スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

足跡

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part66∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/l50

164 :本当にあった怖い名無し :2012/12/31(月) 16:30:37.80 ID:FKh4DBdzO
俺の住んでいた村は山の中にある。村の外れには神社があって、境内には樹齢何百年の立派な大木がある。
この大木には神様が住んでいると言われており、この大木の葉を懐に入れておけば、まず山中での事故には遭わないと言う。
大木の神様は、大晦日になると村内の見回りに出る。
見回りの際、雪が積もるのを嫌う。雪が積もれば神様の足跡が残るからだ。
神様は足跡を人に見られるのを何より嫌う。
大晦日の夜、俺がまだ赤ちゃんだった頃、父親がうっかり神様の足跡(その時は神様の足跡だとは思わなかった)を見てしまった。
新年を迎えた元旦の朝にはもう足跡は無かった。
父親は不思議に思いつつも、家族と一緒に初詣に行った。
神社では初詣の際、参拝者に甘酒が振る舞われるのだが、何かの手違いか父親の甘酒には例の大木の木の実や葉っぱが入っており、物凄くまずかった(舌が痺れたらしい)と言う。
この時、初めて父親は「あの足跡は神様の足跡で、俺はそれを見た罰を受けたのか!」と、コップに入った水で舌を冷やしつつ思い立ったのだと言う。
父親曰く、例の足跡は人間のにしては大きく、更にその足跡に付き従うかのように、何かの動物の足跡もあったのだと。
足跡は例の大木のある神社からやって来て、神社に帰ってくかのように残っていたとの事。

2013.01.08 | | Comments(10) | Trackback(0) | ■怪異

コメント

  1. 山の神様だから片足なのかと思った。

    2013-01-09 水 00:34:42 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  2. 鍛冶の神様なら片足(ついでに片目)だというけど、山の神って片足多いの?

    でもまあきつい罰を受けなくてよかったね

    2013-01-09 水 01:59:30 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. 罰ゲームが葉っぱ生入りの青汁とは…神様もお茶目だな

    2013-01-09 水 14:42:05 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. 「良く見つけたな、まぁ飲め」
    ( ̄∀)っ旦←健康には良い

    これを百年単位で村人が勘違いしてたなら、ちょっと切ないw

    2013-01-09 水 15:05:54 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. >>※2
    長野とか東北だったと思いますが、山の神は片目片足という考え方があるようです。
    柳田国男の著作にもそのような話が確か…。

    2013-01-09 水 16:28:36 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  6. 鉱山だったとこ何かは、所謂片目片足の神様が祭られてるとこが多いよ。
    ただ、『イッポンダタラ』みたいな妖怪の形で『山の主』に成ってる場合も多い。
    女神が居る山だと、その旦那の(あんまり目立たない)位置だったりもする。遠野物語のだと、確かそうじゃなかったかな。

    2013-01-09 水 17:39:57 | URL | ※4 #- [ 編集]

  7. そういや海賊の船長も眼帯(隻眼)と義足(片足)のイメージが強いな

    2013-01-09 水 18:58:18 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. なるほど、片目片足の神はエリアによるのかしら

    鉱山ってことは鍛冶つながりで山の神であると同時に鍛冶の神としても祀られているのかもしれませんね

    ついでですが、ギリシャ神話の鍛冶の神、ヘパイストスもびっこを引いていたといいます。
    また彼の鍛冶場の徒弟は片目の巨人たちであったと言います。

    古代の伝承ではありますが文化圏も遠く離れているのに、なぜこういった共通性があるのでしょうかね
    私、きになります

    2013-01-09 水 23:21:58 | URL | 2 #- [ 編集]

  9. 割とギリシャと日本の神話って類似点多いよな。
    鍛冶の神が片目片足なのは火の子が入って潰れるとかふいご踏み続けると片足だけ異常に発達する鍛冶師(たたら師)の外見を現わしているかららしい。

    2013-01-09 水 23:45:56 | URL | 匿名希望 #xP7cQW4M [ 編集]

  10. 文化(技術含む)は人が伝えるもんだからね。
    今より物事の成否に『神様』が関わってた(と考えられてた)時代は、その信仰も一緒に動いてただろうし。

    ただ、鍛冶神に関しては、ギリシャ発祥ってより、ヒッタイト系な気もするんだよな…ギリシャ神話に入ったのは後から的な。

    2013-01-12 土 01:58:15 | URL | ※4 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。