FC2ブログ

呪い

ほんのりと怖い話スレ その76
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312843696/l50

316 :1/3 :2011/08/15(月) 01:32:16.46 ID:TjBGdZnV0
会社の知人が癌で奥さんを亡くされた。
学生結婚で結ばれて10年以上連れ添った奥さんが癌を疾病された時は大変な落ち込みようで、彼を見るのが辛いほどだった。
天然気味で明るかった彼は奥さんの病症の進行とともにみるみる憔悴していき、30そこそこなのに白髪だらけで日毎に精気を失っていった。
入院から1年近く経った頃、癌も末期でいよいよと言う時も彼は会社を休んでまで病院へ通い妻の世話を甲斐甲斐しく続けたのだとか。

それから程なくして奥さんは他界。
その後の彼はかなりの情緒不安定で会社のデスクでいきなり泣き出したり、無断の遅刻があったりと腫れ物問題児だったが、当時の部長が人情家と言うこともあって周囲が暖かく彼のフォローに努め、彼の社会復帰リハビリを手伝った。自分も何度か彼を飲みに誘っては彼の愚痴と言うか思い出話を聞き、酒を酌してやった。
その時に聞いた話で今も強烈に覚えてるのが、死を目前にした奥さんがモルヒネで朦朧とした中、絶叫気味にそれでも何かから逃げるようにベッドでもがきながら、
「あなた、わたし死にたくない。赤ちゃんが欲しいのに。死ぬのは嫌だ。あなたと分かれたくない。お願いだから一人にしないで。あなたも一緒に、一緒に死んで」
と言ったんだと。
彼も奥さんの意をくみ、手を握って「勿論だよ。君無しじゃ僕も生きていけない。君が逝く時は僕も一緒に逝くよ」と答えたのだとか。
その時の彼も涙と鼻水で顔をぐしゃぐしゃにして酒を呷りまくっていた。
俺はこいつマジやべー今晩にでも自殺すんじゃねーの?と心配になって「奥さんの望みは君の幸せだよ。自殺なんか望んじゃいないよ。気をしっかり持って」
みたいな、常識人めかしたうわべだけの慰めを言った。


318 :2/3 :2011/08/15(月) 01:33:38.08 ID:TjBGdZnV0
それから時が経ち、周りの気遣いも奏してか彼も正常に戻りつつあった。

そんな折りとある中途採用の社員の歓迎会に参加した時のこと、彼の横にちょこんと座る可愛い女の子がいた。
名前は○○ちゃん。聞くと隣の課の派遣さんでその彼とは最近良い雰囲気にあるらしいとか。まあぶっちゃけその時には既につきあってたわけで。
あんなに想い合った男女でも時が経てば忘れられるのだなと俺も少し白けたのを覚えてる。

数ヶ月後その彼と彼女が結婚に向けて準備中という話を課の人間から聞いた。
聞けば出来婚なんだとか。ほ~そいつは良かったね。目出度いね。やるこたあやってたのね。まあでも良かったじゃないの。
色恋の傷は新しい恋愛が一番の薬だよ。子供出来ちゃったか。これで彼も一層張り合い出て頑張れるでしょ
なんて噂をしあってた。
彼女も派遣期間が終わり、暫く親元に帰ると言うので退職していった。

それから数日後、突然彼が会社を休んだ。
その日の午後部長から彼の許嫁である○○ちゃんが交通事故で亡くなったと報告があった。
聞くと親御さんが里帰りする○○ちゃんを空港に迎えに来てピックアップして帰る途中ダンプに追突され、親御さんもろとも亡くなられたとか。
社内は騒然とした。これは呪いではなどと口さがない噂を言うものもいたが、事情が事情だけに語られることをはばかられ
俺らは無理矢理気味に平常運転を続けた。
彼はほとほと嫌になったのか或いは多大なる心労からか上司と相談し会社を辞めることになった。


319 :3/3 :2011/08/15(月) 01:34:42.09 ID:TjBGdZnV0
その数日後、俺が日帰り出張から遅く社に戻ると、大半の電気が落ちきった社内に彼が一人デスクで身辺整理をしている姿があった。
無視を決め込もうかと思ったが、そんな訳もいかず、彼のところへ行き
「大変だったね・・・。もう本当に言葉もないけど」
と言う俺の言葉を遮り、無表情で
「○○さんあの時俺に言いましたよね。『彼女(元奥さん)は俺の自殺は望んでない』って。本当にそうだったんですかね?じゃあ何で○○ちゃんまで連れてくんですか。俺はあの時死ぬつもりだったんです。やっぱり死んでればよかった」
と淡々と言った。
俺は顔面蒼白、いたたまれなくなり、お、俺、ちょっと人待たせてるから、とその場から逃げるように立ち去った。

