スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

つれていかないでね

ほんのりと怖い話スレ その90
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1354622274/l50

534 :1/7 :2012/12/23(日) 21:11:01.00 ID:xtaXk0Xp0
あんまり怖くない上に長くて申し訳ないんだが。

友人と某観光地に旅行した時のこと。
その日は山の上の駅近くのホテルに泊まった。
私はいつもどこかに泊まると、次の日一人で早起きしてそこら辺をウロウロ散歩することにしている。
次の日の朝も早起きして、一応友人も誘ってみたけど誰も起きてくれず、いつも通り一人でウロウロすることにした。
前日までの雨も止んで、とてもいい天気だった。
駅の周りのホテルとか民家とかの間をウロウロしていると、森の中へ続く細い道を見つけた。
私はこういう細い道を見つけるとついフラフラと入り込んでしまう病気にかかっているので、フラフラとその道に進んで行った。


535 :2/7 :2012/12/23(日) 21:15:46.61 ID:xtaXk0Xp0
その道は森の中の結構急な斜面を、ぐねぐねと蛇行しながら下っていく道で、路面はコンクリート、両脇はフェンスで囲まれていた。
昨日の雨が染み出して小さな川みたいになってるところもあったけど、朝の木漏れ日を浴び、鳥の声を聞きながらさわやかな気分で下って行った。
ふと、斜面の下の方を見ると、トタン屋根の小さな小屋みたいなものが見える。
小屋といっても屋根があって低い板塀に囲まれているだけなのだが、こちらに背を向けて建っているので、中に何があるのかは分からない。


537 :2/7 :2012/12/23(日) 21:18:15.12 ID:xtaXk0Xp0
私は、この道はあの小屋に繋がっているもので、あの中にはお地蔵さんとか板碑とかそういうものがあるのだろう、と考えた。
ところが道は小屋には繋がっておらず、そのまま麓まで下りてしまい、「◯◯駅近道」という看板が出してあった。
なるほどこの道はそういう道だったのね、と思い、ホテルへと引き返すことにしたんだが、やっぱりあの小屋が気になる。
そこでフェンスを乗り越えて小屋を正面から見てみることにした。


538 :3/7 :2012/12/23(日) 21:21:14.77 ID:xtaXk0Xp0
雨でぐちゃぐちゃになっている斜面を慎重に歩いて正面に出ると、屋根の下にはコンクリートの土台、その土台の前の石段はだいぶすり減っている。
中には左右に一体ずつの石像、真ん中に2つの石の祠?、一体の石の狐、花瓶、名前が分からないんだけどお供え物をする台みたいなやつ、があった。
石像は詳しくないのでよく分からないけど、菩薩とかそういうのだったかな。


540 :4/7 :2012/12/23(日) 21:24:11.62 ID:xtaXk0Xp0
石段がすり減っていた割には、花瓶とか台とかは倒れて花は枯れているし、落ち葉も積もっている。
最近お参りした人はいないようだった。
それがどういうものなのかは分からなかったが、これも何かの縁だと思って、倒れていたものを直し、
台の上に乗っていただろうお皿や瓶子を正式な並べ方が分からないけどそれらしく並べた。
台の後ろにこけしが倒れていて、それも直そうと手に取り、何気なくその背を見てぎょっとした。
そこには、「つれていかないでね」と書いてあった。


546 :5/7 :2012/12/23(日) 22:03:17.63 ID:xtaXk0Xp0
背筋がざわっとして一気に冷や汗が噴き出した。
私は若干パニックになりながらも他のものを手早く直し、
手を合わせて一枚だけ写真を撮らせてもらい、
ホテルに逃げ帰ってバイキングの美味しい朝食をもりもり食べた。
金山寺味噌、初めて食べたけど美味しかった。


