを見た? あれを知っている?
いろいろと疑問はあったが、そのときは、あれの恐怖にすぐに此処から立ち去りたい一心でその場でなにも言わず、お茶を濁した理由を話し、僕と知人はそのバイトをやめた。

後日談だが、後日談とは言えないが、とりあえずは、その後は何も無かったので、あれに憑かれたりしていなかったようだ。

2010.02.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. 更新、ありがとうございます。
    そして、お疲れさまでした。

    2010-02-22 月 18:56:36 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. 何かラノベっぽい文章だな

    2011-10-22 土 13:42:38 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。