スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

海亀

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part86
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1355160300/l50

64 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:16:31.77 ID:d9jSS9Rx0
19の時のお話です。

友達と私の三人で東北地方へ旅行に行きました。
観光地に、そうでない場所いろいろ回りました。
旧いのどかな景色が綺麗で寄った、山みたいになった場所でのことです。
ふもとに車を泊め、山(と言うには緩やかでしたが)を登り田舎の風景に浸りながら、
登ったのとは別の道を私たちは下りてきました。
ふもとが近づいたころ道の左手に溜め池のようなのが現れ、そこには漢字の「圧」の字に小さな橋が掛かっていました。
池なのか小さな湖だったのか判りません。
大きな鯉が沢山いて、その景色の綺麗さに私たちは目を奪われました。
中でも驚いたのは、「土」の字の縦棒の根元左付近にいた大きなカメでした。
大人の背丈よりもありそうな、それも海亀だったのです。

(この時点でおかしいのですが、その時はなぜだか「ヘンだ」と思わなかったのです)


65 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:20:49.87 ID:d9jSS9Rx0
池には子供が幾人も降りています。
田舎らしいのどかな風景。
友達の一人がそれを見て安心し、「カメに触ってみたい」と言って橋へ降りていきました。
(私たちが下ってきたのは池からは大分高い位置になり、ちょうど土手のようだったのです)

降りた友達は背の高いほうで、しゃがんでも小さくはないのですが、
橋から手を伸ばし撫でている友達を目安に、カメは随分大きく見えました。
「大きいねー」「ねー」そんなことをぼんやり口にし、上に残された二人はそのあとしばらく(と言っても十秒くらい)
道行く田舎の地元の人を、何となく眺めていました。

それから下へ視線を戻すと、カメと友達がいないのです。
あれっ、どうしたんだろ・・?
上からは池の端つまり私たちの立っている場所の下のほうがよく見えないので、トンネルみたいになってるのかなと思ったり、そんなに驚きはしませんでした。


67 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:25:13.87 ID:d9jSS9Rx0
ふと視線をこれから私たちが下っていく先へ向けました。
するとどうでしょう、友達が黒いボロボロの和装をして、背を向けふらふらと目の前を歩いているのです。
着物だか浴衣だか判らないほどボロボロになった服には、字の書いた紙がべたべたといっぱい貼られていました。
変な話「差し押さえ」の紙が貼られた物件のようでした。


68 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:28:07.48 ID:d9jSS9Rx0
ちょっとちょっと!
慌てて呼び止めたのですが、友達は放心状態です。
どうしたの? 何があったの? なんでそんなの着てるの? 私たちも動揺を隠せず矢継ぎ早に問い質しました。
でも友達はさっぱり要領を得ません。

「あァ、うん・・ 」と反応はするし、私たちのことも分かるのですが、口篭るのです。
ふらふらとしてましたが怪我をしている様子は無いので、この会話は歩きながら交わされました。
なおも話し掛けると友達は何だかひどく苛々してきて、
「気がついたら藪に寝てたの!」

聞くと藪にこの服装で寝ていた友達は、半ば放心状態で山を下りてきたところを、背後から私たちに呼び止められたのだそうです。
(これも要領を得ない中から断片的に聞けたのを繋ぎ合わせただけなので、事実ではないかも知れません)
話が聞けた時点で、まだ左に池が見えています。


69 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:33:52.85 ID:d9jSS9Rx0
言うまでもなく私たちは三人一緒に山を下りてきました。
服装も今のです(いわゆる洋装。当たり前ですが)
山と言うほど高くなく時間もかかる行程じゃなかったので、私以外は手ぶら。
その友達も手ぶらでした。

だから友達がいたずらで驚かそうとしても、そんな着替えが隠し持てるわけがないのです。
それと友達から目を離していた時間は自分の感覚じゃ十秒くらい。
実際は三十秒くらいあったとしても、それだけの時間で着替えが済むとは思えません。
そんなことやる意味も無い。

その日は宿に直接帰って友達を落ち着かせました。
幸い怪我は無く、残りの旅程もこなせて、あれから年数経った今も友達は元気です(頭もいい)
でもあの時の話をするとイヤに不機嫌になるので(なんでそんなに? と思うくらい)、あまり聞けません。
友達の態度(今もね)を含め、私には本当に不可解な出来事でした。


70 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:40:01.88 ID:d9jSS9Rx0
池は「圧」の字に組まれた橋で仕切られていました。
全部で四つに分かれていて、でも左下に子供はいません。
入ったのは友達だけ。
これが出来事に関係あるかは判りませんが、一応書いておきます。


71 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:41:48.74 ID:IkOETB+h0
カメにはる紙の御札の短ければ
              畳の上にとどかざりけり


72 :本当にあった怖い名無し :2012/12/16(日) 20:54:36.89 ID:d9jSS9Rx0
>>71
まさに「御札」という感じでした。
ボロボロの浴衣に貼られていたのは。

(カメに貼られていたわけじゃないです・・ )

書いてある文字は書道の草書のようで、判別が難しかったです。

2012.12.19 | | Comments(22) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. 「瓶にさす 藤の花ぶさ みじかければ
    たたみの上に とどかざりけり」
    (正岡子規)

