FC2ブログ

サウスシールズ

ほんのりと怖い話スレ その88
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1347685557/

102 名前:1/3 [sage] :2012/09/19(水) 23:46:57.95 ID:FftJWLGd0
流れブッチな上にそれほど怖く無いが、俺がオカルトを信じるきっかけになった、婆ちゃんから聞いた話
文章力が無いのと長文なのはご勘弁を

イギリスのサウスシールズって所の婆ちゃんが生まれ育った家の話
三階だてに屋根裏部屋がある大きい家で、ここで度々おかしなことがおこった。
人の話し声が聞こえるのは序の口で、本棚の本が一つずつ落ちてきたり(スーっとスライドしてバタンッと落ちる、スーっとスライドしてバタンッと落ちる…をはしから順に)花瓶が倒れたり、ポルターガイストってヤツ
犬の遠吠えがうるさいと思ってたら屋根裏部屋から聞こえるだとか(確かめに行っても何もいなかった。猫や鼠ならまだあり得るが、大型犬っぽかったし侵入はどうしても無理な作りらしい)
俺の爺ちゃんもデートなんかで迎えに行って、婆ちゃんを待ってる時に嫌な気配がしたり物が動いたりするのが嫌だったと言ってた。


103 名前:2/3 [sage] :2012/09/19(水) 23:47:34.05 ID:FftJWLGd0
一番「肝を冷やした」として語ってくれたのが
中学生位の時、ある朝早くに3階の寝室から1階に降りるために階段に向うと、3階から1階まで半透明な綿だかカビだか分からない白いモノが壁にビッシリと引っ付いてたそうだ
カビか?でも一夜でこんなに生えるのか?などと思いながら一階までだどっていくと、1階の所に人の形で煙っぽいモノが溜まってた。幽霊と言うよりエクトプラズムが見た目としては近い
今まで音だとか物が倒れる位で「気のせいかも」と思えるレベルだったが、これで「やっぱり幽霊屋敷じゃん!」と気付いて今までの恐怖がまとめて襲って来たそうだ
どうすれば良いのか分からず混乱してるうちに徐々に霧散していき、特に危害は加えてこなかったらしい


104 名前:3/3 [sage] :2012/09/19(水) 23:48:17.23 ID:FftJWLGd0
その後も色々あったらしいが(怖かったからかあんまり話してくれない)、婆ちゃんが結婚して残された親にはデカすぎるって事で売りに出して、今は個人経営の保育園になってる。俺は残念ながら入ったこと無い

余談だがこんな事があっても婆ちゃんは幽霊を信じてなくて、「死者の霊魂なんて居ない、何か他の説明があるはずだ!」と言ってた。


106 :本当にあった怖い名無し:2012/09/20(木) 03:51:14.98 ID:7Ixpyx9Z0
ちょっとまて、その爺さん婆さん生粋のイギリス人じゃなかろうか?


108 :本当にあった怖い名無し:2012/09/20(木) 07:36:16.73 ID:kEJFGnKP0
中学からの連れとか素敵だ
語り手はクォーターかハーフなんかな


113 :102:2012/09/20(木) 10:31:03.18 ID:W1T3SxqB0
>>106,>>108
爺ちゃんも婆ちゃん俺も生粋のイギリス人


114 :102:2012/09/20(木) 10:32:55.90 ID:W1T3SxqB0
あ、ID変わってるけど>>102です

2012.09.30 | | Comments(7) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. 婆ちゃんの話も興味あるが、生粋のイギリス人がねらーになった経緯も興味津々。

    2012-09-30 日 23:49:40 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  2. >>※1
    やっぱそこ気になるよなw

    2012-10-01 月 00:11:24 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. てか、日本にいるのか、この英国紳士は?
    日本語巧すぎやしないかw?

    2012-10-01 月 03:19:30 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. 王道な英国怪談より報告者の出自が気になるw

    文面がただのねらーなだけに

    2012-10-01 月 13:22:02 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. ネラー過ぎる日本語遣いな英国紳士の方が
    オカルトよりよっぽどワクテカ物件!

    2012-10-06 土 00:52:09 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. 友人にツイッターでも普通に漢字混じりのの日本語を書き込むアメリカ人が居るけど。
    尤も、いまは西宮在住で、奥さん日本人だが…。

    2012-10-07 日 08:44:28 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. 巨人や妖精が棲むくらい広大でほぼ手付かずの森が自分たちの領地に在ったり由緒と格式ありすぎて幽霊や妖精がいる邸に住むのは、オカルトな伝承が大好物のイギリス人貴族にとっては最高のstatusと聴いたけど、現実には違うんだね…。
    ってことよりも、何故生粋の英国紳士がねらーに成り果ててしまったのかってミステリーに、全部持ってかれた。

    2012-11-23 金 15:42:00 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。