スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

コブグマ

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part66∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/l50

765 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 20:34:22.97 ID:QJmvOr5C0
詳細はよく覚えてないんで、ざっくばらんに書く


ある山小屋に、二人の女性登山客がやってきた。山小屋の主人がお茶を出してあれこれ談笑した後、
彼女らは山小屋を発っていった

しかし、ほどなくその女性たちが遭難したという報せが山小屋の主人の元に届いた
大規模な捜索が何日も行われたが、迷うような山道でないのに、女性たちはなかなか発見されなかった
彼女らが所属していた登山クラブの人間たちが捜索に入り、やっと彼女たちの遺体は発見された


彼女たちがなかなか発見されなかったのには理由があった。二人の遺体は林道の中で見つかったのだが、
二人とも遺体の上には、まるで遺体を隠すかのように厚く落ち葉がかけられていたのだという


遺体が隠されていたことから、殺人事件の可能性があるとして捜査が行われた。その山小屋の主人も随分事情聴取を受けたという
しかし、その山小屋の主人が覚えている限り、その日その山に彼女らと同じルートで登った客はその二人だけであったということである



一体誰が?


768 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 21:04:06.21 ID:+dcAOW3t0
森のクマさん


770 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 22:04:26.09 ID:QJmvOr5C0
>>768
熊の話が出たのでひとつ覚えてる話を

マタギの本場・秋田県のマタギには、「取ってはならない熊」として、三種類の熊が伝えられている
ひとつはツキノワグマのトレードマークである月の輪がないミナグログマ、もうひとつはアルビノ個体であるミナシログマであるが、
マタギたちが「関わってはならない」とキツく教えているクマが、足の肉球に大きなコブを持つ「コブグマ」というクマである

このコブグマは東北のマタギたちに「小和瀬のコブグマ、大深の大グマ」と謳われた稀代の大熊であり、山神に最も近い御使い熊であるという
秋田~岩手の八幡平周辺の山中を何百キロも闊歩する「渡りグマ」であると言い伝えられ、その大きさは60貫目とも100貫目とも伝えられる
通常、ツキノワグマがどんなに大きくなっても40貫目ぐらいであることを考えれば、仮に60貫目あるとしてもワールドレコード級の大熊である
もし伝承の通り100貫目あるとしたら、もうツキノワグマよりも大型であるヒグマでも、まずお目にかかることはない大物であるといえる

面白いのは、この熊の実在がほぼ確実視されているという点である
昭和34年4月、動物作家・戸川幸夫氏が豊岡・白岩マタギたちと朝日岳に動物の生態撮影に入ったが、
岩手県境に近い朝日岳のナンブツルという地点で、氏は雪上に件のコブクマの足跡を発見、写真撮影に成功しているのだそうである
私は実物を拝んだことはないが、写真に収められたその足跡には、三升入りの茶釜大のコブがくっきりとついていたという
通常の熊の足跡が人間の手のひらぐらいの大きさであることを鑑みれば、足跡の主の巨大さが如何に常軌をを逸しているかわかろう

マタギの本場である阿仁や西仙北マタギたちの間には、この熊をあわや射殺というところまで追い詰めたという話が残っているが、
実際にその姿を見たものはいないという。第一、この熊はいくら仕留めようとしても絶対に仕留められないと言い伝えられており、
その伝説が独り歩きしたものなのか、いつしかこの熊は「討ち取ろうとしても絶対に打ち取れない熊」としてマタギたちに言い伝えられている





山の懐の深さを改めて思い知らされる話



771 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 22:09:33.81 ID:cNtGSgYJ0
それ、特定された個体のクマだろ。
今に居るわけでなし。


772 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 22:15:55.66 ID:QJmvOr5C0
>>771
戸川幸夫によれば、コブグマはそれ自体がツキノワグマから独立した種であるらしいぞ
なんだったかで、明らかにその足跡とは別の個体と思われるコブグマの足跡を見つけたとも言ってるし

例えば鹿用のくくり罠に引っかかって、足をワイヤーによって切断されたりすると、その傷口がコブ状になることはあるらしい
けれど「これは間違い無くコブグマの足跡だ」と言われる足跡にはそれぞれ違いがあるので、戸川氏はコブグマを複数の固体が要る
ツキノワグマとは違う種の動物であるとして予想したようだ

このコブグマは、冬眠明けに便通を良くするためにクマが齧りに来るミズバショウを齧ろうとするらしいが、
あまりに体が大きく足が湿地に潜ってしまうため、ミズバショウの周辺をウロウロしている足跡が見つかるらしい



