スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

古狸

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part69∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368015729/

727 名前:本当にあった怖い名無し :2013/07/05(金) 17:34:26.98 ID:CFGSt4Jd0
空気を読まずに投下

俺の地元は、都市三つを結ぶ街道沿いにある。
駅から住宅地を少し行ったところに小さい祠がある。旧街道を結んでた村道の脇で、
昔旅に出るときは集落の人間がお参りに行ってた。
江戸時代の話だ。ある商家の手代が、金を抱えて帰路を急いでいた。
手代が勤める店は少々傾きかけていて、集めた売掛金の他に、出資者から借りた金を持っていた。
店がある都市に帰るには歩いていく方法と下り船に載る方法があった。
山を降りて山沿いの街道から反れ、集落が点在する村道の向こうに行くと川沿いの街道を渡し舟の乗り場がある。
旅籠に泊まらずに山を越えれば、夜明けの一番船に間に合うと男は考えたのだ。


728 名前:本当にあった怖い名無し :2013/07/05(金) 17:35:35.84 ID:CFGSt4Jd0
街道からそれて村道を進むうちに、手代は誰かが走ってくる足音を聞いた。
追いはぎがでるというのを聞いていた手代は、明かりを放り出して走り出し、村道の側の大きな木の陰の窪地に隠れた。
果たして、二人組みの男が現れた。獲物を持ち悪態をついていた。
二人は手代がどこかに隠れたかと、付近の草を切ったり踏みつけたりした。
手代は生きた心地がせず、息を殺して口の中で念仏を唱えた。するとがさがさと音がして、何かが走って出た。
草を掻き分け逃げるそれを二人の男は追いかけていった。やがて悲鳴が聞こえ静かになった。
手代は白々と夜があけるまでその場で動けなかった。
白々と夜が明けてから手代は窪地を這い出し、渡しに出て船に乗り込んで無事に帰った。
手代が持ち帰った大金のおかげで店は持ち直し、手代は主人夫婦の末娘の婿になった。
729 名前:本当にあった怖い名無し :2013/07/05(金) 17:48:05.30 ID:CFGSt4Jd0
婿になった手代は、これもあの時自分の代わりに出て行ったモノのおかげ。
神仏が助けてくれたからと思い、あの地に祠を奉ることを思いついた。
村落を訪ね、訳を話すと村長も賛成して、ひとつ話をしてくれた。
あの木の側には、大きな古狸が住んでいた。ある時畑に出た村人は、
切り殺された大狸と、側にいた大人の狸とと子供の狸を見つけたそうだ。
人々が集まってくると狸と子狸は少し離れたが、じっと人々を見守っていた。
これは大狸の妻と子供に違いない。と思った村人は木の側に狸を埋め、目印に石をおいた。
話し聞いた手代は、あの時助けてくれたのはその狸だったのかと驚き、
祠を建てて石を神体として奉った。
その祠は今でもある。今でも朝晩、お供えをする人もいる。昔は祠を拝んでから旅にでたそうだ。
その祠は、子供の守り神でもあると言われている。
祠の中には、両手で持ち上げるぐらいの丸石が神体として祭られている

2013.07.09 | | Comments(8) | Trackback(0) | ■民話・伝承

コメント

  1. 追いはぎをやるのも人間、死んだ狸に感謝するのも人間なんだなあ。

    2013-07-09 火 16:45:37 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  2. 祈る者は救われるか…
    いい話だな

    2013-07-09 火 19:52:26 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  3. いい話だけど 身も蓋もない言い方すると たまたま手代の代わりに追い剥ぎに殺された狸は不運だよな

    祀ってもらえただけマシかもしれんが それも人間側の自己満でしかないしなぁ…

    2013-07-09 火 21:20:23 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  4. タヌさんが助けたのは仏様の導きかな。手代と狸に何かの因縁があったんだろうね。
    自己満足ではなく感謝だよ。

    2013-07-10 水 05:21:27 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  5. いい話
    大狸には可哀想なことをしたけど

    2013-07-12 金 07:20:34 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  6. 手代をと言うより、幼い我が子を守る為に囮になったのか。
    何れにしても、切なくも良い話だな。

    2013-07-13 土 09:41:06 | URL | 匿名希望 #3/2tU3w2 [ 編集]

  7. 平成狸合戦を見たばかりだから泣きそうになったww

    2013-07-13 土 19:35:52 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

  8. >>※7
    それ見た後だと「古狸」ってぇと人間の方になるw

    「アイツら狸の風上にも置けない 臭い臭い古狸だ!」

    2013-07-14 日 02:33:36 | URL | 匿名希望 #- [ 編集]

コメントの投稿

                        
 コメントを公開しない

前のページへ  |  ランダム  |  次のページへ

おしらせ

■おーぷん2ちゃんねるオカルト板の健在を確認。状況を再開する! (`・ω・´)
■思ったほど書き込みなかった…(´・ω・`)
■しばらく隔週更新くらいになります。おーぷん2ちゃん超がんばって!


事務連絡
伝言板を作成しました。個別記事と関係のないコメントや要望などは、お気軽にこちらまで。
特別企画「投稿怪談」を掲載。投稿者の皆様ありがとうございました。
全話読破・記念ノートを設定。感想など残して頂けると、管理人約1名が手を叩いて喜びます。

◆Twitter
◆ユーザ名→ @enneades

ブログ内検索

カテゴリについて

[怪異]
怪談。明らかに創作と分かるものは除外しています。
[都市伝説・噂]
都市伝説。噂として広まっている曖昧な怪談。明らかに矛盾しているものも収録します。

[民話・伝承]
昔話や民話として語られる怪談。または興味深い習俗、口伝など。
性質上、ことの真偽や矛盾点の有無などは問いません。
[サイコ]
生きている人間が怖いという話。
[その他]
過去の企画記事など。話数カウントには加算していません。

月別アーカイブ

04  07  06  05  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

RSSフィード

ランキングに投票

▼管理人を励ますボタン。

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

その他

Mystery-Search Ranking
人気blogランキング

    感想・情報提供お願いします

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ※メールチェックは月1回程度です。お急ぎの場合は、コメント欄で「メールチェックしろ!」とお声かけ下さい。

    編集方針

    《警告マーク》
    【呪】
     聞いた人に何かが起きる、という形式の話に表示しています。
    【グロ】
     生理的な嫌悪感を抱かせるような話に表示しています。


    ■平成18年4月23日開設
    ■平成26年3月26日更新停止(1月29日最終更新)
    ■当サイトは、2ちゃんねる掲示板への書き込みを報道し、批評に供することを目的とした非営利のブログです。管理人が当サイトの運営から経済的利益を得ることはありません。
    ■著作者または著作権者からの削除の要請には、誠実に対応させて頂きます。メールフォームより御連絡下さい。

    ■2ちゃんねる掲示板の特性から、下記のような修正を加えることがあります。
    ■改行位置は変更することがあります。その際、改行にかえて読点を打つことがあります。
    ■(つづく)(つづき)等の編集指示は、本文に反映した上で削除します。誤字脱字の修正指示も同じです。
    ■他の書き込みへの返答と新しい話題が1レス中にあり、アンカー等で明白に分離できる場合は、これを分けて採録することがあります。
    ■個人情報は伏字にすることがあります。
    ※なお、誤字脱字は、ネットスラングとして定着していることがあるため、原則として修正していません。一般の用法と異なっていても、投稿者の意思を尊重して頂き、過度の指摘はご遠慮下さい。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。