スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

古い神社

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part58∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1323137386/l50

864 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:02:52.45 ID:ZBOCUB7K0
当時を思い返して書いてたら、超長くなってしまったのでとてもお暇な方どうぞ。

俺が小5の時、夏休みに家族と父の弟家族とで軽井沢の貸し別荘へ旅行に行ったんだ。 
山の中にある別荘のせいか、周囲にレジャー施設等は無し。
が、この旅行には、Hというスゲエ可愛い従姉妹もいたので俺はまったく無問題。
Hは同い年で、仲も良かったもんだから俺はこの旅行を前から楽しみにしてた。

別荘に到着して二日目、俺とHは2人でこの辺りを探検しようと言うことになり、別荘から少し離れた山道を探索。
しばらく山道を登ったところで、山道の横脇にボロボロな石の階段を発見。


865 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:07:41.86 ID:ZBOCUB7K0
石段の幅は子供二人が横に並べばキツイ位。見上げれば15メートル程先に石の鳥居が見えた。
怪しい雰囲気ぷんぷんでこりゃ冒険にはもってこいだと思った。早速俺はあそこを探検しようぜ!と提案。
天気も良く、時間も昼をまわった頃で怖いという雰囲気もあまり無かった。

しかし普段は男勝りなほどに元気なHが「何か怖い感じせん?」とか、
「階段とかボロボロやん。私らだけで行くの叱られるて。」と短い髪ブンブン振って頑なに拒否。
俺としてはこういう怪しげな場所をHと一緒に冒険するのが重要だったわけで、割と必死に説得。
しかしそれでも渋るH。しまいにはどうしても行きたいなら一人で行ってきて、的な雰囲気に。
さすがにこりゃ無理か?と俺もそろそろ諦めかけていた。

が、おもむろにHが「Yちゃん(兄の名前)が一緒に行くなら行く」と提案。


866 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:14:21.89 ID:ZBOCUB7K0
兄は俺と10歳近く離れており、デカい上に鍛え込んでるからえらくゴツい。
外見がまんま熊みたいなプロレス系ガチムチ兄貴。
しかし、性格はおおらかなプーさんで面倒見も大変良かったので、年は一回り程離れていたが俺と兄の仲はかなりよかった。

Hも兄には非常に懐いており、俺も3人での不思議探索というのも面白いと考え直した。
早速別荘に戻り、兄に事情を説明して同行を依頼。兄も「おっしゃ、わあった」と笑いながら快諾。
今度は三人で例の石段まで向かうことに。

んで到着して石段を登ってみると、人気のまるでない古い神社があった。
それほど広くない境内の割に少し大きめな拝殿があった。
特に見る物もなく、周りの木々のせいで多少薄暗く感じる程度だった。
早速俺は拝殿に突撃まっしぐら。
兄という大人がいるという状況とHに格好良い所を見てもらう事を意識して気が大きくなってた。


867 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:19:21.22 ID:ZBOCUB7K0
拝殿見ながら「うっわこれ絶対中に幽霊いるね!!」とか「やべえ、本物出てきたらどうする!?」等々
わざわざ大声上げながら少し怖がってるHをチラ見チェック。
俺こんなん全然怖くないぜ、的な所をHに向けてさらにアピールしたかったので、そのまま勢いづいて兄に「入っていい!?いい!?」と質問。
が、 まあ当然なことに「バチぃ当たっから止めとけ」とやんわり止められた。

それでも俺は「大丈夫、大丈夫、余裕余裕」と、それを軽く聞き流し拝殿の扉の前に立ち、鍵がかかってないかチェック。正直少しヤバイかな?とも思ったが、こういう誰もしないことが格好いいんだ、と実に子供じみた発想で突っ切った。


観音開きの扉に手をかけて、少し力を込めて引いてみるとこれがあっさり開いた。
薄暗い拝殿の中を見ると広さは縦横10㍍ほどで相当ボロい。
床は何処かしこも軋んでる上に予想以上に何もなかった。
拝殿と言うより板張りの物置場とか言われた方がしっくりする位だった。


868 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:23:43.92 ID:ZBOCUB7K0
しかしよく見ると扉から向かって正面奧の上の方に神棚みたいなものがあった。
神棚には元は何か置いてあったのだろうが、御神体のような物もなく、今は何も置かれていない神棚があるだけだった。
そして拝殿内の四方のうち、扉から見て左奧にボロッボロな小さい和太鼓が一つ縦に置かれてた。
叩く部分に紙が貼ってなかったので、パッと見、和製の木ダルのようにも見えた。
少なくとも最近人が出入りしている様子は見あたらなかったと思う。

早速兄とHを呼んだ。Hも少しは興味があったのか、「うっわ、古いなあ・・・」と恐る恐る入り、結局最後には兄も「あんま悪戯したらいかんぞー」と注意しながらも入ってきた。

俺は奧にあった太鼓の中を覗いたり、つま先で蹴ったりとわざと乱暴に遊んでた。
その横で「T(俺の名前)いかんて、蹴っちゃいかんて。」とHが涙目で必死に止めてきたので、俺はさらに調子に乗ってた。
兄は飾られてた神棚を見上げながら時折横目で俺に注意してた。


