スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

帰省中の姉ちゃん 二題

ほんのりと怖い話スレ その83
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1331122170/l50

135 :1 :2012/03/17(土) 06:47:35.63 ID:deBhIRQFO
里帰りしてきた姉ちゃんが、昨日話してくれた話。
姉ちゃんは、俺がビビりと信じて疑わなくて、色々怖い話をしてくる。
大概実体験。
うちは、古くから曰く付きの家で、女ばかり霊感が強い。
だから、俺は幽霊とか見たことないんだが、姉ちゃんは昔から変わっていた。
姉ちゃんが、友達と大学裏の山に肝試しに行くことにしたらしい。
そこは、徒歩で20分も歩けば山頂に着き、小さな神社と茶屋がある。
茶屋の団子が旨いから、大学サボっては登山して食べに行っていたそうだ。
夕方、大学に女ばかり五人集まって、登り始めた。

小さくても山だ、参道の階段以外は、普通に鬱蒼とした森。
日は完全に落ちて、真っ暗な中、姉自慢の百ルーメンのライトを頼りに歩いた。
半分も行くと、町の明かりが遥か下に見えて、綺麗だったそうだ。
みんなで「夜景綺麗だねー」なんて言ってたら、
「君たち」
おっさんの声がした。
全員ぎょっとして、声がした方を見ると、参道の脇の森から、登山服の中年のおっさんが現れた。


137 :2 :2012/03/17(土) 06:49:51.69 ID:deBhIRQFO
「君たち、今日はお祭りかい?」
「違うよ。おじさん、ここで何してるの?」
姉ちゃんが尋ねた。
「賑やかだからね、おじさんお祭りかと思ったよ。おじさんかい?おじさんは…」
おっさんは、ぼんやりと町を見下ろしていた。
姉ちゃん達は、お化けかと思ったが、普通におっさんが透けてないから安心したらしい。
「おじさん、皆と山を登ったんだけど、落ちちゃったんだ」
「気付いたら、寝てたみたいでね、賑やかだからここまで来たんだよ」
「おじさん、帰ろうかな…」
少し言動に不気味さを感じて、ガールズは黙った。
しかし、細かいことは気にしない姉ちゃんは、
「おじさん、怪我してないの?」
と、普通に話しかけた。
「え?あれ、平気だなぁ」
「良かったじゃん!じゃあ、私、照らしてあげるから気をつけて下りなよ。今度は落ちないでね」
と、冗談まで言って。
おっさんも、軽く笑って降りていった。
皆で見送り、山頂まで行ったが、お化けは出なかったそうだ。
って話を、母さんにしたんだと。
そしたら、母さんが、
「それ、○○山でしょ?私の友達も、そのおじさんに会ったって」
とか言い出して。
おじさん、やっぱり同じような事言って、山下るんだってさ。
同じ場所だった。
「あれ、おっさん普通に会話するから、全然分かんなかったよね。皆見たし」
姉ちゃん、そう言って
「じゃ、行こうか」
って、車の鍵出して見せるから、昨日は怖かったよ。
結局、車に乗せられたけどね。
行き先は、コンビニで、なんか色々買わされたけどね。
昔から変わっていた姉ちゃんだけど、未だに相変わらずみたいだわ。


175 :>>135 :2012/03/18(日) 21:18:55.58 ID:UzVcrYzgO
山でおっさんみた姉ちゃんの弟です。
帰省中の姉ちゃんが、さっき話してくれた話が、俺的にも怖かったので書いてみる。
姉ちゃんは、二階の一番奥のベッドと本しかない小さな部屋に寝ている。
階段上がって、真っ直ぐの廊下を突き当たると、姉ちゃんの小部屋がある。
最初はイタズラかと思ったらしい。
真夜中、3時過ぎになると、誰かが玄関にやって来て、ドアをガチャガチャやる。
音が気になるし、万が一不審者だったら、男は軟弱な俺しかいないのが不安で全く眠れない。って失礼だよな。
最初の2日は、小一時間ガチャガチャやって帰っていくんで、とにかく戸締まりは気をつけて寝ようって母さんと話してたんだと。
で、3日目。
また、深夜3時。
誰かが玄関をガチャガチャする。
しかし、その夜は違った!
ドアが開いたのだ。


