スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

鬼の隠居

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part66∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/l50

622 :本当にあった怖い名無し :2013/01/13(日) 10:53:28.21 ID:Emsj5dSfP
怖いけど不思議な話
自分の祖父は山が大好きで長年務めていた会社を退職したあと退職金で山の土地を買いそこで暮らしている

その山はすぐ近くに町がありインフラもしっかりしていてある程度恵まれた環境の山だった
夏の間は空部屋を地元の子供たちに提供して林間学校みたいなこともやっていて後から入ってきた余所者という扱いはすぐになくなったらしい(まあ65過ぎていて老人だったこともあっただろうけど)街の住人とも打ち解けてなかなかいい老後を過ごしていた

しかしそんないい山がなんで祖父の退職金で家が立てられるお金が残るほど安いお金で買えたのかが不思議だった


623 :本当にあった怖い名無し :2013/01/13(日) 11:02:44.06 ID:Emsj5dSfP
祖父と酒を飲みながら笑い話ついでに聞いてみると祖父は笑いながら「この山は鬼の隠居が住む山なんだよ」という話をしてくれた

言い伝えというか童話のような話だが
鬼は年老いて若いものに権力を譲ったあとに自分に気兼ねなくして欲しいということで隠居するんだが
その隠居したという場所がこの山なんそうだ
近くには鬼の隠居場所と呼ばれる洞穴が幾つもあって中は入り組んでいて入るのは危険だそうだ
だがその伝承があってあまり良い土地とされてなかったので安かったそうだが今ではそれを気にするような子供も親もいないしいい場所だよと言っていた


624 :本当にあった怖い名無し :2013/01/13(日) 11:05:17.92 ID:Emsj5dSfP
話はそれで終わったが今よくよく考えてみるとその童話は姥捨の習慣が変異してできたものではないか?と思うようになった

今では道が整備されているが元々は道という道もないような鬱蒼とした山だし
洞穴も一回入ったら出れないというのもそういうことなんじゃないかと勘ぐってしまう


だが特に事件もなく祖父にそのことを話して気分を悪くさせることもないので一人つぶやいて見た

2013.01.15 | | Comments(13) | Trackback(0) | ■民話・伝承

コメント

  1. ある夜、縁側。

    祖父「王手!!」
    鬼 「まった!!」
    祖父「待たぬ!!」
    鬼 「酒持ってくるから!!」
    祖父「高いのなwww」
    鬼 「足元見やがるwww」

    とかなら良いのになあ( ̄∀ ̄)

    2013-01-15 火 23:58:45 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. 鬼にも家督とかあるんかw

    2013-01-16 水 08:23:26 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. やっぱりいいわここの米欄、へこんでてもほっこりできる

    2013-01-16 水 22:19:41 | URL | GENT #jrVoWkeQ [ 編集]

  4. >>※2
    家督かは知らないが、神様(正確には山の主)だって代替わりする話があるからねぇ…

    旧鬼「ではこの代々受け継がれた金棒を…」
    新鬼「要らねぇーッス」
    旧鬼「なんでこんなチャラいの選んじゃったかな、儂(泣)」

    ってのが、見えない場所で有るかもしれない。

    >>※3

    ・ω){まぁ呑め)
     /っ旦

    2013-01-16 水 23:29:59 | URL | ※1 #0hxr4hYM [ 編集]

  5. 鬼籍の通り本来「鬼」という字には死者の意味がある

    今まで「姥捨」の実在に懐疑的だったが、この話の報告者の推測はあながち邪推と言い切れない

    「隣のばさまに孫できてから、ばさま見掛けねぇな」
    「…鬼になったんだべよ」

    のような隠語があったのではとさらに妄想してしまう

    なんにせよ報告者祖父は山と人柄が合ったんだろなぁ
    老人の終の住処として昔から機能してた山なんだろな

    2013-01-19 土 07:43:45 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. このじいさん、多分知ってたんじゃないかな。
    なんとなく、そんな気がする。
    私有地になれば荒らされづらいしね。