869 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:32:27.13 ID:ZBOCUB7K0
妙な事が起こったのはそん時。

背後で僅かに観音扉が動く音がした。
最初は風だと思い無視した。けど、扉の動く音が何故か止まらなかった。
えっ?とようやく俺が振り返ってみれば、すでに観音扉は半分以上閉まりかけてるところだった。
そのまま結構大きな音を立てて扉が閉まるまで、俺も、Hも完璧にフリーズ。
扉が閉まり、薄暗い拝殿内がさらに暗くなった。途端にびびり始める俺。
唯一兄だけ「おう、風か?」とかいいながらノシノシ扉の方に向かっていった。
慌てて俺たちも兄の背後にぴったりとくっつくよう後を追った。

入るときは引いて開けたので、兄は扉を押し開けようとしたらしいが、中々扉が開かない。
中々扉を開けられない兄に、すでに周囲の暗さでテンパり始めている俺は
「早く早くっ」とおもっくそ急かし、Hはすでに泣きそう。


870 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 02:36:55.67 ID:ZBOCUB7K0
しかし兄は「閉まった拍子で枠ぅ歪んだかもしれん」と普通に返してきた。
「じゃあ壊せばいいじゃんっ」とさらに急かす俺。
「いや、壊したらいかんだろ」と至極真っ当な兄。
実際、俺もおもっくそ押してみたけど、ガタガタいうだけでホントに開けられなかった。

そしてさらに異常な事態が起きた。

俺らが扉の前で格闘していると、今度は後ろの離れた場所で床板が軋む音がした。
ビクッとして振り返るが誰もいない。けど確かに音は、太鼓のあった左奧の隅から鳴った。
そんで聞き間違いと思う暇もなく、もう一度左奧から”ギィッ”という音が鳴った。
今度の音は一回で終わらずに”ギィッ”という音が一定のテンポで続いた。
意味が解らない上に怖かったのはその音が、人が板の上を歩いて横ぎるように左端から右端に移動したこと。
軋む音は右隅の床板までいったと思ったら今度は其処から移動せず、
ずっと一定の調子でギッ・・・ギッ・・・ギッ・・・ギッ・・・って音が鳴り続いてた。


874 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 03:17:09.82 ID:ZBOCUB7K0
それがなんもいない空間から聞こえてくるもんだから、もう俺、完全にパニック。
極度の緊張でホント何にも動けない。
足もふわふわして立ってる感覚もあんまなかった。たぶんHもそんな感じだったと思う。
軋む音はずっと続くし、俺は頭真っ白で固まったままだしで、とにかく音のする場所を見てるしかなかった。


が、そこで固まってる俺の背後からのっそりと兄が前に出てきた。
そんでそのままノシノシと音のする部屋の隅に近づいて行った。
そしたら部屋の隅に近づく3歩ほど直前で急にピタリと音が鳴り止んだ。
少しだけ其処を調べた後にこちらに「?」みたいな顔をして戻ってきた兄。

そんで俺とH、特にHが限界ぽかったのを見て、さすがにまずいと思ったのか兄はもう一度扉の前に立った。
んで軽く気合い入れたと思ったら今度は全力で扉を押し始めた。
そしたら確かに扉の外側からミシミシミシ木か何か軋んでる音がしてきた。
そのまま兄がウンウン押し続けてたら、とうとう負荷が限界まで来たのか
外から大きくバキッと木か何かがへし折れたよう音が聞こえた。
そしたらそのまま一気に扉が開いた。


875 :本当にあった怖い名無し :2012/02/12(日) 03:20:53.31 ID:ZBOCUB7K0
兄が「開いたぞ」と言い終わる前に転がるように飛び出る俺。
Hは泣きながら兄の腰に引っ付いて出てきた。外は相変わらず天気も良くて蝉の声もうるさかった。

俺は早くここから離れたかったが、兄は腰に泣いているHを引っ付けたまんま今度は扉を調べていた。
「なにしてんの?」と、もはや半泣き気味で聞く俺を尻目に、
「さっき絶対どっか壊しちゃったからなぁ・・・」と先程の折れた音を気にして扉の隅々を調べていた。
程なくして泣いてるHにバシバシせっつかれながら兄はこちらに戻ってきた。

兄は不思議そうな顔で「何処も壊れてなかった」と首をひねっていた。

10年程前の夏の話です。
絶対思い出補正入ってると思うけど不思議な体験だったので今でも覚えてます。
長文、お目汚し共々失礼いたしました。


877 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 05:27:00.83 ID:TA7B6ZeIO
>>864 父の弟家族 で読むのやめた
なぜ叔父家族と書かないんだ ゆとりかよ


882 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 07:29:13.22 ID:COyS0iZv0
親父より年齢が若めなのを表現したかったんでね
後は普段おじさんって呼称は使ってなかったとか
なんかそういうニュアンスゆえの表現なんかも


884 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 08:27:52.51 ID:rbB+Cg7c0
「Hというスゲエ可愛い従姉妹」の今が気になる・・・