548 :5/7 :2012/12/23(日) 22:06:53.58 ID:xtaXk0Xp0
その後、ホテルを出て駅前の土産物屋で買い物をした時、レジのおばあさんに
これこれこういうものを見たんですが、あれって何でしょうね?と聞いてみた。
おばあさんは「あー、あれはねえ...地元の人の信仰の...こう...お祀りしてあるものですよ」
と要領を得ない答え。
何か隠してるっぽいなー、と思いつつバス停に向かった。


552 :6/7 :2012/12/23(日) 22:10:55.84 ID:xtaXk0Xp0
友人と喋りながらバスを待っていると、バス停で案内をしているお兄さんが話に入ってきた。
そのお兄さんと談笑しつつ、私が見たもののことを聞いてみると、
「あそこはねー、子供が死んだんだよ。あと首吊りもあったかな」と。
本日のセカンドインパクト。


554 :7/7 :2012/12/23(日) 22:18:50.43 ID:xtaXk0Xp0
詳しく聞いてみると、首吊りの方はよく分からなかったが、あの道は昔通学路になっていて、
放課後に沢で遊んでいた子供が土砂崩れに巻き込まれて亡くなったらしい。
怖かったけどその後何があるという訳でもなく、むしろ歩き回ったおかげか前日までいまいちだった腹の調子が良くなったくらいで、
旅は無事に終わりました。

そんだけの話です。長々とすみません。見てくれた人、どうもありがとう。
写真も一応あるけど、人が亡くなった所だし、そんなに昔の話でもないようなので、
ここでは控えます。



【管理人注】
投稿者のレスのうち、会話部分を以下に分けて掲載します。
元々は、本文の冒頭にあった部分です。



536 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 21:16:48.33 ID:P/1H1hOXO
全然恐くないぎや


538 :3/7 :2012/12/23(日) 21:21:14.77 ID:xtaXk0Xp0
すみません、もう少しで怖くなると思います。少なくとも私は怖かった。


543 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 21:54:02.21 ID:B+xzMi5V0
>>542
支援っていうレスは見るたびに何が支援なのか不思議に思う
なんJくらいdat落ちしやすい板なら支援にもなるんだろうけど


545 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 22:02:56.15 ID:46rPq0KSO
>>543
連投規制に引っかからないように間に他の人がレスを挟むのが暗黙の了解


546 :5/7 :2012/12/23(日) 22:03:17.63 ID:xtaXk0Xp0
規制されてたー
案の定7/7じゃ終わらなさそう


547 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 22:04:48.58 ID:B+xzMi5V0
>>545
ああ!連投規制って投下の時間間隔じゃなくて、連続レスの投下で引っかかるんだ
へえ、初めて知った
勉強になった


548 :5/7 :2012/12/23(日) 22:06:53.58 ID:xtaXk0Xp0
そうだったのか、私も勉強になった。ありがとう


550 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 22:07:31.55 ID:U/N8YSvr0
演出したいのか物語調にしたいのか分からないけど不要な描写が多すぎるよ
もっと短くできるでしょう
ここに投下している以上見てもらいたいんだろうけど、ならば読み手のことを考えなくちゃ


551 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 22:09:38.87 ID:UvaayIf50
550
文句だけしか言えないカスは黙ってろ。


ID:xtaXk0Xp0さん、どうぞ続けて。
楽しみに待ってます。


552 :6/7 :2012/12/23(日) 22:10:55.84 ID:xtaXk0Xp0
いつも見る専なもので、要領を得ずすみません。
ご指摘ありがとうございます、気をつけます。


558 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 23:09:17.00 ID:46rPq0KSO
>>554
写真は異常なかったの?