    2013-01-20 日 15:19:32 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. おもしろい!(興味深いもふくめて)

    姥捨山に連れてかれてもたくましく生き残った婆様達の映画があるらしいが、※欄読んでると急にリアリティを感じるぞ wktk

    2013-01-21 月 12:59:45 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. 姥捨て系なのか別なのか、理由の探り様はないが、※5の意見を極解だと、
    『コロして洞窟へ』
    に成ってしまう、別な恐怖が生まれるな…

    2013-01-22 火 01:22:56 | URL | ※1 #0hxr4hYM [ 編集]

  9. 姥捨伝説が全国にあるのは実在したからでなく、「年長者への死の強制」というインパクトにあると思うんだよね
    ちなみに姥捨話は日本に限らず中国や韓国にもモンゴルや東欧にもある

    てか、かつて騎馬民族内では、恒常的に馬に乗って移動できなくなった老人や病人、不自由者は移動から脱落した

    つまり広義での姥捨は実在した

    で、そのインパクト故に騎馬民族に関わった地域に話が伝播したんじゃないかというのが持論

    …だったんだけどこの話で揺らいだ
    姥捨の概念を得てから、日本でもやむにやまれぬ場合は…あったのかなぁ
    飢饉の時は、より肉親の身を案じ(て自らは食さなかっ)た者や弱者から餓死したって記載あるから、一時的には姥捨実在したかもなぁ…

    2013-01-22 火 03:34:38 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  10. 私も※9さんと同様、姥捨てはそういう習慣が日本にあったのではなく、大陸から伝わった話と、昔の寒村の貧しさを併せてできた一種の都市伝説だと思っています。確か学者の調査でも姥捨て伝説がある地域に実際にそういう習慣があったという証拠は見つかっていない筈です。(但し類似の「事件」があった可能性は否定しません)
    遊牧では老人は「移動できないもの」として足手まといにされるでしょうが、農耕においては移動できなくても出来る仕事はいろいろあるし、蓄積した知識と知恵も非常に重要です。実際、古くから日本の朝廷や幕府は親孝行を奨励し褒美も出しています。(続く)

    2013-01-22 火 08:31:45 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  11. この話に関しては※5さんの考え方は非常に興味深いですが、「鬼」に死者(と言うか亡霊)の意味があるのは、飽くまでも「き」と呼んだ場合であり、「おに」と読んだ場合は別です。
    言語はまず音声ありきで、「き」と「おに」は別の単語と考えなければなりません。
    日本では亡霊の意味では、ほぼ「鬼籍」「幽鬼」など中国語から仮借した一部の単語のみで、「鬼(き)」だけでは使いません。
    一方「おに」は「穏」から来た「見えないもの」という意味が元ですが、「荒ぶる者」のイメージが強くなって今に至ります。
    「おに」の代表に酒天童子がありますが、彼は盗賊の首領であったという説があります。
    それ以外の物語中の「おに」の設定も野盗を思わせるものがとても多いです。
    このことから、この話は「鬼(おに)」=「盗賊団の首領」と考えた方が自然ではないかと思います。
    長文、大変失礼しました。

    2013-01-22 火 08:54:22 | URL | ※10続き #3/2tU3w2 [ 編集]

  12. ※7の例なら、最古のグループホームになるね
    なんだかそれも良いなぁ

    ※10-11の言う通り、ここの「鬼」は「死者」より「隠れる者」の方が妥当だね

    山賊の隠れ家だったかもしれないし、都から終われた某の終の住処だったかもしれないし、山に住む者(山の民なりもののけなり)の仮の住まいだったかも

    特定はできないがロマンがあるし、良い話を聞けて良かったw

    2013-01-22 火 12:38:41 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  13. 笑いと知識が混然となって素晴らしい※ですね。いいブログだなぁ。またきます。

    2013-02-08 金 11:34:45 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。