スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミノムシ先生

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part79
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1329697099/l50

176 :本当にあった怖い名無し :2012/02/23(木) 23:16:37.54 ID:xRLYDPiN0
たいしたオチでもないが良かったら聞いて欲しい。

小学校入学前、いつも近所の公園で暗くなるまで遊んでた。
友達とドッジボールをしたりかくれんぼをしたり。

小さい頃の俺はいろんな図鑑を読んだりして、幼稚園の先生からは「物知り博士」と呼ばれてたっけ。
特に昆虫や植物の世界では大人顔負けの知識を誇っていた。

そんな俺でも敵わない相手がいたんだよなぁ。
2つくらい年上でメガネをかけてた男の子。
風貌はのび太みたいだけどとにかく博識で「物知り博士」の俺が知らないことまで昆虫のことならなんでも知っていた。
俺はその子のことを「ミノムシ先生」って呼んで兄のよう慕ってた。
ミノムシの生態を教えてもらって俺が感動したからそう呼んでた。

俺は仲良くしてた友達の集団を離れ、「ミノムシ先生」と二人で暗くなるまで公園でいろんな話をしていた。
俺が小学校に上がった頃「ミノムシ先生」は遠くの町に引越したんだっけなぁ・・・


177 :本当にあった怖い名無し :2012/02/23(木) 23:21:11.00 ID:xRLYDPiN0
先日、出張のついでに実家に戻り本棚を整理してたら、俺が愛読してた昆虫図鑑が出てきた。懐かしくなって時間を忘れて読みふけってしまった。
小さい頃の記憶がよみがえってくる。
「そういえばミノムシ先生どうしてるかなぁ。もう結婚して子供もいたりするかなぁ」

夕食時母親に何気なく聞いてみた。
俺「そういえばミノムシ先生っていたよね、今頃どうしてるんだろー?」
母親が怪訝な顔をする。
俺「よく公園で遊んでたやん。どこに引越したんだっけ?案外俺の近くにいたりして」
母親の顔が曇る。
母親「あんた・・・まだそんなこと言ってるん?そういえばこの話はしてなかったっけ??」

そのあと母親の話を聞いて俺は頭の中が真っ白になるくらい混乱した。
  

178 :本当にあった怖い名無し :2012/02/23(木) 23:25:38.06 ID:xRLYDPiN0
  
  母親の話を要約すると次の通り

・俺は母親にミノムシ先生のことをいつも話してた。
・あるとき遅くまで帰ってこない俺を心配して公園に迎えに行った
・母親は俺が「ミノムシ先生」と楽しく遊んでるものと思ってた。
・母親が公園まで迎えに行ったとき、俺は薄暗い木下で楽しそうに1人ごとをつぶやいていた
 霊と話でもしてるような異様な光景だったらしい。
・心配した母親は俺を病院に連れて行ったが異常はなかった。
 (ちょっと前に俺が高熱を出してたらしく脳の障害を疑ったらしい)


俺の頭の中にはしっかり「ミノムシ先生」と遊んだ記憶はあるはずなのに、実際はぽつんと公園で1人ごとをつぶやいてたなんて・・・
母親が嘘をついてるようには思えないし言ってることは事実なんだと思う。
幼少時代の俺は高校生の姉が持ってた文庫本を読みこなしてた。
昆虫以外にも新聞の世界情勢に興味を持ち、主要国の政治・経済のデータはだいたい頭に入ってたりと・・・
とにかく変な幼稚園児だった。近所の人からは「東大にいける」「神童」と呼ばれてたりしたけど
その後平凡な私立大学を卒業し今では普通のサラリーマン。
ちなみに霊感なんて全くないし友人からは素晴らしい鈍感力の持ち主だと言われてる。

冷静に分析すると当時、友達からいじめられていた俺は1人の世界に入り込むことが多かった。
もしかしたら辛い現実から逃げるために・・・目の前に架空の友達を作り出してたのかもしれない。


179 :本当にあった怖い名無し :2012/02/23(木) 23:32:00.73 ID:xRLYDPiN0
文章にすると大した話ではなかったかもしれないが、26歳までミノムシ先生を実在の人物と記憶していたこと・・・
それが自分にとって衝撃的だった。
幼少時にこんな心の闇を抱えていたなんて・・・

長文でスレ汚し失礼しました

2012.02.28 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■サイコ

コメント

  1. その後投稿者母はどうやって投稿者とミノムシ先生を話したんだろう…

    「そんな子いないのよ!目を覚まして!」なんてやると幼い投稿者をさらに傷つけるから苦肉の策で「ミノムシ先生転校したのよ」とソフトランディングしたのかな…

    2012-02-28 火 12:40:06 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. ミノムシ先生の正体が霊的な何かだったとすると
    母親が「転校したのよ」と言い聞かせたところで
    取り憑いてる事実は変わらないので 結局ミノムシ先生は存在し続けるはず

    ミノムシ先生が精神的空白を埋めるために投稿者自身が作り出した産物なら
    投稿者が知らない事実をミノムシ先生が教えられる理屈が説明できない

    可能性として考えられるのは乖離性同一性障害により
    投稿者の別人格としてミノムシ先生が産まれ
    ミノムシ先生が表出している時に 専門書や新聞などを読んで得た知識を
    投稿者と意識を共有している時(=公園で遊んでいる時)に教えていたものと思われる

    そして 母親の「転校したのよ」発言により 投稿者の精神はミノムシ先生の表出を拒否
    (あるいは ミノムシ先生側が矛盾により精神に乱調をきたすのを防ぐために表出を自重)

    かくして 投稿者は投稿者として 平凡に そして平和に大人になれました と

    2012-02-28 火 13:23:49 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. 投稿者の前世の記憶=ミノムシ先生

    2012-02-28 火 14:13:26 | URL | 匿名希望 #75aqOQRs [ 編集]

  4. それ「イマジナリーコンパニオン」って奴じゃね?幼児期に頭の中に友達とか住人を作ってそれとコミュニケーションするっていう。幼いせいもあって本人は幻想と現実の区別がついてない。ある程度大きくなるとなくなるっていう。一人遊びのお供みたいな。想像遊びのめちゃくちゃ入念なやつとでもいうべきか?w

    2012-02-28 火 23:29:27 | URL | 匿名希望 #Hirt0Jcg [ 編集]

  5. ミノムシが化けてたんだよ

    2012-02-29 水 03:11:51 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. もう一つのパターンとして

    ミノムシ先生は確かに実在したし、投稿主とも仲良しだった。
    しかし不慮の事故か病気で他界してしまう。
    事実を話すと投稿主が悲しむと思った母親は、とっさに「転校した」とごまかし、以降その話には極力触れないように過ごす。さも初めから「いなかった」かのように。
    それから長い年月が立ち、母親の中では本当に彼は「いなかった」ことになっていた。

    そう、記憶がおかしくなっていたのは母親の方だったのだ。

    というのが。

    2012-03-06 火 13:25:28 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. 自分もほとんど同じような体験をしたので驚きました。
    自分かと思いました。

    2012-03-10 土 22:22:16 | URL | 匿名希望 #B4RJw8gE [ 編集]

  8. ♪こりゃまたどういうわけだい、よのなかまちがっとる~よ~

    2012-03-11 日 08:24:46 | URL | どら #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。