559 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 23:14:39.81 ID:xtaXk0Xp0
はい、何もありませんでしたよ。
書き込むにあたってさっきもう一度確認しましたが、特に変化もなく。
何かあったら面白かったのですが。


560 :本当にあった怖い名無し :2012/12/23(日) 23:19:27.25 ID:B+xzMi5V0
>>559
読み直してみたらオカルトっぽい要素がひとつもなくてワラタ


2012.12.27 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■民話・伝承

コメント

  1. 本人が怖かった体験談なんだから、それでいいと思うんだけどな……。

    2012-12-28 金 14:15:18 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. 悲しい深読みを一つ。

    >中には左右に一体ずつの石像、真ん中に2つの石の祠?、一体の石の狐、花瓶、名前が分からないんだけどお供え物をする台みたいなやつ、があった。
    >石像は詳しくないのでよく分からないけど、菩薩とかそういうのだったかな。

    事故で子を失った親御さんが供養のために作ったものだろうけど、かなりのお金がかかったと思われる。それ程親御さんの悲しみは深く、切に子供の成仏を願ったのだろう。
    にも関わらず、

    >石段がすり減っていた割には、花瓶とか台とかは倒れて花は枯れているし、落ち葉も積もっている。
    >最近お参りした人はいないようだった。

    となっている。何故親御さんはお参りしなくなったのか。
    さて、ここで気になるのが

    >あと首吊りもあったかな

    というお兄さんの証言。
    諸々の状況から考えると、首を吊ったのは…

    2012-12-28 金 14:38:05 | URL |    #3/2tU3w2 [ 編集]

  3. >「つれていかないでね」

    結構有効な盗難予防策だと思うw

    子供の字ならなお有効

    でも わざわざこけし盗むヤツもいないかw

    2012-12-28 金 17:03:59 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. >>※2
    お堂が首吊りの前にできていたかどうかは不明

    子供を亡くした親が失意のあまり 子供と同じ死に場所を選んで首を吊った可能性はある

    同じ場所で不幸が重なってしまったので
    遺族または付近の住民が供養のために建てたのかもしれない

    そうすると 子供の供養に供えたこけしに
    「つれていかないでね」と書かれていた理由もおのずと…

    2012-12-28 金 17:09:24 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. もしお供えのこけしに「つれていかないでね」とか書いてあるのを見たら、私なら多分「ついてこないでね」と言うな、きっと。

    2012-12-28 金 20:28:17 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  6. てか、敢えて場所書かないのに、金山寺味噌とか書くなよ、情報ダダ漏れじゃねぇかw

    2013-01-03 木 01:04:07 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

    No title
  7. 居酒屋「丘流人」にて

    流しの怪談師 : あんまり怖くなくて申し訳ないんですが…(と話し始める)
    名古屋人の客 : けっ、あーんまり怖くないぎゃw(そっぽを向き、つまみを齧る)
    流しの怪談師 : (慌てて)これから怖くなりますっ(話し続ける)
    空気読めない客 :なんか、支援がどうたらで、あれ、なんなのかって(と関係ない
              話を始める)
    流しの怪談師 : (仕方なく)あ、私もよく知らないんですが…で、続きですけど…
    批評家面の客 : (途中で、困ったもんだ、という薄笑い)あー、兄さんねえ、不要
              な描写が多すぎなんだよ。少しはさ、聞き手のことを考えなくち
              ゃ。それとさ、怪談好きの僕に言わせればだね…
    隅で飲んでた客 : うっせーんだ、おめえ(怒鳴りつけて睨む)。黙って聞けっ、俺は
              十分怖いよ。兄さん、続けて…(別に同情じゃないぜ、という顔でコ
              ップ酒をあおる)
    流しの怪談師 : (うるんだ目でチラと今の客を見て話し始め…話し終える)

     (店内、居心地の悪い沈黙が続く…)

    空気読めない客 : (明るい調子で)オカルトっぽい要素がひとつもなくてワラタw
    流しの怪談師 : (…がっくり肩を落とす)

    2013-01-03 木 19:37:40 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. >>※7
    BAR「Kay-Rock」では 話し手の語りをまとめた映像を見ながら
    同じような客層に芸人と下ネタ好きが混ざって ワイワイ盛り上がってる

    2013-01-04 金 10:40:15 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。