スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

SNS

ほんのりと怖い話スレ その86
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1341449031/l50

106 :本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 20:05:40.47 ID:eAMuiAWx0
友人から聞いた話。

彼はあるSNSでいつも日記を書いていた。
そこで知り合ったフレンドが実に妙なのだという。そのフレンドを仮に『X』と呼ばせてもらう。
ちなみにHNで登録するタイプのSNSらしい。
なので、まったく知らない人物だったが、好きな漫画のネタで大いに意気投合したのだという。

それで、なにが妙なのかというと、Xの行動がいちいち自分と重なるというのだ。
Xは彼と仲良くなって以来、毎日「今日は○○で食事をした」「○○をやっと全巻そろえた」「○○公園を散歩した」などとメッセージを送ってくる。
最初はたまに一致する程度で、お互い面白がっていたが、しだいにかなりの確立で一致するようになったそうだ。
彼はさすがに不気味さをおぼえ、身の危険すらも感じるようになった。
「まさか、監視されているのか?」
そう考えても不思議ではなかった。
しかし、これといって心当たりがある訳でもなく、Xも自身の近況報告と、お互いが好きな漫画の話をするだけで、なにも怪しい部分はないのだ。
「偶然だろうか?」
生活の中でも、監視の目や尾行を感じるようなことは一切なかったらしい。

そんなある日、あるメッセージが届いたという。
それを要約すると「Xのことを、詳しく教えてほしい」という内容だった。
というのも、「行方不明である息子の趣味が、Xとよく似ている」というのだ。
その親御さんは、警察や探偵の調査とは別に、独自に息子さんを探していた。

といっても、素人の調査には限界がある。
その親御さんは暇があれば、息子さんの趣味や行動をもとにしてネットを検索していたらしい。
好きだった漫画、通っていたファミレス、職業のこと、よく遊んだカラオケ店など、をキーワードに手あたりしだいチェックしていたそうだ。
「息子はきっと生きている。どこかで今までのように生活している」
そんな強い願いを感じる話だった。


107 :本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 20:06:12.70 ID:eAMuiAWx0
彼は「Xのことを詳しく知っている訳ではない」と伝えた。そして直接コンタクトを取るよう促した。
しかしその親御さんは「すでにメッセージを送ったが、返信が来ない」という。
どんな内容のメッセージかはわからないが、たしかに、受け取った方はイタズラか何かと考えてもおかしくないだろう。
それ以上話は進まず、そのあともお互いにメッセージを送ることはなかったらしい。

しかし、その日からXはメッセージを送ってこなくなった。Xのページも更新されていない。
「結局、なんだったのか」
彼はそう思いながらXのメッセージ履歴を眺めていた。やはり重なる部分が多い。
しかし、気になるメッセージがあった。それはX最後のメッセージ。
「実は、○○川の岸辺をよく散歩しています。人気の無いところで少しさみしいです」

彼は疑問に思った。○○川は散歩をするようなところではないからだ。
草木は生い茂り、ぬかるみも酷く、ふつう踏み入ることさえしない場所だ。
Xのページを覗いても、「今日は○○川で散歩しました」と書いてあった。
「まぁ、川の名前を間違えたのだろう」
そんなふうに解釈し、彼はもうXのことを考えるのをやめたそうだ。

それから数日後、彼のもとに警察官がやってきた。
もちろん身に覚えはない。驚いていると、こんなことを話し始めたという。
「○○というSNSで、行方不明者の話を聞きませんでしたか?」
「じつはその方が見つかったのです。残念ながら遺体の状態でしたが……」
「今日はその件でお話を聞かせて頂きたく、伺ったしだいです」
彼が戸惑っていると、警察官は「あなたに容疑がかかっているわけではありません」と前置きし、詳しく話し始めた。