その日は本当に眠れなかった。理不尽な八つ当たりと言うかいわれのない呪いをかけられたように重い気分になり、無理やり酒を飲んで酩酊して倒れ嫌な夢でうなされた。
夢の中で彼の言う通り、奥さんは本気で彼の死を願っており、彼の裏切りとも言える出来ちゃった再婚を許せなかったのではなかろうか
○○ちゃんの事故は奥さんの呪いで彼に対する罰なのではなかろうかと半ば信じるようになっていた。

翌朝めっちゃくちゃブルー入りながら会社へ行くと彼の机は綺麗に整理してあり、俺は出張の報告書が出来てないと課長に怒られた。
ほんのり怖いと言うより後味の悪いお話でした。
彼は今某宗教団体の活動に熱心だそうです・・・。

2011.08.25 | | Comments(10) | Trackback(0) | ■サイコ

コメント

  1. 旦那結局生きてんのかよw

    懲りずにまたちゃっかり再婚まで決めるんじゃね?

    投稿者愚痴られ損だなw

    2011-08-25 木 03:12:05 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. 二度まで女房と死に別れ…
    しかも呪いって事で前妻のせいにしてる男か

    娘と結婚する男として連れて来られたら、娘に一生憎まれても結婚させんな
    男の業が深すぎる

    2011-08-25 木 07:04:52 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. 小泉八雲の怪談にも似たような話があったね。「何で復讐対象が裏切った旦那じゃなく後妻?」「女ってそういうもんだ」っていう会話で終わるのが印象的。

    2011-08-25 木 12:18:37 | URL | 匿名希望 #75aqOQRs [ 編集]

  4. 癌で亡くなった奥さん、旦那の幸せを快く思わないのね・・・
    本当に旦那のことを愛してるのか疑問に思う。

    2011-08-25 木 12:52:02 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. 「女ってそういうもんだ」

    愛しすぎてもず裏切っても哀しいよ・・・  

    2011-08-25 木 14:24:52 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. 死を前にしてモルヒネで理性も飛んで本能剥き出しな人間に「女ってそういうもん」ってのも…

    不幸な男とは思うが何か致命的な「ヘタレ」臭が…

    そこまで壮絶な死に別れして良く然程の時空けずに、しかもデキ婚できるなと…

    一生喪に服せとは思わないが、結局二人の女と我が子を取り返しのつかない不幸にした責任ゼロとは言えない

    2011-08-25 木 18:08:18 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. 確かにヘタレ臭いところはあるけど、
    この旦那にも責任がある ってのは流石に可哀そうだと思うな。

    少なくとも最初の奥さんの死には責任はないし、2人目の奥さん死だって、本当に前の奥さんの呪いだったとしたら、旦那にはどうしようもなかっただろう。
    再婚自体、周囲が苦笑できるぐらいには時間は経ってたみたいだしね。
    (デキ婚はどうかと思うがw)

    むしろ、やっと立ち直ろうとしてる旦那をまたも絶望にたたき落とした前の奥さんの所業を見る限り、どうしても「女ってそういうもの」なのかな、と思ってしまうな・・・。

    2011-08-26 金 01:28:11 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. 別に前の奥さんのせいとは決まってないし、旦那のダメなとこは語り手の説得に一度は自分の意志で応じて立ち直ったくせに上手く行かなかったら人のせいにしようとする、この責任感の欠如だと思う。逆恨みもいいとこだ。

    2011-08-27 土 00:22:06 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  9. 女より男の方が弱い生き物だからね。

    先妻の仕業なら亡くなった直後に旦那を迎えに来てるでしょ。

    責任持って育てなきゃならん子供がいないんだからね。

    余所に妻子作る余裕なんてやらんよ。

    不幸な偶然。

    2011-08-28 日 04:57:09 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  10. 俺死にたいって言ってる奴に
    じゃあ死ねば?って言って本当に死なれたら
    余計胸糞だしなあ。

    変なのに絡まれたと思って忘れるしかない。

    2011-10-12 水 02:25:24 | URL |   #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。