885 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 11:26:06.65 ID:XVFygorL0
864の話は、神仏に対して横着な行為をした者が、少々、怖い思いをしたというだけの詰まらん内容だが、山の地蔵堂を大切にしている自分にとっては非常に不愉快な話。
年長者を仲間にしてやったことは、建造物侵入罪とか建造物(器物)損壊罪すれすれの行為だし、少なくとも軽犯罪法に触れる行為なんだから、大っぴらに話せる話ではないね。
地域の人に見つかっていたら、ただでは済まなかったはず…。


890 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 14:22:29.49 ID:R3gAKzab0
>>875
とても面白かったのだが従兄弟Hとこの後どうなったのか詳しく書いてくれないと


906 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 00:44:52.46 ID:4cho7QZ+0
864です。

>>882
まさにそれです。補足感謝です。
>>885
不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
>>884>>890
去年兄が結婚しまして・・・
幼妻GETした・・・というよりむしろ兄がゴリ押しでGETされたというか・・・

ええ、相手Hです。



【管理人注】
「叔父」では父方か母方か分からないので、「父の弟」という言い方をすることは珍しくありません。
大叔母というよりは「祖母の妹」の方が分かりやすいのと同じで、つっかかるほどのことではないと思うのですが……。
今回は後日談のアンカーにからんでるので、敢えて収録しましたが、ご不快の方には申し訳ありません。

2012.02.13 | | Comments(16) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. 怒られて当然だ。

    2012-02-13 月 09:49:00 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. ほんまや
    祟られんで良かったなや

    2012-02-13 月 12:22:40 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. 外見が熊みたいなプロレス系ガチムチ兄貴で性格はおおらかなプーさんとかどんだけ素敵要素の詰まったお兄様だ!w
    太鼓蹴られたから怒ったんだろうね。お兄様の怪力に免じて許されたといったところか。

    2012-02-13 月 19:06:11 | URL | 匿名希望 #Hirt0Jcg [ 編集]

  4. そっか、お兄さんの怪力が奉納物になったって感じなのかな
    投稿者は懲りた方がいいww

    2012-02-13 月 21:01:10 | URL | 匿名希望 #CjR4k1/2 [ 編集]

  5. さっき元スレ見たけど、後日の説明で熊兄ちゃん、例の従姉妹Hにマジで結婚まで押しきられたらしいなwww

    マジで幼妻じゃねえかwww

    2012-02-13 月 21:30:01 | URL | 匿名希望 #0FtB7ubA [ 編集]

  6. >後日談
    兄ちゃん裏山それなんてエロゲ?wwww

    立ち回り次第では投稿者がそのポジション付けた可能性もあったろうに…w

    2012-02-14 火 13:01:57 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. 社荒らすとか少年時代にありがちなシーンだとおもうけど、やりすぎちゃったね

    私も高校時代油絵の題材にしようと神社とか寺回って写真とってたりしたけど、みるからにやばそうな社は入らないで鳥居の写真だけ撮った
    後でヤバそうな鳥居の写真みたら、黄色い骸骨が写ってたことをおもいだしました。

    しかしこの兄さん度胸あるなー
    私だったらびびってるな

    2012-02-14 火 13:45:56 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. ↑Σ黄色い骸骨!?
    浮いてたの?落ちてたの?透き通ってたの??!

    怖いけど見たいw

    2012-02-14 火 16:08:35 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  9. 昔流行った蛍光塗料塗った骸骨のキーホルダーを思い出した

    2012-02-14 火 16:15:24 | URL | 匿名希望 #NkOZRVVI [ 編集]

  10. 兄ちゃん、手力雄の生まれ変わりか?

    2012-02-14 火 19:53:28 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  11. 師長さん、マツケンさん(仮名)、このお兄さん…世の中には豪傑っているもんですねー

    2012-02-16 木 01:03:06 | URL | 匿名希望 #75aqOQRs [ 編集]

  12. 管理人さんの優しさにほっこり。

    2012-02-16 木 08:26:20 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  13. 管理人さん優しい。

    投稿者がHちゃんゲット出来なかったのはある意味祟り…。(自業自得っぽいが)

    2012-02-16 木 18:41:08 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  14. 管理人さんの優しさ溢れる注釈はごもっとも

    ただ あえて>>877の肩を持つならば 読者にとっては父方か母方かなど どうでもいいので 「叔父家族」の方がまとまりがいいのは確か

    まぁ 最近は叔父と伯父の違いも知らない人間もいたりするんで 投稿者の説明が一番明確ではあるよねw

    2012-02-17 金 07:14:34 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  15. 黄色い骸骨書いた者ですが、正確には頭だけで正面を向いてます。
    色褪せたように黄色いのが鳥居の右の柱の根元に重なるように写ってました。
    本日実家で掃除したさいアルバムがあったので探したのですが、その写真だけなかったです。
    当時の自分が、その写真だけ怖くてアルバムから外しちゃったかもしれません。

    2012-02-19 日 20:32:10 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  16. 黄色いという事は相当長い年月を経ているのかな…
    不思議な事っていっぱいあるんだね。

    2012-02-19 日 22:24:11 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。