    …をもじった>>71のボケを会心のスルーでかわす投稿者…

    理解に学や教養を要するボケは相手を選ぶべしw

    2012-12-19 水 08:12:58 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. ※1 投稿主の言うとおり、お札はカメに貼られていたわけでもないし、私にも>>71のボケがわかりません。
    子規の歌とこの話がどのように掛かっているのかを無知な私に詳しく教えてください。
    お願いします。

    2012-12-19 水 08:35:39 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. >>※2
    ボケ自体は単に亀と瓶をかけて 符合してるっぽく語呂を合わせただけ

    内容の理解じゃなしに 子規の歌そのものを知ってるか否かが焦点って話

    2012-12-19 水 09:29:03 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. ※2
    「子規の歌をもじってるんだね…で、どこが面白いの?」

    …なんたるボケ殺しw

    2012-12-19 水 09:40:56 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. 答えてくれてありがとう。
    でもますますわからない・・・。
    亀と瓶は掛かってるの?語呂は合ってるの?

    そもそも投稿者の文章が謎めいててわかりにくいのに、ますますわからなくなってしまった。
    なんか全部意味深に見えてくる。
    子規の歌とこの話は無関係?

    2012-12-19 水 10:44:24 | URL | ※2 #- [ 編集]

  6. 瓶にさす 華はあらねど 藤の花

    2012-12-19 水 10:48:52 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. なんでカメつながりだけで病床での歌だすんだ。
    なんかやだなぁ。

    2012-12-19 水 10:56:21 | URL | ※2 #- [ 編集]

  8. 亀は小型のタイムマシンで、数百年昔に連れてかれて、服装も言動がおかしい。って、
    その時代の人々に「お札」を
    張られた。
    ・・・って展開かと?

    2012-12-19 水 13:40:26 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  9. >>※7
    やっとググったんだね

    瓶←もビンじゃなくてカメってわかったみたいだしw

    もじり歌ってのは昔からの笑いの要素だし
    和歌の世界にも本歌取りという パクり…もとい もじりテクニックがあり 雅なものだったんだよ

    「何が面白いの?」って聞かれても
    「もじった事が面白い」としか答えられませんw

    ※欄でよく出てくるパロディネタみたいなもんだよ

    2012-12-19 水 14:29:08 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  10. もじり歌も趣があるけれど、なんか浦島太郎物語を彷彿させる話だね。
    太郎を背に乗せた亀、封印された玉手箱、未来に戻った太郎
    結局どんな因縁があった場所なのかな…

    2012-12-19 水 18:36:13 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  11. 笑いには教養だけじゃなく、社会的合意も必要だからね。
    ※2さんは真面目な人なんだろうね。

    2012-12-20 木 16:01:43 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  12. 全然意味がわからなかった。サイコかと思った。

    2012-12-21 金 00:41:38 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  13. ※2の意見にも一理はあると思うがな。この作品に子規の悲しい心情を詠んだ歌がどう符号するのかと聞かれれば?だし…
    教養や遊び心と言えど有心の上に成り立つものではないかと思う。

    2012-12-21 金 20:57:08 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  14. 内容を伴わない駄洒落レベルの言葉遊びってだけ
    衒学趣味は本当に教養のある人の態度とは思わない

    2012-12-29 土 04:58:13 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  15. >>※14
    >>71は別にひけらかすつもりでボケたわけじゃないかとw

    投稿者のスルーっぷりと ボケ殺し的な無粋な反応が
    「あぁ 元は子規の歌だって知らないんだな」って思われるだけで

    2012-12-29 土 15:47:51 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

     
  16. 子規の歌を知ってるか否かは関係なくね?
    投稿主は亀にお札が張られてたわけじゃないですよって訂正しただけにしか思えないが。

    2013-01-04 金 19:55:08 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  17. この中の何人が※1を見る前に元ネタがわかったのやらw

    ちなみに俺はわからなかったw

    2013-01-04 金 20:55:37 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

    No title
  18. 「瓶にさす 藤の花ぶさ みじかければ たたみの上に とどかざりけり」

    【意味】
    瓶にさした藤の花が不細工で短かったので物足りなく思い、畳の上に北海道土産のトドの剥製を飾ってなんとなく蹴ってみた。

    2013-01-04 金 21:06:55 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

    No title
  19. 子規が泣いていると思う・・・

    2013-01-05 土 13:46:52 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

    No title
  20. >>※18
    『ちはやふる』かよっ! とツッコんで置きますww

    2013-01-05 土 14:09:27 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  21. >>※18
    正しくは
    「どうしようもなくムラムラして
    瓶をオナホ代わりに挿してみた藤野君と花房君だったが
    短小ゆえに全然満足できなくて以下同文」

    …だ 精進したまへ

    「瓶で満足できるってどんな巨根やねん!」というツッコミは受け付けない

    2013-01-05 土 19:56:35 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  22. 俳句については真剣に議論する必要はないでしょう
    元の句知らなくても、深い意味はない駄洒落だろうなってわかったよ
    それより元の話がな…
    不思議とか謎とかいう以前に
    とりとめなさすぎて、
    自分が見た印象的な夢を実話として書き込んだのかなと…

    2013-08-28 水 15:23:27 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。