108 :本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 20:07:18.33 ID:eAMuiAWx0
親御さんは、Xの書き込みをもとにさまざまな場所をめぐった。
そして最後におとずれた○○川で朽ちかけた小さなコンテナを見つける。
その中には白骨遺体があり、DNA鑑定や持ち物から、探していた息子さんだと判明した。
そして、驚くことに、その息子さんは、彼とまったくの同姓同名だったという。漢字も同じだ。
それだけで十分衝撃的だったが、その息子さんがなくなったのが30歳ごろ。そして今の彼が同じ30歳だという。

そして、警察官がいうには、まだ解明できていないこともあるらしい。
親御さんがXの行動を追うことで、息子さんを見つけたことは事実だった。しかし、息子さんはすでに白骨化していた。
さらに警察の捜査で、XのSNS登録や書き込みを調べても、そんなものは存在しなかったというのだ。
警察がXについて判ったのは、「Xは存在しない」「登録自体がない」というものだった。
そして、親御さんと彼の通信記録から、彼の元へ警察がやってきたのだ。

彼は混乱していた。
「Xとのやりとりはありましたよ! 今見せます!」
警察官が遠慮するのも聞かず、彼はSNSの自身のページからフレンドリストを開き、Xを探した。
しかし、Xの痕跡は消えていた。あしあと機能も、メッセージも消えていた。つい最近まであったというのに。
ただし、親御さんとのメッセージは残っていた。ここにはたしかに『X』という名があった。

彼はしばらく放心状態だったという。警察官がいうには、親御さんの反応も同じようなものだったらしい。
「実は、こういったことは……まぁインターネットに限らずですが、あるんですよ。不思議なことですが……」
そう言いながら、警察官はなにやら書いていた。
他にも個人情報や日ごろの行動まで聞かれたらしいが、特に出頭や任意同行は求められなかったという。
「最初に言いましたが、あなたが疑われているわけではありませんよ。安心してください」
警察官はそういって帰っていったという。

「同じ趣味、同じ名前。そんな人物を頼りに、自分の発見を求めたのだろうか?」
彼はそんな風に解釈しているようだ。
ただ、なにも意識せずに行う普段の行動が、どこかの誰かとよく似てしまう。
それを考えると、「なんとも言えないモヤモヤした気分になる」と言っていた。

2012.07.10 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■都市伝説・噂

コメント

  1. 友人と息子さんの年齢差が30歳以上あれば、生まれ変わりもなきにしもあらず

    トンデモは承知の上

    2012-07-10 火 12:54:58 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. そのXは死後何年経っていたんだろう。
    行動の一致は、もしかしたら友人とメッセージを通わせているうちに波長が合って
    行動を供にしていたのかも知れない。

    2012-07-10 火 19:20:06 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. 「すでに死んでいた文通相手」のネット社会版というところか。
    オカルト的なものと科学技術・文明とは相容れないと思われがちだが、
    なにかカギとなるものがあれば簡単に結びつくのかもしれない。
    将来的に魂や霊魂といったものが生理化学などで解明されるとしても、
    オカルト的なものは起こり続ける可能性が高いと思う。

    2012-07-12 木 01:36:34 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. Xの言う○○川のくだりが気になって 日記に
    「今日は○○川の辺りを散歩してみます」
    なんて書いて出かけてたら…

    コンテナの白骨死体は友人のそれになっていたのかもしれない…

    2012-07-12 木 16:33:14 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5.  途中までは以前読んだことがある話と同じなんだけど、オチがこっちの方がインパクトあった。
     以前読んだのは、お互い場所を指定して会おうとするんだけど、同じ場所にいるのも関わらずお互いを視認できず、携帯のメールでしか話せない、というものだったけどね。

    2012-07-13 金 15:07:30 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. 創作臭が強すぎ
    もっとリアリティを求

    2012-07-13 金 23:49:56 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. ※6にいったい何が起きたんだろう?
    まさかこの話を創作と断定することを良しとしない存在に消さ…おや、誰か来た。

    2012-11-16 金 16:19:43 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。