直木賞を受賞した熊谷達也の『邂逅の森』にも最後このコブグマが出てくる


773 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 23:16:10.22 ID:6SdVEOO8O
>>772
「複数の」って一種が存続するんなら少なくはないだろ
なのに資料は伝承?変じゃないか


774 :本当にあった怖い名無し :2013/01/21(月) 23:23:33.42 ID:QJmvOr5C0
>>773
そこまではわからねぇ。とにかく、そういう明らかに普通の月の輪とは違うクマが秋田に実在していたという話だ

あまりにも噂すぎるので書かないが、どうもその昔の北東北にはツキノワとヒグマの雑種と思われる、獰猛な赤毛のクマがいたともいう
その程度の、科学的には説明を求めるのも愚かしいぐらいの伝承だと思って聞いてくれ

2013.01.23 | | Comments(16) | Trackback(0) | ■民話・伝承

コメント

  1. 犬達が連合を組んで討伐に来そうな話だ

    2013-01-23 水 05:03:12 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. で、おにゃのこ襲ったのはクマさんなわけ?

    勿体ぶらなくても遺体の損傷具合で人の犯行かクマさんの狩りなのか解らんもんなの?

    2013-01-23 水 09:42:15 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. >>※2
    クマ云々は>>768のジョークからの派生だべw

    2013-01-23 水 09:48:59 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. クマは時として獲物を一部隠すよ。
    詳しく書かれてないから、クマと考えてもおかしくにゃい。
    読んでいて普通にクマだと思ったし。
    北の道民より。

    2013-01-23 水 13:30:37 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. 最後の方の獰猛な赤毛のクマって赤カブトじゃねーかwそりゃわんわんおが大挙するわw

    2013-01-23 水 18:46:59 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. 絶・天狼抜刀牙をくらえ

    2013-01-23 水 20:04:05 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  7. ジッチャンが村田銃で闘ってた時代と違い、アフリカ象も一撃で倒す460ウェザビーマグナムが使用出来る現代では脅威でも何でもない。対抗手段が開発されると出て来なくなるのがUMAの不思議なところw

    2013-01-24 木 00:23:14 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. >>※7
    対抗手段っつーか 人の手が入らんよーな秘境が無くなって来たんが一番の理由ちゃうん?

    2013-01-24 木 05:48:51 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  9. >>8
    ごめん調子こいてた。そういう問題じゃねーよな。
    どう考えてもあんたが正論だわ。スマソ。7

    2013-01-24 木 23:05:15 | URL | 匿名希望 #61exjHNM [ 編集]

  10. ※7のは、それはそれで中々斬新な切口ではあると思うぞ。
    とりあえず、君が良い奴なのは判ったw

    2013-01-24 木 23:33:44 | URL | 匿名希望 #0hxr4hYM [ 編集]

  11. コブグマと言うエニグマ。

    2013-01-25 金 06:45:27 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  12. >>※7&10
    つまり ちょっとデカくてゴツい変異体とか 特殊な形態の変異体に遭遇したり
    あるいは外的要因により 普通の動物を異形の物に見間違えた場合
    手持ちの武装が貧弱で仕留めきれなんだが故に UMAとして伝わってしまった例もあり得るという話かにゃ?


    「ゆんべ 山さ入ったら こっただでっけぇ見だこどもねぇような化け物に遭っただよ

    いんや ありゃ熊や猪なんかじゃねぇ

    仕留めちゃろう思ぅて鉄砲撃ち込んだども 全く堪えてねぐてよ
    ありゃぁ山神様の化身に違いねぇべ」

    …みたいな?

    2013-01-28 月 16:16:14 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  13. 自然界のバランスが崩れたのか

    2013-01-28 月 18:16:20 | URL | 匿名希望 #xP7cQW4M [ 編集]

  14. >>※12
    ※7の意図までは分かんないけど、俺の考えはそちらの考え方と似てる。
    こちらの火力が上がった事によって、化け物クラスが只の獣にランクダウンしたって例は多いかと。

    ただ、それだとまだ変異体は発生し得るし、狩った人が出なきゃおかしいから、
    「種族の絶対数が少なくなったことで、変異体が発生する確率+人が遭遇する確率自体が下がってしまった」
    んじゃないかとも思える。

    まぁ、オカルト好きとしては、神使の熊とかの方が楽しいんだけどね。

    2013-01-28 月 19:28:51 | URL | ※10 #0hxr4hYM [ 編集]

  15. ※13
    俺達の目は俺達の体を離れてこの不思議な時間に入っていたのか

    2013-01-28 月 23:25:20 | URL | 匿名希望 #xP7cQW4M [ 編集]

  16. >>※15
    じゃ、コブグマは、山を砕き海を蹴散らし地鳴りとともにやって来たのか

    2013-02-14 木 20:40:13 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。