176 :続き :2012/03/18(日) 21:20:20.44 ID:UzVcrYzgO
姉ちゃんは、布団の中で硬直した。
昔からおかしな体験を繰り返ししてきたから、これが不審者なのか、または人ではない何かなのか、丸っきり分からなかったからだ。
ベッドに起き上がり、上着を羽織ってドアを睨み付けて、どうするか考えた。
誰かは、玄関をあがり、廊下を歩く。
ギシっ ギシっ ズー
何かを引きずる、ゆっくりとした足音。
それは、階段を上がりだした。
姉ちゃんは、取り敢えず俺を起こそうと携帯を握りしめた。
ギシっギシっ ズルッ ドン
鈍い音が階段にぶつかる。
それは、重たいものだと感じた。
姉ちゃんはその頃にはもう恐怖で固まってしまい、携帯を持っていることも忘れて、とにかくドアを睨んで気配を消そうと努めた。
気付かれなくない!
ギシ ギシ ズルッ ドン
ギシ ギシ ズルッ ドン
それは、階段を上がりきると、真っ直ぐ姉ちゃんの部屋に向かってきた。
ギシっ ギシっ ズルッ
姉ちゃんの部屋の前で立ち止まる誰か。
姉ちゃんは、もうそれは人ではない何かだと確信し、思い切って扉を開けた。


177 :ラスト :2012/03/18(日) 21:21:12.71 ID:UzVcrYzgO
そこには何もなかった。

と、言うことが2日続いていて、もうとにかく眠れなかったらしい。
母さんに言ったら、
「あ、聞こえたけど、あんたの部屋に行くんだから、私には関係ないと思ってぐっすり寝てるわよ」
と、あっけらかんと言われたらしい。
「だから、仏壇のお父さんとおばあちゃんにお願いしたんだよね。そしたら、昨日は玄関から入れなくなってたよ」
って、それさ、解決してねーじゃん。
俺、玄関脇の部屋で寝てるんだが…
居るのかそこに。
零感だけど、怖すぎだよ…


178 :本当にあった怖い名無し :2012/03/18(日) 21:24:47.01 ID:sxrdlC9/0
曰く付きの家とは何だ?


180 :本当にあった怖い名無し :2012/03/18(日) 21:56:32.04 ID:UzVcrYzgO
>>178
俺かな?
うちは田舎だが、昔1駅ほどの敷地の大地主だった。
そこには首切り場もあって、かなり地元では嫌われていたらしい。
何故だか頻繁に狐つきが出て、お祓いとかしたらしい。
そこら辺から、色々ある家なんだよ。
色々、謎のきまりやタブーがさ。俺はよく分からないが、母さんは詳しいみたい。
まあ、曾祖母が財産食い潰して、今は山1つと実家位しか土地もないし、地元の人もうちの事は余程じゃなきゃ知らないけどね。
だけど、たまに変なことが起きるんだと。

2012.03.19 | | Comments(5) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. お姉ちゃんのライトで照らしてもらって無事下山したおじさんは成仏した。。。ってオチかと思ったらまださまよってるんだな

    2012-03-19 月 23:23:49 | URL | GENT #jrVoWkeQ [ 編集]

  2. 「じゃ、行こうか」ってどこぞの師匠みたいな姉ちゃんだなw

    2012-03-20 火 03:12:31 | URL | 匿名希望 #Hirt0Jcg [ 編集]

  3. ※の「まださまよってる」の文字が「さだまさし」に見えた自分は何かに憑かれてる気がする

    2012-03-20 火 13:49:59 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. ※3
    それはきっと松山千春の生霊

    2012-03-20 火 14:09:33 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  5. 童貞が想像で書いた姉像

    2012-03-26 月 10:25:29 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。